• 25 Aug
    • 性子さん、あんたも立派に老害の仲間入り

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   全く持って、むかつきました! リオで戦った侍たちが帰国、夢と感動をありがとう!それだけでいいのに・・・ でてきました。こやつが!厚顔無恥、身の程知らず、どれも当てはまる人間・・・・橋本性子、最低の人間のひとりだと思う気持ちは、全く変わりません。2年前、不祥事を起こした時点で、JOCからも政治からも引退するべきでした。2年経ち・・・こやつの態度は、さらに横柄になってきています。 2年前・・・激やせ・・だったのが・・ リオでは・・・こうなり・・アスリートの前にしゃしゃりでて・・恥をさらし・・リオでははしゃぎ・・・ 帰国後・・さらに恥を上塗り・・吉田主将の横に陣取る・出た! スケート界では有名な、”センタ-死守”図々しい人間の得意技! 「役員が前」の行進批判に橋本団長が反論 アスリートファーストどこまでhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000065-dal-spo リオデジャネイロ五輪に出場した日本代表チームの選手団が24日午前、羽田空港着のチャーター機2便に分かれて帰国。同日午後には都内でメダリスト55人や日本選手団の橋本聖子団長らが帰国会見に臨んだ。 五輪開会式の入場行進で旗手・右代啓祐に続き、選手の前で役員団が行進したことが、日ごろから掲げる「アスリートファースト(選手優先)」の趣旨に反するのでは、という批判が起きたことに関する質問が出たため、橋本団長が回答した。 橋本団長は、「入場行進での批判はすぐに届き、役員の意見も聞いたが、『アスリートファースト』のはき違えだけしないようにしたい。役員が先なのは日本だけではなく他の国にもいた」と反論。 「JOC全体で考えることだと思いますが、『どこまでがアスリートファースト』にすべきなのか、役員は一番後ろにすべきなのか、選手に負担のかからないように、より選手がより輝ける場所で環境を整えていくことを、指摘を受けた中で考えさせていただく」と、政治家的な答弁でこの質問をかわしていた。 橋本団長はまた、閉会式の翌日(22日)に、夕方の帰国便までの間を利用し、スタッフと4時間に及ぶ会議を行ったことを認め、「鉄は熱いうちに打てではありませんが…本部役員がそれぞれの競技団体の代表でもありますので、今感じていること、明確にやらなければならないことを分かっていると思います。山下副団長のはからいのもとで、それぞれの意見交換を熱くやらせていただきました」と振り返った。「私どもが直接4年後の強化に携わるかは先の人事ですので、まとめていることがすべてではありませんが、次につなげる意味においても、今回反省すべき点、目標としなければならない点、こういうことを今の選手団で明確にしていこうということで臨時の役員会を開かせていただいた」と意義を語った。そして、「東京ではメダル獲得数で3位以内を目指す」とし、実施される33の各競技で最低1つのメダル獲得を目指すことや、リオで得た41個の倍以上のメダル総数を目標に掲げた。 ***く まず最初に、日本選手団の団長が、このような、パワハラ・セクハラの代表のような輩を置いていることは、JOCの恥だと思います。 このような批判が来た時に、素直に謝罪すべきことを、役員が先なのは日本だけではなく他の国にもいたと、言い訳する時点で、こやつは、団長である資格がない。 これは、子供が何かで怒られたときに、「誰々ちゃんもやってるよ!」と他人を引き合いに出すことで、自分を正当化する。それと同じだと思います。 今後、何かあれば、言い訳ずくめで逃げるという姿勢が、すでに出ている。これだけで、日本人の恥です。謙虚な態度が全然見えない。単に高飛車。ソチの不祥事から、2年、大分と態度が横柄になりましたね。 今回の批判事例、役員の行進は、結果からいえば、不要だと思います。もっとも役に立たない、一言で言えば、不要な人々が、オリンピックで入場行進をすることは、不要。不要なものは省くべき。 性子は、本当に何もわかっていない、それがわかりました。こやつが、オリンピアンであったこと・・・・本当に恥ずかしい。世界に顔向けできないような恥の塊が、団長であること・・・本当に残念です。 最後に、こやつが、「私どもが直接4年後の強化に携わるかは先の人事」と言っていますが・・・・絶対に関って欲しくない。 このような、最低の人間が、スポーツの祭典に関ることが、最大の不幸です。 そんなことしている暇があれば、自分とこの組織の汚染をどうにかしろって!真ん中に、どっかりと座っている反日を、まず、排除してみぃ!ヽ(`Д´)ノって、性子自身が、反日か・・あ・あ・・・( ̄Д ̄;; 東京へと続く道、ROAD TO TOKYO そこへ、橋本性子のような輩が、絶対に加わって欲しくない。森老害と共に、排除されるべきだと、今回さらに感じました。 あ、ところで・・こやつ・・やっぱり、あの癖は治らないようです。そのうち、旦那から三行半をつきつけられそうだ。。そちらを心配したほうがいい。 ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  悪の定義は人それぞれに違うし状況で変わってくるけど、“他人を踏み台にする人”、これは絶対に、 誰が何と言おうと悪だと思う 荒木 飛呂彦 *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      NEW!

      15
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 花はどこへ行った? エコのため?私利私欲のため?

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   オリンピック旗、日本へようこそ!で、何、この三番目の妖怪は!この婆、最後まで、五輪観戦かい?暇な奴! 五輪で、選手に手をださなかっただろうね!!またいる! こいつがヒラマサでも、偉そうに団長するのかと思うと、もう今から気分が悪い!正直者が馬鹿を見る・・・スケート界。\(*`∧´)/いっそ、世渡り連盟としたらどうだろ? うまい連中の巣窟だ! さて、今回のオリンピック、授賞式を見ていて、あれ?と思われませんでしたか?メダリストたちには、花束の代わりに、歯ブラシ立て、じゃない、記念品が渡されていました。 その理由は???エコなオリンピックを!というアイディアだったようですが・・エコリンピック、大いに結構!  リオ、花束贈呈が消えた理由はhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/inosehijiri/20160818-00061241/ 歯ブラシ立て?(;^_^Aをもって、笑顔の三人娘! オリンピックの表彰式と言えば、メダル贈呈に続く花束(ブーケ)贈呈のシーンを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。実際、前回のロンドン五輪まではそうだった。 ところが、今回のリオデジャネイロ五輪では、花束の代わりに、リオ五輪のロゴマークを3Dプリントした手のひらサイズの記念品が、金、銀、銅のメダリストに手渡されている。気付いた人もいるだろうし、気付かなかった人もいるだろう。 ネット上では、アテネ五輪以来12年ぶりに金メダルを獲得した男子体操団体の白井健三選手が、表彰台上で記念品を手にし、思わず「歯ブラシ立て?」と漏らしたことが、マイクに拾われて話題にもなった。(^▽^;)なぜ花束ではなく、プラスチック製のオブジェなのか?そこには、2020年の東京五輪にも間違いなく影響を及ぼすであろう、オリンピックという世界的なイベントをめぐる国際世論の変化がある。 環境破壊批判近年のオリンピックは、アマチュアリズムに反する、商業的過ぎる、費用がかかり過ぎるなど、様々な批判を浴びてきた。そうした批判の中でも最も勢いを増していたのが、オリンピックは地球環境破壊に手を貸しているというものだった。 例えば、オリンピック会場を造成するために、貴重な樹木が伐採されたり、野生動植物の生息地が埋め立てられたりする。競技場や関連施設の建設のために、大量の資源が使われる。オリンピックを開くことで、通常ならあり得ない量のゴミや残飯が発生する、などだ。グローバル化の時代、オリンピックに注がれる世界の市民の目は、より一層厳しさを増しているのである。 リオ五輪で、メダリストに対する花束贈呈を止めた理由も、まさにこれだ。花束は、どうせすぐに捨てられるか、たとえ捨てられなくても、すぐにゴミと化してしまう。リオ五輪の広報担当者は、「持続可能性の観点から、花束はメダリストに贈呈しないことが決まった」と、メディアの取材に答えている。リオ五輪のこだわりはそれだけではない。現地からの情報によれば、金メダルに使われている金は、有毒な水銀を使わずに精製したもの。銀メダルと銅メダルは、リサイクル原料を30%使用。メダルを首から下げるためのリボンは、ペットボトルをリサイクルした原料から作られているという。 東京五輪にも影響必至その一方で、一部のメディアからは、環境問題の観点から言えば、環境汚染の元凶の一つとされるプラスチックで作られたオブジェはいかがなものかという疑問も出ている。また、英国の高級紙ガーディアンは、リオ五輪のゴルフコースが、世界的に珍しいチョウが生息する貴重な自然の一部を破壊して造成されたと非難する、地元の環境グループの声を伝えている。持続可能性の実践は、容易ではないようだ。 いずれにせよ、4年後の東京五輪では、環境問題を含めた広範な社会問題に対する配慮が世界から一段と求められるのは、間違いない。こうした問題は、世論が割れることもあることから、ある意味、きわめて政治的問題でもある。政治とオリンピックは切り離すべきだとよく言われるが、現実には、両者はより一層密接な関わり合いを持つようになっているのだ。それだけ、オリンピックの運営の舵取りは、容易ではない*** なるほど・・そうだったわけですね。確かに、ブーケではなく、記念品なら半永久的に残ります。オリンピアンも、部屋に飾ることができます。白井選手は洗面所? 内村選手は、子供のおもちゃ?は、横においておいて・・あのレプリカが出たら、ほしい!という意見も多いと思いますよ。もしかして、お土産屋さんで売ってた?(^▽^;) さて、花束・・というと、思い出すスポーツは、フィギュアスケート。美しいスケート競技の裏側は、ご存知のように、私利私欲が渦巻くドロドロな世界。 ファンからの心をも、踏みにじることが行われているのでは?と疑惑の目が向けられていたことがありました。それは、花屋さんからも・・ピンハネして、連盟へのマージンではなく、自分の懐に入れている輩がいるとか・・ 事実でしょうか?でしょうね、限りなく事実だと思います。こちらの花屋さんが、なぜ、フィギュアの大会の花束の独占販売ができるようになったか?を読むと、どう思います。可愛らしい、ソチのフラワーガールたち! 昨年の記事です。 フィギュアの季節到来。スケートリンクに投げ込まれる花が、街角の小さな花屋・宮田花店限定なワケとは?情報元 http://hbol.jp/67214 浅田真央選手の現役続行も決まり、これからの季節、ますますの盛り上がりを見せるであろうフィギュアスケート。演技終了後には、その華麗な舞に、花が投げ入れられるのは誰もが知るところだが、この花が、街角の小さな花屋のものに限定されていることを、皆さんはご存知だろうか?どうして会場で販売される花が宮田花店限定になったのか? また、コンサートなどイベント興行では、物販が何よりも“美味しい商売”だと聞く。フィギュアスケートブーム真っ只中の今、この花屋、相当儲かっているのではないか? そんな疑問を解決すべく、東京・本郷にある宮田花店に直撃取材してみた。コスチュームに合わせた、気品のあるバイオレットの花束でした。 独占販売になったのは21年前のことだった 演技終了後、スケートリンクにプレゼントを投げ入れる風習は、全世界共通のことらしいが、花を投げ入れるのは、日本以外ではあまりないことらしい。 しかし、花は軽いため、スケートリンクに上手に投げ入れるのは、そう簡単なことではなく、客席に落ちれば、当然、観客から苦情が来る。また、花びらがスケートリンクに散らかれば、氷でできたリンクで固まってしまい、次の選手の演技に影響が出ることもある。 そこで日本スケート連盟は21年前、これらの問題を解決すべく、着手に乗り出す。「当時からリンクに投げるための花は作っていましたが、友人のお母さんが、たまたま連盟の役員だったんです。その方からお話をいただき、ウチでお引き受けすることになったんです」 そう語るのは、宮田花店の代表・宮田三雄氏。1994年3月に幕張で行われた世界選手権から、花の会場販売は、すべて宮田花店限定になっているという。花束を抱いた真央選手は、本当に美しい! 華やかな氷上を飾るために欠かせない努力 しかし、いざ引き受けてはみたものの、安価に大量な花を納品しつつ、華やかな舞台を演出するには、連盟からの要求にひと手間加える必要があったという。 「連盟からは『リンクにちゃんと飛ぶこと』『花びらが散らからないこと』を注文として受けていましたが、そのままでは芸がないですよね。そこでウチは、少し工夫をさせていただきました。まず、重りとなる水を含んだスポンジ。適切な大きさにして、リンクまでまっすぐ飛びようにする以外に、このスポンジ部分に可愛らしい小さなビニール袋で巻いています。通常は、銀紙などを巻きますが、それだと無骨ですからね。次に、花びらが散らからないように、花の部分までビニールで覆っていますが、そのままでは飛んだ時の姿があまり綺麗ではないので、リボンを巻いて飛んだ時にヒラヒラと美しく舞うようにしています」 加工の工夫もひと苦労だが、花の種類にもこだわっているという。「選手ごとにイメージカラーがあるので、色の種類にも気を使っています。たとえば、羽生結弦選手のイメージカラーは青。なので、羽生選手が出場する大会では、青い花を用意します。また、先日の大会で復帰した浅田真央選手の場合は、SPとフリーで衣装が違うので、その日の衣装に合わせた色の花を用意するようにしています」 会場では、バラのほか、ガーベラやカーネーションを用意する時もあるという。また、販売する花は、スケートリンクに投げ入れるものだけではないようだ。「会場に卸している花は、全部で4種類あります。リンクに投げ込む花も2種類あり、普通のものは500円。金メダルを意識したゴールドのものは、ちょっとサイズも大きく1000円。これは、飛ぶ距離もやや短いので、アリーナ席のお客様用ですね。あと、リングサイドの人が買う手渡し用の花束を3000円くらいで販売しています。最後に、一般販売ではありませんが、メダリストブーケも連盟から受注を受け、納品しています」 なんとも忙しい仕事だが、その甲斐もあり、連盟からは絶大な信頼を得ているようだ。フィギュアブーム以後、大手花屋からのオファーが続々と連盟にあるようだが、継続して取引が続いていることが、それを証明している。 会場での花の販売は、実はそれほど儲からない ここまで話を聞くと、苦労が多いとはいえ、この商売、相当儲かっているように感じる。しかし、実入りはそれほどでもないという。 「安藤美姫選手、高橋大輔選手、浅田真央選手、羽生結弦選手が出る大会は、よく売れました。それでも、一番売れた大会でも500円のものが2000〜3000本くらいです」 代々木体育館など、大きな会場での開催があるにもかかわらず、これは意外な数字だ。 「会場が広いからといって、花が売れるわけではないんです。代々木体育館は大きいですが、どの客席からもリンクに花が投げれる構造ではないので、実はそれほど売ることができません。なので、平均すると1大会で500円のものが1200〜1300本くらい、ゴールドのもので200本ぐらい、リングサイド用のブーケで60束程度売れるといった感じです。連盟に納めるマージン、材料費、出張費などを考えると、実はあまり儲かってません。それと、国内大会での販売をウチで独占させていただいているとはいえ、大会は基本的にはNHK杯と全日本選手権の2回。この間に大会があったとしても、年に3回ぐらいなんです。実際、ウチの年間収入の内訳でみると、法人との取引き(お祝いなど)が4割、葬儀や結婚式などが3割、店頭販売が2割となり、フィギュアスケートでの収入は、1割に満たないんです」 以前メディアで「1日で1200〜1300本売れる」と報道されたことがあり“フィギュアブームで儲かっている花屋”と羨ましがられたこともあるそうだが、実態はそうでもないようだ。 「それでも続けているのは、店の宣伝になるという点。それと、長年取引をさせていただいて、私たちもすっかりフィギュアスケートの虜になっているからでしょうね(笑)」 「花を投げ入れる」ことが「花を添える」ことになるように作られた宮田花店の花は、これからもフィギュアの氷上を彩ることになりそうだ。*** 花屋さんは、努力されているようですよね。花の選別、包装、などなど・・涙ぐましい努力をして、利益はそれほどでもなく・・・連盟にマージンは・おそらく、結構納めている。で、年貢米も納めているかもしれない・・・ 花束はファンの心・・・もし、それさえも、私利私欲が働いているとしたら・・複雑・・(-。-;)  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  雑草をはこびらせるのは風が柔らかすぎるからだ。 逆賊どもが図々しくなるのは、政令が寛大すぎるからだ。 シェイクスピア  *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      NEW!

      31
      テーマ:
  • 23 Aug
    • 勝って騒がれるより、負けて騒がれるようになれ!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   まず、番組紹介からです! NHKスペシャル「金メダル 知られざる闘い~内村航平と萩野公介~」2016年8月23日(火) 午後7:30~午後8:43(73分)リオ五輪で金メダルを獲得した体操の内村選手と日本チーム。そして競泳の萩野選手。二人の五輪に向かう日々に密着。金メダル獲得後、その舞台裏を独占インタビューした。【語り】西島秀俊← (この頃、とと姉ちゃん父が、アスリート専門になりつつある?) 永久保存版です! 昨夜、ウジの番組で、リオのメダリストたちが集結していましたね。ウジよ、がんばるやんか、視聴率取れる番組って、スポーツだけだしねぇ・・君のところは。高橋大輔さんが、内村選手にこういう質問を・・「美しい演技の向こう側が見えましたか?」キングはまだ、答えを見つけてはいないようです・・・(^∇^)  東京オリンピックの話題が今後はたくさん出てくるのではないかと思いますが、すでにこんな話題も。 最終聖火ランナーに、このお二人を推す声があるそうです。確かに、日本スポーツ界の象徴ではありますが・・・どうですかねぇ・・(●・̆⍛・̆●)それに、4年後、84歳と80歳・・・お元気でしょうけれど、厳しいなあ・・ 長嶋&王氏 東京五輪最終聖火ランナー候補!日本スポーツ界の象徴http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160823-00000004-spnannex-base20年東京五輪開会式の最終聖火ランナーの候補に長嶋茂雄氏(80)、王貞治氏(76)の名前が挙がっていることが22日、分かった。関係者は「各界から慎重に人選を進めることになるが、野球界では長嶋氏、王氏を推す声が出ている」と語った。(中略) 聖火ランナー ギリシャで採火され世界中を回って開催国に到着する聖火は、国内の複数ルートを経由するため、ランナーは数千人単位に及ぶ。公募やスポンサーからの推薦などが中心で、過去のオリンピアンやメダリストも参加する。聖火台への点火者ら重要な人選は組織委員会が決めるが演出上、トップシークレットとされる。点火者は64年東京五輪では陸上選手だった早大1年の坂井義則さん、72年札幌冬季五輪では札幌旭丘高1年の高田英基さん、98年長野冬季五輪では伊藤みどり(アルベールビル五輪フィギュアスケート銀メダリスト)が務めた。*** 個人的な夢は、浅田真央選手が、みどりさんに続いて・・ですが、その時は引退しているでしょうし。ただ、夏季なので・・・高橋尚子とか、北島康介さんとかが、有力なのかなとも思います。 ヒラマサ恐怖の冬季・オ利権ピックでは、おそらく、キム恥がそうなるでしょうね。で、聖火台が、大炎上したりして! リオ燃え尽き症候群・・・ リオでフェアーに戦うアスリートたちは、国境を越えて、感動を与えてくれました。 悲願のメダルを勝ち得た選手たち・・本命と言われながらも・・もう一歩手が届かなかった、選手たち・・ メダルの色は違えど、メダルはなくても、感動は同じです! 金メダルで当たり前! 金メダル候補の選手には、日本国民の期待の陰で・・・・言いようのない大きなプレッシャーが重くのしかかってきています。人々は、その苦しみに目を向けるよりも、メダルの期待に目が行く・・そして、敗れた時、もう誰の時代は終わった・・・と安易に言う者。何が起きたのだろう・・と心配する者。 「金メダルを取れなくてごめんなさい」彼女はそう謝罪しました。 国民が期待する結果がでなかった・・・その時、アルベールビル・オリンピックの時は、伊藤みどりさんが・・・「銀メダルでごめんなさい」と謝った。 ソチの時は、浅田真央選手が、「日本にメダルを持って帰ってこられなかったのは今でも残念だし、悔しい気持ちでいっぱい」と唇をかんだ。  謝る必要なんて、微塵もありません。だって、メダル以上の感動、ひとりのアスリートの「生き様」を見せてもらえた。それ以上のものはありません。リオ・オリンピックで、スポーツの意味、意義がなおさらわかりました。 メダルは素晴らしい結果。でも、それ以上に人々が求めているのは、「感動」それはプライスレス。だから、日本代表として、オリンピックで戦ってくれて、ありがとう!それしか言えません。 先日の、吉田沙保里選手の銀メダルについて、産経新聞に素晴らしい記事が掲載されました。彼女は、愛するスポーツのために、リンクの外でも、常に戦っていた。  負けて騒がれるhttp://www.sankei.com/west/news/160819/wst1608190050-n1.html 「勝って騒がれるより、負けて騒がれるようになれよ」。 不世出の大横綱双葉山に土をつけ、69連勝でストップさせた安芸ノ海に師匠の出羽海親方がかけた言葉である。この大番狂わせに匹敵するだろう。朝、テレビをつけて目を疑った。準決勝を観戦して、金メダルは間違いないと思って寝たのに。 初めて優勝したアテネ五輪から12年。吉田沙保里(さおり)選手はいろんな顔を見せてくれた。国民栄誉賞を受賞してスポーツ界の代表になった。レスリングがオリンピック競技から外されそうになった時には、先頭に立って存続を訴えた。所属した警備保障会社のテレビCMでは、ひょうきんな一面も。五輪と世界選手権の世界大会16連覇は前人未到の記録だ。「霊長類最強」の異名は誇大ではなかった。だから「負けて騒がれる」のである。泣くことはない。まして「申し訳ない」と言うことはない。「絶対女王」を破る相手がいたことで、五輪3連覇の偉業がより輝きを増した。*** 読んでいて、ほろっときました。産経、GJ! 勝つことは苦しいこと、負けることも苦しいこと。 もし、内村航平選手が率いる、男子体操が金メダルを取れなかったら・・・内村航平選手が、個人総合で大逆転というドラマを魅せてくれなかったら・・・水泳の荻野選手が、ひとつもメダルをとれなかったら・・・卓球の男女が、ひとつもメダルをとれなかったら・・・ それでも、こう思います。彼らは、感動をくれただろうと。リオでメダルを獲得した、日本人アスリートたちすべてに共通していること。それは、誰一人、個人の勝利のために、メダルがほしかったわけではない。 自分が王者や女王になりたいから、個人的な欲のためではないことがはっきりわかりました! そこには、利権が絡んでいない。彼らは、先輩たちの作ってくれた道筋に感謝し、後輩たちにバトンを渡すために戦い、獲得した。獲得できなかったアスリートたちも、目的は同じ。 冬季もそうであってほしいと願います・・・ 勝者を讃え敗者に感動する  最後にお勧めの記事。 夢待つ東京 アスリート・ファースト体現できるかhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160823-00000064-san-spo2020年、「東京」は世界にどんなメッセージを示し、アスリート・ファーストを体現した運営ができるか。花火に彩られたリオの夜空は4年後の「東京」につながっている。** オリンピックの主役は、アスリートたちであるということ、それを忘れないように! 特に、森老害!マリオのアイディア、あんたじゃないだろ!\(*`∧´)/  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  自分を信じて戦った 吉田沙保里 *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      66
      2
      テーマ:
  • 22 Aug
    • アスリートの涙にシラケるといった輩、ポエム実況アナに、八百長やろー、暑苦しいぃ!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  リオで・・おじさんと・・しゅーぞーいわく・・「斬新な演出」 (;^_^A おばさん・・・旗振りおばさん! お疲れ! 着物で旗ふると・・どうしても、股が開く・・ その時まで、犬猿の?仲の悪い二人が、がんばります!?それに丸川が絡みます・・大丈夫か・・(・_・;)アスリートの誰が引退するとか、言う前に、この二人が危ないカモ。  五輪の陰で・・・こういう人たちいるんですね・・この人たち・・もういらんと思います。\(*`∧´)/ このおじさん、キモイんですよね・・前から・・同じ◎◎◎でも、マツコのほうが可愛いわ!とまで思う・・このおじさんを見ていると・・いつも思ってたんですけどねぇ・・このおじさん!なんで、フィギュアに絡みたいの? ミッツ、吉田沙保里への「シラけた」発言を謝罪http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00000129-nksports-ent タレントのミッツ・マングローブ(41)が、リオデジャネイロ・オリンピックのレスリング女子53キロ級決勝で敗れ号泣した吉田沙保里(33)について番組で「シラけた」とコメントしたことを謝罪した。ミッツは19日放送のTOKYO MXテレビ「5時に夢中!」で、オリンピック4連覇を逃しカメラの前で号泣した吉田沙保里の話題になった際、「あれは泣きました」という司会者の言葉に「一滴も(涙が)出なかった。かえってシラけちゃって」と返した。この発言が一部スポーツ紙で報じられると、ミッツに対する批判がネット上で殺到する騒ぎになっていた。 これに対しミッツは20日、ブログで「生放送での私の発言に対し、不快感や怒りを露にしてらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。先ほど、件の録画を確認しました」「これは、非難されてしかるべき発言だと思います。申し訳ありませんでした」と謝罪。「誤解を生む・生まないとか、真意として、何に対して『シラけた』かを弁解する以前に、表現が稚拙で、無粋で、失礼です」と、真意がどうあろうと言葉として不適切だったと反省の意を示した。 重ねて、「言い訳や弁解はいたしませんが、吉田選手ご本人が、金メダルを目指して命懸けで戦ってきたこと、それでも敗れてしまった悔しさを、私も感じたことは確かです。決して、彼女の戦う姿や結果にシラけたのではありません」と理解を求める。ミッツの発言を取り上げた報道の中には言葉を誤解している箇所も多くあったようだが、「とにもかくにも、この度は、大変失礼いたしました。こんなひねくれ者が、メディアで仕事をさせて頂いている以上、もっと言葉や表現を的確に、お洒落に選べるよう、鍛錬します」とすべて責任は自分にあるとしたミッツ。最後まで「吉田選手をはじめ、たくさんの人たちの感情を、侮るようなことになってしまい、ほんとうにごめんなさい」と反省しきりだった。*** ものすごく言い訳がましいわ! 何がおしゃれに選べるやねん!こういう非常識なおじさんが、芸能界にいることが、間違いだと思います。こういう高飛車な勘違い人間は、絶対に治らないと思います。この性格は。 少なくともスポーツ関係に出てこないでほしい!  スポーツの実況、解説者もですが、アナウンサーで、げんなりすること。。多々ありますよね。 ずっと思ってました、なんとうざい実況、これは、三流ドラマか?と。多くの方が、うざい!と思っておられたんですね。だから、東京ドームの巨人戦は・・音声消すのよ! 吉田沙保里選手の決勝戦の実況が・・なんで、このおじんやねん!見る気が失せたわ!「シラケた」発言のおっさんも、この実況に”シラケた!”といえば、支持されたのにねぇ。。 スポーツの実況は、ありのままを正しい日本語で伝えたらいいのです! なんかねぇ、オリンピックともなると、伝説になりたいアナウンサーが出てきますが・・NHKの刈屋アナのあの伝説の実況。「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」を超えたいようですが・ねぇ・・  日テレアナの“ポエム実況”に批判殺到 吉田沙保里が乗り移ったかのような描写http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00000019-ykf-spo 吉田が敗戦を喫した18日(日本時間19日)の女子レスリング53キロ級決勝。日本中の注目を集めた大一番での実況アナウンスが物議となっている。 日本テレビとNHKで放送された一戦で実況を担当したのは、日テレの河村亮アナウンサー(49)。2014年3月に亡くなった吉田の父・栄勝さんの話題に触れながら、「私にとって3歳から磨いてきたレスリング」「タックルは父から、本当に教え込まれた」と吉田が乗り移ったかのように浪花節で心情を描写した。 試合が不測の結果に終わったこともあり、情感たっぷりの実況スタイルにやや過剰でくどい印象を受けた視聴者もいた様子。インターネット上には「ポエム中継」「感動の押し売り」との書き込みもあった。 河村アナは、プロ野球の巨人戦や箱根駅伝の中継などでおなじみの実力派だが、この一戦では気合が空回りしてしまったようだ。 *** 箱根駅伝も、ファンの意見は、辞めてほしい!だそうです。虚塵ファンからも、ウザい!と言われているそうです。もうそろそろ、定年とちゃいまんの? まさか、永遠に現役・・はやめてほしい・日テレ、ウジ、スポーツの実況、やめたほうがいい。世論は望んでいない。 リオに絡んででてきたかった・・でも、パトロンにホカサれた?パトロンが、キム恥の企てを阻んだ・・ということですね。だから、怖いのよ、寒損一族のやり方は!  リオで潰えたキム・ヨナの夢…IOC選手委員に意欲も選ばれず 巨大財閥サムスンの壁?http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/160821/spo16082105460013-n1.html 今回の選手委員選挙では、イシンバエワのほか、北京五輪フェンシング女子エペ個人の金メダリスト、ブリッタ・ハイデマン(ドイツ)、ロンドン五輪競泳男子平泳ぎ金メダリスト、ダニエル・ジュルタ(ハンガリー)、そして、アテネ五輪男子シングルスの覇者、柳承敏(韓国)が選ばれた。 実は2012年7月に一線に復帰した当時から、キム・ヨナ氏はIOC選手委員になみなみならぬ意欲を示していた。「選手生活の終着駅をソチ五輪に延長する。IOC選手委員に向けて新たな挑戦をするという意味も含まれている」と、選手委員を見据えた復帰であることを隠さなかった。(中略)キム・ヨナ氏は、これまで官僚や財界人が要職を占めてきた韓国スポーツ界に、風穴を開ける存在として期待されていた。李氏が会長を務めるサムスン電子はIOCの大切なスポンサー。柳氏の所属はグループ企業のサムスン生命。ただの偶然なのだろうか…。(一部抜粋)*** 偶然なわけないでしょ。 これが寒損のやり方・・ということを、気が付かない、もう不要なのさ、あんたは。使い道がないのさ、あんたは!それに気が付かないなら、キム恥が、単なる アホ! まあ、31歳で迎える北京冬季五輪のリンクに復帰しなはれ!その時は、誰も騒いでくれないだろうけど。 その前に、顔のお直しを!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  身についた欠点はハエのようなものである。 何度追い払っても必ず舞い戻ってきて、いっそう激しく君を苦しめる。 シェーファー *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      55
      6
      テーマ:
    • 2分30秒の妖精の舞、夢と感動をありがとう!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  リオ・・終わりましたね・・明日から・・・寂しくなる・・・完全に燃え尽き症候群になりそうです・・ 楽しませていただきました!感動させていただきました! アスリートの皆さんには、感謝しかありません!ありがとう!!!! メダル至上主義は、よくないですが、結果的に、日本選手団は素晴らしい成績をあげることができました。 ベテランと若手の融合、パーフェクト・ハーモニーがもたらした結果です。東京への道が明るく開けています! 決して、すべての選手の環境が整っているわけではありません。小池知事は、アスリート・ファーストの東京オリンピックを!と言われています。五輪候補の選手たちのために、十分に練習に専念できる環境づくりが、急務だと思います!東京で、世界3位が目標。それなら、真剣に取り組むべき! リオ五輪閉会式始まる 日本の金メダルは12個で世界6位http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160822-00000505-sanspo-spo リオデジャネイロ五輪は21日(日本時間22日)、リオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が始まり、17日間にわたる熱戦が幕を閉じる。 日本は今大会で金メダル12個、銀8個、銅21個の計41個のメダルを獲得。前回ロンドン五輪の38個を上回り、史上最多となった。 金メダルは16個を獲得した2004年アテネ五輪以来、3大会ぶりの2桁。目標とした14個には届かなかったが、4年後の東京五輪に向け期待を抱かせる結果となった。 国別のメダルランキングでは米国(金46個)、英国(27個)、中国(26個)、ロシア(19個)、ドイツ(17個)に続く6位。日本オリンピック委員会(JOC)は、東京五輪では世界3位を目標に掲げている。 閉会式ではダンスなどが繰り広げられるなか、最初に各国の旗手が入場。日本は開会式に続いて、陸上十種競技の右代啓祐(30)=スズキ浜松AC=が日の丸を掲げながら入場した。 **** フェアリー・ジャパン、素晴らしい命名だと、今更ながらに思いました。リオの空の下、彼女たちは輝きました!最後まで、諦めず、世界一の大技に挑戦した5人の妖精たちに、拍手しかありません! それなのに・・まったくもって・・増すごみというのは、タイトルがわかり易いわ!と思いません?予選通過の記事は、「大技成功、予選通過」決勝でミスが起きてしまった記事は・・「大技失敗、8位、日本の妖精輝けず」 輝いていましたよ! 5人の妖精たちは!\(*`∧´)/ この涙と・・この美しい後ろ姿に・・・未来への道が見えてきました! 東京への道が! 最後まで、世界にひとつだけの大技で勝負してきた、5人のチャレンジ精神に乾杯! ひとつ、残念だったのが・・日本が待機している間、ベラルーシの得点を待つ間・・なーんと、ウクライナが、異議申し立て!!!リボンの演技のDスコアが低い!!!!と異議申し立ては通り、採点しなおし・・まあ、彼らも必死ですからね。で、長い間、立ったままで待たされた・・・ 関係ない?といえば、そうですが、そういう微妙な間が、演技に影響することもあります。 リボンの大技で痛恨のミス「悔しい思い強い」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160822-00000011-mai-spo  試合後、日本の選手たちはコーチらと抱き合い、悔し涙を流した。ほぼ完璧な演技を見せた前日の予選と大きく変わり、決勝ではリボンの最大の見せ場である「4本投げ」で痛恨のミスが出た。18歳の熨斗谷(のしたに)は「メダルを期待しないようしていたが、やっぱり終わってみると悔しい思いが強い」と振り返った。演技中盤に小さなミスからほころびが生じた。19歳の横田がリボンを投げ上げて、その間に飛び込むように前転を繰り返して落下してきたリボンをつかむ連続技。最後の部分でわずかにリボンが絡まるミスがあった。 そこから、少しずつ演技が遅れがちになり、最後を締めくくる独自の大技「4本投げ」もリボンの軌跡が大きくゆがみ、受け手の動きもばらばらになった。規定の2分半で終わらせるため、主将の杉本がいつもよりも低く投げるしかなかったからだ。杉本は「練習からミスがあって考え過ぎてしまった」と悔やんだが、安定感という点では課題が残った。それでも5人の気持ちは途切れなかった。続くフープ・クラブでは、手具交換を同時にこなす難しい技でも、ほぼ移動することなくキャッチ。予選の出来栄えを上回った。 KISS&CRY ロンドン五輪の経験を持つ22歳の畠山と、20歳の杉本の2人がチームを引っ張ってきた。畠山はこの日限りで現役を退くことを明らかにし、「今回の課題をそのままにせず、次につなげてほしい」と後輩に託した。杉本は「演技を終えたばかり。まだ何も考えられないが、日本の良さを次に伝えていきたい」と揺れる心境をのぞかせた。 ▽リボン4本投げ 日本オリジナルの大技。演技終盤、主将の杉本がリボンで描く輪の中に、他の4人がリボンを投げ入れる。杉本は自分のリボンで4本のリボンを束ねて、フロアの逆側で待つ4人に投げ返す。美しい放物線を描いたリボンは広がりながら落下。それぞれを4人がキャッチして演技を締めくくる。4本のリボンを手ではなく、リボンを振り上げて投げ返すのは日本独自。昨年の世界選手権の種目別で成功させ、40年ぶりの銅メダル獲得となった。 リボンの演技について、素晴らしいコメントがありました。スポーツライター、矢内由美子氏のコメント。 4本投げ…激しい動きの中で4本のリボンを1人が受け、4カ所に散らばった選手に同時に投げ、それぞれが同時にキャッチする技である。想像しただけでもどれほど難しい技であるかがわかる。 これは、歴代選手の中でも、もっとも手具操作が巧いとされる杉本早裕吏キャプテンの技術があるからこそ誕生した技であり、全員の血のにじむような努力があったからこそ試合で使うことができた技である。 世界のどの国もやったことのない大技にチャレンジした心意気、メダルを本気で目指して切磋琢磨し続けてきたフェアリージャパンには拍手しかない!  矢内氏にまったく同感です!新体操を経験した者の戯言として聞いてください。あの技、死ぬほど難しいです。ってか、よく考えたね!よくチャレンジしましたね!レベルです! それも最後に・・体力のなくなったころにです。で、ひとりじゃない。5人の息が合わなければだめ。 これねぇ・・神業です。フープの交換とか、簡単そうに見えますが、投げ方が悪く、角度が違えば落下、取り方が悪いと、手首は青あざです。むちゃくちゃ痛いですよ! リボンも、先が絡んで結ばれて・・ほんと、泣きたいですよ。そんな思いを何百万回も耐えてきた選手たちに、本当にお疲れさま!と申し上げたい。フェアリージャパンの次の課題・・実は、メダルは、上位のチームがミス待ち・・が現実でした。予選5位通過も、他チームにミスがあり・・もありました。が、これも運のうちです。予選では、フェアリーたちは、リボン、フープ、ほとんどミスなく、美しく仕上げました。リボンが、17.146、 フープが、17.733 このスコアを見た時、あれだけの大技やっても、このスコア??とつらくなる。世界の壁はまだ高く厚い・・・でも、これを4年間で、どれだけ崩せるか・・日本のフェアリーたちは、必ず、壁を崩せるはずです! ハイライトはこちらからhttp://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5093182115001/  そして、愛理さん・・お疲れ様でした。まだ若いですが・・団体演技の重圧、苦しみ、よーくわかります。大会前から、今回が集大成と言われていました。 拍手と感謝で引退を受け止めています。 あなたの第二の人生が幸多きことを・・ http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160822/k00/00m/050/133000c 五輪の新体操団体で2大会連続出場した畠山愛理が、リオ五輪を最後に現役引退すると明らかにした。日女体大4年の22歳は「今回の五輪で最後と決めていた。試合に出るのは最後。(2020年東京五輪は)違う形でかかわっていきたい」と話した。 初出場のロンドン五輪は7位に入賞し、日本代表で主将を務めたこともあった。12年ロンドン五輪に続いて2大会連続の出場。チーム最年少だった4年前とは立場が変わった。「私が引っ張っていかないといけない」。小学校の卒業文集には「オリンピックに出たい」と書いたが、腰痛、スランプに苦しみ、中学で競技をやめると決めた。 中学3年、09年10月の全国大会は推薦での出場だった。「実力がないかもしれない。ミスしたらみんなに迷惑がかかる」と出場を嫌がる畠山を、中学の保健室の先生の言葉が救った。「最後の大会、自分のために踊ってみたら」――。心は軽くなった。演技する自信と喜びを取り戻し、その年にフェアリージャパンのオーディションに合格。ロンドン、リオで小学生の描いた夢は現実になった。「今回の五輪で最後と決めていた。これで終わりです」。すべてを出し切った畠山は、現役引退を表明した。 今年1月の初練習。五輪イヤーの抱負として、全員が「金メダル」と口をそろえた。結果は表彰台にも届かず、まるでフェアリーテール(おとぎ話)のような美しい結末にはならなかったが、日本の妖精は夢舞台で完全燃焼した。 ***新体操は、まだまだマイナーです。 それほどの注目度もなく、大会もテレビ放送がほとんどありません。これほど美しいスポーツを、もっともっと注目してほしいと思います。 2分30秒の中で、夢を魅せてくれました。 どうもありがとうございます!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  今までは、日本代表が『育成の場』にもなっていましたが、今後は『強化の場』にしないとダメです。 山崎浩子日本体操協会、新体操強化部長 1979年から1983年まで全日本選手権5連覇。1984年のロサンゼルス五輪で個人総合8位に入賞 *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      40
      テーマ:
  • 21 Aug
    • 世界にひとつだけの「技」極上の美技と表現力の集大成

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   日本しかやらない4本投げの大技が成功!よくがんばりました!フェアリー・ジャパン!素晴らしい演技でした!勇気を出して、本番で攻めました!最高難度の技を決めて、決勝進出です! この2-3日の間、シンクロ、新体操と採点競技を見てきて感じた事。 それは、一流の表現力とは、体全身で表すもの、躍動美、生命力、こみ上げてくる熱い情熱。シンクロも、新体操もですが、団体ですので、全体を映すため、カメラワークが遠いです。それが、なおさら、美しい表現力を感じさせます。そして、演技後、スローで、ポイントをズームで見せてくれる。着水であり、着地であり、身体の柔軟性であり、指の先ひとつの美しさであり、豊かな表情であり。 フィギュアは、故意にへんなとらえかたをしますよね。ジャンプの時に、その高さや回転や着氷などを、わざとよくわからないように画策する。よくよく考えると、それは、選手への大変な無礼であると思います。それらが、美しいことを彼らはアピールしたいのに、わざと画策する。そして、視聴者への冒とくです。ウジさん、学びましょうね、今回の体操、シンクロ、そして、新体操のカメラワークを。すべてクリアーに見せてくれていますよ! さて、今夜です!メダルは射程内! がんばれ!!!!全力応援! 今宵、世界でひとつだけの技が、リオを虜にします!フェアリーたちの極上の表現力と美しい技を堪能しましょう!    決めた、4本投げ=猛練習で培った自信〔五輪・新体操〕http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160821-00000044-jij-spo(何気に・・簡単そうに・・大技・・)  美しい放物線を描いたリボンが4本に分かれ、フロアの反対側で待つ4人の手に収まった。投げた杉本は「ブラジルは湿気があって練習では引っ掛かっていたけど、本番では絶対できると思った」。自信に揺らぎはみじんもなかった。 日本しかやらない4本投げの大技が成功すると、観客は沸いた。勢いに乗り大きなミスなくリボンを終え、クラブ・フープも伸びやかに舞った。 大技、4本投げ!!!4本をまとめる!4方向へ投げる!キャッチ! 一糸の乱れもない完璧な演技でした!  リボンの演技には当初ショパンの曲を使っていたが、ワールドカップの得点や他国の状況を見て6月上旬にラテン調のアップテンポな曲に変えた。それから2カ月余り。ブラジル・アラカジュでの事前合宿で、数え切れない回数の通し練習をしてハイペースで仕上げた。 表情や姿勢などの細部を含めてミスが出れば最初から。4本投げはリボンが互いに引っ掛かり、何度もやり直しになった。杉本は「何十本、何百本やって自信につながった」と猛練習の日々を思い返す。この日の成功は5人が重ねてきた努力の証しだった。 5位で予選通過。日本勢初のメダルは自力では難しい状況だが、この日のような演技をしなければ光は見えてこない。畠山は「ベストパフォーマンスをしっかり出して、最高の笑顔で終われたら」と決勝をにらむ。この五輪が閉幕する最終日に、確かな足跡を残したい。 畠山愛理(22=東京ジュニア体操クラブ)は「最初は緊張していたけど、マットに上がると落ち着いてできた。4本投げのときは会場がすごく盛り上がってくれた。2種目目はもっと弾けていいのかと思う。スカートが吹っ飛ぶぐらい大きく踊りたい」と意気込みを語った。 そうです、その意気!スコアを待つ選手たちと一緒に、あの鬼の?ロシア人コーチのインナ・ビストロヴァ氏が、にこやかに同伴してくださっていました! 動画はこちらから。http://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5092099830001/ 動画どうもおおきに! 僅差ですよ! ちょっと水を差してすんません・・まあ、気の毒でしたが、これが実力です。八百長がなくてよかった・・え、あった?(;^_^A 日本語を話せる=片言=親日家という売り出しはやめてほしい・・・(`×´) “韓国の妖精”ソン・ヨンジェがリオ入り 日本語も話せる親日家/新体操http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160819-00000552-san-spo「新体操の妖精(ティンカーベル)」の他、フィギュアスケートのキム・ヨナになぞらえて「第2のキム・ヨナ」「国民のめい」などと呼ばれる。日本の新体操の強豪、イオンで練習したこともあり、日本語が話せる親日家でもある。メダルを取って、名実ともにキム・ヨナに並ぶことができるか。22歳の挑戦が始まる。 *** キム恥と並ばないほうがよかったと、将来は思うでしょう! この人・・顔芸の要らない新体操でも、顔芸さえてます・・(-。-;) そして、キングが帰国!お疲れ様でした‼ そして、感動をありがとう!!!タイトルの燃え尽き・・は不適切・・(・_・;) 内村航平に“燃え尽き症候群”「やりきった」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00000175-nksports-spo「気持ち的に上がらない。結果も団体も個人も金でよかった。自分の中ではやりきったというのがある」。長期休養の可能性についても「年齢も年齢なので、必要なのかな」とし、「気持ちが上がらないと体も付いてこない。気持ちを上げるのが一番時間がかかる」と続けた。今やりたい事を問われると、「体操の事を考えずにゆっくり生活したい」と笑った。 個人総合の決勝の演技中に痛めた腰の他にも、首や肩に痛みが残る。「体操ができる状態ではない」という。4年後の東京五輪でも活躍が期待されるが「僕がチームを引っ張ることはない。自分の道を進んでいこうと思います」と話した。 ***もうひとつは・・内村 悲願の団体金で目標達成 20年は「僕なりに自分の道を」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160821-00000020-spnannex-spo次戦は10月の全日本シニア選手権を予定しているが、10日の個人総合で痛めた腰の他にも「肩や首に痛みがきている」としばらくは体調回復を優先にする意向。「団体で金メダルを獲って東京五輪にバトンを渡すという目標は達成した。東京で僕がチームを引っ張ることはないが、僕なりに自分の道を行きたい」。しばしの休息を経て、キングは再び4年後に向かって歩み始める。キングのコメントを、複雑な表情で聞いている・・次世代エース候補のふたり。 *** キングの演技は見たいけど・・全日本は休みましょう!連覇はもういいよ!ここで休んでください! ぎっくり腰で、演技して、ラインオーバーがなければ、銀メダルの実力って・・もうねぇ・・なーんもいえねぇ!!!キングには、復帰してくれた真央さんと同じことを申し上げたい。「これからは、自分のために演技をしてください。自分が追い求める演技をしてください!」 キング・・10年間、本当にお疲れ様でした。東京五輪に100点満点の演技を取っておきたい・と言われていたので、おそらく、引退はされないと思います・・鉄棒、跳馬、床、とスペシャリストとして、今後は技を磨いていくのではと・・でも、今は、何も訊かないであげてほしい!マスコミよ!命がけの戦いから帰ってきた武将に、次の戦はいつ?とか、訊くか?(-。-;) しばらくそっとしておいて・・若い選手たちは・・なんと、インカレに行くとか・・君たちも・・いい加減、休もうよぉ!!! ただ・・ちょっと寂しいのですよ・・内村航平選手の美しい体操を、ずっとずっと・・10年見続けてきた自分としては・・そして、彼が個人総合を引くことで・・おそらく、しばらくは、個人総合の優勝者は・・日本人選手からは・・現れないかもしれない・・ということ。オールラウンダーは・・まだ成長していません・・加藤選手、白井選手、がんばれ!  最後は、フェアリー・ジャパンの健闘を祈り、美しいショットを。       ゜゜*☆*゜ ゜゜*  今日の格言・名言  逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。 ウォルト・ディズニー  *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      46
      テーマ:
    • 韓酷・中国の八百長防止策は効果を上げているのか?

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  今夜、新体操の団体競技、予選を見ていて感じたことですが・・ フェアリー・ジャパンの選手たちは、本当に素晴らしい演技をしました。リボンの演技では、最後に最高難度の技をいれる、そして、見事成功させる。リボン4本投げが決まった瞬間、会場が沸きました!拍手喝采! たとえは正しくないかもしれませんが、フィギュアスケートで言えば、演技の最後、残り30秒の間で、トリプルアクセルを成功させる!ほどの高いレベルの演技だった・・と申し上げたいと思います。 勇気をもって、攻めの姿勢で、本番に臨む。圧巻の演技でした!・・・が・・・スコアは・・・ロシアに及ばず・・ただ、フープの演技では、ロシアを上回ったようで!見るのが楽しみです。 ***新体操日本団体、大技「リボン4本投げ」決め決勝へhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160821-00000008-nksports-spo新体操団体予選が行われ、日本は5位で2大会連続の決勝進出を決めた。 1種目目のリボンでは見せ場の大技「リボン4本投げ」を成功させ、 17・416点をマークした。全体の6位につけた。 *** 息をのむような素晴らしい演技に、なぜ、高得点を出さないのか・・・ これは、採点競技に対する、永遠の疑問でしたが、東京オリンピックでは、改善されるでしょうか?ただ、明らかに、動きがよくない、と思われる演技の得点は低かったことを見ると、ロシアは別格でも、中国を含め、それほどの演技ではないと素人目にもわかるものは高得点は出していない・・は救われました。  以前、このような記事を紹介しました。 富士通、ITで体操の技判定 東京五輪にらむ 富士通は17日、体操競技の技の出来を自動で判定できるIT(情報技術)システムを開発したと発表した。体操の技は目視による判定が難しくなるほど高度になっている。新システムを使えば、採点作業の精度を向上させるだけでなく、選手の練習・指導も充実させられる。2020年開催の東京五輪を控え、ITをスポーツ競技に役立てる動きが広がってきた。 開発したシステムは、「3Dセンシング」と呼ばれる技術を使う。レーザーセンサーが競技者に当たって返ってくるまでの時間を1秒間に230万回測定し、人の位置や体勢を認識。骨格の動きを測定して、自動採点に使っていく。情報元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HGM_X10C16A5000000/  そして、新体操を見た後、このような記事を教えてもらいました。なんだか、偶然と思えないような気がしました。  なぜ、韓酷、中国の金メダルが激減したか?この記事の内容を、どう思われますか? http://thutmose.blog.jp/archives/65086483.htmlこのようなことが書かれています。 リオでは誤審が驚くほど少なくなった。特にメダルが激減したのは、ロシア、韓国、中国。 中国で、ロンドンでは金38個、合計88個だったのが、今回は金17個、合計34個中国のメダルは、1984年ロサンゼルスから爆発的に増えたこと。 韓酷が、採点競技では、メダルを増やしていったこと。特に、キム恥。これがメダルを獲得した大会では、これのコーチが審判をしていた。だから、転倒しても、高得点。 他の審判にも働きかけていた。 今回IOCは八百長禁止のためビデオ判定を導入し、相手が異議を唱えるとビデオ審査するという体制に切り替えた。ということ。 日本は今回、過去最高のメダル獲得ペースであることは、何を意味するのか? などなどです。 しかしながら、今回、日本に対して不利な誤審もありました。バドミントンでの、二度うち。これは抗議が認められず・・そして、男子レスリングも・・・ IOCが、日本の味方であるとは思いません。しかしながら、お金を出してくれる相手とは考えているでしょう。IOCの委員に、今回も、室伏さんが落選した意味は‥何なのか?フェアプレーの精神を、訴えてくれる日本人が・・・是非、IOCの中にいてほしい。そう思う願いは・・まだ適えて貰えないようですね・・ ただ、日本人でも、性根の腐った連中もうようよいます。彼らが、様々なスポーツ競技を汚染している間は・・・審判はどうにでもなる。そのような競技もあるのは事実だとおもいます。 キム恥の件は・・・関係者全員を、嘘発見器にかけて取り調べても・・結果は出ないでしょう。この悪事に関っていた人々は・・・なぜなら、人間の感情を持ち合わせていないと、個人的には考えます。   ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  誰かが嘘をついていると疑うなら、信じたふりをするがよい。 そうすると彼は大胆になり、もっとひどい嘘をついて正体を暴露する。 ショウペンハウエル  *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村  おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!  

      47
      4
      テーマ:
  • 20 Aug
    • これが、IOCのお仕事!これが連盟会長職の意味

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   これが見たかったんです!!!! 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。鬼の目にも涙!!!!ありがとう、日の丸! やりました!井村コーチの執念の勝利!マーメイドたち! これを、神演技!と呼ぶのでしょう。素晴らしい演技でした! 最初から最後まで、美しかった!繁栄の幕開け・・・まさにその通りでした! おめでとうございます! 日本が3大会ぶりの銅 ロシアが5連覇 http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00000004-mai-spoリオデジャネイロ五輪第15日の19日、シンクロナイズドスイミングは、8人によるチームのフリールーティン(FR)決勝があり、日本(乾、三井、箱山、丸茂、中村、中牧、小俣、吉田)は95.4333点で、テクニカルルーティン(TR)との合計189.2056点で3位に入り、2004年アテネ五輪以来3大会ぶりの表彰台を決めた。 FRのテーマは「天照大神(あまてらすおおみかみ)」。井村雅代ヘッドコーチによると、繁栄の幕開けを意味する演技だという。 日本は18日のTRで93.7723点の3位に着け、メダル争いのライバル、ウクライナが93.4413点の4位で追っていた。 1位はロシアで合計196.1439点をマークして5連覇を達成。2位は合計192.9841点の中国がロンドン五輪に続く銀メダルを獲得した。**** シンクロを見ていて、表現力の豊かさに目を奪われました。表現力、これぞ、全身で表すメッセージでした!まさに、これは、ライジング・サン!高い!!!!高い!!!!すごい!!!!! リフトの高さは、高得点のポイントですね!高く美しく・・・ 体操も、シンクロも、採点競技ですが、加点の意味がよくわかります。フィギュアも、加点の対象を見直すべきだと思います!不明瞭すぎる!(`Δ´) しかし・・ロシアって・・・何?あの恐ろしいスコア・・・確かに、凄い演技でしたよ。リフトも高く、難度も高く・・なんでしょうけど・・そんなに、差があるのだろうか・・チャイナ・・どーみても、日本が上だった! 次回は、覚えチャイナ!シンクロのリフトは、しかし、迫力ありますね・・上位のチームのリフトは、やはり違いが分かりますね。ダイナミックでなければ、高得点は出ない!そうでなきゃ!ロシアの選手は、30代で、お子さんもおられる方も・・・それも、シンクロの選手たちへの励みになりますね。 円熟味のある演技・・ベテランだからこそ、深みのある演技ができる。キャリア・ハイ、素晴らしいことです! シンクロナイズド・スイミングの演技は、美しくダイナミック!水の中の芸術!反面、その激しさは、まるで、水中の格闘技並み・・・肉体の限界への挑戦!良いものをみせてもらいました!ありがとうございます! 今度は、まず、打倒・チャイナ! 白井君が言うから、許される!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000032-spnannex-spo「メダル獲っちゃいましたよ~。“持ってる系男子”ですからね、僕」。ほんと、可愛いねぇ! そして、体操関係で・・素晴らしい出来事が・・ これぞ、まさに、本来のお仕事です!誰の?IOCと、スポーツの団体の!やるべき仕事! 今回は、IOCのと国際体操連盟です。 良い仕事しました! 内村選手と、最後まで、個人総合の金メダルを競ったベルちゃん!フェアーに戦うアスリートの鑑です!練習環境は、決して良いとはいえない・・どころか、悲惨・・・その状況が、改善されそうです! これは、彼の功績と人徳の賜物でもあります。 東京目指すベルニャエフに朗報!五輪使用の体操器具がウクライナへ https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/verniaievbubka?utm_term=.gkzyqxeZXP#.vwb5Q8WYKw リオ五輪体操の男子種目別平行棒で、ウクライナに初の金メダルをもたらしたオレグ・ベルニャエフにさらなる朗報が届いた。リオ五輪で使用された体操器具が、ウクライナに寄贈されることが決まった。同国オリンピック委員会が17日、公式ホームページで発表した。 ブブカ氏と国際体操連盟の間で合意発表によれば、ウクライナ出身で棒高跳びのレジェンドであるセルゲイ・ブブカ氏が、国際体操連盟の指導者と寄贈について合意した。同国オリンピック委員会では「ウクライナ体操界の発展・強化につながる」としている。現在、国際陸上競技連盟の副会長を務めるブブカ氏は、8月4日には国際オリンピック委員会(IOC)の理事にも再選されている。ブブカ氏の五輪への影響力、さらにベルニャエフのメダル獲得も、今回の無償での器具提供にひと役買ったとみられる。 練習環境が改善し、2020年に明るい兆しウクライナでは内戦の余波による財政難で、体操競技への満足な支援はこれまでなかった。ベルニャエフが練習拠点とするキエフでも練習器具もままらない状況。平行棒はひび割れ、老朽化した床を修理することもできない。世界中の大会に規模を問わず出場し、賞金で活動費を賄うとともに練習の代わりにしてきた。そんな厳しい環境の中でも、ベルニャエフは世界一の実力を持つ内村航平と個人総合で0.099差の接戦を演じ、銀メダルを獲得。平行棒での金と2つのメダルを手に入れた。「体操の王様。世界で一番クール」と尊敬する内村との再戦、そして2020年東京五輪に向けて大きなプレゼントが贈られた。**** 素晴らしいことです! ベルちゃん、おめでとうございます!メダルも、そして、今回の寄贈も! 少しでも状況がよくなりますように! そして、国際体操連盟の会長、ブルーノ・グランディ氏ですが・・・彼は、去年の世界選手権の男子体操の予選で、内村選手が、床の演技を待つ間、待ち時間が長すぎで、体が冷えて、思わぬミスを引き起こす原因となったことに、公に謝罪してくれてました。今後、このようなことがないようにすると明言しました。連盟の運営のミスを、選手に謝罪できる・・・ 会長です。その彼が・・ 国際体操連盟会長「日本見習うべき」、リオ惨敗の中国体操を批判http://www.afpbb.com/articles/-/3097841?utm_source=yahoo&utm_medium=news かつて体操大国として五輪に君臨したものの、ここ32年で最悪の成績で終えた中国体操チームについて、国際体操連盟(FIG)のブルーノ・グランディ会長は、「ロボット」的なアプローチから脱却できなかった結果だと批判した。 中国が体操競技で獲得したメダルは団体種目での銅2個のみ。金メダルを獲得できなかったのは1984年以降で初めてで、個人種目でメダルを獲得できなかったのも初めてだった。  2008年の北京五輪から2大会連続で団体総合金メダルを獲得していた中国体操男子は今回、内村航平を擁する日本に敗れた。そして中国勢は2012年ロンドン五輪で金メダルを獲得した種目の連覇にすべて失敗した。  メダルレースで開催国ブラジルにも劣る11位につけた中国について、グランディFIG会長は、時代の流れに乗り遅れたと指摘している。グランディ会長は16日、AFPの取材に対し、「中国はロボット方式の訓練にとらわれ続けた。今は少し変わり始めているが」と語った。 「変化のペースに乗れたのは日本だった。練習の構造を改善すると、東洋的な振り付けから脱却し、西洋的な方向に転換した。つまり、調和や想像力、創造力をより重視するスタイルをとったのだ」 「日本文化を批判するつもりはないが、彼らは観客志向で見ごたえのある演技を生み出した。伝統から離れた日本を、中国は見習うべきだ。もし今後も現状を維持するのであれば、彼らはロボットになる。幾何学的な線は完璧に作れるが、律動的な動きは存在しない」  日本チームは、団体総合と内村の個人総合で2個の金メダルを獲得。さらに種目別の跳馬では、白井健三が銅メダルを獲得した。  イタリアの元体操選手であるグランディ氏は、20年にわたり務めたFIG会長を今年退任する予定で、次期会長選には日本体操協会の渡辺守成専務理事が立候補している。  グランディ氏は自身の最大の功績の一つとして、体操選手権に出場できる最低年齢を引き上げたことだとしている。中国はしばしば、未成年の体操選手を大会に出場させていると批判され、五輪の過去2大会でも論争を巻き起こしていた。 「私は(女子16歳、男子18歳への)最低年齢の引き上げに取り組んだ。奴隷制の一形態であるこの慣例を終わらせることに中国は反対した。7歳か8歳そこらの男の子が、一日7~8時間練習する状況を想像してみてほしい」  中国にとって最後の希望だった17日の男子平行棒では、デン書弟が4位、世界王者の尤浩も着地時に転倒して最下位の8位に終わった。 ショックを隠し切れないデンは、競技直後は「頭が真っ白」だったといい、「重圧を感じた。午前2~3時くらいまで眠れなくて、ただベッドに横たわっていた。何が起きたのか分からない」と語っている。 つり輪で4位に終わった劉洋は、涙を流しながら、「練習を続ける。2020年の東京五輪を楽しみにしている。チームメートのうち4人は五輪初出場だった。チームは経験不足だ。目標は達成できなかったが、チーム一丸となって努力した」と語った。*** どの競技も、チャイナが問題起こしてる!もしくは、韓酷!韓酷が体操競技で上位に入っていないことに感謝!永遠に来ないでね! グランディ会長の言われる、律動的な動き というのは、おそらく、日本体操界が、目標とする、「美しい体操」 そして、それに難度の高い技が調和している! 方や、中国は、アクロバット、将来は大道芸人という路線。だと思います。 最低年齢の引き上げについても、中国が、メダル獲得=国の威信、子供を酷使する、奴隷のようなことと、純粋なスポーツを混同させないためと思われます。スケート連盟のいう、年齢引き下げで、スケーターが早期に引退して、金にならない!ということではないと思います。 良い仕事をしてくれたと思います。同じイタリア人でも、スケート連盟の私利私欲の塊、かつては、韓酷の御用聞き、今は、ロシアの御用聞き、会長退いても、まだ組織を牛耳る、チン苦とは大違い。 もし、日本人が、国際体操連盟の会長になれば!それこそ、フェアーで美しい体操、そして、選手を大切にする体制が確立できるでしょう。なんと、未来の明るいこと! 今回のことは、アスリートをいかに大切にし、そのスポーツの発展のために努力しようとする姿勢をよくあらわしています。これこそ、IOCの幹部の役目であり、スポーツの連盟のあるべき姿です。 学びましょうね。スケート関係者たち!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  一番大事なものは、何ものも恐れない攻める気持ち 井村雅代 *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      62
      8
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 彼女たちが戦い続ける意味

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  なんか、楽しそうですね・このサングラス・・何気に・・ほしい・・・(;^_^A白井君・・君は・・面白すぎる! リラックスした雰囲気がいいですね。みんな、閉会式まで、リオにいるのかな?  今日の話題です! ああ、テレビが二台ほしいわ!並んで!と思いませんか?オリンピックを見ていたら? 見たい競技がバッティングする! 交互に見ていました。シンクロとバドミントン! まず、シンクロ!井村コーチ、笑顔でした!そして、美しい演技でした! シンクロは、ある意味、演技上の「顔芸」が必要かもしれませんが、どうして、違和感がないのでしょうね?それは、体の動きと表情が、バランスよくマッチしているからだと思います。新体操も同じ。  日本、示した技術力=脚技決まりTR3位〔五輪・シンクロ〕http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160819-00000031-jij-spo プールサイドで順位を見た選手たちの顔に、ほっとする様子はなかった。「あしたのFRで何が起きるか分からない。しっかり泳ぎたい」と主将の乾。チームTRはウクライナを僅差で上回る3位につけ、勝負のFRに挑むことになった。 3月の世界最終予選でウクライナに敗れ、より高難度の技を組み入れた構成に変更。日本らしさを強調した太鼓や三味線の音に乗って脚技を繰り出すと、会場には拍手が起こった。狙い通り、規定要素では高得点をマーク。井村監督は「日本の技術は確か、テクニックは本物なんだって格付けがされてきた。どこの国にも負けていないと思う」と手応えを口にする。 ウクライナとの差はわずか0.3310点。デュエットで逆転の銅メダルを手にした乾は「五輪のメダルを取ることは簡単ではないと実感した。勝ちたい気持ちを思い切り出したい」。今度は追われる立場で臨むFRへ、気持ちを引き締めた。ロシアが97.0106点で首位に立ち、中国が95.6174点で2位に続いた。 ** 素晴らしい!の一言の演技でした。足芸が足芸に見えない! 足が・・それ自体が、まるで別の生き物のように華麗に舞い続けていました。しかし・・ロシア・・異次元得点じゃん(°Д°;≡°Д°;)・・・誰も勝てない・・演技まだ見ていないので、じっくり見ようと思います。その差!というものを。自分の目で見て判断したいと思います。 水連の最も愚かなところは、井村コーチを中国に行かせてしまったこと・・イコール、全日本の監督として大切にしなかったこと! だから、今の中国との差、これは、水連の責任です!!!  そして、バドミントン女子!素晴らしい活躍でした!(^_^) おめでとうございます! シングルスは・・奥原希望選手、不戦勝ですが・・これも運のうち!おめでとうございます! 奥原、銅メダル獲得へ=女子シングルス〔五輪・バドミントン〕リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子シングルスで奥原希望(日本ユニシス)と3位決定戦を争う予定だった中国選手が棄権することになり、奥原は銅メダルを獲得する見通しとなった。18日、新華社などが報じた。 そして、ペア、世界ランキング1位のふたりです、やっぱり、やってくれました。3セットで、3点リードされたとき、正直、ああ、だめか・・と思いましたが、諦めない強い気持ちが引き寄せた、バドミントンの神、降臨!そして、10年間ペアを組んできた集大成ともいえる、金メダルでした!感動しました! おめでとうございます!  高橋礼華 選手、1990年4月19日生まれ、26歳。松友美佐紀 選手、1992年2月8日生まれ、24歳 ふたりとも、ベテランの域に入るのではないでしょうか?それでも、謙虚です。そして、リオで見てきた様々なスポーツ、アスリートたちの表彰台、コメント、その多くが、先輩、パイオニアたちへの感謝の言葉にあふれています。その謙虚な姿勢は、各種目のコーチ、団体の教育の賜物だと思います。見習わなければならないところが、たくさんありますよね。 女子バド歴史作った「先輩たちに感謝」高橋&松友、金メダル獲得後コメントhttp://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608190001-spnaviリオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルス決勝が日本時間19日に行われ、世界ランク1位の高橋礼華、松友美佐紀(ともに日本ユニシス)が、カミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン(デンマーク)を2−1で下し、金メダルを獲得した。 決勝戦は序盤、「相手がすごい勝ちにきている姿勢が伝わってきた」(高橋)と語るほど、デンマークペアが積極的に攻めてきて第1ゲームを18−21で落としたが、第2ゲームでは自分たちのペースを取り戻し21−9で追いつく。最終となる第3ゲームでは、16−19と追い詰められたが、そこからの逆転劇を演じ、日本勢としては同競技初となる快挙を達成した。レスリングを見ていて「逆転はありえる」(恐るべき、伊調選手パワー炸裂!)  ――第3セットで16−19となった時の心境は? 高橋 一瞬は、本当に一瞬ですけど、「あ、やばい、本当にここで負けちゃうのかな」と思ったのですが、でも前の日に(レスリングの)伊調馨さんの試合をテレビで見ていたので、それで最後まで、レスリングは3人とも全部逆転勝ちをしているのを思い出して、「いや、ここからでも逆転はありえるな」と思いました。私は結構、一瞬だけやばいと思ったのですが、すぐに切り替えられました。 松友 私も負けるなって、もういかれるのかなと思ったのですが、その中でも1回でもいいから、相手におっと思わせたいなと思ってやっていました。多分それがいい意味で前向きだったと思いますし、本当に楽しんでやっていたので、最後の2、3点は無心でやっていました。 日本の歴史を作った気持ちは? 高橋 あまり、そう言われてもピンとこなくて。どちらかというと、本当に五輪で金メダルを取ったのかと。 松友 自分たちで歴史を作ったという感想はあまりないと思います。でも、今までいろいろな大会で日本人で初めての優勝をしてきた中で、やっぱり一番うれしいかなと思います。最後は流れを引き寄せられた ――金メダルを下げてみて、どういう気持ち? 高橋 重いなというのと、あと、こういう柄なんだというのを思っていました。まず重いという。今も重いです。 松友 本当に重いんです。 高橋 本当に重い。昨日、私、外で(リリアナ・)ナッチル(/インドネシア)と会ったんですよ。ミックスダブルスで優勝した。取材を受けていて、触りたかったのですが、我慢しました。今日、自分で取りたいと思っていたので、我慢したんで。あ、重かったんだなと思いました。 ――いろいろな人への感謝の気持ちが湧いてきているか? 松友 もちろん感謝の気持ちはあるのですが、今回、五輪は本当に長かったです。試合をどんどんしていくうちに、五輪で最後と決めている選手がたくさんいて、それがすごくつらくて……自分の中では。いろいろな選手がいたから、今の自分たちがあると思っているので、本当にもう戦えないと思うとつらかったです(涙)。 ――高橋・松友組で良かったなって思うところは? 高橋 まさか10年前はこうやって組むとは思っていなかったですし、そこは田所先生に感謝しないといけないなと。まあ余りものだったんですけど(笑)。感謝しなきゃいけないなと思います。もともとシングルスをやって、ダブルスがこんなに面白いというのも松友と組まないと分からなかったことなので、そういう面では、田所先生に本当に感謝しなければいけないなと思います。 松友 やっぱり、(高橋)先輩とじゃなければこの舞台にも立っていないと思いますし、本当に世界の大会に出始めた頃は、まさか自分たちがここまで来られるとは思っていなかったです。もちろん来たいとは思っていたんですけど、こういう世界のトップの人たちと互角に戦えるようになるとは、当時は本当に夢みたいな実力でした。2人でここまで世界で勝ちたいという目標をあきらめないで持ち続けて、頑張ってきて良かったなと思います。(以上抜粋)  優勝の瞬間、ふたりに駆け寄ったお二人のコーチですが・・あ、ひとり、倒れてます!(⌒▽⌒) 実は・・おふたりとも、外国人なんですね・・はじめて知りました。 日本のために、日本人アスリートのために、日の丸をつけてくれたお二人に感謝します!おひとりは、朴 柱奉 (パク ジュボン)コーチ、現役時代は韓国代表として1992年のバルセロナ五輪男子ダブルスで金メダルを獲得。続く1996年のアトランタ五輪混合ダブルスでは銀メダルを獲得。世界選手権では男子ダブルスと混合ダブルス合わせて5回の優勝。 14年間の選手生活で、国際大会の優勝経験はなんとなんと67回。 「ダブルスの神様」との異名のコーチだそうです。2004年11月に日本代表のヘッドコーチに就任とのことですので、二人とは2年の付き合いで、こんなに!すごいです! で、もうおひとりは、中島 慶コーチ、でも、中国の方ですね。中国名は、丁 其慶さん。元中国ナショナルチームメンバーで、日本に留学されていた経歴の持ち主。サントリー、コスモ石油、三洋電機などの実業団チームのコーチを歴任し、2002年に女子ダブルスのコーチに就任されたそうです。帰化されています。まだ倒れてます! (^◇^) 今後も、どうぞよろしくお願いします! こうしてみると、スポーツには国境はないと思いますね。  最後は女子レスリングです。 伊調さん、吉田さん・・ぐらいしか知らない自分ですが、今回の大会で、若い選手たちが、次から次へとメダルを獲得していかれる姿を見ると、このおふたりが、今まで、レスリング界をどれだけけん引してきたか、そして、どれだけ、後輩にリスペクトされているか、よくわかります。 若手がどんどん育つことは、先輩として、誇らしいことだと思います。 初出場で、いきなり!の快挙。おめでとうございます!うれしいのはわかるけど・・ありゃ? 金メダルの川井梨紗子、涙の君が代斉唱 表彰台の頂点「すごい良い景色」 レスリングhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160819-00000529-san-spoリオデジャネイロ五輪レスリング女子63キロ級で金メダルに輝いた川井梨紗子(至学館大)は表彰式に臨んだ。日の丸が掲げられると感極まり、涙を流しながら君が代を歌った。川井は表彰式後のインタビューで表彰台に立った感想を問われ、「すごい良い景色でした」と語った。一問一答は次の通り。 --金メダルをかけてどうですか 「重たいです」 --努力の結晶だ 「そうですね。(2階級上げて五輪に挑戦したが)この階級にするまでもしてからもいろいろあった中で、最初で最後のオリンピックの63キロ級で勝って、良い形で終われたことはすごく良かったです」 --表彰台からの眺めはどうだったか 「いいですね(笑い)。前日、(金メダルを取った日本人選手)3人がどんな景色を見ているのかな、と思っていた。すごい良い景色でした」 --想像通りだったか 「日本の国旗がたくさん見えて『やっぱりオリンピックってすごいんだなあ』と改めて思いました」 --家族とも話をしたか 「さっきそこで会って、ありがとうございますと言っただけです」 --レスリング一家からとうとう金メダリストが出た 「自分が一番強いですね(笑い)」 --4年後また戻ってきたいか 「もちろんです」 --また同じところに立ちたいか 「絶対に立ちます」*     * 頼もしい!がんばって! そして、ちょっとだけ、いやーな予感がしていました。もし、彼女の登場が、ほかの選手たちより先だったら、結果は違っていたかもしれませんが・・それでも、彼女は素晴らしい!そして、オリンピックの上位を争う選手たちは、能力に大きな違いはない、後は、時の運。その時のコンディションも微妙にあると思います。勝負は時の運とは、よく言ったものです。  吉田選手のニュースを伝える記事の中で、最も素敵だと思いました・・これが。沙保里さん、泣かないで! みんなあなたの努力をわかってる、みんなあなたの輝きが決して褪せたわけではないことを知っていますよ! 金メダル、四連覇には届かなかったけれど・・あなたは日本のオリンピック選手たちのために、もっと大きなものをぶち破ってくれたのですから。 吉田ジンクス破る 主将6大会ぶり表彰台http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160819-00000025-mai-spo  レスリング女子53キロ級決勝で惜敗した日本選手団主将の吉田沙保里だが、銀メダル獲得により「夏季五輪の主将は表彰台に立てない」というジンクスを6大会ぶりに覆した形だ。 夏季五輪の日本選手団主将は1992年のバルセロナ大会で古賀稔彦氏(柔道)が金メダルを取ったのを最後に、96年アトランタの谷口浩美氏(陸上マラソン)▽2000年シドニーの杉浦正則氏(野球)▽04年アテネの井上康生氏(柔道)▽08年北京の鈴木桂治氏(同)▽12年ロンドンの村上幸史氏(陸上やり投げ)--と5大会連続でメダルから遠ざかっていた。 精神的な重圧もあって主将就任を敬遠する選手が少なくない状況の中、リオ五輪前に日本オリンピック委員会(JOC)からの打診を快諾したのが吉田だった。*** 主将の役目を立派に果たしてこられたと思います。 重圧は重すぎるほど・・様々な記事が、彼女の敗因を色々と妄想で書くでしょう。でも、それが何?と言いたいです。 吉田沙保里さんが、打ち破ったもの、そして、戦い続けたこと、もう神話です!そして、明日から、またその1ページ目が始まる!と思います。 あなたが、このスポーツのために存在する意味、それは、あまりにも大きいのです!そして、今回、リオに出場した女性アスリートたち、彼女たちが戦い続けてきた、そして、戦い続ける意味は・・ 1日で出せる答えではないのです!  さて、今日から始まる競技もあります。 井村コーチの歓喜の涙が見たい人!!ここですよ!(⌒▽⌒) そして、新体操!個人総合は、皆川選手が登場します。韓国から、へんなのも来てますが、気にしない気にしない! テレビ放送は・・変更があるかもしれません。。  今週で、オリンピックも終わり・・寂しいなあ・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。燃え尽き症候群にご注意! (-_\)(/_-)三( ゚Д゚)  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  ふまれても ふまれても 我はおきあがるなり 青空を見て微笑むなり 星は我に光をあたえ給うなり 武者小路実篤   *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      44
      10
      テーマ:
    • この選出は、ドーピング容認への「架け橋」か?

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  ドーピングスキャンダルにまみれた、ロシア陸連。ロシアを締め出したはずでしたよね?バッハさん・・・ これ、どういう意味?オリンピックの最中に、こういう話が伝わるのは、どういう意味? イシンバエワという選手のコメント聞いてたら、こういうレベルの人間が、委員に選ばれるって・・・結局これで、チャラ!という筋書か・・裏取引やってますぅ!!! がわかり易い・・・で、この人、出場していたら、必ず、”金メダル!”と確信があるわけですね?ドーピングするから? 会長代われど、悪しき慣習、変わらず・・・汚染池はそのまま・・  リオ除外のイシンバエワ、IOC選手委員に選出http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160819-00000013-jij_afp-spo五輪で陸上女子棒高跳びの金メダルを2度獲得しながらも、ロシアのドーピング問題でリオデジャネイロ五輪への参加を禁じられたエレーナ・イシンバエワ(Yelena Isinbayeva)が18日、国際オリンピック委員会(IOC)の選手委員に選出された。  34歳のイシンバエワは、ロシアが国家ぐるみでドーピングに関与していたとのスキャンダルをめぐり、国際陸上連盟(IAAF)が露陸上選手全体に科した出場停止処分を受け、リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で金メダルに挑戦する機会を失っていた。 イシンバエワは選手委員選挙での公約として、IOCと選手らとの「懸け橋」になりたいと話していた。 (ロシアのドーピング容認ですね、これで) だが一方で、リオ五輪への出場を禁じられたことへの怒りも表明。露国営タス通信(TASS)は、イシンバエワが選挙のためリオ入りした際、記者団に対して「もちろん、競技のためにここに来られなかったことに憤りを感じていますが、それでも来る必要がありました」と語ったと伝えている。 「私に禁止処分を科したことは、今後も決して同意できないし、許せません。優勝する選手に何と伝えたいかって?『あなたは自動的に2位になる』です」 (こういうことを言う人は、到底、他の選手から尊敬はされないだろうな) ロシアのスポーツ機関は、イシンバエワの当選は、同国にとっての道徳的勝利だと強調。ロシアオリンピック委員会(ROC)のアレクサンドル・ジューコフ(Alexander Zhukov)会長は、ロシア通信(RIA)に対して「彼女が当選したものの五輪に出場しないという事実は、とても象徴的だ。スポーツ界のあらゆる不公平さに対する返答だ」と述べた。 (ロシアという国は、何が道徳で、何が公平なのか?全然基準が違うような気がする) 選手委員の任期は8年で、18日の選挙ではイシンバエワのほかに独フェンシング選手のブリッタ・ハイデマン(Britta Heidemann)、韓国の元卓球選手の柳承敏(ユ・スンミン、Ryu Seug-min)氏、ハンガリーの競泳選手ダニエル・ギュルタ(Daniel Gyurta)の3人が選出された。 **次のオリンピック、ヒラマサ、八百長、買収、ドーピング、オールOKてことですね。で、日本人は選出しない!ということね。3度目の不正直か・・(  ̄っ ̄)  IOC委員、室伏氏は落選…イシンバエワ氏当選http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00050080-yom-spo 国際オリンピック委員会(IOC)は18日、選手委員選挙の結果を発表し、3度目の立候補となった陸上男子ハンマー投げの2004年アテネ五輪金メダリスト、室伏広治氏(41)は落選した。 陸上からは女子棒高跳びの五輪金メダリストで国ぐるみのドーピング問題により、リオデジャネイロ五輪に出場できなかったエレーナ・イシンバエワ氏(ロシア)が1365票で当選した。室伏氏は1070票で陸上の次点だった。選手委員はリオ五輪期間中に五輪に参加する選手の投票で決まり、任期は8年。今回の改選枠は4人で、同じ競技から複数の選手は選出されない。 室伏氏は「当選はかなわなかったが、アンチ・ドーピング活動の推進や、アスリートのセカンドキャリア教育・支援といった政策の推進に今後も取り組んでいきたい」とコメントした。 ***室伏さん、がんばってください!スポーツの世界にとって、それが一番大切なことだと思います! ひとまず、八百長・キム恥は、選出されなかったということで、それは不幸中の幸い。というべきか・・・・まあ、あれを選出したら、IOCに、節操というものがまったくなくなるでしょうけど。  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  昂奮した党派の叫びの中から、真理の声を聞き取ることは難しい。 シラー *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      36
      4
      テーマ:
    • 落ちた偶像、汚れた英雄、酷過ぎる民度

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  いくらメダリストでも・・・こういう場合は、メダルはく奪しても、文句いえねぇ!ようにしてほしいと思います。 オリンピックでメダルを獲得したら、英雄です。でも、こういうことをしたら、落ちた偶像です。 狂言なら・・・雨は、彼らの処分をどーすんじゃろね?(`Δ´) 「ロクテ強盗被害」“狂言”か ジャック・コンガー、グンナー・ベンツの2選手拘束 米国、ブラジル間の外交問題に発展もhttp://www.sankei.com/rio2016/news/160818/rio1608180076-n1.html ブラジル・リオデジャネイロの司法当局は17日、リオ五輪競泳男子800メートルリレーで金メダルを獲得したライアン・ロクテらが強盗被害にあったと訴えている事件が“狂言”の可能性があるとみて、ジャック・コンガー、グンナー・ベンツの2選手の身柄を拘束した。  米国オリンピック委員会(USOC)がAP通信に明らかにしたところでは、2人は帰国直前に当局に連行された。当局はロクテとジミー・フェイゲンのパスポートを押収することを決め、選手村に急行したがもぬけの殻だった。ロクテはすでに米国に到着。フェイゲンはまたブラジル国内にいるものの、居場所は特定できていないという。 当局の事情聴取に対し、ロクテらは曖昧な供述しかできておらず、選手村に戻った時の様子も強盗に遭ったにしては不自然だった。安全検査を通過する際に、奪われたと主張するサイフがあったとの目撃情報もあり、ロクテらの証言の信憑性が揺らいでいる。 また、ロクテは当初、米NBCにタクシーに乗っていて警官を装った男に停止を命じられたと語っていたが、17日夜になって、「ガソリンスタンドに立ち寄って襲われた」と証言内容を変えたとも伝えられる。 2選手の拘束を受け、すでに米国の領事館職員がリオに到着し、対応に当たっているという。しかし、“狂言”であった場合、誣告罪に当たる可能性もあり、米国とブラジルの間の外交問題に発展することも懸念される。 **** 東京には来ないでください。 オリンピックが汚染されますので! 土下座男・・厚顔無恥すぎ・・ヽ(`Д´)ノ今、もうやめたほうが、いいと思う。これ以上、現役を続けるのは、さらに恥の上塗り、厚塗り! <五輪水泳>朴泰桓、1500メートル出場断念…「このように終わらせたくない」4年後の東京で再挑戦意志 http://japanese.joins.com/article/281/219281.html?servcode=600&sectcode=670 朴泰桓はしかし、「このような形で終わらせたくない」とし「4年間もう少し体系的にトレーニングを積みたい」と話し、4年後の東京五輪への出場意志を明らかにした。    水泳選手の全盛期は20代前半から中盤と言われている。朴泰桓は19歳だった2008年北京五輪400メートルで金メダルを手にした。水泳関係者はリオ大会が朴泰桓にとって最後のオリンピックになると考えたが、「水の怪物」マイケル・フェルプス(31、米国)の活躍を見て考えを変えた可能性がある。2012年ロンドン五輪後に一度引退したフェルプスは2年後に復帰してリオ五輪で金メダル3個を獲得した。    朴泰桓は「フェルプスを見ると『私にもできないはずがない』と思える。フェルプスのように私もかっこよく拍手を送られながら引退したい」と話した。4年後、朴泰桓の年齢は今のフェルプスと同じ31歳だ。東京五輪に出るためなら、何度でも、やらせていただきます!ってか?** フェルプスと己を恥ずかしげもなく、並べられるのが、ある意味、すごい。レジェンドは、ドーピングなんてしませんけど?己の汚れた過去を、忘れるべからず!人間、プライドを捨てたら、ここまで、図々しくなれる。もう一度言います。今、引退しなさい。レジェンド・フェルプス選手になれるはずがない。そんな選手は、自分で言わなくても、世界が言ってくれます。内村航平選手のように! 子育てのために、五輪は最後・・とフェルプス選手は表明したそうですね。素晴らしいです! きっと未来のスイマーだねぇ・・お子さんは・・ そして、レジェンドは、チャイナの汚れた英雄にも、苦言を呈しています! <五輪水泳>フェルプスも孫楊を非難 「スポーツは公正であるべき」http://japanese.joins.com/article/255/219255.html?servcode=600&sectcode=670 「水の怪物」マイケル・フェルプス(31、米国)も孫楊(25、中国)を非難した。    英国デイリー・メールは10日(日本時間)、「フェルプスが『中国水泳スターの孫楊を薬物服用者と非難したマック・ホートン(オーストラリア)を支持する』という立場を明らかにした」と報じた。ホートンは2016リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)水泳男子競泳400メートル自由形で金メダルを獲得した後、銀メダリストである孫楊のドーピング摘発前歴ついて非難した。    フェルプスもデイリー・メールとのインタビューで「スポーツはクリーンであるべきだし、公平な舞台で行われるべき。ドーピング検査で二度も陽性を示した選手が、まだ五輪に出場できているということは非常に悲しいこと」としながら「ドーピングの不正が繰り返されていることに心を痛めている。誰か何とかしてくれることを願っている」と話した。    「ドーピング検査で摘発された選手と同じプールで戦いたくない」というホートンの発言を支持したものだ。今大会で五輪5回連続出場のフェルプスは男子4×100メートルリレーで個人通算19回目の金メダルを獲得した。    フェルプスだけでなく、他の選手も孫楊のメダル獲得に対して不満を表明した。平泳ぎ女子100メートル金メダリストのリリー・キングと銅メダリストのケイティ・マイリ(以上、米国)も「個人的に、ドーピングが発覚した選手と同じチームにいたくない」と声を高めた。*** ごもっともです。 そんな選手たちと同じプールで泳ぐだけでも、汚れます! 中国国民は不満のようです。自分たちを王者の大国と思ってるとちゃう? ( ´艸`)切腹って・・侍か・あんたら? 五輪大敗の中国「切腹してわびよ」 ネット上で批判の嵐http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000014-jij_afp-spo  先導する自転車が・・・メダリストたちの将来の姿に見える・・憐れさ・・・ リオデジャネイロ五輪の国別メダルレースで、中国がかつて「落ち目の帝国」とさげすんだ英国に次ぐ3位で停滞していることを受け、中国のスポーツファンからは、自国の選手やスポーツ機関を批判する声が相次いでいる。」 中国メディアは当初、同国代表の比較的悪い成績を特に問題視せず、選手らの競争精神を称賛し、五輪はメダル獲得数がすべてではないと論じていた。 だが17日には、国営の新華社(Xinhua)通信でさえもいらだちを隠しきれず、公式ツイッター(Twitter)アカウントへの投稿で、「#GBR(英国)でさえも、金メダルの獲得数が中国より1個多い」と指摘。さらに体操では全種目で金メダルを逃すという「最悪の五輪大敗を喫した」と批判した。 同通信が前日に行った投稿はさらに率直な内容で、英国が世界一の人口を誇る中国を金メダル獲得数でリードしていることについて、「冗談でしょう?中国より上位で終えたことが一度もない国が…」とコメント。この投稿は即座に削除された。 だが新華社は体操競技の結果を伝える記事で、「体操大国」であるはずの中国が獲得したメダルが団体種目での銅2個にとどまったことを嘆き、リオ五輪が個人種目でメダルを獲得できなかった初の大会となったと指摘した。 一方、愛国的な論調で知られ、かつて英国について「古い落ち目の帝国」、「国力は今や中国と同列に並べることができない」と蔑視した国営英字紙・環球時報(Global Times)は17日、「金なしでも満足:中国人は少ないメダル獲得数にも動じず」と題した記事で、競技結果を前向きに伝えた。 しかし、インターネット上のムードは、それほど前向きではない。一部のファンは、中国代表は育成につぎ込まれた税金にもっと見合う成果を出すべきだと不満を漏らし、良い成績を残せなかったがリオ五輪に出場できただけでうれしいと語った選手らを批判。環球時報は、メッセージアプリ「微信(ウェイシン、WeChat)」のユーザーによる「全選手が持つ競技スキルは、その半分が国有だ」とのコメントを伝えている。 また、自分の敗戦を審判の能力不足の責任にした選手を非難する声や、人口ではるかに劣る英国に追いつけない中国の失態に激怒するコメントも見られた。 あるユーザーは、「くそくらえだ。EU(欧州連合)を辞める国に金メダル数で負けているうえに、全メダル数でも追い抜かれそうになっている。国家体育総局は切腹してわびるべきだ」と憤りを書き込んでいる。 *** 中国のメダリストたちのその後について、昨日の記事を上げましたが、こういう民度を見ると、なるどねぇ・・と頷けます。で、成績が振るわなかった選手たちは、帰ったら、粛清されるんですか? 中国にとっては、オリンピックは、国の力を見せつける場であり、スポーツと平和の祭典ではない。単に自分たちが強いことだけを誇示したい。 本当に浅はかな考え方です。だから、メダリストたちが、使い捨てされる。そして、忘れられる。 こういうことは、日本では絶対にあってはなりません。そんなことがあれば、それこそ、国の恥です。オリンピックの代表選手たち、メダルをとれても、思うような結果を得られなくても、彼らは、この日のために、骨身を削り、それこそ、水谷選手いわく、戦場に命がけで戦いに来ているのです。 そして、ほとんどの選手が、練習に100%打ち込めない経済状況であるのに。 結果がでなければ、総叩き、これが母国の選手に対する仕打ちですか?(以前、北京オリンピックで惨敗した、野球日本代表は叩かれましたが・・億単位のプレーヤーを集めて惨敗ですから、仕方ないです。彼らはプロですから) 彼らは、ドーピングしたわけでもない、買収したり、八百長したわけでもないなら、叩く必要がありますか? 自分ができないことを、自分がまったくできないことを、彼らはなしえている。日本代表として少し恥じることない、フェアプレーで戦っている。それでは、十分ではないというなら、自分がオリンピックにでてみなはれ! ひとつ、日本のスポーツ界が行ってはいけないこと。それは、アスリートたちを、三流バカタレのように、タレント化すること。それだけは、絶対ダメ!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  途方もなく大きなプライドを、とんでもないケチな人間が持っている。 ヴォルテール *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      40
      2
      テーマ:
  • 18 Aug
    • 「大和撫子力」は世界最強!今宵はボレロもお楽しみください!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  今夜は、こういう番組があります! なんですか??ですよね? (*^o^*)実は、体操競技のエキシビションみたいなものです。(録画)選手たちが参加して楽しむショーのような感じ、地元の選手が多いですが・・ちなみに、日本代表たちは参加していません。もう、ええじゃろ、疲労困憊! 今夜ありますので、よろしければ、こういう体操の楽しみ方もあるんだ!という感じで!ネットでも見ることができます。http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=28016.html ボレロが見られますよ!(*^o^*)新体操のチームによる、ボレロ! ”慈愛す”での、美しいボレロを思い出しながら、また感動に浸るのも・・いいですよ! 新体操は、純白のコスチュームです! 美しい舞です。 また趣の違うボレロを、夏の夜、ご鑑賞ください!  もしかして・・・大和なでしこたちは・・・世界最強かもしれない!と思うのです!日本女子選手たちの躍進が素晴らしい! 感動が半端ない! レスリング・・実は、ルール、まったく知りまへんねん・・・(^_^;)でも、見てたら、なんとなく、ああ、ポイントとれたんだ・・とあ、終わったんだ、勝ったんだ・・という・・レベル・・ レスリング・・1日で勝負が終わる? 短いなあ・・・という印象ですが、ここでも、日本女子力、最強!彼女たちの快挙を、真央姫に伝えてもらいましょう!? (リオのレポーターしてたら、こんな感じ?) おめでとうございます! 天国のお母様に思いが届きましたね!  女子レスリング、伊調の4連覇偉業を支えた亡き母との約束http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160818-00000005-wordleafs-spo女子レスリングのフリースタイル、58kg級の決勝。リオデジャネイロ五輪は第13日の17日、レスリング女子58キロ級の伊調(いちょう)馨(かおり)(32)(ALSOK)が、夏季五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を達成した。 抑えられない喜びを顔に浮かべながらも、試合直後に伊調の口から出たのは、反省も含めた勝者の言葉だった。 「内容はダメダメで、金メダルだったことは満足だけれど、レスリング選手としては出直してこいというものでした。心技体のスポーツですね」(中略)「上を向いて、母と話してから試合に臨みました。最後のチャンスは母がとらせてくれたんだと思う。気持ちで勝てた金メダルです。いつもより重い気がします。たくさんの人の気持ちが入った、自分一人ではとれなかった重いメダルです。これまでで、一番嬉しい金メダルかもしれない」4連覇まで続けたら、やはり2020年東京五輪で5連覇を、と観る側は欲を出してしまう。 「今は考えられない」という伊調の気持ちが固まるのは、2月に痛めて以来「つきあっていくしかない」と言う首のケガが、少し癒えた頃になりそうだ。彼女・・きれいになったね!と、オカンが言ってました! **満身創痍だったんですね、お疲れ様でした! しっかり休養をとられて、東京もがんばってください! 金メダルの土性「監督を肩車できてうれしい」http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/martialarts/wrestling/20160818-OYT1T50042.html リオデジャネイロ五輪のレスリング69キロ級で金メダルを獲得した 土性 ( どしょう ) 沙羅(至学館大)「本当にうれしい。たくさんの方に応援していただき、支えられました。うれしくて涙が少し出ました。金メダルを取ったら監督を肩車しようと思っていたので、できてうれしいです。最後まであきらめずにやろうと思っていました」栄さん・・持ち上がられてます! 感動でしょうね! 東京もがんばって! また、栄さんを肩車してあげてください!  登坂絵莉 表彰台で涙止まらず「夢みたいだなぁって泣けてきた」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160818-00000112-spnannex-spoレスリング女子48キロ級決勝 残り2秒。相手の足を必死に取って逆転し、金メダルをものにすると、登坂絵莉は両手を3回たたいて大きく両手を掲げた。「人生で一番の親孝行ができた」。表彰台に上ると、涙を浮かべ、スタンドの両親に再び右手を突き上げた。 世界選手権3連覇中の登坂絵莉(22=東新住建)がマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)を終了間際の猛攻で逆転し、初の五輪で金メダルを獲得した。決勝の相手、マリア・スタドニク(アゼルバイジャン)の悔しがり方を見て、世界選手権とは違う五輪の凄さや重みも感じたという登坂。「これが東京だったらもっとすごいし、私が出て連覇したい」。五輪女王として臨む4年後の夢舞台を見据えていた。 素晴らしい! 4年後の連覇を楽しみにしてます!  そして・・・大御所!いざ、今夜出陣!さぁ6人娘金ラッシュ!女王・沙保里に「最後」の覚悟 レスリング/リオ五輪http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/160817/spo16081708000040-n1.html こういうスケジュールです!  沙保里さん、がんばれ!!! 金メダルへのラストスパート!   で、今夜は・・さらに、なでしこ力アップの競技が続々! バトミントン!シンクロ!団体来たぁ!!!! 全力応援! 真央も見てます! (といったかどうか???)でも、真央さんも、できるだけ多くの競技を見る!といってましたね!寝不足にご注意!笑顔晴れ晴れ! 真央さんもがんばってます! ECCの新CMより動画おおきに!  さあ、がんばろう!! ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  僕らの人生は、僕らのアートなのさ。 Our life is our art. ジョン・レノン *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      47
      3
      テーマ:
    • 中国、アスリート使い捨ての現状、では、日本は?

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   卓球男子、決勝戦。日本代表は、残念ながら、アンドロイド・サイボーグ、中国を破ることはできませんでした。万里の長城・・その壁はまだ高く厚い・・・やはり、ダブルスがキーですね。 それを勝てば、勝てる。そんな気がします。 そんな中で、水谷選手、よくやりました! 彼の中で、大きな自信となったでしょう! 日本卓球男子、女子、心からおめでとうございます。そして、ありがとうございます! ポイントが入るたびに、水谷選手がガッツポーズでしたが・・心なしか・・遠慮した感じに見えたのは・・・おばちゃんだけ?選手は、試合の前には、極限まで自分を追い詰めるのです!心無い外野が、いらんこというな!って!\(*`∧´)/あの爺には、マジで殺意覚えたわ!という方が、どれだけ多くおられたでしょうか?多くの怒りが渦となり、爺を巻き込んで沈める日が早く来ますように! 水谷選手、本当に立派です!今度は、思う存分、大ガッツ‼ポーズで!  悲願金ならずも…水谷「素晴らしい結果に」金星で王者追い詰めたhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160818-00000084-spnannex-spo敗戦の中、日本のエース・水谷が決勝でも魅せた。第2試合で世界ランキングでは格上の許シン(26)と対戦。2ゲームを連取しながら第3、4ゲームを奪われ、最終ゲームではマッチポイントを握られる場面も。そこから5連続ポイントを挙げての大金星。「過去0勝15敗で、多くの大舞台で負け続けた相手に、五輪でリベンジできた。借りを返せてスッキリした」と笑顔をのぞかせた。 個人では日本男子史上初メダルとなる銅メダルを獲得し、団体でもエースとしての役割をきっちり果たした。女子ばかりに目を向けられることが多かった日本の卓球界。女子がロンドン五輪で団体銀メダルを獲得したことから「いつかは男子も…」と思い、努力を続け、そして銀メダルへとたどり着いた。「素晴らしい結果になりました」。最後は誇らしげに胸を張った。**** 東京ではリベンジだ! 女子も!!!水谷選手も、17歳。でも、どうでしょうか? 脂がノリノリですよ! まだまだ、これから、技が磨かれると信じてます! そんな中国ですが・・・オリンピックで、一度メダルをとれば、一生安泰。国賓扱い。優雅な暮らし!と思っていたら・・・そうではないようです・・多くの選手が、他国へ帰化していく気持ちがわかるような・・気がします。 要は、この国は、いかに優秀な国民であっても、使い捨てだということです。臭さんはどうなんでしょうね? 彼もそのひとりでしょ? 中国のメダリストの末路・・ やっていることは、まるで、清朝時代と変わらない気がします。でも、ふと気が付くと・・日本もそうかもしれません・・  オリンピック選手たちは引退後に、いかに生きるべきか? 中国では8割が失業・障害・貧困に苦しむhttp://healthpress.jp/2016/08/-8-1.html リオ五輪の報道では、メダル獲得という成果が出れば賞賛の嵐。メダルが取れなければ、数秒のコメントと映像だけを残して、次のスポーツに移っていく。  人は、メダルを獲得した人間の晴れ姿を見て感動する。そして、次のオリンピックまで、その競技のことも、メダリストのことも忘れていくのが普通だ。各国のオリンピック選手たちの引退後の人生がどうなっていくかなど誰が考えようか。  かつて共産圏では、オリンピックで金メダルを獲得すると、一生の生活が保障されると言われた。冷戦構造の鉄のカーテンで仕切られた中、真実はよくわからなかったのだ。しかし、最近になって各国のアスリートの現実が次第にわかってきた。大紀元時報がそんな中国のオリンピック選手の帰国後の現実を伝えている。 オリンピック選手が大道芸や露天商で食いつなぐ  中国で飛び込み競技のアジアチャンピオンだった、唐穎(とうえい)選手は、2004年のアテネ五輪に向けての国内予選で敗退し、引退を余儀なくされた。  水泳の飛び込み競技の世界しか知らなかった唐さんは、普通の社会生活に慣れることに苦労した。とくに就職で困った。彼女と同じようにスポーツ競技をしていた女性たちは、官僚や富裕層の愛人として生きる道を選んだ。 高身長でスタイルも良く、容姿端麗の彼女に、役人も金持ちも「愛人になれば生活の面倒を見てあげる、就職のチャンスをあげる」と誘ってきた。誇り高い唐さんはこれらをすべて断った。「生活は困窮しても愛人になりたくない」。いま彼女は露店経営でぎりぎりの生活をしている(写真) 中国本土に登録されている専業選手は約5万人。で毎年3000人の専業のスポーツ選手が引退し、その内のおよそ40%は失業してしまう。満足のいく待遇を得るのは1000人程度。その他の選手は一次的な補償金を貰うだけで想像以上の困窮生活が待っている。なぜならば中国には就労支援の体制がないからだ。  スポーツ漬けの人生だけしか知らず、普通の人のような職業生活のノウハウを習得してこなかった選手たちは、生きる術を持たない。ある体操選手の金メダリストは、さまざな職業に失敗、食べるために路上で曲芸まがいの見世物をしてお金を得ている。  ここ数年、有名な選手が引退後に困窮するケースが非常に多く見られるようになっている。「北京晨報」によると、中国には引退した選手が約30万人いるが、そのおよそ80%が失業や障害、そして貧困に苦しんでいるという。  就職難以外で選手たちを苦しめるのは病気や後遺症だ。メダル至上主義がすぎるあまり非科学的な訓練が行われたり、過度に負荷を強いる訓練スケジュールを組まれたりすることで、選手が体調を崩したり負傷するリスクが高まる。選手たちの引退を早める重要な一因となっているという。  日本でも、メダルを獲得するようなトップアスリートでも引退後の生活は厳しい。引退後にコーチや監督になり後進の指導にあたるというやりがいのある仕事を一生続けていけるのは華々しい活躍をしたわずかな選手たちだけだ。  こうした現状を変えていこうとする動きが出ている。 真のスポーツ大国に求められる条件とは  元陸上選手で、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京に連続出場した経験のある、為末大(ためすえだい)氏は、引退後のアスリートがその経験そのものを「社会還元」するべきだと主張する。単に優れたパフォーマンスによって、国民を感動させる「感動=社会還元」の考え方だけでは限界だというのだ。  厳しい練習をする中で、体力、競技技術、精神力が向上する。この知見を、一般の市民に伝えることで、本当の社会還元になる、と訴える。確かに、多くの税金や企業スポンサーで育てられた人達が、引退して、まったく別の世界で活躍する、というのは効率的ではない。 自分のなじみのある、もっとも得意な分野で生きることで社会貢献はできる。たとえば、地域のスポーツ振興や、地域の健康作りに積極的に関わっていく。社会還元の方法はもっとあるはずだ。  トップアスリートなのだから、その競技のことだけを24時間365日、考え抜いて心身を鍛えるべき、という禁欲的な考えが、スポーツ界には支配的だ。しかし、そのアスリートの人生は引退後も続くし、すべての人間がメダリストになれるわけではない。  トップアスリートたちに、現役の時から、第二の人生を考え準備する時間を確保させることも必要だろう。引退後の就職支援も求められている。アスリートたちの生活環境を整える、社会還元する仕組みをつくることで、さらに強いスポーツ大国になる道筋ができるのではないか。 リオのテレビ生中継を見ながら、この選手、引退したあとの生活は大丈夫かな、と考える想像力をもって欲しい。それがスポーツを愛し、アスリートを本当に尊敬する、ということにつながるのではないか。****  日本でも、メダルを取れば一生安泰!とまでいかない選手たちもおられるでしょう。凡人の何万倍も努力して、辛い練習に耐えて、栄光を得ても、それが一生を補償するものではない。まして、メダルを取れなければ、なおさら。為末氏の言われるように、オリンピック委員会、そして、各スポーツの協会・連盟は、自分たちが誰のためにいるのか?をまず考えてほしいと思います。 種目によっては、生活を確保できないから、アルバイトをしながら練習するという選手たちもおられます。これ自体が、一言でいえば、異常です。 JOCの練習は、まず、誰のおかげで、自分たちの地位があるのか?選手なくして、あんたら、要らんよ! ですよね? 今回、リオで活躍した選手のある方が、こういわれました。帰りは、ビジネスで帰る。恐ろしいと思いませんか?大した用事もないJOCの連中は、ビジネス、で、主役の選手たちが、エコノミーでリオまで乗り継ぎ、30時間。疲労困憊です。ちなみに、体操代表たちは行きも帰りも、結果いかんにかかわらず、ビジネスだそうです。 で、韓国スケート連盟・日本支部は?ヒラマサまで、船で行きなさい!とかいいそうですね。プサンへ帰れ!?あほか!と言いたくなります。 こんなに母国のために、がんばってくれた選手たち、その方々が、引退後も、セレブとまでもいかなくても、安泰にその道で暮らせるように、道筋をつけてあげるのが、JOCの仕事だと思います。スケート日本支部の副会チョーさんのように、豪邸を立てられる人は少ない。正直に生きようとすればするほど、その後は厳しいかもしれません。 是非考えていかなければならない問題だと思います。 小池知事は・・リオへビジネスクラスで行くそうです。禿添なら、ファーストクラスの10☆ホテル!とかだったかもしれません。小池さん、せいぜい、節約してください! そのための知事だから。 オリンピックはまだ続きます・・こんな記事を読むと、今後、中国代表たちを見る目が変わるような気がします。 ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  起てる農夫は座せる紳士よりも尊い。 フランクリン  *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      35
      6
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 勝利へのキーワードは、エッジボールと誕生日!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  なんちゅうタイトルやねん?と言われそうですが・・・ (^_^;) はい、卓球です! まず、これでしょ。今日の一番の話題は!もう、まるで金メダルを取ったような雰囲気です!卓球、ご覧になりましたよね!!! 感動のあの瞬間を!  1セット目・・ゆーもんゆー とかいう選手に、あ、これは、快勝!とスタートしながら、逆転負け・・・愛ちゃん、まだ、引きずってるな・・あのドイツ戦の借敗を・・・顔つきが緊張と不安に飲まれてる・・・ と感じませんでしたか? ああ、メダルだめか・・と思いました。 で、その悪い流れを切ったのが、佳純ちゃん!ではありますが・・ もっと早く、あちらに苦手意識を植え付けてくれたのが、愛ちゃんだったんですよ!なんで? 特に、フォン選手がキーパーソンだったかな?と。愛ちゃんが、シングルで、戦ってますよね。フォン・ティエンウェイ選手、1986年生まれなので、30歳ですね。ベテランもベテラン!その選手が、愛ちゃんにシングルスで、ストレート負けしてます。ということは、愛ちゃんには苦手意識があったはず・・でも、出てきたのは、佳純ちゃん。で、自分よりランク下。 愛には負けた、でも、佳純には負けない! と闘志満々が・・空回りしちまった?ように見えました。 ちぇっ! そして、イーブンで迎えた、ダブルス。 これがやっぱり、分岐点だったかな?と思いませんか? ドイツ戦では、ダブルスで負けた、で、男子は、ドイツ戦でダブルスに勝って、すーいすい!ここですね。ポイントは。 そして、エッジボール!=五輪の魔物ドイツ戦では、悲運で残酷な、エッジボールで負けました、泣きました! でも、ダブルスでは、エッジボールが味方についてくれた!と思いました。美誠ちゃんが気持ちで入った!という、エッジボール‼ さっ!とかすめた!あちらは、えっ??状態。まさに、魔物を味方につけた! 勝利だったと思います。 そして、佳純ちゃんが鬼の形相で、シングルスで勝利、美誠ちゃんが、ダブルスの勢いそのままに、休みなしだったのに、出ずっぱり!で、これまた、フォン選手に勝ち! ダブルスは最初、美誠ちゃんが固い感じがして、打ち急いでミスが連発。でも、それを包み込むように、愛ちゃんが、ドンマイドンマイ!それでいいよ!と励まし続けました。大先輩の寛容さが、最初の五輪に出場して、楽しんでます!といっても、どこか、固い感じだった彼女をリラックスさせてくれたように見えました。 キャプテン・福原愛は、偉大だ!と思いました。ふと、前回、ロンドンの時の平野選手を思い出しました・・・愛ちゃんは、将来、全日本の監督でしょうね! 将来! 金メダルには届かず・・でも、価値ある銅メダル、何より、2大会連続メダルは評価されるべきですよね!愛ちゃんいわく、銅メダル、離せば、金と同じ!だそうです! 神様は、魔物に勝たせてくれた!福原「やはり神様はいるんだな」 銅メダル・卓球女子代表のコメントhttp://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608170001-spnavi リオデジャネイロ五輪の卓球競技は現地時間16日、女子団体戦の3位決定戦が行われ、日本はシンガポールを3−1で下し、2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得した。 第1試合で福原愛(ANA)が敗れた日本は、続く第2試合で石川佳純(全農)がフェン・ティアンウェイとのエース対決をストレートで制し、流れを呼び寄せる。続くダブルス戦は接戦が続いたが、勝負どころで福原、伊藤美誠(スターツ)ペアが打ち勝つと、第4試合は伊藤が、世界ランキングで格上のフェン相手にストレート勝ちを収め、日本が3勝1敗でシンガポールを破った。 以下は試合後の福原、石川、伊藤のコメント。 福原、エッジボールの不運は「今日で全部返ってきた」――メダル獲得を果たして今の気持ちは? 私は今まで五輪を3大会経験させていただいていて、メダルを取れた五輪と取れなかった五輪の差を痛いほど分かっているので、まずはメダルを死守することができて、本当にほっとしていますし、感謝しています。 ――試合が終わった瞬間、石川選手と抱き合って、励まされているように見えたが? 涙が止まらなくて。写真撮影とかもできないくらい、泣いてしまいました。 ――その涙はどのような思いから出てきたものか? これまでの五輪のなかで一番苦しい4年間、一番苦しい五輪でした。今回は最年長、キャプテンということで、負けても勝っても私が動じたらダメだと毎日強く思っていたので、絶対に泣かないって頑張っていたんですけど、最後勝って、我慢できなかったです。 ――これまでいろいろな涙を見せてきたが、勝って喜ぶ涙は今までに経験はあるか? はい、何度かあります。でも、勝って涙が止まらなくなってしまったのは初めてです。 ――涙はどれくらいで止まった? (試合後に取材を受ける)ミックスゾーンがけっこう長くて、その途中くらいですかね(笑)。 ――準決勝ドイツ戦の敗戦から、この2日間をどう過ごしてきた? ものすごく悔いの残る試合をしてしまって、ずっと苦しかったですし、この2日間ずっと考えていました。気持ちを切り替えたと言っても、最後勝っていればという思いがやっぱりずっとあって。でも、もしこの気持ちを引きずってメダルを逃したら、私や佳純ちゃんはもちろん、美誠に4年間しこりが絶対に残ると思っていました。(それが)銅メダルを取ったら少しはマシになるんじゃないかなと、絶対にメダルを取るという強い気持ちで臨みました。 ――第1試合を振り返ってどう感じる? トップバッターということは、チームの雰囲気を作らなければいけないとても大事な試合だと思うんですけど、結果的に私が負けてしまって、チームを波に乗せることができなくて、本当に申し訳なかったです。 ダブルスを勝った時も、私が(第1試合で)勝っていたら、という思いがすごくあって悔しかったんですけど、佳純ちゃんと美誠がしっかりと勝利をもぎ取ってくれたので、本当に感謝しています。 ――石川選手が「今回はチームワークの勝利だ」と語っていたが、4年前とどう違った? 4年前は日本卓球界にとって初めてのメダルでしたし、勢いに乗って、そのまま突っ走って取れたメダルだったと思うんです。今回のリオは、4年前のロンドンからもらうプレッシャーというものがすごくありました。そういった中でまたチーム一丸となって、苦しい試合ばかりだったんですけど、一つ一つ乗り越えながら、どんどんどんどん良いチームになっていったなと思っています。 ――キャプテンとしてこのチームをどう引っ張っていこうと考えていた? キャプテンらしいことができたのかは、全く分からないんですけど……ごめんなさい(涙で声を詰まらせる)。でも、常に2人が試合だけに集中できるように、最高のプレーができるように、私が気付いたことやできることは全てやったつもりです。 ――今大会ここまでエッジボールに泣かされてきたが、今日はダブルス戦第2ゲームのエッジボールで流れをつかんだ。 シングルスも、団体戦のドイツ戦もそうですし、今日の私のユ・モンユとの(第1)試合もそういったボールがすごく多かったんですが、ダブルスと美誠のシングルスで全部返ってきたので、やはり神様はいるんだなと思いました。 ――ライバルとして切磋琢磨し、またチームメイトでもある石川選手への気持ちは? (石川は)シングルス(種目)の初戦で負けてしまって、ものすごく悔しかったはずなのに(自分を)励ましてくれて、佳純ちゃんが常に1点絶対に取ってくれる、という絶対的な信頼があったので、私も思い切って相手にぶつかっていくことができました。本当に心から頼りにしていました。 ――4年後の東京五輪についてどう考えている? 今はまだ終わったばかりなので、まずはこの銅メダルのうれしさの余韻に浸りたいです。 ***多くのファンが、同じことを思っているはずです。東京オリンピックで、「サァー!」と力強く叫ぶ、愛ちゃんが見たい!と。***石川、エース対決は「自分からやりたいと言った」――メダルの思いは格別だと思うが、団体戦で取れたことをどう思う? うれしいです。準決勝は負けてしまって残念でしたけど、3位決定戦で勝てばメダルを持って帰れるので、みんなで力を合わせて頑張ろうと良い準備ができました。試合が始まっても、どんな状況になっても自分を信じて、仲間を信じてできたと思います。 ――第2試合の立ち上がりは攻め込まれたが? 第1ゲームで3−7になったと思うんですけど、自分が凡ミスばかりしてしまっていたので、しっかりやれれば問題ないかな、いけるかなと思っていました。 ――冷静に考えながら、練習の成果が出ていたように見えたが? 4年前(のロンドン五輪シングルス・3位決定戦)で負けていた相手(フェン・ティアンウェイ)だったので、こうして今回対戦の機会を得て4年間の成長をぶつけたかったですし、自分の今の力を出せば勝てると自信を持ってプレーできたので良かったです。しっかり準備もしてきたし、こうして対戦できるのがすごく嬉うれしかったので、絶対に勝って1勝1敗に戻そうと思っていました。 ――ゲームポイントを取られてから、5連続得点で第1ゲームを奪った。何かを読み切ったのか?しっかり自分のプレーができれば挽回できると思っていました。前はラリーになると力負けしていたのですが、今日はラリーになっても勝てていたので、落ち着いてやれば絶対に大丈夫と(自分に)言い聞かせてプレーできました。あとはサーブレシーブで先手を取れたのが良かったです。 ――ドイツ戦の苦しい体験をどのように乗り越えた? 本当に準決勝は惜しくて……。みんながすごく悔しい思いをした準決勝だったのですが、まだメダルを取れるチャンスはあったので、落ち込んでいる場合じゃないとみんなで切り替えられました。自分が必ず2勝すれば、あとは2人が絶対に勝ってくれると思っていました。 ――準決勝の翌日のミーティングではどのような話をしたのか? 自分から「フェン・ティアンウェイ選手とやりたいです」と言いました。前半そこで勝てればチームに流れができると思っていたので、村上(恭和)監督に自分の気持ちを伝えました。 ――石川選手から両選手にはどのように声をかけた? みんなで「明日勝てばメダルだから頑張ろう」と話して、2人とも落ち込んだ姿を見せずに(今日の)試合に向けて準備をしていたので、気持ちも盛り上がったし、絶対に勝つんだという気持ちを3人であらためてもっと強く持つことができました。 ――これまで石川選手から、結束を高める声をかけることはあったのか? どちらかといえば私はそういうのが苦手なタイプで、今まではそういうことがほとんどありませんでしたが、今日はなるべく自分から声をかけていこうと思っていました。ロンドンでは一番年齢が下だったのですが、4年経って、福原さんとは10年間一緒に戦ってきて、美誠ちゃんとは初めての五輪なので、自分からどんどん声をかけて、励ますことができたらいいなと思っていました。 ――ロンドンの銀メダルと今回の銅メダルはどう違う? 私の中では本当に、今回の方が重いというか、苦しい試合がたくさんありました。個人戦で初戦敗退してしまってすごく苦しかったので、そこからは「団体戦で絶対に挽回するんだ」という気持ちで臨めました。また、団体戦は私自身全勝で終わらせることができたので自信にもなりましたし、練習の成果が出せました。教えてくれた人たちに少しは恩返しができたかなと思います。 ――個人、団体戦とも中国と戦わずに終わったが? (中国勢と)対戦することを目標にしていたのですごく悔しいですけど、もっと努力をしていけば4年後にそういうチャンスが必ず来ると思うので、これからの宿題になりました。 ――東京五輪ではどのような役割を担いたい? やっぱり4年後もチームを引っ張れるような選手でいたいです。個人戦ではリベンジしたいですし、団体戦ではもっと引っ張っていける選手になりたいです。 ――今回のチームはロンドン五輪と比べて、どのようなチームだった? 3人の個性をすごく生かせてチームの力になって、最後は3人が結束して本当に大きな力になったので、本当に良いチームで戦えたなと思います。団体戦はやっぱりチームワークがすごく大事なので、今日は特にチームワークの勝利だと思います。*** 苦手な相手にあえて挑むことで、佳純ちゃんは、また1つステップを上りましたね!強い日本のエース! 頼もしいです! ***伊藤、東京五輪では「このメダル以上の色のメダルを」 ――今の気持ちは? 率直な気持ちですごくうれしいです。 ――一昨日(準決勝のドイツ戦)は涙に暮れていたが? 一昨日はすごく悔しい気持ちで、悔しい涙で終わってしまったんですけど、夜にしっかりと気持ちを切り替えて、最後は笑顔で終わろうということを心掛けようと思いました。 ――夜はどんなことを考えたのか? 負けてしまったことは取り戻せないので、悔しさを3位決定戦でしっかりぶつけていければいいなと思いました。 ――夜は誰といた? その日の夜はお母さんだったり、コーチと話をしてしっかり振り返って、次の日はあまり振り返らないようにしました。次の日は昼くらいまで寝ていました。 ――ダブルスの第1ゲームはどういう気持ちだったか? ドイツ戦ではダブルスがカギだと実感したので、そこでしっかりと取ることを心掛けていました。 ――緊張は? いえ、全然。泣いても笑っても最後だという気持ちでやっていました。 ――吹っ切るきっかけになったことはある? 負けたときは切り替えられていなかったんですけど、皆さんから励ましの言葉だったりとか、「3位決定戦、頑張って」ということを言われたので、そういう応援してくれている方たちの分まで、絶対にメダルを持って帰って、見せるということが自分の仕事なんだなという気持ちでやっていました。 ――ダブルスの第2ゲームのエッジボールはどうだったか? あれはラッキーだと思います(笑)。気持ちで入ったボールかなと思います。 ――フェン選手との試合前に福原選手、石川選手と話をしていたが、何を話していた? 石川さんも福原さんも、この大会などで戦っている選手だったので、戦術だったり、どういうことをやってくる選手かを教えていただきました。 ――アドバイスを聞いてどういう思いになったか? 私はつい最近の大会で負けている選手だったので、負けているといっても2−3だったのですが、思い切ってやろうと心掛けてぶつかっていく気持ちでやっていました。 ――銅メダルの瞬間にコートに立っていた。今後はあの瞬間がずっとテレビで残ると思うが、それについてはどう思う? 最後は勝ったんですけど、その勝ちは先輩方のおかげで勝てたと思うし、私だけの勝ちではないので、応援してくださった方も含めて全員で取ったメダルじゃないかと思っています。 ――銅メダルを取った五輪だが、伊藤選手にはどういう五輪だったか? 最低でも銀メダルということをずっと言っていたのですが、五輪のメダルを取ることはこんなにも厳しいんだなと。何が起こるか分からないし、そういうことをあらためて感じた大会だったなと思います。しっかりと目標のメダルを取れたので、良かったと思っています。 ――他のツアーとかと違って何が一番違った? 選手の気合いですかね。戦っている相手もそうですし、自分たちはいつも気合いは入っているんですけど、すごい迫力でやっているということが分かりました。 ――一緒に戦って、あらためて石川選手や福原選手に対して感じたことは? 本当に私にとって、心強い先輩方です。私がミスを連発したときでも、「大丈夫だよ」という励ましの言葉であったりとかをかけてくれたので、すごく心強い先輩方だと思っています。 ――4年後の東京五輪に向けて。 まずはこのリオ五輪でメダルが取れて良かったですし、次の東京に向けて、まずは出場することが目標。出場するのもどんどん難しくなってくると思うので、まずはしっかり出場して、このメダル以上の色のメダルを取れたらいいなと思っています。 ***はじめてとは思えないほどの、度胸の強さを見せてくれました。明るいし、根性はあるし、礼儀正しいし、思いやりはあるし、そりゃ、ふたりのお姉さんに愛されるのはよくわかります!4年後は、佳純ちゃんの地位を脅かす成長をしているかもしれません!大いに期待です!*** 動画http://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5085359716001/ そして・・・梅沢富美男監督・・じゃない、(;^_^A 村上監督、勇退でしょうか・・東京まで・・頑張ってほしいなあ・・でも、大変なご苦労でしょうね・・今はひとまず、お疲れ様でした。そして、感動をありがとうございます!  村上監督、退任へ=五輪2大会連続メダル―卓球女子http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160817-00000044-jij-spo卓球女子日本代表の村上恭和監督(58)は16日、今大会限りで退任する考えを明らかにした。日本がリオデジャネイロ五輪団体3位決定戦のシンガポール戦に勝って銅メダルを獲得した後、「私はもう8年もやっている。たぶんこれで終わる」と述べた。 村上監督は2008年に就任し、12年ロンドン五輪の団体で銀。卓球が1988年ソウル五輪で実施競技に採用されて以来、全種目を通じて日本に初のメダルをもたらし、今回の銅で2大会連続表彰台の実績を残した。 *** はい、このお二人も大喜び!思うんですけどね・・このふたりは、リオの間中、感動の瞬間を見続けて、もう感動病に伝染するのではないかと・・結果・・涙腺崩壊の症状  そして、もうひとつのキーワード 今度は、シンクロです! それは、誕生日! 決勝の日は・・大切人の誕生日でもあったんですね。そりゃ、力出るわ! 乾&三井、愛のムチ井村HCに誕生日恩返し銅メダルhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160817-00000018-nksports-spo <リオ五輪:シンクロナイズドスイミング>◇16日◇デュエット決勝・フリールーティン(FR)シンクロナイズドスイミングのデュエット決勝が行われ、日本の乾友紀子(25=井村シンクロク)三井梨紗子(22=東京シンクロク)組は188点0547点で、08年北京五輪以来、2大会ぶりに銅メダルを獲得した。前日15日、決勝に持ち越すテクニカルルーティン(TR)ではライバルのウクライナに0・0144点差の4位だったが、逆転した。 ライバルのウクライナの得点が下回ったことが確定すると、乾と三井は井村雅代ヘッドコーチ(HC)と抱き合った。普段は鬼のように厳しい井村HCから「よくやったね。おめでとう」と祝福された。16日は井村HCの66歳の誕生日。2人は五輪日程の決まった昨年からメダルをプレゼントにすることを誓い合っていた。日本と中国で計15個目の五輪メダルを獲得した井村HCも「決勝が誕生日は初めて」とメダルのプレゼントは生涯初。「忘れられない誕生日になった」と鬼コーチの目にも光るものがあった。 就任から約2年半。ここまでの道程は険しかった。 乾は12歳から井村シンクロクで井村HCの指導を受けた。「小学5年で会ったとき、日本一になると思った。足がいい。良いものを持っていた」と井村HC。ただ、09年に乾が18歳で日本代表入りしたとき、井村HCは中国代表を指導するなど日本代表から外されていた。指導を受けたいという乾の希望は、すぐにはかなわなかった。 初出場した12年ロンドン大会。日本はチーム、デュエットともに初めてメダルを失う。「メダルを取りたい」と口では言っていた乾も、世界と勝負ができず、目標を失い欠けていた。五輪期間中、デュエットの演技後に選手村に移動するシャトルバスの中で、中国代表を指導していた井村HCと偶然再会した。「何をこわごわ泳いでいるのか。試合はある意味ケンカや」と気合を入れられた。その言葉が深く胸に残った。 ロンドン大会のメダルゼロに危機感を抱いた日本水連は14年2月、10年ぶりに井村HCの代表復帰を決めた。乾にとっては念願がかなった。だが、そこから地獄が待っていた。 スパルタ式の井村HCは容赦なかった。「乾がエースではチームがだめになる」と言われるなど集中砲火を浴びた。重圧に耐えられず、トイレの個室にこもったこともある。「パニックだったが、取ったことのないメダルを取りたい」。何とかギリギリのところで耐えてきた。 乾とペアを組む三井は、小学生時代から運動神経が抜群で天才と呼ばれた。しかし、シンクロ選手としては致命傷ともいえるO脚という欠点があった。なかばあきらめていたとき、井村HCから「O脚は治せる」と言われた。徹底した筋トレで、今では両足がピタリとつくようになった。厳しいしごきに心が折れそうになった時期を乗り越え、「もう慣れたもの。涙は出るが(井村)先生から言われたからではない。自分に対して悔しいから出る」とタフな精神力を身に着けた。 昨年の世界選手権でメダルを獲得したこともあり、今年に入ると2人は、井村HCと一方通行ではない話が出来るようになったという。1日12時間を超える練習が続き、オフの日も自主練習と事実上の休みは正月ぐらい。「限界は限界を超えないと上がらない。普通の状態を上げることの大切さを学んだ」(三井)。付きっきりで鍛えてくれた井村HCに感謝していた。 大会前、井村HCはこんな褒め言葉を口にしていた。「5月くらいまでは、人材がいないから2人で(デュエットを)やっているのかと思ったが、今は日本代表と言ってもいいところまで成長してきた」。 三井は「今まで毎日が地獄のような日々を過ごしてきた。その日々が報われた。結果になったことがうれしい」とホッとしたような笑みを浮かべた。日本シンクロの復活を証明するメダル獲得。18日から始まるチームでもメダルを獲得し、チームメートとも喜びを共有し、日本の完全復活を果たしたい。乾は「今すごく良い流れがある。チームでもたくさん練習してきた。勢いをさらに加速させたい」と力強く2個目のメダル獲得を誓った。 動画http://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5085359716001/ まさに、鬼の目にも涙!でしたね。井村コーチ、本当にうれしそうです! なんか、愛ちゃんが泣くと、こちらも泣けてくるし、井村コーチのように鉄の女が泣くと、こちらも泣けてくる。こりゃ、おばちゃんも、涙腺崩壊症じゃ!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 シンクロの団体戦の予定です。  鬼の目にも涙!よ、再び!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  一番大事なものは、何ものも恐れない攻める気持ち井村雅代  *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      51
      9
      テーマ:
    • どうしたら、勝てるかな?シンプルで難しい答え。

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   楽しみにしていた競技が、始まる前はドキドキ、始まったら、さらにドキドキ終わったら、ほっ!としますが、反面、寂しい・・ぽっかり胸に穴が空いてしまったような・・ そんな燃え尽き症候群が心配です。 本日の深夜で、体操競技が終わりました。 あとは、新体操が週末から始まります。 まず結果から。 種目別・女子・ゆかバイルズ選手がダントツの強さ。 バネ人間ですから・・・(・・;)雨は、女子体操が強いねぇ・・・ 村上選手は7位入賞でした。しかしながら・・・村上選手は、本番で、大技2つに挑戦したんですよね・・・・白井選手の跳馬に続いて、本番勝負! あの大舞台で、あの演技!すごいです。 演技後、村上選手はこう言ったそうですが・・ どうしたら勝てるのかな・・・ 彼女は、H難度の大技、シリバス、チュソビチナを2つも成功させた・・でも、メダルには手が届かなかった・・着地のミスがなければ・・ですが、でも、雨女は1枚上だった・・・ふと思い出しました。茶番の時・・・トリプルアクセルという大技を、3つも入れても、金メダルに手が届かなかった・・・こと。でも、あの時と、今回は違います。茶番は八百長の下衆野郎が審判、リオは正当な審判。 村上茉愛 H難度2つも…無念7位「どうしたら勝てるのかな…」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000142-spnannex-spo 男女の種目別決勝が行われ、女子床運動で村上茉愛(20=日体大)は14・533点で7位となった。 トップバッターで演技に臨んだ村上は2つのH難度を含んだ演技攻勢。最初のH難度「シリバス」を成功させ、続くE難度の4回転ターンも決めた。しかし2つ目のH難度技「チェソビチナ」では着地が乱れ、その後のダンスパートでバランスを崩す痛恨のミス。減点がひびき14・533点で後続の結果を待った。 演技を終えて「とにかく結果にはこだわらず楽しくやろうと思って、気持ちよく出来たかなと思っています」と演技自体には満足。 しかし海外の選手たちが演技をするたびに順位が下がっていき、その間は「次どんな技やろうかなとか、どうしたら海外の選手に勝てるのかなというのが頭に浮かんでいました」と悔しい思いをしたという。 それでも「4年後は絶対にメダルにとりたいので、しっかり対策をします」と前を向いた。試合は、15・966点のシモーン・バイルス(19=米国)が金メダルで優勝。2位に15・500点のアレクサンドラ・レイズマン(22=米国)、3位に14・933点でエイミー・ティンクラー(16=英国) どうしたら勝てるのかな・・・村上選手は、これから、4年かけて、その答えを見つけていきます!彼女の思いは、4年後、花開くと信じています!がんばれ!  男子平行棒には、加藤凌平選手が出場しました! で、ベルちゃんも! (^∇^) で、金メダル!おめでとう!個人総合でも、平行棒は比類のない強さでしたね! 昨日、シンクロ見ていても思ったのですが、ウクライナのブルゾン、むちゃ可愛くないですか?ほしい!  加藤選手は、残念ながら、メダルには手が届きませんでしたが、未来のエースです。これから、これから!それに、彼がいなければ、団体の金はありえなかった!みんながミスを重ねる中、淡々と、自分の役割を果たした! できないことです!ある増すごみが、彼を、「ミスター・ノーミス」とか、書いてましたが、ばっかばかしい!体操は、そんなに単純なスポーツじゃねぇ!!!    加藤凌平は7位、ベルニャエフ金 体操種目別平行棒http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/gymnastics/news/1695922.html加藤凌平(22=コナミスポーツ)は攻めの演技を貫いたが、7位に終わった。最終8人目で演技に入ると、大きなミスはなかったが、15・233点と得点は伸びなかった。「最後のおりをD難度からF難度にしたが、それにこだわりすぎて他の部分が雑になってしまった。結果は悔しいが、ぶっつけ(本番)で6・8の構成をミスなくできた。団体で金が取れたのは本当に幸せだが、個人では悔しさもある。きっちり目標を立てて、また4年間やっていきたい」と20年東京五輪を見据えた。 優勝は個人総合で内村と死闘を演じ、銀メダルだったベルニャエフ(ウクライナ)。得点は16・041点だった。2位は15・900点のレイバ(米国)、3位は15・783点のベリャフスキー(ロシア)。 で、鉄棒ですが・・キングが不在だと・・・結果はこうなる。個人総合最後の種目、鉄棒では、キングは、15.800. 完璧に近い、完璧なら、16点超えもあり。 と思うと、今回、彼が出場できなかったのは、残念でしたが・・ベルちゃんは・・8位・・実は・・鉄棒は苦手なんですね・・  で、驚いたのが、銀をとった、アメリカのレイバ選手。おなじみのパパ・・・団体は、彼の落下で、メダル争いから脱落、そして、彼は元々、控えの選手。つらかったでしょうね・・・で、種目別に登場!さすが、大舞台慣れしてますね。 おめでとう!また、パパのおでこにちゅっ?かい? パパは・・キングの大ファンで・・して・・・(^_^;) 種目別にKOHEIがいない!と言ったかも?(^∇^) 以前、ロンドンでしたっけ?移動のバスが一緒になった!とインスタにはしゃいで画像アップしてました。顔はごっついけど、やることは、可愛いね、パパ! 日本人選手は、今回、種目別は、ふるいませんでした。白井選手の跳馬の銅メダル1つは、想定外だったでしょう。でも、彼らは人間です。ミスもあれば、疲労もする!団体と個人総合の金で、十分に期待に応えた、いえ、期待以上の結果。夢をくれた、彼らに感謝! 4年後のエースは・・・白井選手か、加藤選手か? 内村選手は、鉄棒のスペシャリストとして、金メダルが楽しみです。 そして、好きなスポーツですが、あまり見ないのは、バドミントン。女子、ダブルス、大躍進!ですね。見てないのですが、なんか強すぎて、韓国にあっさり勝った!そうですね!  18日に決勝! もう金メダルしかない!時間も見やすい時間です! 応援しましょう!女子シングルスも、日本同士の対決で、決勝へ!日本女子はすごいぞ!!! どうしたら勝てるのかな・・・ 村上選手が、リオに残した言葉は、おそらく、多くのアスリートたちが、同じ思いだと思います。探し続けて、とうとう、ここでそれを見つけた選手も、引退しない限り、また、その答えを探しに帰ってくる。見つかられなかった選手は、必ず、それを見つけに帰ってくる。 永遠に繰り返される勝負の中で、多くの者たちが、必死て見つけようとしているあまりにもシンプルで難しい答えかもしれません。 この方々は・・どうでしょう? 霊長類最強の女たち!の戦い!始まります!   ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がるこ とに関心があるのだ。 エイブラハム・リンカーン *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      35
      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 張本老害、今すぐ日本からでておいき!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  随分と話題になっていますね。あちこちで・・ 天下の張本老害、いつまで生きるの?が、卓球の水谷選手のガッツポーズにいちゃもんつけましたよね。 それに対して、水谷選手がコメントしてます。 あのねえ・・オリンピックの最中よ! 彼は、決勝を控えてるのよ!邪魔したいわけ?  張本のおっさん、もうあんた、日本から出て行ってくれるか?いらんというより、いてほしくない!帰国して!  水谷選手・・このように言われています。彼に全力で応援しましょう!彼のコメントを、1万パーセント支持します! 水谷選手のコメントを、どうぞ拡散してください!  水谷隼、張本氏の喝に「戦場なので」 ガッツポーズに理解求めるhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000044-dal-spo 「リオ五輪・卓球男子団体・準決勝、日本3-1ドイツ」(15日、リオ中央体育館) ロンドン五輪5位の日本は、前回銅メダルのドイツに逆転勝ちし、初の決勝進出を決めた。今大会シングルス銅メダルの水谷隼(27)=ビーコン・ラボ=は2戦2勝と存在感を発揮し、個人に続いて団体でも日本男子史上初のメダルが確定。17日(日本時間18日)の決勝で、2連覇中の中国と対戦する。 歴史的勝利の瞬間、喜びが全身を駆け巡った。強烈なフォアハンドで試合を決めたエース水谷は、両拳を握ったまま後ろに倒れ込みガッツポーズ。男子団体初のメダルを決め、「今回の目標は個人と団体のメダルだった。シングルスは自分の夢、団体戦はみんなの夢をかなえたかった」と喜びを爆発させた。 そりゃないぜ、張本さん-。野球評論家の張本勲氏がTBS系「サンデーモーニング」で、自身のガッツポーズに「あれはダメだよ。手は肩から上に上げちゃダメ」と喝を入れたことについて、「もちろん話題になってるので知ってる」と水谷。 自身が掲げる「卓球のメジャースポーツ化」に向けての“洗礼”の一つとも言えるが、「(ガッツポーズは)遊びじゃなくて、命を懸けてるので(喜びが自然と出る)。相手も命を懸けて来る。戦場ですからね」と、卓球界のオピニオンリーダーとして理解を求めた。 もちろん卓球界においても礼節は重要視される。この日も試合後、健闘をたたえ合う握手は欠かさなかった。** まったくもって、水谷選手に同意です!命を懸けてるんですよ!彼らは!!!!張本、何邪魔したいわけよ! 日本人選手たちが活躍するのが、そんなにむかつくわけ?こいつ、心根も腐敗しまくり! こう暴言を吐いたそうです!   張本氏 卓球・水谷に喝「あんなガッツポーズはダメ」http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/14/0009388677.shtml野球評論家の張本勲氏が14日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」に出演。リオ五輪の卓球男子シングルスで銅メダルを獲得した水谷準(27)のガッツポーズに「ダメだよ」と喝を入れた。 張本氏は水谷のプレー映像を見終わった後、厳しい表情で「スポーツ選手の先輩として、卓球の水谷にね」と切り出し、「あんなガッツポーズはダメだよ。いけない」と喝を入れた。  水谷は個人種目の3位決定戦で勝利し、日本勢初のシングルスでのメダルを手にし、ガッツポーズ。床に仰向けになり、大の字のポーズで喜びを表現した。  しかし張本氏は「手はね、肩から上に上げちゃダメなのよ。『やっつけた!』っていう態度、とっちゃダメ」と歓喜のガッツポーズを一刀両断。「この国(日本)は礼に始まって礼に終わる。やっぱりガッツポーズは肩の下まで」と“張本ルール”を説いた。 司会の関口宏が「だけど、どこまでって…、うれしい時はこう(手を高く上げてガッツポーズを)やりますよ」と話すと、張本氏は「ワンちゃん(王貞治氏)なんか、(ホームランの)世界記録達成した時も、相手のことを思って、決してやらなかった。これはエチケットだから」と例え話を披露。「一つ注意をしておきます」と満足げに提言を締めくくっていた。ここまで 日本人じゃないあんたに、日本のことを語ってほしくないわ!さっさと母国へかえって、大好きな、ヨナちゃーん!と遊びなはれ!! おっと、その前に訊きたいわ。 これはだめで? これは良いわけ?  これは? で、これはどうよ! 卓球でいうなら、これは?ドイツのチャイナチームのハンイン選手が万歳した後、寝転がって喜びを発散させてるけど・・卓球は、エッジボールやネットインで得点したら、軽く手を上げたりして、礼を現すよ。でも、彼女は、万歳!これはいいわけ?責めるなら、まず、これでしょ!   動画見てちょ!おおきに!   それから、あんたのいてた野球界だけど、さよならすると、選手はこうしてるよ! ちなみに、これは、阪神戦で、俊介が守備のミスで、野手どうしぶつかって担架で運ばれた試合だけど・・・さよならで、松山、両手を高く上げて喜んでるけど?これはいいわけ?で、これは?これのTシャツ作ったらしいけど!こういうのはいいわけ? Tシャツまでは作らんけど、さよならしたら、どこの球団でもやってるよ。あんたのいた野球界でもやってるやん! 何バカなこというてんねん!マジで、〆たいわ!ヽ( )`ε´( )ノ で、これ、張本老害が現役時代の・・・ガッツポーズ。王さん・・・両手を高らかに上げてるよ? あんた、とんでるやん!人のこと言えんやろ! 反日サンモニへの苦情は・・http://www.tbs.co.jp/sunday/ か、ここでは、反日プロデューサーがもみ消す!と思われる方はTBSへhttp://www.tbs.co.jp/contact/ 張本老害!!今すぐ、日本から、出ておいき!!!ヾ(。`Д´。)ノ 水谷選手、日本国民は、あなたの味方です!存分にプレーして、悔いない試合をしてください!また勝利のガッツポーズが見たい!こんなん・・できてます。https://twitter.com/hashtag/%E5%BC%B5%E6%9C%AC%E5%8B%B2 張本、現役時代の画像は、こちらから拝借しました。おおきに!  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  活動的な馬鹿より恐ろしいものはない。 ゲーテ *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      74
      6
      テーマ:
    • 最後に「愛」は勝つ!マスコミは言葉を選んで報道を!

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)  また、歯ブラシ立て!が増えました! о(ж>▽<)y ☆ このふたりも・・実は疑問だった・・と思います。これ何? 白井健三選手が、跳馬で銅メダル!おめでとう!!!  三人兄弟の末っ子、幼稚園の時、小学生の大会に出て2位。小学生ですでにひねり王子!天才をおおらかに育てたご家庭の家訓です。 ウソをつかない約束を守る姑息なことはしない物を大切にする人様に迷惑はかけない この家訓を見て、元体操選手、ソウル五輪メダリストの池谷幸雄氏が、こういわれていました。「体操競技は、姑息なことはできませんからね」まったくその通りです、採点基準も大変厳しく、フィギュアスケートのように、「なんとなく加点」はありえませんし、器具からの落下、着地の失敗など、メジャーなミスをしたら、優勝はほぼありえません。 だから、このスポーツは、金メダリストは、完璧な演技ができてこそ。 初の五輪で、白井選手、よくやりました!床は、金メダルの大本命と言われながらも・・魔物がとりついた・・といわれますが、魔物というより、やはり、疲労と緊張だったと思います。それだけ団体の金メダルの重圧は重く、負担は大きかったと思います。白井 難技成功しての銅は跳馬で進化した瞬間 金への布石にhttp://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000002-spnannex-spo 【立花泰則の目】実力者がそろった種目別跳馬で、新技を成功させて銅メダルを獲得した白井は、スペシャリストとして急速に世界での経験値をあげた。種目別跳馬は、団体総合や個人総合と違って、異なる2本の跳躍の得点平均で競うため、高いDスコアを2本そろえ、完成度の高い実施をしなければならない。この銅メダルは、白井が跳馬でも進化した瞬間であり、跳馬のスペシャリストとして次のステージへ突入した。  それをもたらしたのが、1本目の新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」だ。難度を示すDスコアが6・4、世界で初めて成功させた大技は、従来の「シライ/キム・ヒフン」より、ひねりが半回転多い。「シライ2」とも言える新技だが、新技仕様に作り替えなければならず、単純に半回転増やせばいいというものではない、本当に難しい技だ。 小さなころからトランポリンで培ったひねりの技術を床運動で完成させ、跳馬に転用した。基本の質が高くなければ、新技の成功はない。あらゆる筋肉をミリ単位で駆使しながら体を動かし技を創りあげることで、合理的で無駄のない、美しい技になったと言える。 この白井の進化は、金メダル獲得への布石とも言える。今回は完成度と安定性を重視したドリッグス(Dスコア5・6)を2本目に跳躍し、実施点(Eスコア)を9・466点にまとめたことが、銅メダルのもう一つの要因だった。Dスコア6・0のロペスも跳躍できたと思うが、1本目の新技に集中したのが功を奏したのではないか。 つまり、白井にはまだ「のびしろ」がある。上位2人に勝つためには、やはりDスコア6点台の完成度の高い技がもう1本ほしい。種目別床運動でメダルを逃し、跳馬では銅メダル。悔しさと結果の両方を日本に持ち帰ることは、強くなる原動力にもなる。東京五輪に向け、白井のさらなる進化が楽しみだ。(2012年ロンドン五輪男子日本代表監督)白井選手の跳馬の演技はこちらからご覧になれます。http://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5083785376001/  1本目のスコア 今回の五輪、最後の舞台で、大技シライ2を決める度胸の持ち主!2本目のスコアいずれも、Eスコアが9点台。こんな高いEスコア・・まず、あまり見ません。2本跳んで、よいほうの得点を採用することができたら、間違いなく、金メダルでした! これで着地がぴたり!と止まれば、16点台も可能であると思います。 前日、床で失敗した後輩にあえて先輩は、「がんばれ!」とは言いませんでした。 ご存知のように、スポーツの世界は縦社会。 厳しい世界です。どのスポーツを見ていても、そのけじめはきちんとできていると思います。フィギュアは・・別ですが・・あれは、スポーツではなくなりつつあるので。厳しい縦社会でも、男子体操には、先輩後輩の垣根を超えた信頼と友情が生きています。 白井選手の銅メダルの陰には、やはり、キングの一言があったんですね・・・  白井の新技で銅メダル獲得の裏にあった、絶対王者・内村の言葉…男子種目別http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000101-sph-spo絶対王者の言葉で白井は吹っ切れた。V候補大本命だった種目別床運動で4位。メダルどころか表彰台も逃した。試合後、内村航平(27)=コナミスポーツ=に「(負けたのに)悔しい感じがしない」と複雑な心境を相談。すると「自分が割り切っているなら、それでいいんだよ」と返ってきた。成功させた新技は跳馬の「シライ2」として認定される見通し。自身5個目の命名技に「大きな壁を乗り越えたご褒美だと思っている」と表情を緩ませた。 **** 何気ない一言が、サラッと出る。さすが、キングです! そして、こよなく先輩を慕う白井選手は、そこで力をもらえたと思います。 先輩は敬いましょうね!   どういったらいいのでしょうか? 4年間の積み重ねであることには間違いありません。4年前の大会での「悔しい」瓦の積み重ね・・・でも、今大会の彼は・・・「神ってます!」彼の魅せるラリーはすごみがあります! そもそも・・ドイツ・・水谷選手にエースをぶつけないことからして、戦略ミスとちゃいまっか? 水谷「東京につながる大きなメダル」http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608160002-spnavi ドイツ撃破で男子団体初のメダル確定リオデジャネイロ五輪の卓球競技は日本時間16日、男子団体戦の準決勝が行われ、日本はドイツに3−1で勝利し決勝進出。同種目としては初のメダルを確定させた。 日本は第1試合で吉村真晴(名古屋ダイハツ)がドイツのエース、ドミトリー・オフチャロフに完敗するも、第2試合ではシングルス銅メダリストの水谷隼(ビーコン・ラボ)がティモ・ボルにストレート勝ちを収める。第3試合のダブルスでは丹羽孝希(明治大)と吉村のペアがバスティアン・シュテーガー、ボル組を3−1で破ると、第4試合は水谷がシュテーガーを圧倒し、日本が3勝1敗で決勝へ駒を進めた。*** ロンドンでは、女子が団体初のメダル、先を越されましたが、今回は、男子が見事、前回のリベンジを果たしました!で、決勝の相手は・・もう最初から決まってる・・アンドロイド・チャイナ!中国が韓国に3―0のストレートで圧勝。日本は17日午後7時30分(同18日午前7時30分)からの決勝で、中国と金メダルを争う。 だそうです。 全力応援! 卓球の神は、勝利への執念の強いほうへ味方する!かもしれません。 そして、もうひとつ、シンクロの母、井村コーチの笑顔が見られました!予選は4位。シンクロの神も、井村コーチの勢いには勝てないかもしれませんよ! しかしながら、シンクロの選手になれる条件は、まず、「容姿端麗」審査があるんじゃないかと思うほど、みなさん、美人でスタイル抜群。ミスなんとかコンテストに出しても通るぐらいです。美のスポーツですからね・・当たり前といえばそうですが。 シンクロは、プールサイドから、すでに演技が始まっています。 悲願のメダルへ!乾&三井組、全体3位で決勝進出 シンクロ/リオ五輪http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000006-sanspo-spoリオデジャネイロ五輪第11日(15日=日本時間16日、マリア・レンク水泳センター)デュエットで予選のテクニカルルーティン(TR)が行われ、2大会ぶりのメダルを狙う日本の乾友紀子(25)=井村シンクロク、三井梨紗子(22)=東京シンクロク=組は、93・1214点で4位。前日のフリールーティン(FR)予選との合計を187・5214点として全体3位で上位12組による決勝(16日)に進んだ。メダルは、この日のTR予選の得点と決勝(FR)の合計点で争う。 7番目で演技した日本のペアは93・1214点とまずまずの得点。井村雅代ヘッドコーチ(66)は「93点台に乗ったのはいいこと」と一定の評価を下した。だが、15番目に登場したウクライナのペアに0・0144点上回られての4位。決勝は、前日のFR(日本3位、ウクライナ5位)の得点は反映されず、TR予選とFR決勝の合計点で争われるため、表彰台へは微妙な状況。乾は「勝ちたいという気持ちの勝負になる」と気合を入れ直した。動画はこちらから。http://rio.yahoo.co.jp/video/detail/hl/5083785376001/ そして、今夜、もうひとつ。ドラマが生まれます!言い切ります!勝ちたい!という執念は、こちらにありますから! この記事をご一読ください。様々な感想があると思いますが・・・ あのボールは、果たして、エッジか、サイドか?あれは疑惑の判定か? 握手拒んだ福原愛 「握手したらエッジに当たったと認めることになる」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000511-san-spo  動けなかったのではない。動かなかったのだ。リオデジャネイロ五輪卓球女子団体準決勝。台の縁をかすめたボールを、福原愛(ANA)は見送るしかなかった。 歓喜のハンが求めてきた握手を拒んだ。「もし握手したら、あのボールがエッジ(角)に当たっていたと認めることになる。だから最後まで握手したくなかった。チームメートもエッジに当たっていないと言っていた。だからずっと審判の判断を待っていた」-。 ボールが台のエッジではなくサイド(横)をかすめていたのならば、アウトとなり、福原のポイントになる。審判に確認を求めた。判定は覆らない。VTRを見終えたハンが再び握手を求めてきても、まだ応じない。諦めずにずっとラケットを握っていた。村上恭和監督に肩を叩かれて、やっとハンの手に触れた。 勝って泣き、負けて泣き、泣きながらボールを打ち続ける-。中国でそう思われている福原が、その晩は涙がこぼれるのを我慢していた。驚きを隠さない中国メディアに対し、福原はこう言ったという。 「わたしはキャプテンだから。(伊藤)美誠(スターツ)は私よりもっとつらい。もし私が泣いたら、彼女がもっとつらくなってしまう。だから私は唇を噛んででも、泣くわけにいかなかった」 前回ロンドン五輪の銀メダル以上という目標には届かなかった。しかし、まだリオでの戦いは終わっていない。 「とても残念だけど、私だけが努力しているのではなく、相手もこの五輪のために努力してきたはず。どんな結果になっても受け入れなければいけない。次の試合に備える」 3位決定戦に向けて、気丈に振る舞う瓷娃娃(磁器の人形=中国での福原の愛称)に、中国国内からも「愛ちゃん、加油(頑張れ)!」と声援が寄せられている。**** まず、疑惑の判定か?ということについては、解説者もこう言いましたし、多くのファンが、同じことを言っています。「上に跳ねたので残念ながらあれはエッジです」 私も、卓球同好会に入っていますが、何度見ても、やはり・・あれが現実だと思いました。日本いじめでも、なんでもありません。あれがスポーツのルールです。 ただ、卓球は、ルールを改定する必要があるという意見が多いようです。あのような場合、テニスのように、チャレンジシステムを導入するべきだと。そのようなシステムがあれば、今回も、リプレイ検証できたはずです。そして、今後は、人間の目ではなく、電子頭脳で判定させればいいのです。 寸分も狂いなく、計算できる電子頭脳で。そうすれば、問題は少なくなるでしょう。 フィギャアスケートも、回転不足を取られたら、リプレイ検証してほしいものです!ありゃ、人間の目でも、電子頭脳でもなく、人であることを忘れた、強欲の塊が見ているから・・ また、この記事のタイトル。「握手したらエッジに当たったと認めることになる」これでは、愛ちゃんが、大人げないと悪い印象を与えがちですが、愛ちゃんは、そうではなく、判定がはっきりするまで、試合は終わっていない。この1戦は死んでも落とせない!という強い意志の表れからくる態度ですね。本当に立派です。 キャプテンとして、強くなりました!ですから、マスコミも、タイトルをつける時は、よーく考えてほしいものです。選手の印象を悪く世間に伝えてはいけません! この姿勢には、拍手を送りたい。 勝負は最後まで諦めたらだめです!高校野球でも、9回裏にどんでん返しが、どんだけ多いか! 準決勝、男子と女子の明暗を分けたもの・・それは・・彼らの実力・・かもしれませんが、それ以外にも大きなファクターは、運だと思いました。男子の相手は、ドイツチームのドイツ人。女子の相手は、ドイツチームの中国人。 中国人は、あまりに競争が激しいため、他国へ国籍を変えて、オリンピックを狙う選手が多いそうです。 困っちゃいな!  それ以外にも、女子は・・勝つチャンスは何度かありました。まず、美誠ちゃんが、優勢でありながら、逆転されて、後はそのまま・・15歳、初出場、いくら緊張しないといっても、仕方ありません。だって、愛ちゃんでさえ、魔物につかまりました。あと2ポイントで、決勝!というときに、焦りがありました。その前にも、強打すると、自爆が続きました。佳純ちゃんが唯一冷静に対処していたと思います。それらすべてをひっくるめで、勝負なのだと痛感させられました。 負けた理由、これは誰を責めるということはまったくなく、これが団体のメリット・デメリットだと思います。男子体操の団体でもそうでしたよね? 誰がミスしたから、戦犯を見つけることが先決ではない。次に勝つにはどうしたらいいか?策をめぐらすこと。 今夜、銅メダルをむしり取りましょう! 最後に“愛”は勝つ!全力応援! 今夜・・どれ見る?  卓球は、NHK総合での放送予定のようです。23時! しかしながら・・・今回、体操を見て、卓球を見て、その採点方式を見ると、いろいろと考えさせられることが多いように思います。 ところで・・女子サッカー、雨、敗退してますね・・こういう時に、なでしこは・・出場できない・・ これも運が悪いわ・・  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。 ナポレオン・ボナパルト *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      44
      テーマ:
  • 15 Aug
    • リチュアル・ダンス、これは、女神のクイズ?

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   日々美しくなっていく人・・・・ あなたは、浅田真央さんの新作、リチュアル・ダンスを観ましたか? レジェンド・伊藤みどりさんをして、一言しか出てこない・・絶句・・「凄い・・・」 そんなプログラムに、魅せられましたか? まるで映画の宣伝文句のようですが、そうなんです。 これしか出てこない、見ましたか?なんですね。 黒鳥をイメージさせる衣装で、テーマは炎の舞情熱の黒。今までのプログラムからは、想像できない、そんなダンス。 ダイナミックな動き、繊細な表現力。彼女は、あまりにもたくさんのイメージを伝えてくる。あまりにも多くのメッセージを発信してくる。 でも、何一つ、自分はそれらを受け止められていない。 一体、そのイメージの真意は何なのか?一体、そのメッセージの本意は何なのか? チェロスィートで舞う彼女の優雅で繊細なスケーティングを見た時、バロックバレエの世界に誘われた。イメージもメッセージもクリアだった。  それなのに、同じアーティストが演じているのに・・リチュアル・ダンスからは・・まだ、何も受け止められていない。どうしてだろう?と考える?そして、即答できる。なぜなら、あまりにもミステリアスで、あまりにも架空のようで、あまりにも非現実的。一体何だろう?この感覚や感情は?  そして、ふと考えた。これは、謎解きのようで・・・彼女の黒い瞳が、笑顔で、こう語りかけているのかもしれない。さあ、答えを見つけてごらんなさい? まさに、これは、「女神のクイズ」、見つからなければ、ラビリンスへと迷い込む。なかなか解けそうもなく・・・これから、半年かけて、女神のクイズを解いていくしかない・・ 解けるだろうかと・・・不安になる。 あなたの進化は早すぎて・・・ とても容易には追いつけない・・・ 一体、どこまで行くのですか?と尋ねても、おそらく、あなたは答えない。ただ、ほほえみだけ・・・  動画はこちらから。https://www.youtube.com/watch?v=UyDyfLi_PQ4&feature=youtu.be それが、リチュアル・ダンスの魅力。 ラビリンスに迷い込むかも? もしかして・・・それは、彼女の革命? 今は、まったくわからない・・ ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。アリストテレス *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      65
      8
      テーマ:
    • 今日もまた・・日の丸がはためく歓び

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   今日は、71年目の終戦記念日です。そんな日でも、リオの空の下、日本人アスリートたちは、日の丸を背負い、戦ってくれている。それは、平和な今だからこそ、できる戦い。そんな日でも・・尖閣諸島の周りをうろついたり、竹島に上陸したり、慰安婦騒動起こしたり、ええ加減にせい! (◎`ε´◎ ) 天皇陛下、「深い反省」再度表明=終戦記念日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000147-jij-soci天皇陛下は15日の全国戦没者追悼式で、昨年に続き「深い反省」との表現をお言葉に盛り込まれた。 追悼式のお言葉は陛下が自ら執筆しており、例年ほぼ同じ表現が続いていた。しかし、戦後70年の昨年は、「さきの大戦に対する深い反省」を中心に新たな文言が盛り込まれた。 今年は全体的に一昨年までの文章に戻す一方で、「過去を顧み、深い反省とともに」と述べ、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願うと続けた。(一部抜粋) 陛下、大変ありがたいお言葉です。どうか、ご無理なさいませんように・・ リオで戦っている選手の皆さん!本当に立派です! この方もすごすぎ!ってか・・サイボーグ・・(^▽^;) 予選で寝たふり・・ 今回は、ガトリンだと思ったけど・・みーんなだまされた!   連日、リオで、フェアーに戦う選手たちを見ていると・・眩しくて、清々しくて、スポーツの醍醐味を教えてくれます。 そして、思うのです。オリンピックって、なんてすばらしいのだろう!と。 だから、このスポーツと平和の祭典を、絶対に汚してはならないと。あれほど、ドーピング禁止が叫ばれている中でも、ドーピングする選手たちもいる。懲りない面々=国家せめて、選手には、汚いことをさせてほしくない!それでなくても、運営する側が、十分に汚職にまみれているのですから。 プレーする選手が清ければ清いほど、清流が注ぎ込み、もしかして、いつか、泥の河は浄化されるかもしれません。 オリンピックは素晴らしい!おかげで、寝不足、(;´▽`A`` でも元気! о(ж>▽<)y ☆ 勝っても負けても・・・観客の心に残るのは、感動です。 あんな負け方は・・・尾を引きそうです・・でも、切り替えて!単に、日本チームが、”不運”だっただけです。なぜなら、妖怪パワーが漂っていたから・・・実力の差ではありません! 今回の試合ほど、実力の差がない、単に運の差だけ、という試合も珍しい! ドイツに負けた!というより・・中国に負けた・・ドイツよ、ゲルマン民族の誇りはどこやねん! チャイナに頼ってばっかやんか!゛(`ヘ´#)だから世界選手権では、日本に負けたんやでぇ!!と恨み言を言っておきます。腹いせに! σ(^_^;) 愛ちゃん、今夜は眠れないと思う・でも、眠って、体を休めて!銅メダルはとってくるんだ!!! 必ず! BY 美誠? 愛ちゃん、誰も、愛ちゃんのせいだと思ってない!それに、何、あの、謎の退場! 佳純ちゃんは、何もやってない!これって、えん罪やん!\(*`∧´)/ 泣かないで! 愛、悲運のエッジボール「負けの責任は私にある」佳純は退場ハプニングhttp://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/15/kiji/K20160815013172580.html 悲運に見舞われての幕切れだった。エース・石川の活躍などで勝利の行方は最終の第5試合へ。望みを託された福原愛(27=ANA)は迎えた最終ゲーム、一時は9―7とリードしながらもミスなどからマッチポイントを奪われた。強打で攻めたラリー、相手のイン・ハンのレシーブはアウトになるかと思われたが、カーブを描いてエッジをこすった。 「サイドでは」との審議になったが、判定は覆らず準決勝敗退が決定した。福原は涙をぬぐってインタビューに臨み「ダブルスも個人も落とした。負けの責任はすべて私にある」と責任を一人で背負った。試合中には、日本ベンチから福原に声援を送っていた石川が、ルールで禁止されているアドバイスをしていると勘違いされ、退場させられるハプニングも。石川は「力になりたいと応援していた」と話したが、それでも「次に向けて気持ちを切り替えて準備して役割を果たしたい」ときっぱり。福原も「きょうの悔しさをぶつけたい」と闘志をのぞかせた。 日本はロンドンに続く2大会連続となるメダル獲得を懸け、3位決定戦で中国対シンガポールの敗者と対決する。*** ほんまに、マジで、不運! 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。退場って、いいがかりもいいとこ! ヽ(`Д´)ノこれで、厄落とし厄落とし!キャプテンが、厄払いしてくれた!と思ってる!また笑顔を見せて!相手は、99パーセント、シンガポール! またチャイナ・・・(◎`ε´◎ ) 男子は・・前回負けた、香港にリベンジできて・・準決勝へ!男子の相手は・・これも、ドイツという名のチャイナ? 結局、男女ともに、決勝は、中国選手権じゃん! (  ̄っ ̄)なんだい、この競技!  金メダル本命本命本命!と死ぬほど言われても・・・勝負は時の運だと・・痛いほど思い知らされた・・・そして、彼は4年後、絶対的エースとして帰ってくる!と信じてます!LIVEで見ましたが・・・個人的な感想は・・キングは、疲労気味・・・ツイスト王子は・・緊張で顔が固まっていた・・・いやーな予感がしました・・・ 体操競技は、着地が命! 少しのブレでも、減点です。そして、王子は、解説者も指摘していたように、今日は回転も高さが足りなかった・・・体操は、回転の高さが足りないと、回転不足を取られたり、減点です。 フィギュアのように、とりあえず跳べばいい!転倒しなければ、加点つき!というほど、甘くありません!フィギュアも、ジャンプの高さで加点してほしいと思う。 着地がぶれぶれでは・・優勝は無理です。仕方ない!ふたりとも、団体ですべて出し切った!から・・疲労蓄積でした。心労も・・ 白井健三「あの演技をした時点で負けは覚悟できた」 まさかの4位一問一答 体操/リオ五輪http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160815-00000515-sanspo-spo リオデジャネイロ五輪第10日(14日=日本時間15日、リオ五輪アリーナ)体操の種目別決勝が行われ、男子床運動では団体で金メダルを獲得した白井健三(19)=日体大=は15・366点で4位に終わった。2013年、15年の世界選手権を連覇し、優勝候補として臨んだが、ミスが続いてメダル獲得はならなかった。 前回ロンドン五輪銀で、個人総合の決勝で演技中に腰を痛めながら2連覇を果たした内村航平(27)=コナミスポーツ=は15・241点で5位だった。 (ラインオーバーがなければ、銀メダルだったという・さすがキングです・・ぎっくり腰で、あんなことできる人・・どこにもおらんし・・・(゚ー゚;) 白井は、団体で金を取ってからの「気持ちの切り替えが、自分はまだまだ子供だと思った」と振り返り、15日(日本時間16日)に出場する種目別決勝の跳馬での雪辱を誓った。 --4位という結果に 「緊張はしていなかった。ラインオーバーを気にしすぎた。五輪という舞台で失敗して(今後)同じ失敗はそうそうしない。自分の糧になった。あの演技をした時点で負けは覚悟できた。結果がでたときは、びっくりしなかった」 --敗因は 「心の小ささが出た。ブラジル勢が先に演技を終えていて自分のペースで臨むことができた。ただ団体戦に比べて、みんなの声がないのは寂しかった。予選で攻めすぎたところがあり、中途半端な調整をしてしまった。強気が一番大事だということを知った。予選でひやっとして、団体決勝で修正できて、自分の中で大丈夫だと思ったけど、修正できていない奥の部分が出てしまった。演技に対する悔しさはあるけど、あの演技をした時点でこれはメダルを取れないと思った」 --跳馬へ向けて 「悔しがっていても、明日いい演技はできない。予選からばっちりやることが一番大事。跳馬は(今大会で)1回も外していない。応援してくれたみんなに恩返ししたい。(金メダルを)1個取ってからの気持ちの切り替えが、自分はまだまだ子供だと思った」 ***これだけ自分で分析で来たら、十分大人です! どんどん心身ともに、男らしくなって、東京五輪のヒーローとなってください! さすが、シライパパ!!!いうことがちゃう!!! ヘ(゚∀゚*)ノ 種目別ゆか4位の白井健三は「ごめん」と手を合わせ… 父「もっと悔しがれば弾みになる」http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160815-00000533-san-spo体操男子種目別床で4位の白井健三(19)は演技終了後、「ごめん」と言って手を合わせた。「ひねり王子」の異名を取り、金メダルが期待されていたが、スタンドで応援した父の勝晃(まさあき)さん(56)は「やった内容はそんなに悪くない。もっと悔しがれば弾みになる」と励ました。 鉢巻きを締め、金色の扇子を持って息子を応援した勝晃さんは「始まる前にアキレス腱がものすごく痛いといっていると聞いた。何かが邪魔したのかな」と明かした。 その上で「あの子は(金以外の)他の色のメダルは取れないことになっている。一番上のメダルを目指していくだろう。これからは日本を背負ってかなくてはいけない」と期待する。 母の徳美(のりみ)さん(52)も「やはり緊張しているかなと感じた。ちょっと何か足りなかったところがある」と悔しがった。 白井は15日(日本時間16日)に種目別跳馬決勝に出場する。*** これがほかの人なら、嫌みに聞こえるけど、シライパパなら、頷けます!そうです、ご子息は、天下のひねり王子!キングの後継者です! そして・・こういうハッシュタグできていました。キング航平。https://twitter.com/hashtag/KingKohei?src=hash 英国のウィットロック選手がメッセージを!彼も、種目別床で優勝! おめでとうございます! かつてないほどの偉大な体操選手。常に、僕に刺激をくれる!ありがとう! キングの、こんなミスは、そうそう見たことがありませんでした・・でも、知りました・・ぎっくり腰2日目で・・こんなすごい演技ができるんだ・・彼は・・って・・ キングのラインオーバー・・こんなミス・・ものすごくレア! キングも人間だったんだ・・  悩める後輩にエールを。。。「あいつも人間なんだな」 なんか、このセリフ・・どこかで聞いたことありません?去年・・・の冬・・ キングのコメントを読んでいると・・涙が出そうになります・ここまで責任感の強い選手・・はそういません。自分の愛するスポーツに献身している・・・最も美しい体操演技を完成させた選手は、最も過酷な道を選んできたと。思いました。  内村「健三も揺れるんだな…あいつも人間なんだなと」 種目別床後の一問一答 http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160815-00000508-sanspo-spo リオデジャネイロ五輪第10日(14日、リオ五輪アリーナ)男子体操の種目別床が行われ、男子団体で金メダルを獲得した白井健三(19)=日体大=は15・366点で4位に終わった。白井は2013年、15年の世界選手権を連覇した得意の種目でメダル獲得はならなかった。体操男子個人総合の決勝で演技中に腰を痛めながら2連覇を果たした内村航平(27)=コナミスポーツ=は15・241点で5位だった。以下は内村の一問一答 --演技を終えて 「きのうの時点でできそうだった。五輪の舞台だしここで棄権という選択しなかった。ここを目指してきた選手もいる。自分で勝ち取った権利なのにできそうな状態で棄権するのは僕の中ではなしかなと思った。健三と一緒に出られるチャンスだった。自分の中ではでかかったという思いがあったからこそ、痛みを感じずにできたのかな」 --腰痛を抱えていた 「ベストの状態ではなかった。演技を始めたら疲労がでてきて、これはしんどいなと思いながらやっていた。最初の1節目の時点できょうはこんな感じかなと。1節目で終わった。ラインオーバーはかなりなえた。これが現実かと。ベストコンディションではない状態でやっていた。メダル取れなかったのは悔しいと思っていない。最後の最後、五輪に舞台で床ができるチャンスがあって、よくない状態でできたのはいい経験になる」 --白井がまさかの結果に 「五輪で金メダルを取るのは相当、難しいんだなと思った。世界を驚かせてきて、期待に応えてきた男でもこういうことがある。この経験が彼にとってプラスになる。ここで終わりじゃない。ここからどうすべきかが一番大事。金メダル確実といわれて取れなかったのは自分のことのように悔しい。ここまでやってきた健三をほめたい」 --大会を振り返って 「五輪で初めて自分の満足いく演技ができて、それで結果がついてきた初めての五輪。個人総合のあのすごい戦いは自分の中で二度とできない。体操人生の中でも、体操の歴史の中でもずっと語り継がれればいい。団体の金メダルで体操がいろんな人に知れ渡った。個人総合ではオレグの会見が広まっている。海外の選手も日本のみなさんに知ってもらえた。広める意味ではよくできた五輪だった」 --東京五輪へ向け 「いまは何も考えていない。80点。まだまだできた自分もいる。東京五輪も控えている。ここで100点出してしまったら、東京にでたときに目標がまったくなくなってしまう。個人総合は良い演技ができていた。団体決勝で6種目やってあのローテーションでミスなくやるのは難しい。できれば下の世代には大変な思いをさせたくない。みんなでいい配分でやって団体金を取ってもらいたい。しんどい思いをするのは僕だけで十分。6種目できて体操というのは自分の中である。6種目やらないことない。その中で得意な種目を伸ばしていかないと、代表に入れない」 --白井の敗因は 「健三は相当強い人間だけど、五輪という舞台は特別と感じていたのかもしれない。いつもより笑顔がなかった。モニターをみながら1節目みていつもと違う。健三も気持ちの部分で揺れるんだな、あいつも人間なんだなと思った。団体決勝でもあれだけいい演技をしてくれた。普通にやれば健三が金メダルだと思った。選手村にいるとき、日本選手団で金メダルを取った人の写真が貼ってあるところがあって、健三もここに入るんだからなと話したことがプレッシャーになったかもしれない。あれだけ世界中から期待されている選手もなかなかいない。五輪という舞台は特別」 ****自分も満身創痍でありながら、後輩への思いやりにあふれた言葉・・なかなか言えませんし、考えることもできません・・・心技が一体となった選手のみが、できることですね。 体操競技の日程は次の通り。 跳馬は白井選手が出場。平行棒は、加藤選手が出場します。 最後にふたりの笑顔が見たいですね! そして、最後に笑顔が出たのはこの人!LIVEで見ましたが・・途中で、もう体に悪いから、見るのはやめよう!と思ったわ・・・最後まで、ハラハラドキドキさせてくれたよ、錦織選手!あと1ゲームで逆転、で、3セットへ・・・心臓に悪すぎ!でも、傾きかけた流れを、よくこらえました。さすがです! インタビューから一部抜粋します。96年ぶりって・・・・(゜д゜;)日本テニス界よ!、 錦織選手が存命の間に、次のメダリストを出してくれ!  錦織が銅メダル獲得 96年ぶり快挙 「ラファに勝てたのも大きな収穫」http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608150002-spnavi 第4シードの錦織圭(日清食品)は日本時間15日、リオデジャネイロ五輪の男子テニスシングルス3位決定戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦し、セットカウント2−1(6−2、6−7、6−3)で勝利。銅メダルを獲得した。 前日の準決勝でアンディ・マリー(イギリス)に敗れ、「気持ちを切り替えて」ナダル戦に臨んだ錦織。第1セットを奪うと、第2セットもゲームカウント5−2まで持ち込み、王手をかける。しかしそこからナダルが意地を見せて、連続でゲームを奪うと、錦織はタイブレークも落とし、このセットを奪われる。それでも第3セットは先にブレークを奪うと、そのリードを最後まで保持し、ナダルから勝利した。 五輪におけるテニス競技のメダルは、1920年アントワープ五輪で熊谷一弥が銀メダルを2つ獲得して以来、96年ぶりの快挙となった。 ――あらためて、3度目の五輪はどんな舞台だったか? まあ、確実に(3位という)結果もそうですけど、(自分が)レベルアップしているなというのは感じましたね。テニス的にもそうですし、自信がついてこれだけプレーできているというのも本当に4年前とはまったく違った(こと)。ベスト8で結構いったなというのが自分の中には前回あったので、(今回は)ベスト4でもあんまり満足しないというか、当たり前というか、そういう位置に来ているんだなというのを感じた。4年後、どうなっているか分からないですけど、もっともっと強い気持ちで強くなって、また臨みたいですね。 五輪はいつも自分を成長させてくれると言っていたが、銅メダルという結果を得て、普段のツアーにも自信になるか? そうですね。絶対に、何かしらは得ていると思います。特に、今日、これだけ体も疲れている中でプッシュして、セカンド(セット)をあんな形で取られ、その中でも集中してまたファイナルをプレーできた。プラス、ラファ(エル・ナダル)にクレーで2回、今年負けていたので、それを吹っ切れた試合にもなったので。銅メダルもそうですし、ラファに勝てたのも大きな収穫になったと思います。 国のために戦うのは楽しかった 以下は外国人記者の質問。 ――第2セットで勝利を目前にセットを落としたのは何が起きたのか。またそこからどう気持ちを切り替えたか? 5−2になった後、どうしたらいいか分からなくなってしまって。最後の数点のところで勝ち急いでしまったのは確かです。彼のプレーは良くなっていたし、素晴らしかった。でも、僕も気持ちを切り替えようと努めました。第3セットでブレークを取ると、すぐにより積極的なプレーができるようになって、自信を持って戦うことができました。勝ててうれしいです。 ――日本人としてテニスでは3人目のメダリストとなりました。この偉業、そして五輪のメダルを勝ち取った今の気持ちは? 3位とはいえ、今日メダルを取れたのはとてもうれしいです。特に、ナダルを下してのメダルですから、とても大きな意味があります。大会前から、ソリッドなテニスができれば、メダルのチャンスがあると思っていました。自分の国のために戦うのはいつものツアーとは違っていてとても楽しかったですし、今後に向けて自信にもなりました。 ――第2セットの後、コートに戻るまでに時間がかかったが? ウェアやいろいろ一式、着替えていました。 ――今日の勝因は? ナダルに対して一言。 とてもタフな試合でした。第2セットで5−2になってから、彼のプレーがだんだんと良くなってきました。そこから流れを引き戻すのは簡単ではなかったですね。彼は良いテニスをしていたと思います。第3セットでも彼は良いプレーをしていたし、とてもタフでしたね。 ****日の丸ありがとう! ナダルは、無茶いらだってましたね。観客の観戦態度悪すぎ・・・韓国か・・・それに、彼は疲労してた・・今週22時間も試合してたって・・もう・・限界ですやん。錦織選手は、今日、そこに付け込めなければ、今後も負けると思いましたが、これで今後が楽しみです! 東京オリンピックでは、テニスコートにも、日の丸が掲げられ、そして、君が代が鳴り響くと信じて楽しみに待ちましょう! 今夜の目玉? 今の、この平和に感謝・・・ 戦争で犠牲になられた、すべての人々に・・合掌・・ ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  平和への道はない。平和こそが道なのだ。 ガンジー *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      34
      2
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 彼女なら、3Aを跳べた、彼女なら、初の金メダリストになれた。

      ようこそ、おいでやす!今日もご訪問、おおきに!(=⌒▽⌒=)   メダルを取ることはできませんでした・・でも、これはかなりに偉業だと知ってもらいたいと思うのです。小さなヒロインが、なしえたことが、東京へと続くこと。 20歳、142cmの女子体操の主将。 寺本明日香、個人8位入賞の意義。http://number.bunshun.jp/articles/-/826276 メダルの煌びやかさはない。ささやかな前進に過ぎないかもしれない。けれども、確実に意味のある一歩を踏んだ。 体操女子個人総合でエース寺本明日香が57.965で8位に入り、'64年東京五輪6位の池田敬子さん以来となる入賞を果たした。 「メダルは取れなかったけど、自分の実力をしっかり出せた。五輪ではそれだけでもすごいことだと思うので、良かったです」 言葉の端々に達成感がにじみ出ていた。 1種目めの段違い平行棒は、激痛に耐えながらの演技だった。2日前の団体決勝で右手親指付け根の部分のマメが破れ、直径1.5cmほど皮がむけていた。「演技中にいきなりむけた。小学生以来のことだった」  テープを貼るなどして対応したが、個人総合決勝前のサブ会場での練習でも同じ箇所がめくれ、試合会場でのアップでも、まためくれた。 処置をしても戻ってしまうという繰り返し。指導する坂本周次コーチは「結局、試合になったら、緊張で痛みがなくなる。思い切りいけ」と送り出した。「痛すぎて集中できなかった」と思えない動き。 すると、「痛すぎて演技に集中できなかった」(寺本)とは思えないような出来映えを見せた。大きなミスなく着地でわずかに動いた程度にとどめて14.566とまずまずの得点。9位でスタートした。 予選で落下していた平均台と、調整段階で苦しんでいたゆかでは、安全策を取って難度を落としたことで、途中順位は10位、14位と下がっていったが、寺本に焦りはなかった。最終種目の跳馬にDスコア6.2の大技「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」を持っているからだ。 助走開始直前にふくらはぎがけいれんするピンチに見舞われたが「絶対に失敗したくない」という強い気持ちで走り始め、会心の跳躍。着地もピタリと決めて15.100と15点台に乗せた。 結果は合計57.965点で8位。昨年の世界選手権で最終種目の平均台の降り技で失敗し、入賞ラインを逃す9位に終わった雪辱も果たした。 ロンドンでは最年少、リオでは最年長。 チーム最年少の16歳でロンドン五輪に出場してから4年。20歳でチーム最年長となったリオ五輪ではキャプテンを任された。 リオに向かう前の国内合宿。激励に訪れた池田敬子さんに「キャプテンはノーアップでいくくらい、堂々とした気持ちでいきなさい」と心得を授けられた。  初めてキャプテンを務めた昨年の世界選手権では周囲への気遣いで消耗してしまい、自分のことがおろそかになってしまったが、今回は「池田先生に言われて、堂々としていこうと思った」と言い、その心意気が功を奏した。 団体ではメダルまであと一歩の4位入賞。そして、個人総合では52年ぶり8位入賞。ノーミスの演技で好成績を収め、「去年までは失敗があって順位が下がっていたが、今回はしっかり自分の演技をすることができての結果。わたしは満足です。やりきれたということが満足です」と胸を張った。 '11年東京世界選手権で世界デビューを果たし、ロンドン五輪の団体出場権獲得に大きく貢献した。試合直前の選手交代にも動じることなく跳馬の演技を成功させた逸話は語り草だ。 '12年ロンドン五輪では、団体8位入賞に貢献したのみならず、個人総合で日本チーム最高の11位と大健闘。続く世界選手権では'13年個人総合9位、'14年種目別平均台4位、昨年も個人総合9位と安定感抜群だった。「世界戦を6年間やってきて、毎年パンパンだった」  寺本のリオ五輪はこれで終わった。15歳から20歳の6年間、つねに全力疾走を続けてきた今、考えているのは帰国後3カ月ほど休みを取ってリフレッシュしたいということだ。 「けっこうパンパンなんです。世界戦を6年間やってきて、毎年パンパンだったので、ちょっと一回息抜きをしたいという気持ちもある。東京五輪や世界はあまり考えていません。来年は大学4年生なので、インカレをやりたいという気持ちもある」 坂本コーチも「かなり練習をやりこんできたので、心も体も休ませたほうがいいと思う」と同調する。 取材エリアを立ち去る最後、「ロンドンとはまた違う楽しさだった。感動できた五輪だった」とすがすがしい笑顔を浮かべた寺本。142cmの小さな身体で2020東京五輪のメダルにつながる土台を作り上げたエースは、微笑みとともに世界舞台からいったん退く。*     ** 明日香さん、引退してほしくないなあ・・まだ早い。東京へ行けます!ひとまず、少し休んで切り替えてください!  そして、もし、寺本選手が体操でなくて・・ほかのスポーツを選んでいたら・・ 彼女の演技を見た時、あるレジェンドを思い出しました。伊藤みどりさん。ふたりの共通点は、小柄な体形でありながら、ダイナミックな演技。並外れた跳躍力、そして、けがを恐れず、大技に果敢に挑戦していくガッツ。引退された、田中さん兄弟の理恵さんが、明日香さんのことをこのように言われていました。 女子体操は、今、アクロバット並みの大技を要求している。彼女は、その大技をこなす技術と、日本が提唱する、美しい体操、そのふたつの能力を持っている。 もし、寺本選手が、体操ではなくて、フィギュアスケートを選んでいたら・・・きっと女王になっていたことでしょう。そして、真央選手が、小さいころは体操もしていた・・と聞いたことがありますが・・フィギュアスケートではなく、体操を選んでいたら、新体操でも構いません。断言できます。 彼女は、この競技の、日本人最初の金メダリストになっていた。女子体操の歴史を変えた・・と。  52年ぶり入賞、寺本の基礎を作ったのはあのウィンタースポーツhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000120-sph-spo 女子個人総合決勝で、寺本明日香(20)=中京大=が4種目合計57・965点で8位となり、日本勢では1964年東京五輪6位の池田敬子以来52年ぶりの入賞を果たした。 最終種目の跳馬で大技「チュソビチナ」を決め、15・100点を出して14位からジャンプアップ。「メダルは取れていないけど、自分の力をしっかり出せたのが良かった」とうなずいた。 4種目をこなせる身体能力は、幼少期に親しんだ様々なスポーツに源がある。スキー好きの両親に連れられ、3歳頃から年数回はスキーに出かけた。小学1年の頃には、モーグルで使うこぶをきれいに滑降して、練習に来ていたモーグル選手を驚かせたこともある。母・恵子さん(51)は「ジャンプするのも好きで、思えばあの時から着地はきれいに止まっていた」と笑った。スキー以外にも、水泳やフィギュアスケートにも習い事で挑戦した。スケートは「寒いし、危ないから嫌」と長続きしなかったが、バランスと空中感覚に優れた寺本なら上達も早かっただろう。愛知県出身で、所属の中京大は浅田真央(25)の母校としても有名。もし続けていれば、フィギュアの日本女王になっていたかもしれない?***  明日香さんなら・・・トリプルアクセルを跳べた・・と思います。きゃなちゃんと同年代ですので、先輩を追いかけるすごい選手が出てきた!と話題になったかもしれません。   真央さんが、体操選手になっていたら、金メダルリストになっていたでしょう。そして、おそらく、日本のえげつない増すごみに妨害されることもなく、体操協会に守られて、思う存分、技を磨くことができた・・・この世界には、白豚みたいな下衆はいませんから。そして、体操競技は、男女ともに注目されていた・・ でも・・その反面、フィギュアスケートは、今ほど、多くの人々に注目される競技には・・なっていなかったでしょう。 それを、スケート連盟の連中は、気が付かないまま、真央さんは去っていくでしょう。真央さんは、やがて、去っていく・・・それも笑顔で! ふたりが、異なるスポーツを選んでいたら・・の勝手な妄想でしたが・・・運命とは・・・不思議なものです。 これでよかったのか、どうか?は・・・何年もたってみないとわかりません。  ゜゜*☆*゜ ゜゜* 今日の格言・名言  我々の運命は前進することにあるフーリエ *゜゜゜*☆*゜ ゜゜*  最後まで、お付き合い、おおきに! どうか、ひとぽち、お願い申します! にほんブログ村 にほんブログ村   おばちゃんに無断で、ブログの記事の転載・転用はあかんよ!

      49
      2
      テーマ:

プロフィール

なら

血液型:
O型
お住まいの地域:
大阪府

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
1320 位
総合月間
1501 位
スポーツ
9 位
関西
18 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。