会社が変われば社員も変わる!

京都で社会保険労務士をしております「京都労務サポートオフィス」の老松範子です。

ワークライフバランスやメンタルヘルスを通じて、元気な会社作りのお手伝いをしていきます!


テーマ:
年金をもらっている人が亡くなってしまったときには、未支給の請求をする必要がありますビックリマーク

年金というのは、前月、前々月の2か月分をまとめて振り込まれることになっています。
ですから、必然的に未支給の年金というものが存在します。

この未支給の請求ができるのは、年金を受け取っていた方と生計を同じくしていた
「配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹」で請求順位はこの順番です。

「未支給【年金・保険給付】請求書」という書類に記入することになるのですが、この書類は3枚複写になっており、2枚目以降は死亡届になっています。


また、お亡くなりになった方と遺族の条件があえば、遺族年金をもらうことができます。
こちらも手続きが必要になってきます。

国民年金と厚生年金ではもらえる遺族の条件が違います。

老齢厚生年金をもらっていた方の配偶者が専業主婦で、昔にあまり働いていない場合だと通常お亡くなりになったご主人のもらっていた老齢厚生年金の4分の3の額をもらうことができます。


****************************************************


実は、これらの手続きを昨日済ませてきました汗

ちょうど1週間前、実の父が他界しました。

5年にわたる長い闘病生活で、ここ数か月はずっと入院していました。

こんな時に、思わず、社労士としての知識が役に立つとは複雑な思いでいっぱいですしょぼん


まだパワー全開とはいきませんがボチボチやっていきますのでよろしくお願いいたします!!
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。