2006年07月14日

中島敦  『李陵・山月記』

テーマ:純文学
中島 敦
李陵・山月記

中島敦の名作四編が収められた短編集。

どの作品も、漢文の素養を十二分に駆使した重厚な文体と、緻密な構成になっている。

「山月記」「名人伝」「弟子」「李陵」――個人的には。「李陵」が一番印象深かった。

この作品の主人公は、題名にもなっている李陵であるが、脇役で登場する司馬遷がいい。

『史記』の作者である司馬遷が、匈奴との戦争で捕虜になってしまった漢の将軍、李陵の立場を擁護する論陣をはり、時の皇帝、武帝の逆鱗をかい、宮刑(性器を切り取られること)という屈辱的な目に遭わされたことは、司馬遷自身が『史記』の中でも記しており、よく知られている。

硬骨の人であった司馬遷にとって、この宮刑は、心情的には、死を賜るよりも、はるかに酷烈なものであったろう。

その司馬遷の心の葛藤と、やり場のない怒りを、孤独な執筆作業へと駆り立てていく心情が見事に描かれている。

後世に遺るような大事を成す人は、多くの場合、逆境の中、血を吐く思いをしながら、事業を行っていた、ということの典型例であろう。

順風満帆な人生からは、大したものは生み出されない。

しかし、大事を成すには、絶えることのない迫害、屈辱、逆境が待っている。

人生とは何か、生きるとは何か――といった小難しいことを考えさせられる小説である。


切れ味: 優


お勧めの関連書籍

井上 靖

孔子

陳 舜臣

小説十八史略〈1〉

司馬 遷, 西野 広祥, 藤本 幸三

史記〈7〉思想の命運

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ジャンキーのり太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。