悩みながら子育てしてる人たちに読んでもらいたい記事発見^^*

次男くんを生んで1ヶ月ちょい。
改めて思ったのは、
子育ては自分が愛された記憶を振り返る作業だなーってこと。

「愛された」っていうのはお母さんに限られたことじゃなくてね。
だって今こうして自分が生きてるってことは誰かがおむつ変えてミルク飲ませてお風呂に入れて・・・ってしてくれたってことでしょ?

自分もこうしてもらってたんだなーという愛情を振り返りながら毎日を過ごしています。

そしてある程度大きくなった上の子たちに対しては、自分が親にしてもらっていたことの半分もしてあげられていないんじゃないかって、申し訳ない気持ちになることがあります。

でも↑の記事読んで、大丈夫って思えました^^*
AD
こんにちは!
次男くん生後1ヶ月になりました☆

{B9ABBFEB-5230-4A6C-8E03-9A6287504868}

あーかわいい♡

さて、第三子出産にあたって、一番懸念されていたのが・・・
長男の赤ちゃんがえり。

長女と長男は1歳半違いで、長女はまだ物心ついてなかったので赤ちゃんがえりはそれほどではありませんでした。

しかし今回は長男は5歳。
色々わかってるため、赤ちゃんがえりが大変なのでは・・・と、みんな心配していました。

結論、生まれたあとより生まれる前の方が大変でした。

私が産休入るころには毎日毎日保育園に行きたくないとグズグズ・・・。
なんとか保育園まで行っても、私やばぁばから離れなかったりしました。

でもいざ生まれたら・・・
毎日元気いっぱい保育園に行っています。
先生たちにうれしそうに赤ちゃんが生まれたよーとか、赤ちゃんとお母さんかおうちに帰ってきたよーとか報告してたそうです。

家ではやたら赤ちゃんのお世話をしたがったり。
おむつのマジックテープはがすとか、ベビー服のスナップボタン留めたりとか^^*
哺乳瓶も持ちたがります。

{11176D8D-562E-45B0-A5B4-43CC0C045A71}

絵本を読んであげたりも。

お世話したがる分イタズラもしてますが・・・( ̄▽ ̄;)
{CED1EEDF-D59D-4D7D-8527-4D73200C130A}

なぜ募金箱・・・。

通りすがりに頭をこづいていったり、手をギュウっと握ったり・・・目が離せません(^ω^;);););)

ということで、心配していたよりは大したことはありませんでした。

それもこれも、義母のフォローがあってこそなので感謝感謝です。
自宅に戻ったら赤ちゃんがえりしたりして・・・。
行き届かないおかあちゃんでごめんよ(T^T)




AD
今、EARTH GYPSYあーすじぷしーという本を読んでいる最中です。

お金も時間も心配しなくていい。
自分が好きなこと、ワクワクすることだけして生きていいって言われたら、あなたは何をしますか?

私は
作り続ける
書き続ける
読み続ける
この3つかな。

お菓子、料理、手芸、裁縫、作ることが大好き!
詩や筆文字、書くことが大好き!
読書が大好き!

世界中を旅するとか、リゾートでのんびりしたいといったことにはあんまり興味がなく、家で黙々とこれらのことをしていたい。

そしてこれらは子どもの頃から好きだったこと。
周りの目も気にせず楽しくやっていたことなんです。

大人になるにつれ、ワクワクする方を選ぶ感覚を忘れてしまう。
周りに合わせたり、お金や時間の問題で妥協したりしてしまう。

もう一度、子どもの頃の感覚を思い出して。
ワクワクして生きていいんだよ☆☆
AD
次はあれしてーこれしてー
とか
明日は〇〇だー
とか
あの時こうすればよかったなー
とか

先のことを心配したり、過ぎたことを思い出したりするのをやめて

「イマココ」を感じようとすると、これしか出てこないのです。

{352E6371-019F-412B-8000-71FBE0B6DD5A}

あーかわいいラブラブラブラブ


考えてみたらいつも何かに追われて、「イマココ」を感じることを忘れていたと思う。

「イマココ」には幸せがこんなに溢れかえっているのに。
第三子の産前産後…そのとき旦那は!! |毎日毎日ごんぼほり。~norichanの手作り・子育て・あな吉手帳な日々@岩手~
/norichan54/entry-12170561612.html

↑の記事の続きです。

産後、私たち家族は旦那の実家にお世話になることに。

退院して数日後の深夜のことでした。
2階の寝室で次男くんに授乳していた私。

突然、1階の方で
ドドーン!!
という大きな音がしました。

え??なに??
何か落としたような音じゃないよね?
誰か倒れた??

胸がザワザワし、哺乳瓶を離して次男くんを抱っこして1階へ。

・・・誰もいない。

トイレを見ると電気が付いていた。
2階で寝てるはずの旦那がいなかったから、おそらく旦那だ。

「どうしたの?大丈夫?」
とドア越しに話しかけたら
「階段落ちた」
と返事が( ̄▽ ̄;)

どうやら寝ぼけて階段で足を踏み外したらしい・・・。

そして翌朝。

「ごめん、仕事休む・・・」

ゆうべ打った腰が相当痛むらしい。
起き上がるのもやっと。

午後になっても痛みが引かないようなので、義母に送ってもらって整形外科を受診したところ・・・。

MRIを撮らないとわからないけど、良くて横突起骨折、悪くて圧迫骨折
という診断(^ω^;);););)

こ、骨折!?!?

といっても、位置的には特に固定とかしなくても自然とくっつくので放置するしかないとのことでした。

ということで1週間は自宅で安静に。

後日MRIを撮影したところ、横突起骨折でした。

産後の嫁と、怪我した旦那(>_<;)

稼ぎ頭になるはずの30代が揃って動けない状態に(^ω^;);););)
義両親には本当に迷惑をかけました・・・。

旦那は
「こういうときに実家にいて良かったなぁーって思うけど、そもそも実家にいたから怪我したんだよな(笑)」
とか言ってました(笑)
※自宅は平屋なので階段がない。

旦那様、三児の父となって張り切っていたところにとんだ災難の巻でした~。