のりさんのブログ

鳥好きな管理人の鳥ブログ
たまにイラスト描いたり(^.^)/~
漫画は勉強中!

【重要】11月9日(日)のデザインフェスタで
鳥タロットカードのフルデッキをひとつお買い上げ下さった
2人組の女性の方、小アルカナに渡し忘れがあります
小アルカナは全部で56枚、うち14枚の『ワンド』が抜けていると
思われます、気がついたらご連絡下さい

Twitter→@okameinko1bunch
mail→norisannotorigoods☆gmail.com
(☆=@に変換して下さい♪)

テーマ:
またしばらく空いてしまいました
1月にありました池袋ハンズのトリトブ部屋、こちらで告知できないまま
終わってしまいましたが、たくさんのお迎え、本当にありがとうございました
 
年明けすぐ、1月4日に我が家のアイドル、桜文鳥のももちゃんが
突然天国へ旅立ってしまいました
年末に、すこしお腹が膨れてるなぁと思っていましたが
毎年この時期に卵を産んでいたのでてっきりそれだと思っていました
ご飯も食べている、体重も増加している、血色も良い…
でも今回は中々産まれません、心配になったので年明けすぐに病院へ行きました
先生の所見は卵ではなく、腫瘍かもしれないとの事でした
しかし、高齢文鳥の場合、卵の殻を形成するまでに若い頃より時間がかかるので
もしかしたら卵になる前の状態なのかもしれない
これは開いてみないと確実には分からない、との事でした
 
ですが、もしかしたら何かわかる事があるかもしれないと、先ずはエコーをしました
エコーではよく分かりませんでしたが、先生曰く、やはり腫瘍の可能性が高いと
仰ってました
そこで、さらにレントゲンを撮ってみてはという提案があり、
少しでも原因が解明するならと思い、レントゲンを撮る事を選択しました
その直後、ももちゃんは亡くなりました
レントゲンから戻って来る竹かごの中で既にパニック症状になって息が上がっていました
 
私は獣医ではないので何が原因かは分かりませんが
最後に選択したレントゲンが負担になってしまったのは確実だと思います
結果亡くなってしまったから、というのもありますが、でもやっぱり止めておけば
良かったなぁと今も後悔しています
先生はレントゲンを撮っても撮らなくても、長くはなかっただろうと仰ってくださいましたが、もしこのパニックが無くて、お薬をもらって家に帰って安静にしていたら
また違った未来があったかも知れない、もしかして腫瘍じゃなくて
卵になったかもしれない、と「もし」という想いは尽きません
今回の事で改めて、自分の意思で決断を選択できないペットを飼うというのは
その命を左右する責任を同時に負うという事を実感しました
 
生まれつき障害のあるももちゃんでしたが、その障害が個性になり
毎日楽しくて可愛い姿をたくさん見せてくれました
本当に楽しい日々をありがとう、そして本当にごめんねと
この後悔を一生忘れずにいたいと思います
 
↑ももちゃんといえばこの寝方、脚を頭に引っ掛けて寝ます
初めて見た時は死んでいるのかと思いました。ほんとに心臓に悪いです^^;
↑なにかに潜り込むのが大好きでした、これは私の靴下…臭くないですよw
↑包まれるものがない時は紙の下に潜る
2枚目のは潜るっていうより乗ってるだけですね^^;
↑もちろん握られるのも大好きでした
↑よく竹かごからはみ出していましたねぇ〜
↑竹かごの角でぺったんこになっていました
 
ももちゃんの面白くて可愛い姿をあげればキリがありませんが
また涙が出てきて止まらなくなりそうなのでこの辺で
SNSでもたくさんの方に「可愛いね」と仰ってもらいました
本当にありがとうございました
 
 
 
 
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
↑懐かしいももちゃんポチ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。