2011-02-06 00:30:42

相撲の出生の秘密:ワーク活字の冒険

テーマ:旧作

■投稿日時:2001年5月5日 観戦記ネット
■書き手:ノリリン    

この文章は相撲(すもう)が『すまひ』と呼ばれた頃の実体を探る思考実験である。この文章の中で相撲はいろいろな言葉で表記される。単に相撲と書いたときには、現在の相撲につながる当時の徒手格闘技そのものを指す。『相撲』は日本書紀の中で『相撲』と表記されたものをさす。『相撲』と相撲が同じ物であるかどうかがここで検討される。『すまひ』と書いた場合は、日本書紀の中での『相撲』『?力』の読みとしての『すまひ』を意味する場合と、奈良時代以前の『すまひ』と呼ばれていた何かを意味する場合がある。『?力』の『?』は古字なので皆のPCで表示できているとは限らない。『手偏に角』と書く。

もっとも古い相撲の記録は日本書紀の雄略記である。正確に言えばもっとも文献上ふるい『相撲』の字の登場は日本書紀の雄略記である。
『秋9月に、大工韋那部の真根、石を以て質として、斧を揮りて材を削る。終日削れども誤り手刃を傷らず。・・・・(雄略天皇が)采女を喚し集えて、衣を脱ぎて、タブサメ(褌のこと)して露わなるところにて、相撲とらしむ。ここに真根・・・・』要するに、天皇に『おまえは刃物の扱いがうまいが、間違って刃を痛めることはないのか?』と聞かれた宮大工の真根が『ない』と答えたので、ぎゃふん(死語ではあるが日本書紀の頃にはまだ使われていた)といわせるために、裸にした采女たちに相撲を取らせて気をそらせて失敗させた。
というお話である。
『相撲=そうぼく』である。『相(互いに)撲(なぐる)』という意味だ。言葉の意味からいえば、ボクシングならともかく、相撲が『相撲』と書かれるのは不自然だ。今に至るまで何故相撲が『すもう』と呼ばれるかは誰も確かな事は知らない。相撲が『相撲』と書かれる理由もはっきりとはわからない。中国語で、相撲=sou mokuから転じてkuがとれて『そもー』→『すもう』になったという説があるが、とんでもない。平安時代中期の漢和辞典和名抄ではこの件(くだり)を『すまひとらしむと読む』と書いてある。『すまひ』を経ずして『そもー』から『すもう』になったのなら非常に納得がいくが、日本書紀完成から200年経った時点で、『すまひ』であったものが、元々『そもー』で、後に『すもう』になったと考えるのは不可能だ。
この件は雄略帝を暴虐な天皇に見せるために作り出されたお話で、日本書紀作成時に三国志呉史から剽窃したものであると指摘されている。古伝を採用したのではなく、新しく作り出したお話だ。日本書紀に書いてある話の中では一番新しい部類のものである。相撲に過剰に宗教性を見る者はこれは悪魔のような名工真根を不浄のものであると見た雄略帝がそれを祓う為に相撲の節を催したとみるらしいが、お笑いでテキストの由来を考えない、まずい説である。

日本相撲協会が相撲の起源として採用しているのは日本書紀・垂仁記の野見宿彌と當麻蹶速の闘いだ。野見宿彌と當麻蹶速の話はこうだ。
『7年の秋7月の・・・野見宿彌を喚す。是に、野見宿彌出雲より至れり。則ち當麻蹶速と野見宿彌と?力とらしむ。』
當麻蹶速が強くて威張っている乱暴な人なので、それに対抗するために出雲から野見宿彌が呼ばれる。垂仁天皇の前で御前試合が行われ、手の取り合いから、蹴り合いになり、脊椎への致命的なストンピングで野見宿彌が勝った。その後野見宿彌は3代の天皇に使えて功績があった、というお話だ。日本書紀誕生に極めて近い時期に成立したお話だと思われるが、野見宿彌を始祖と仰ぐ土師氏→菅原氏の中の伝承が一部採用されている可能性もある。この文章ではそんなことは重要ではない。
日本書紀用に作ったfictionであることは同じでも、勇壮さや登場するキャラクターの格からいって、日本相撲協会が雄略記の女相撲の方を相撲の起源と取らずに、こちらを相撲の起源としたのは大いにむべなるかなというところだ。エピソードの重要性が雄略帝の女相撲とは段違いだ。
同じ和名抄は『野見宿彌と?力とらしむ』をやはり『すまいとらしむ』と読ませる。(『?力』の『?』は古字なので皆のPCで表示できているとは限らない。『手偏に角』と書く)和名抄は『すまいとらしむ』というが、?力は素直に読めば、『ちからくらべさしむ』である。または中国古来の格闘技・カクテイも?力と表記されることもある。『野見宿彌と當麻蹶速の闘いが日本の相撲らしくない乱暴な闘いであったのは、中国のカクテイの影響だ』ととんでもないことをいう学者もいるらしいが、勿論誤りである。カクテイは舞楽から派生したエンターティメントなのだが、そんなことを指摘する前に現実とフィクションを混同した言説だとだけいっておこう。日本書紀を書いたのは中国の文物に深い知識を持つ来日大陸人とされる。漢字の使い方を間違えるわけがない。雄略記の女相撲と垂仁記の?力は別の漢字で表記された以上、日本書紀を書いた人のなかでは別のものであったと考えるのが妥当であろう。

相撲の起源の話は二つとも基本的には日本書紀作成時にでっち上げた物語である。帰化大陸人が皇室の意を汲んで皇室の正当性を謳う為に書き上げた日本書紀では、相撲が?力でも大した問題ではない。それどころか、彼らが実際にどんなものをイメージして相撲や?力と書き、読み仮名をふった日本人がどんなイメージで『すまひ』とふりがなを打ったかなどは知るよしもない。ましてや今に残るふりがなの記録は日本書紀成立後200年後のものしかない。想像するしかないのだ。

『すまひ』は、争う・抗う・力の強いものに反抗するという意味の『すまふ』から転じたものだという説がある。しかしこれも説得力は薄い。もう一つ相撲の起源とされる古事記のタケミナカタとタケミカヅチの闘いの件には、『すまひ』も『すまふ』も出てこない。古事記と日本書紀は成立が数年しか違わない。闘いの内容を較べても野見宿彌と當麻蹶速の闘いが『すまひ』と呼ばれるのなら、この闘いが『すまひ』と呼ばれても何の不思議もないが、すまひをとったと書かれていない。ましてや争っているのであるから、『タケミナカタとタケミカヅチはすまった』と書かれても不思議ではないのであるが、勿論そう書かれてはいない。それどころか、沢山の闘いのあった古事記にあって、どの争いも『すまふ』とは書かれてないのである。これはもう古事記・日本書紀成立の頃には『すまふ』にも『すまひ』にも、争うという意味も相撲という意味もなかったと考えるのが普通だろう。さらに『すまふ→すまひ』説に不利なデータとして、『すまひ』の方が『すまふ』よりも資料的に古い言葉だということも上げておく。

『すまひ』という語は『素舞』から来たという説がある。山田女子などが唱えている。ドッコショや鏡や劔を持たずに素手でお払いの舞をするから、すまひ(素舞)とよばれたという説である。『sou-moku→su-mo→suma-hi→すもう』説や『すまふ(あらそう)→すまひ』説よりは傷がない。しかし、これは過剰にアカデミズムに犯されている。どう考えても・誰が考えても、素直に考えたらなにも持たずに舞うから素舞ではなくて、裸で舞うから素舞だろう。もっとも『素手のお祓いの舞』説の人たちも素手だけではなく裸で踊るという要素があることを認めているから、その点は大きな問題でもないが。
しかし、日本史上もっとも有名な裸の舞に『すまひ』という言葉が使われてないのはどうしてだろう?アマノイワトのうずめの舞はまるっきり素裸の舞だが、『すまひ』とはいわれてない。それ以降も以前も、すまひという言葉は古事記には出てこない。勿論偶然かもしれないが、そうでないとすれば、これから考えられるのはそもそも『すまひ』とは、単に素手や裸で舞うような単純なケースを指すような言葉ではなかったということだ。

続日本記によると、奈良時代中盤には『相撲節』が開かれ、『相撲』が『すまひ』と読まれていたことは文献上間違いない。それ以降相撲は『すまひ→すもふ→すもう』と呼ばれ続ける。

雄略記において、雄略帝は名工真根の手元を誤らせるため、女官たちを集めて裸にして、フンドシをつけてきゃあきゃあいわせて、露わなるところ(ステージ)で スマヒをさせた。雄略記の『相撲』は何故『すまひ』と呼ばれたのだろう?この話のどういう点が『すまひ』と呼ばれる理由になったのか?
女官たちが裸だったというだけの理由からか?これは前述の理由で考えづらい。
これを書いた人たちや解説をした人たちの事を考えてみよう。彼らはこれが呉の暗君(名前までは調べてない)の三国志の記事から取ったことは知っている。勿論ハーレムの記事だろうから、お祓いなんかではなくて性的な事も絡んでいる。ただ、はっきり言って裸で踊るだけなどではない。(ヌードダンサーが裸で踊るだけの舞踏家と思っている奴はいないだろ?)こういう事は彼らにとっては常識だった。これを書いた者と読みを振った者の頭の中では、文中の『相撲』がレズプレーまな板ショウを暗示していたことは明らかだ。その記事の『相撲』に『すまひ』と読み仮名をつけたのだ。つまり、『すまひ』とは勿論『裸踊り』のことで、しかも単なる裸踊りではなく、強く性的に刺激的なプレーの事を指していた言葉だと比定が可能だろう。そんな馬鹿なという人もいるかもしれないが、記紀にははきわどい話は多い。イザナミはオメコをやけどして死ぬし、スサノオの狼藉ではアマテラスは陰部を痛める。箸墓の姫は陰部に箸を指して死ぬ。大物主の神の化身とされる白蛇の化けた男を夫としていた箸墓の姫はある日夫の真の姿を見てしまい、怒った神に箸を陰部に指して死ぬと呪いを受・けてその通り死んでしまう。訳のわからない話だが、これは要するにオナニー禁忌の話である。箸を陰部につっこむのは当時の女性のオナニーの仕方であって、オナニーのしすぎを戒めた話を記紀に取り込んだと考えないと意味が通じない。雄略記の真根の話の直前には采女のレイプの話があった。レイプ物AVとただの女子プロレスではまるっきり刺激性に差がありすぎてバランスが悪い。
元々そういう意味であった『すまひ』は、三国志から剽窃された雄略記の文章の中で、暗示する意味の共通性から、『相撲』の読み仮名として振られた、と考えるのに妥当性があることはもう納得してもらえると思う。

しかし、何故『相撲』が『すまひ』と呼ばれたかについて、もっと単純にみんなの心に浮かぶ可能性がある。裸に褌でやる徒手格闘技が当時『すまひ』と呼ばれていたから、『相撲』に『すまひ』とふりがなが打たれたという可能性である。でも、そうは思えないのだ。
面白いことに、奈良時代初期に今でいう相撲を担当する官吏は、『相撲の司』ではなく、『抜出(ぬきで)の司』と呼ばれていた。行われていたものは後の相撲の節と同じとして、日本書紀の書かれた奈良時代の初期には相撲は『抜出または別の名前』で呼ばれていたとおもわれる。前に書いたように、日本書紀の一番新しく作られたエピソードで『相撲(すまひ)』が登場するまで、いかなる格闘・闘いに対しても『相撲(すまひ)』という言葉は用いられていない。やがて奈良時代中期には、『抜出の司』の表記が改められ、『相撲司』が『相撲の節』を担当するようになる。だから日本書紀の書かれた8世紀初頭において裸で褌を絞めてする今の相撲に似た当時の格闘技が、『すまひ』と呼ばれていたと考える必然性は低いのである。

野見宿彌と當麻蹶速の?力は相撲節の起源とされる。これは納得がいかない。これが相撲節の起源なら、何故『相撲節』と書くのだろう?何故『?力節』と書かないのだ?より勇壮でより有名でより重要なエピソードである?力の方は相撲の標準表記とはならなかった。これは200年経った和名抄の時代においては『すまひ』という読みが成立していたが、奈良時代に相撲節が出来た頃には?力は格闘技を指す熟語として認知されておらず、単に『力(ちから)?(くらべ)しむ』と読まれてたことが理由だとしか思えない。 とすればもともと野見宿彌と當麻蹶速の『?力』は『力比べ』で、『すまひ』ではなかったのである。?力が『キまひ』であると認識されたのは、かなり後のはずである。

日本書紀は持統王朝のプロパガンダ文学である。日本書紀が読まれた時代をカバーする続日本紀においてはあまり日本書紀に関してふれられてはいないが、王朝が自己のプロパガンダのために作った物語を読むことを奨励しなかったとは考えられないので、支配層の中では広く読まれたはずだ。
何千年経っても人の本質は変わらないので、エッチな話の件は特に繰り返し読まれたはずだ。大変よく知られたエピソードとなったために、元々抜出(ぬきで)または別の言葉で呼ばれた相撲は、裸で褌をしめるエピソードに使われた言葉であるという点と、もともと何らかの徒手格闘技を示す言葉であるという共通性のために、『相撲』と表記され、『すまひ』と呼ばれるようになった。逆に『?力』は相撲を表す言葉にならなかった。『相撲=すまひ』はまず日本書紀に現れ、それが広く読まれたために本来の意味を越えて既存の相撲を表す言葉として使われるようになったのだ。『すまひ』とは、勿論裸の舞(ヌードダンス)のことで、もともとレズプレーに類するセクシャルディスプレーであったはずである。

しかし、この話が正しかろうが正しくなかろうが、現在の相撲に何の関係もない。安心して相撲を楽しんでください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-11 00:19:38

1・4東京ドーム

テーマ:ブログ

こっちでは昨日の放送だったので、久しぶりに新日を見た。

小島vs棚橋なんだからいいに決まってると思ってみたが、それにもまして客が善かった。

いい客が試合を作る。

カメラマンは相変わらずよくない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-18 07:21:53

ノリリンは全てが気持ち悪い

テーマ:読みましょう
キャラクターの性格、不自然な展開、絵
全てが気持ち悪い
のりりん(1) (イブニングKC)/鬼頭 莫宏
¥630
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-17 19:03:47

真弓阪神タイガース CSファーストステージ 敗退

テーマ:野球のコーナー

監督の采配ってのは結果論で評価してもいい。

代打とか投手交代とか、送りバントとか、強行とか

すべて確率の高い手が一番良いわけでもないし、裏が出ることもあるし、確率の高い手を常に取るといつでも手を読まれてしまうし、そもそも確率が高い手が何かすら分かっていない。

だから、普通儂は監督の采配は否定しない。


しかし、何回も失敗してきたことを繰り返す・・・これは確実に間違った采配だ。


ま、そんなことを抜きにしても、意地でも真弓を成功させたくないという選手のコンセンサスが見えるかのような2010の終盤だった。


それから、勝敗を度外視してとってきた作戦・金本の全試合出場をこの試合はとらなかった。もちろん勝ちを目指すなら必要のないコントだからこの作戦をとらないのは当たり前だ。

当たり前だが、当たり前のことをしたらこれまでの過程の全否定になる。

もちろん、CSは全試合出場の対象ではないが、そんなこと言ってたらやはり全否定。


ま、明日には辞任会見を開いてもらいたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-16 20:26:16

能見弟

テーマ:野球のコーナー

さて

セリーグCS

最終的な結果はともかく、能見を先頭に立てて成功するわけがないだろ

何年、彼を見てきたんだ


とはいえ、今年9月の能見を見れば期待する気持ちも分からないではないが・・・・

それに『何年も見てきたから先が読めるだろ』と言う論理は、CSなんて棄権せよっていう最も最もらしく効率のよい結論に直結してしまう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-16 20:21:56

チャンピオンオートンはエースになれない

テーマ:ブログ

オートンは素晴らしいレスラーだし

うまくbuild upしてもらって、扱いはいいし

人気もある


しかし、ロックやオースティンやホーガンのようにはなるまい。


なんだかんだ言っても、隠されたキャラクターのdarkさの表現がうますぎる。

天性にくらい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-16 20:16:41

MHK見て悲しくなる

テーマ:読みましょう

松本のMHKはひどかった。

切れ味がある客やゲストいじりを見せるバラエティーとはちがい、コントでの松本は元々大爆笑をとるタイプではなかった。

重い、くすぶる、しかし新しい笑いを昔は見せていたんだが・・・・


なにか引退していたレスラーやボクサーが勘違いして出てきたようで悲しい

ほぼ同年代の儂

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-28 22:48:44

野球賭博がいけない理由についてみんな勘違いしている

テーマ:時事ネタ

曰く、野球賭博はギャンブルだからいけない!

曰く、違法だからいけない!

曰く、力士は尊敬されるべき行動をしろ!

曰く、倫理的に許されない!


No ! そんな理由はねじれの位置でナンセンスである。


ギャンブルがいけないのなら、兜町を閉鎖しなきゃいけない。

違法っていってもパチンコ業界に比べれば微々たる総額。

裸にふんどしの奴らにとって尊敬は存在理由ではない。

生物は皆先祖が賭に勝ったから地上に存在している。賭け事をしないのは非倫理的だ。

しかし、非倫理的だという主張はある意味正しい。


野球賭博が許されない理由は、野球賭博の非倫理性にある。

なぜなら、野球賭博はただ乗りだからだ。


ただ乗りをもっとわかりやすい例をあげて説明しよう。

競馬は競馬場で馬券を買えば合法的ギャンブルだが、ノミ屋から買えば違法だ。

JRAは馬券の売り上げから、競馬場を運営し、賞金を払い、八百長が起こらないように規制し、ルールを作り・・・ありとあらゆることをやった上、残りを当たった人に払い戻す。ノミ屋はコストがないから、JRAより遙かに高いレートで払い戻すことが出来る。

飲み屋で買う側の人も、競馬場で買う人より遙かに割がいい。だから、ノミ屋も客も、それぞれJRAとJRAの客にただ乗りしている。とても非倫理的だ。だから許されない。


野球・NPBはJRAと違い、勝ちチーム投票券を売っていない。勿論勝ちチーム投票券を売った方が売り上げ自身は上がる。

しかし、ギャンブルを持ち込まないことで、NPBはギャンブルにまつわるコストを回避している。

ギャンブルが持ち込まれると、八百長を防がなきゃいけない。外部と接触を防ぐルールやマスコミとの接触も制限されるし、選手同士の会話も禁止されるだろう。その結果、選手間の技術の伝達や因縁の発生、真っ向勝負のような技術の進歩や観客好みのシーンが失われるだろう。また、八百長が起こりやすくなり、以前のようにまたそれに絡んで追放される選手も出てくるかもしれない。


暴力団が野球賭博をやることでこれだけのコストがかってに野球に押しつけられることになる。

これが野球賭博が許されない本当の理由である。


競技そのものがギャンブルなしで成り立つ魅力がある場合、賭博はコストでしかない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-13 15:29:37

アダルトビデオを論じる(3)

テーマ:旧作

昔、昔

アダルトビデオメーカーはビデ倫を通したあとレンタルビデオ屋に卸したり、販売したりしていた。売りで一本1万数千円。レンタルはおそらくその数分の一の値段だった。昔はレンタルビデオ屋の数も今より多かったし大手アダルトビデオメーカーは1本あたりの儲けはかなり大きかっただろう。

対してビデ倫を通さずに独自規格で制作・販売するのメーカーをインディーという。ビデ倫を通さないと、問屋→レンタルビデオ屋・ビデオショップという流通に載らないが、ビデ倫は別に国家規格ではなく単なるビデオメーカーと問屋の自主規格(要するに参入障壁)なので、問屋を通さないのであればビデ倫にかける必要はない。初期にはインディーズは独自のショップと流通経路を作って販売していた。

ま、最近ではTSUTAYAにインディーズコーナーがあるくらいだからなし崩しだが。

で、インディーズに対してビデ倫メーカーがメジャーと呼ばれるかというと、そうでもない(呼ぶ人もいたが)。面白いことにかってインディーズ側にあったmoodyzはいまでもインディーズではあるが、規模としてメジャーを越えてしまった。

プロレスではインディーズはたくさん出来たが、未だメジャーを越えたものはない。ファンがプロレスにかけるエネルギーがエロにかけるエネルギーより小さいのが原因だな。メジャーはAVメーカー並に没落したが・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-12 15:34:00

アダルトビデオを論じる(2)

テーマ:ブログ

さてアダルトビデオを論じる(1)から8年たったわけだが・・・

あの当時、美少女物の映倫AVは疑似が主体だった。

でも、右打者としての松井秀の恋人・あの当時吃驚するくらいかわいかった浅倉舞が本番女優だったり、初期小林ひとみに1本だけ本番があるのとか、初期飯島愛に少数の本番(ピクミン参照)があったり、ほぼ同時にデビューしたhmpの一押し新人の片方星野杏里がall疑似で小室友里がall本番だったり

いろんな意外なケースが混じっててとても面白かった。all疑似だった白石ひとみも1本怪しいのがあるし、小沢まどかもhmp1本目は本番かも知れない。

混ざってるのは面白い。Prideの最初のころによく言われたことだ。

昔のビデリン物では、やってても建前上(下注1)やってるのが判らないように消していた。ビデ倫ものAVは最近でも混ざってるけど、以前に比べると本番が圧倒的に増えてきた。天海麗とか吉沢明歩とか、とかとか、昔なら疑似っぽい作品にしか出ないよなあ・・・という雰囲気の子まで本番やってる。昔と違ってケシが小さく薄くなってきたし、建前もなくなったようだ。おかげで、やってない疑似物はより明白な疑似物になってしまった。(区別が付きやすくなってしまった)

でも、AVの楽しさは『本番を見ること』でも、『本番疑似を見破ること』でもない。本番を見たこともしたこともないガキならそれもいいが・・・やっぱりAVの最高到達点は疑似にこそある。

何故なら・・・疑似の方がやる方も、見る方も恥ずかしいだろ?

狆狆は入ってない。ぁまっさえたってもいない。指なんてひどい時にはあそこの入り口で曲がってる。なのに女優は感じてないのに、感じている時の自分を思い出しながら見せなきゃならない。男優も然り。見てる方はモザイクがなかったら極めてばかばかしい映像であるかもしれないものを、『そうかも知れない』ってことを頭の片隅に入れながら勃起している。

こんなに恥ずかしいシチュエーションは本番じゃえられない(疑似ならなんでもいいって訳ではない。勿論)。

ま、小沢まどかとか金沢文子とか鈴木麻奈美とか、昔ビデ倫で疑似をやっててその後インディーで本番に転じた子達のDVDを見比べてみると、どうやら、本番でも疑似でも殆ど一緒だ。本番の時に自分が反応してるか思い出して自分を演じてるんだから殆ど同じで当たり前。

本番でも疑似でも、というか疑似だからこそAVを楽しんで下さい。ま、どっちでもいいが・・・

注1:ビデ倫ものでは、『性行為が確認できないように画面を操作する』ことが認可の要件だった。

アダルトビデオを論じる(3)につづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。