ITコンサルタントの汚名を返上するブログ

見事、うさんくさい職業No. 1に輝いたコンサルタント。
そこで、1人の男が汚名を返上するために立ち上がった。
すぐに実践できる仕事術をまとめたコラム、以前から書き続け自身のスキルアップにも繋がっているビジネス書評にて、コンサルタントのイメージ回復に貢献する。

{9AF0A1F2-6507-4663-A240-ECF3366304D5:01}





【バックナンバー】






【前回までのおさらい】

■ プロマネが誤解されるのは、正しいプロマネが確立されていないためである。

■ 多くのプロマネ自身が、プロマネを誤解している。

■ プロマネに一番必要なのは、自己責任意識である。

■ プロマネは、技術者の延長ではない。

■ プロマネは、特別な才能は必要ない。主体的なコミュニケーション力が重要である。





【誤解その4:PMは管理の仕事である?!】


プロジェクト管理というから、管理系の仕事なんだろうな?という印象があると思いますが、僕から言わせると、これも大きな誤解です。




その証拠に、僕はモノを整理整頓したり細く管理する仕事が、実はとても苦手です。。

自分の部屋すら、満足に片付けられません(笑)



でも、プロマネとしては成果を上げている。


なぜか?



これが、今回のテーマです。





これは、経理の仕事に似ているので、経理に例えてご説明します。



経理は、経営管理の略称です。

経営状況を管理するために、数字の管理をするのが仕事です。



では、経理の仕事は?



そう問われると、多くの方が「帳簿をつけること」と答えると思います。




でも、経営者の答えは違います。



あくまで、経営のための数字管理を任せているので、帳簿をつけるのは当たり前ですが、本当に経営者が知りたいのは、以下のような問いです。



「一体、どれだけ利益が出ているの?」
「で、どのようにコスト分析をすればいいの?」
「どんな経費を削って、どこに投資すればいいの?」



単なる帳簿係を求めてるのではなく、こういった、経営でどのような配分でお金を使うべきか?のアドバイスが欲しい。



勿論、経理部全員がその意識でなくても良いのですが、少なくとも経理部長にはその意識は必要です。




プロマネも同じで、進捗、課題、リソース、コストなどを管理するのは、プロジェクトの現状分析をリアルタイムで行い、問題点があれば関係各所を巻き込んで即座に改善することが目的です。




だから、プロマネに求められるのは、「どうなっているか」ではなく、「どうしたら良いか」なのです。



小利口にプロジェクト管理ツールを使いこなし、机上の空論を弄ぶのではなく、実際にプロジェクトの目的を達成するために、常に改善を実行するのが、プロマネ本来の姿です。



だから、管理中心の仕事ではなく、泥臭い実行者であり、プロデューサーなのです。


これを聞いて、随分印象が変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。





細く管理するのが得意な人は、ここで必ずハマります。


なぜならば、細部を見過ぎて全体感を把握せず部分最適化に走る傾向があるからです。



プロマネはQCDのバランスですから、限られたリソースの中で優先的に「何を実現し何を捨てるのか」


この見極めが重要。



細く管理するのが得意な人は、つい完璧主義に陥って、「あれもこれも出来てない!」となって、メンバーやベンダーにキツく当たってしまったり、必要以上に顧客に罪悪感を感じたりして、心の病になってしまうことが多々あります。



特に、技術者という性分は、どちらかと言うと「全体」よりも「細部」を突き詰めるのが得意な人が多いので、このジレンマに陥りやすいと感じます。


実例も、多く見てますしね。

得意分野にばかりフォーカスして、全体バランスを見失う人が、あまりに多い。




勿論、プロジェクトで決めたことを期日までに達成する努力は必要ですが、あまり考え過ぎず全体を見ながら優先度を柔軟に見極め、必要なことはドンドン顧客を巻き込んで変えていけるタイプが、プロマネに向いてるのではないかと。


逆に、細部はメンバーに任せられるくらいの度量が無いと、プロジェクトの推進に時間を割くことが出来ません。




プロジェクトの指標値がQCD毎に設定されますが、これも飽くまで目安に過ぎないので、勿論それをベースに設計はするものの、拘り過ぎて身動きが取れなくなるのも本末転倒です。




プロジェクトは、生き物です。

刻一刻と、状況が変化します。




だから、求められるのは、「管理に強い人材」ではなく、「変化に強い人材です。



このあたりの意識に、大きな誤解があると感じます。

育成する立場の人は、このポイントを認識して頂きたいと思いますね。



次回は、他の誤解について解説していきます。





本日も最後までお読み頂き、誠に有り難うございました!


皆様との良きご縁に深く感謝申し上げます m - - m



読者登録してね


初月無料ですのでお気軽にお試しください。
バックナンバーも購入可能です。



【弊社のHP】



【弊社のFacebookページ】 ICT Solution合同会社
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも顧客目線のITコンサルタント@飯島法久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。