『パンズ・ラビリンス』 2006年メキシコ・スペイン・アメリカ
監督 脚本 製作/
ギレルモ・デル・トロ
撮影         /ギレルモ・ナヴァロ
美術         /エウヘニオ・カバイェーロ
出演         /イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ
              ダグ・ジョーンズ アリアドナ・ヒル
 
■goo映画より■
1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた…
 
あぁこれは『デリカテッセン』『ロストチルドレン』に見たジュネ&キャロ監督の世界に色に似ている、というのが第一印象。 美しく残酷なおとぎ話というよりも、過酷な現実が少女に見せた夢…? 2つの世界が交錯する。其々に光と影と、強烈に分かれて終わるのが好きである。そしてお節介とも言える、最後の最後! 横から絵本をパタンと閉じるような無粋さも、まぁ好きである。
 

 
←只今48
AD

コメント(4)