『二級建築士と一級建築士の違い』

 

昭和25年に建築士法が制定され、一級及び二級建築士制度が発足し、昭和59年からは木造建築士も誕生しました。


平成28年3月31日現在では、一級建築士:363,232人、二級建築士:756,808人、木造建築士:17,663人が登録しております。
また3年毎に定期講習が義務がかせられ、講習終了後にテストもありますから、講習も真剣に聞かなければなりません。


姉歯事件以降には、平成20年11月28日に改正された建築士法の規定により、建築士事務所を管理する管理建築士の要件も付加されました

一級も二級学科の試験と設計製図の試験があり、学科試験の合格者のみが設計製図試験を受けることになります。


学科試験は5教科に分かれており建築計画、建築環境・設備、建築法規、建築構造、建築施工ます。2次試験が製図試験ですので、合格者の属性は設計事務所勤務の方が多く、優位とされております。


1年1度しかなく、学科試験を合格したが、製図試験を不合格になった場合には翌年は学科は免除されますが、2年連続して製図試験が不合格となった場合には、学科試験から受験をしなければなりません。

平成27年の試験の合格率を見てみると、学科試験は25,804人の受験者のうち4,806人が合格しており、合格率は18.6%です。
さらに製図試験では9,308人の受験者のうち3,774人が合格しており、合格率は40.5%です。全体としての合格率は12.4%になります。
合格率が1割ほどしかないことを考えると、一級建築士の試験は非常に難しいといっても過言ではありません。

 

一級建築士と二級建築士の違いについてですが、設計及び監理の業務に従事のについては、建築士法第3条によって細かく定められており、設計監理できる建築物の規模によって違いを分けております。

 

下記の規模の建築物の設計・監理は一級建築士でなければなりません。
■学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などの公共建築物は延べ面積が500m²を超える建築物
■木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9mを超える建築物
■鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、
延べ面積が300m²、高さが13mまたは軒の高さが9mを超える建築物
■延べ面積が1,000m²を超え、かつ階数が3以上の建築物。

 

300㎡超えない範囲でRC造の賃貸アパートや、1,000㎡を超えない木造3階建て賃貸アパートだって二級建築士でも設計監理する事が出来るので、アパートの設計監理は、何が何でも一級建築士でなければならない事は無いのです。また,木造の賃貸アパートで、100㎡以内で2階以下であれば、建築士の免許を取得していなくても、設計監理が出来ますので、 皆さまも挑戦してみてはいかがでしょうか。
(注:確認申請は必要となります。)

 

建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は

ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください

 

AD

『建築士業界は労働集約産業』

テーマ:

『建築士業界は労働集約産業』
         

CADによる図面化で、作業効率やスピードは進化しましたが、基準法改正や市条例によって、建築士としての知識量もさることながら作業量すなわち、労働力も多く、一時は花形であった設計監理業も、責任と仕事量の多さと報酬のアンバランスな状況であります。

例えば新築の賃貸マンションの場合、設計者は竣工までどのような作業を行っていくか列記してみました。


1.法務局にて地籍測量図の入手
2.現地調査
3.行政との協議
4.基本プランの作成(ボリューム出し)
5.実施設計
 5-1.構造設計と設備設計との協議
 5-2.前面道路の確認
 5-3.共同住宅等の駐車施設設置に係る計画書の作成及び協議
 5-4.共同住宅 ごみ処理及びごみステーション設置計画書作成
 5-5.町内会長とのゴミステーション設置の協議及び同意
6.省エネルギー措置届出書の作成(外注になります)
7.確認申請書の作成(委任状・申請書・概要書・工事開始届)
8.行政もしくは指定検査機関に確認申請の提出
9.確認申請書における検査機関からの是正及び修正業務
10.業者からの見積りの精査と調整
11.配筋検査及びコンクリート立会などの監理
12.中間検査依頼書の作成及び立会(2階スラブ)
13.設計事務所検査
14.オーナー検査立会
15.指定検査機関による完成検査(消防検査など)
16.工事完了届の提出

 

確認申請に必要な図面枚数は最低でも意匠だけでは18枚程度しかないですが、実施設計途中でも、構造設計者や電気・設備設計との摺合せや整合性の確認を順次していきます。

それ以外の作業として申請書の作成や協議、そして検査立会など、いかに業務を遂行する上で労働力が必要か理解できるかと思います。

 

また、
図意匠担当の建築士は意匠図、電気図及び設備図の全て図面に印鑑を押さなければなりませんので、

 

労働力も必要と同時に一級建築士は責任も大きいのです。

 

建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は

ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください

 

AD

一級建築士と言えども万能ではない!
       

建築系の高校、専門学校、大学を卒業してからの就職先は自分の目的によって大まか4つの進路に分かれます。

意匠系の設計事務所であり、クライアントからの要望を聞いて建物の外観内観、間取りなどを建築基準法、消防法等すべての法規をクリアして計画する事を
①意匠設計と言います。
美的センスとコストも重視した意匠設計も求められております。札幌の六花亭の改修設計をした安藤忠雄さんは、このカテゴリーになります。
人体で言えば服装や化粧等を決める事になります。

 

②構造設計とは、意匠系設計事務所が描いた図面を基に木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など条件によって柱の太さや梁の大きさを決める骨組みを設計しますます。 
人体で言えば骨の太さを決める事になります。
  
③設備設計とは、 大きく分けて3種類あります。室内の温度や湿度を制御する「空調設備」。給水や排水を計画する「衛生設備」。
照明やコンセプトなどを計画する「電気設備」。これらの設計をまとめて設備設計と言います。
人体で言えば内臓や血管などの臓器となります。

 

最後に
④施工管理があります。
意匠・構造・設備設計で描かれた図面を基に、全ての図面を網羅して施工図を書き込み、その施工図を基に建物を建てていきます。
施工管理者はリアルな3次元のものを作りますので、意匠図では納まったかのように見える図面でも、実際には納まらない設計も多々あります。よって現場施工管理者は一通りの事を広く、浅くではありますが、多くの知識が必要という事はお分かりになるかと思います。

しかし国家資格を取得した一級建築士が構造における配筋や設備仕様の隅々まで深く知識が有るかと言うと、そこは疑問があります。

大手設計事務所になればなるほど、分業制になりますので、自分のテリトリー以外はわからない場合があります。

 

一昔前は設計事務所の一級建築士の意匠担当者は先生と呼ばれ、先生の指示や判断により施工管理者は建物を作っており、威厳も有りましたが、昨今では、多岐に渡る業務と効率化、更に十分な報酬を得られない場合もあって、現場監理まで目が届かなく、ますます現場での監理の要点やチェックがわかなくなってしまい、現場管理者にすべてをお任せの現場も多々あるのも現状です。

 

よって、
医者、税理士、弁護士と同様に一級建築士と言えでも、複雑さと知識の豊富、分業制によってオールマイティーに何でもきる人は稀なのです。

 

建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は

ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください

 

AD

図面チェックなど・・・。

テーマ:

ちまたは3連休ですが、


ノースエンジニアリング株式会社の社長は、図面チェックなどに


時間を費やしております。


社員もいない、電話もかかってこない事務所は、ゆっくり落ち着いて作業も出来るから、


細かい作業に最高です。


でも、

平日も週末の土日や祝祭日も際限なく仕事していたら、メリハリが無く、


効率は落ちてしまう事も多々。


現在は、大規模改修工事・内装改修案件・・・の改修設計コンサル案件が4物件。


設計物件が2物件。提案設計が1物件。見積もり作成が4物件。


現場監理が2物件。


仕事は絶える事無く、嬉しい限りで、感謝です。


このような状況が続いておりますので、


自社の不動産投資案件も考えていかなければならないのですが、


クライアントの物件が優先にしてしまい、後回しが続いていて、


なかなか進みません。(笑い)



社員を増やそうかと悩みますが、仕事が減ったらどうしよう・・・。


と、

考えると決断ができません。


ならば、少し仕事を絞ったらと思うのですが、営業の性でしょうか、仕事が切れないように


営業を続けなけれなりません。


でなければ、


会社は持続できないのです。


本日作業終了。


建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は


ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください


地方都市の改修工事

テーマ:

半年以上の打ち合わせを重ねて、7月より改修工事を着工して、

8月20日に無事完成をいたしました。


昨今の医療を取り巻く運営は多難であり、黙っていても患者が来る時代でも無く、

時代に応じて形態を変えていかなければならず、本案件も医局や看護師の数に応じた、

管理部門のレイアウト変更の設計・監理の案件でした。


本案件の場所は北海道のある地方都市で、20年ほど前までは漁業などで活気に満ちた市町村でしたが、昨今は少子高齢化に伴い、人口が減少している地町村で一番大きな精神科病院です。


設計の完了と共に地元建設業者へ積算をいらしましたが、予算のオーバーで、結局、電気・設備業以外の工事は札幌の業者を使いました。


寝泊りしても札幌の業者が安いのですから、いかに地元の建設業者が高いのかがわかります。


電気・設備だけは地元会社を使うのは、病院だけに不測の事態の緊急性を考えると、札幌から2.5時間の場所に駆けつけての対応では病院に迷惑をかけるので、高くても地元の業者を使わざる得ないのです。


このようなスキーム作りも大事な設計・監理の使命です。


昨今の職人事情と地方という事もあり、工期は若干遅れましたが、無事引き渡しができました。


建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は


ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください

上屋架け

テーマ:

『上屋架け・・・冬季間工事』



外気温は零度を下回っており雪が降っていますが、


上屋を架け採暖によりコンクリートの品質と労働環境も確保。


費用はアップしますが、品質・精度はダウンしません。



目標とする年内工程に間に合い、年明けから木軸の建込です。











『法定義務研修会』講師

テーマ:

『法定義務研修会』 講師



先日、札幌コンベンションセンターにおいて、


『新築・築古物件・コンバージョンに潜む建物の危険性について』と題して、


講師を務めさせていただきました。


200人を超える研修者の多さ。


会場の大きさとスクリーンの大きさ。


そして音響設備には驚くばかり。



今年最後の講師でありましたが、最高のステージに招いてくれた、


不動産保証協会様には感謝申し上げます。






本日はベースコンクリート打設です。



12月というのに、朝から雨です。


このような雨の日は、コンクリートは打設できないのですが、基礎をすべて上屋をかけていますので、


打設も可能にしております。


  



雨といえども、日没後は零下になりますので、採暖養生をして、コンクリートを凍害し無いように


練炭をたいて、コンクリートの品質を保っております。


建築物全般における診断・調査、 外断熱改修工事の設計・監理は


            ノースエンジニアリング株式会社 へご相談ください





法定講習 講師

テーマ:

【講師・・・全日本不動産協会 北海道本部】


5年に一度の宅地建物取引士の法定講習の講師を勤めさせていただきました。


科目は『改正法令の主要な改正点と実務上の留意事項』。


直近5年の法律改正に伴う宅建業法へ波及した変更点・注意点という非常に難解な


内容でしたが、専門用語をあまり使わず、実例を多用しての説明。


パワーポイント37スライドを使いましたが、同じ内容を3度やると、慣れてしまい、時間を


忘れて、20分も余してしまい終了。


受講生には良かったのかな!

上屋架け

テーマ:

根堀りも順調に終わり、これから、配筋及び型枠工事が始まりますが、


コンクリートの品質を保つために、上屋をかけます。


型枠の中に雪が入ったり、マイナス気温の場合になった場合、


コンクトート強度を確保できませんので、しっかりとした、


上屋をかける事により、作業効率を図るのと同時に品質も確保します。