先日、大阪府行政書士会の報酬、営業、顧客対応に関するトークイベントに参加しました。
 
各事業部長が参加して話をしてもらえるということで参加しました。
 
ところが、全員が営業したことがないという方ばかりでした。
 
開業前に行政書士の資格を取得したら仕事を紹介すると言われて開業した方は半数以上でした。
 
法人関係を相手にしている先生ばかりでしたので紹介で仕事が増えるみたいですが、相続遺言、在留資格だと個人の方が多いので紹介だけだと難しいです。
 
その後の懇親会でもどういう営業方法があるか個人的に質問しましたが、仕事を紹介してもらえる人がいなければ辞めておいたほうがよいと言われました。
 
せめて営業して顧客を増やした方を呼んでほしかったです。
 
ただし、本音で顧客を増やせる話は誰もしないのではないでしょうか。
そういうノウハウを話すと真似をされて営業がやりにくくなるからです。
 
営業したことがない方だけが何故営業のトークイベントの回答者として参加しているのはいかがなものでしょうか。
 
3時間半無駄な時間を過ごしました。
AD