心を添わせたい神様は誰?女性ライター上江洲規子が描く 神様の履歴書

現役女性ライターが、記紀神話や風土記から、神様の履歴をお伝えします

あなたの守護神を見つけましょう!


あなたのその夢、どの神社に参れば叶うでしょう?

神様の気持ちを想像してみてください。
「有名な神社だから」とお参りしてくれた人より、自分のことをよく知ってくれていて、自分を好きだからお参りに来た人に、協力してあげたくなると思いませんか?

日本の神様は、明るくて奔放で、とても魅力的。
このブログで神様の履歴を知り、好きな神様、共感できる神様に出会ってください。
どの神社に行けばその神様に会えるのか、上江洲規子がお教えします。
NEW !
テーマ:
イザナギが多分なんらかの冒険をして黄泉の国へたどり着くと、

イザナミは、
「あら!迎えにきてくれると知ってたら、この国のものを食べなかったのに!」
とがっかりします。

黄泉竈食ひ(よもつへぐい)。
つまり、黄泉の国のかまどで調理されたものを食べると、現世に戻れないのだと信じられました。

イザナミはもう食べちゃったんですね。
お腹がすいてたのかな?
残念。

ちなみにこのあたりもギリシャ神話とリンクしていて、冥界の王であるハデスに拉致されて強引に妻にされてしまったペルセポネも、冥界のざくろを3粒食べてしまっていたがために、一年の3ヶ月は冥界に戻らなくてはいけなくなってしまう……な~んてエピソードがあるんですよ。

日本の場合は何口食べたかにかかわらず、一切地上に戻れなかったようです。

でも、イザナミは割とあきらめの悪い性格でした。




お悩み大募集!!
日本の神様に相談してみたいことはありませんか?
なにせ神様のこと。
人間とはちょっと感覚が違うこともありますし、時代感覚もズレているかもしれません。
もしかしたら、全然参考にならないかも……………

でも、「この神様なら、どんなアドバイスをくださるか聞いてみたい!」という方は、ぜひ相談をお寄せください。

お待ちしています!!





ポチっとお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
イザナギがどのようにして黄泉の国を訪問したのか、日本書紀にも古事記にも詳らかには書かれていません。
しかしこのエピソードは、ギリシャのオルフェ神話とよく比較されるので、そちらを見てみましょうか。

ギリシャ神話の冥界は、ハデスが治める国で、まずはステュクス川を渡らねばなりません。
この川の渡し守であるカロンは死者以外は舟に乗せないのですが、オルフェが自慢の竪琴をかきならして頼むと、
「今回だけだよ~」
と渡してくれました。

冥界の門にはケルベロスという番犬がいて、死者以外は決して通さないのですが、オルフェの竪琴を聞くと、
「勘弁してくださいよ~。泣いちゃうやないっすか。ハデスさんには内緒っすよ~」
と通してくれます。

そして冥界の人々も、竪琴の音に感動し、
「ハデス様に会わせてあげようぜ!」
と。

ん~、竪琴一本で難関を乗り越えるオルフェは、すごい演奏家だったんでしょうねぇ。
イザナギが楽器を演奏したなんて話は聞きませんから……、歌でも歌ったかな??





お悩み大募集!!
日本の神様に相談してみたいことはありませんか?
なにせ神様のこと。
人間とはちょっと感覚が違うこともありますし、時代感覚もズレているかもしれません。
もしかしたら、全然参考にならないかも……………

でも、「この神様なら、どんなアドバイスをくださるか聞いてみたい!」という方は、ぜひ相談をお寄せください。

お待ちしています!!





ポチっとお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
力を合わせて日本を作り上げたイザナギとイザナミ夫婦。
二人は兄と妹として生まれ、日本で最初の夫婦となっただけあって、とても仲良く暮らしていたようです。

ですから火の神を産んだイザナミが、やけどにより命を落とすと、イザナギはひどく落胆しました。
「こんな子供のために妻が死ぬなんて!」
と嘆いたというから、ひどい父ちゃんやな。

しかしイザナギは、ただ悲しむだけの男でもありませんでした。
「よし!俺が連れ戻しに行こう」
そう決心すると、恐ろしい黄泉の国へ旅立ったのです。



お悩み大募集!!
日本の神様に相談してみたいことはありませんか?
なにせ神様のこと。
人間とはちょっと感覚が違うこともありますし、時代感覚もズレているかもしれません。
もしかしたら、全然参考にならないかも……………

でも、「この神様なら、どんなアドバイスをくださるか聞いてみたい!」という方は、ぜひ相談をお寄せください。

お待ちしています!!





ポチっとお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。