゛零感” 神話ライター上江洲規子が教える 守護神の見つけ方

幸せで、生きがいを感じる人生のために、よりどころとなる「守護神」を見つけませんか?゛零感”神話ライター上江洲規子がお手伝いします。

あなたの守護神を見つけましょう!


どんなに頑張っても、生きがいを感じられないことはありませんか?
幸せになるために、満足できる人生に、何か一つ足りない気がするときが。

それは、人生における一番大切な「何か」は、神様の範疇だから。

共感する神様・好きな神様を見つけ、折に触れてその神様の神社に参拝し、日々の感謝を伝えたり、相談したりと、よりどころにしましょう。
神様だって、自分をよく知り、自分を頼りにしてくれる人には味方してしまうはず。
こうして深い関係を結んだ神様こそが「守護神」なのです。

まずは、日本神話にどんな神様がいらっしゃるのか知ってください!

個々に、守護神探しのお手伝いもしてますよ(#^.^#)
NEW !
テーマ:
いつまで経っても明るくならないので、神功皇后は困ってきました。
何が起きているのかわからなければ、忍熊皇子を攻めようと思っても動けませんからね。

そこで、豊耳という男に智恵を借りることにしました。
「この暗さはおかしい。何があったのだと思いますか?」
すると、一人の老人が進み出て、
「このような現象を、阿豆那比の罪と呼ぶと聞いております」
と答えました。

つまりは、人間が犯した罪が、このような現象を引き起こしていると。

「どういうわけか?」
皇后はそう聞きます。

「阿豆那比とはなぁに?」
ではなく、
「どういうわけか?」

阿豆那比の罪とはどういうわけかと尋ねられてるんでしょうけど、それに対する答えは、
「二つの社の祝を一緒に葬っているからでしょうか」

「二つの社の祝を一緒に葬ることです」
ではなく、
「二つの社の祝を一緒に葬っているからでしょうか」

ん~、微妙に、会話になってないんですよね。
だから、真意がすごくわかりづらい。

二つの社の祝を一緒に葬ってあるから、阿豆那比の罪で夜が続いている……と言っているようですが、なにが罪にあたるのか、なぜ悪いのか、また阿豆那比とはどういう意味なのか、まったく説明がありません。

ちなみに「祝」は神職の一種で、「はふり」と読みます。
その音から死体を屠る役目を担っていたのではないかという説もありますし、巫女のように神を憑かせて神託を与えたりする役目だったとも考えられる、これまた神秘的な神職なのです。



守護神を見つけませんか? 守護神探しのお手伝いを始めました。

頑張っているのに、報われないと感じているあなた。
日本神話から気の合いそうな神様、頼りにしたい神様を見つけ、折に触れて相談し、祈ってみてはいかがでしょう。そうやって神様との信頼関係を築いてこそ、「守護神」となるのだと私は考えます。

でも、どんな神様がいらっしゃるのかわからない、調べている時間がないという方はご相談ください。

ただし、「この神様に祈れば、思ったように願いが叶う」といった、夢のような話ではありません。
自分で頑張るけれど、方向性が見えなくなったときに助けが欲しい、いつも見守っていただきたい、あるときは見張っていただきたい……そういう方のために、シンパシーを感じられる神様探しをお手伝いいたします。

神様に無料人生相談をお願いしたい方は、メッセージかコメントにどうぞ!
ただし、巫女役は上江洲ですので、ええ加減な内容になってもお許しを。




ポチっとお願いします

↓↓↓





お仕事の依頼・お問い合わせは
大阪の女性ライター|醸工房
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
神功皇后が小竹宮に着いたとき、世界は真っ暗でした。

「日が短くなっちゃってやぁねぇ。もう夜?」
最初はそう思って納得した皇后ですが、そのまま何日も何日も、暗いままで明るくなりません。

「あらやだ。白夜?」
……なんて勘違いを、神功皇后はしないんだろうなぁ(^^ゞ

でも私はスッと、「白夜じゃあるまいし」という言葉が出てきてしまいました。
でも白夜は夜がないことですから、反対ですよね。
高緯度の北極圏と南極圏には朝が開けない期間があって、これを「極夜」と表現します。
これは地軸の傾きが原因で、南極で白夜が起きているとき、北極で極夜が、北極で白夜が起きているときは南極で極夜が起きるようになってるんです。

どれくらいの期間続くのか、はっきりした資料が見つからないんですが、ちなみに、北緯78度のスヴァールバル諸島では、4月20日から8月22日ごろまで、なんと4ヶ月も白夜が続くそうな。
とすると10月20日ごろから2月22日ごろまで極夜。
暮らしづらいでしょうね(^^ゞ

だいたい4ヶ月も夜がなかったら、ドラキュラはどうするんでしょうかね???
ドラキュラじゃなくても、夜行性の動物はどうするんだろう。
極夜の時に昼行性の動物は?
交互に冬眠でもするのかなぁ。

もとい。
つまり、神功皇后は、まさにこの極夜のような現象に遭遇したわけです。
神功皇后が紀伊国にやってきたのは2月以降のことですから、新暦では3月以降。
とすると、神功皇后は紀伊に行くつもりで南極圏まで来てしまったのでしょうか?!
恐るべき方向音痴!!
それが本当なら、むっちゃ共感(#^.^#)

……ですが、まさか神功皇后がそこまで方向音痴なわけはないでしょうから、何か異常が起きていたのでしょうね。
この現象を、紀伊の人々は「常闇(とこやみ)に行く」と表現していたそうです。

「常闇」はそのまんまですが、そこに「行く」という表現は面白い。
昔の人は、この世のどこかに常に暗い場所があって、その世界に入り込んでしまったのだと考えたのかもしれません。

私たちが住む世界は常に移動していると考えていたのでしょうか。
……それなら、紀伊に行ったつもりが南極圏に行っていても不思議はありませんが……。
その割には、「おまけに寒かった」の一言もないので、やっぱり単純に暗い日が続いただけなのでしょう。




守護神を見つけませんか? 守護神探しのお手伝いを始めました。

頑張っているのに、報われないと感じているあなた。
日本神話から気の合いそうな神様、頼りにしたい神様を見つけ、折に触れて相談し、祈ってみてはいかがでしょう。そうやって神様との信頼関係を築いてこそ、「守護神」となるのだと私は考えます。

でも、どんな神様がいらっしゃるのかわからない、調べている時間がないという方はご相談ください。

ただし、「この神様に祈れば、思ったように願いが叶う」といった、夢のような話ではありません。
自分で頑張るけれど、方向性が見えなくなったときに助けが欲しい、いつも見守っていただきたい、あるときは見張っていただきたい……そういう方のために、シンパシーを感じられる神様探しをお手伝いいたします。

神様に無料人生相談をお願いしたい方は、メッセージかコメントにどうぞ!
ただし、巫女役は上江洲ですので、ええ加減な内容になってもお許しを。




ポチっとお願いします

↓↓↓





お仕事の依頼・お問い合わせは
大阪の女性ライター|醸工房
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その日、神功皇后は、紀伊国においでになりました。
息子の誉田別皇子(のちの応神天皇)……というより、皇子を連れた武内宿禰(たけのうちのすくね)と日高で落ち合うためです。

実は、皇后と皇子は命を狙われていました。
彼らを殺そうとしていたのは、忍熊皇子。
仲哀天皇と大仲姫の息子ですが、大仲姫は位の高い女性じゃなかったんでしょう。
誉田別皇子よりずっと年上なのに、皇太子になれなかったのです。

まぁ、そら誉田別の母親は皇后なんですから、仕方ないっちゃあないんだけど、兄ちゃん納得いかんよね。
「こいつさえ生まれてこなければ!」
って思うよね?

誉田別が生まれる前に仲哀天皇は崩御しましたから、彼を殺しさえすれば、次期天皇は自動的に忍熊皇子ってことになります。

そりゃ~……殺すよね……。
いや、物騒だけど、時代的に考えりゃ、そういう発想になるのは不自然じゃない。

かといって、神功皇后もおめおめ殺される気はありません。
「返り討ちにしてくれるわ!」
と思っていました。

実は、今回の紀伊国訪問は、忍熊皇子討伐のためだったのです。
それで、小竹宮までやってたわけですが、忍熊皇子の話は今回直接関係ないので、とりあえず、皇后がこの地に来た理由だけ頭に入れて、後は忘れてください(笑)

今回の神話に忍熊皇子の話は出てきませんが、「阿豆那比の罪」には関係があるかもしれません。
それをなるべくフラットに判断していただくため、お話しした次第でございます。



守護神を見つけませんか? 守護神探しのお手伝いを始めました。

頑張っているのに、報われないと感じているあなた。
日本神話から気の合いそうな神様、頼りにしたい神様を見つけ、折に触れて相談し、祈ってみてはいかがでしょう。そうやって神様との信頼関係を築いてこそ、「守護神」となるのだと私は考えます。

でも、どんな神様がいらっしゃるのかわからない、調べている時間がないという方はご相談ください。

ただし、「この神様に祈れば、思ったように願いが叶う」といった、夢のような話ではありません。
自分で頑張るけれど、方向性が見えなくなったときに助けが欲しい、いつも見守っていただきたい、あるときは見張っていただきたい……そういう方のために、シンパシーを感じられる神様探しをお手伝いいたします。

神様に無料人生相談をお願いしたい方は、メッセージかコメントにどうぞ!
ただし、巫女役は上江洲ですので、ええ加減な内容になってもお許しを。




ポチっとお願いします

↓↓↓





お仕事の依頼・お問い合わせは
大阪の女性ライター|醸工房
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。