咳と理解されないココロ。

テーマ:
昨日の記事は、協力会社の人の話でした。
うちの会社の人には人当たりのいい男性に見えています。
話を合わせて持ち上げてくれるので、一緒にいて心地いいでしょうね。


私が気になるのは、ずっと咳をしていることです。
軽い乾いた咳です。喘息もあるようです。

この軽い咳は、「人から理解されていないココロ」からきているように思えます。

あくまで私の感じたところですよ。

もし、そうなら。
自分の本心からじゃなく、必要以上に合わせて持ち上げて気をつかっているのに、相手に理解されていないと感じていることになります。
理解されていないと認めてもらえてないになるのかな。

気を使っているのに認めてもらえないなら、不満がでても不思議ではありませんよね。

認めてもらえないは他人軸の発想になるので、自分が十分に満足することは難しくなります。
私から見れば、仕事もよくでき信頼されている人なので、普通にしていても仕事は頼まれると思います。

気持ちの悪い過剰なヨイショはいりません。

相手に合わせなくてもいいと自分に許可が出るといいですよね。

もう一歩考えると。
仕方がないことのように思えてきます。

彼のお父さんも一人親方で工事の請負をされていました。
お父さんの現場を手伝っていたようなので、お父さんの人への接し方の影響があります。
少し古い処世術ですが、会社に所属せずに仕事をするのは想像以上に大変なことなんでしょう。
 
本質でないところは気になりますが、もう少し先を見ると責めずにいられます。
みんなと上手くやって真面目に仕事をしているならそれでいいのかもしれません。
 
 
今ふと思いましたが、ひょっとして…。
彼が認めてもらえない気持ちになっているのが、私のせいだったらどうしましょうか…。
彼が信じてやってきた処世術を正面から否定してきました。
 
いやぁな予感が…。
明日感性ヒーリングの日なので聞いてみようかな…。
 
本質で生きても十分良さがあるのにと言いたいのですが、結果的に彼の生き方を否定しているようになったのかもしれません。
 
咳が治まるといいですね。
 

 
〜相手より自分を〜
 
合わせるクセや
過剰なヨイショ
ココロにつく嘘
自分を傷つける
本心からの言葉
自分もよろこぶ
自分らしくいる