いつもありがとうございます!
毎月第1,3土曜日に一悟術ヒーリング体験会をしています。
一悟術ヒーリングでトラウマ解消して「自分らしく」生きてみませんか!
場所は、尼崎市内です。
ご予約などは、minoca.healing@gmail.com または、ホームページから。
メニュー・料金なども合わせてご覧下さいませ。
http://healing-minoca.com/
よろしくお願いします。
  • 28 Jul
    • 癌・ケトン食・高濃度ビタミンC

      下記の記事は、CAMPFIREというクラウドファンディングで協力者を募り、癌になった一人の少年を応援しようというものです。 初回の全文をコピーしています。私が彼を応援しようと思ったのは、このケトン食と高濃度ビタミンC点滴治療に興味があるからです。 5年前に私が癌だとわかった時、高濃度ビタミンC点滴治療は知っていました。ケトン食は、最近知人から教えてもらい、糖質を制限することでいろんな効果があることに注目するようになりました。(ADHDなどの症状緩和の効果もあるようです。) 自分がもし次に発症したらこの治療をと思っていたら目に飛び込んできたのが、この記事でした。 抗がん剤がいいのか悪いのか判断は難しいところですが、どちらかではなく併用する方法もありだと思います。 病院で癌だと告げられると治療の選択をゆっくり考える時間も精神的なゆとりもありません。医療方法の選択がたくさんあることを元気なうちから知っていることはとてもいいのではと今回シェアすることにしました。  簡単に言うと癌は糖質で成長しているので、ケトン食で精密な糖質制限をすると癌が食べるものがなくなり困ります。そこへ高濃度ビタミンCを点滴すると糖質(ブドウ糖)と似ている成分のため癌細胞がビタミンCを取り込みます。ビタミンCは、酸化作用が高いので癌細胞を成長させず消滅させる。ってことなんです。詳しくは、本文を読んでくださいね。 知ってると知らないでは大きな違いがあります。今は関係なくても何かの時に役に立つかもしれません。 ではでは、是非目を通して下さいね。  ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 「がん×糖質制限で生き抜きたい」…コータにエールをお願いします。 【突然の宣告】 コータは昨年、14歳という、「今から」の年齢で突然「脱分化型、脂肪肉腫」という診断を受けました。とても悪性度の高いがんです。突然の宣告にショックを受けている暇もなく、手術の日程がバタバタと決まり・・・9月に入院し、何時間もかけて、がんを手術で取り除きました。11月に退院し自宅に戻りましたが・・・術後6か月で肺に転移していることがわかりました。 転移巣の切除手術を大学病院で6月初旬にしました。このほど退院したところです。術後、主治医よりあった病状説明は厳しいものでした。若い人のがんは進行が早く、抗がん剤をしてもいいが、感受性は非常に低く、寛解する可能性はとても低い。それでも主治医はこう聞きました。 抗がん剤、頑張れる? 抗がん剤は副作用の大きい、過酷な治療です。大人でも音を上げるほどの治療を、こんな小さな子に・・・?治る可能性も、ないのに・・・?すぐに答えが出なかったため、いったん家に持ち帰り、真剣に考えたそうです。 本人、家族ともに、大いに揺れましたが、最終的に本人の希望やQ.O.Lを重視し、コータは、「抗がん剤治療は、しない」という選択をしました。母親は、看護師です。説明を受け、厳しい現状を理解して息子に助かってほしい、生きてほしいという思いでいっぱいです。本人も、決してあきらめたわけではなく、小さな体で精いっぱい事実を受け入れ、よくなりたい、生きていたい、と真剣に思っています。 【糖質制限という選択】 がんのエサは糖質だけということを皆さんはご存知でしょうか。がんの増殖、成長にはブドウ糖が不可欠。がんが持つこの最大の弱点を利用した、がんの食事療法による治療法が注目されています。 ブドウ糖に変わる糖質の摂取を極限まで制限し、代わりに良質な脂質、良質なたんぱく質を摂取することで安定したエネルギー源を確保する、この「ケトン食」という食事法。主食なし、おかずのみの、一般的には少し?変わった食事ですが、ほとんど副作用といえるものがないのが非常に良い点です。 きちんと学んで取り組めば、専門的な知識を持たない一般人でも積極的に治療の主体となることができるという意味では、今までになかった「新しい発想」といえます。 副作用はないばかりか、正常細胞はより元気になり、がん細胞だけが壊滅的に被害を受けるという点で非常に画期的で、非常に注目を集めています。学術的な裏付けもしっかりあります。現在大阪大学で肺がんⅣ期(末期)の患者さんに対する3年がかりの臨床研究が進められており、まだ症例数は多くはありませんがケトン食を継続できた患者さんにおいては、全員「寛解」し、現在も「存命」されているという素晴らしい治療成績を上げています。(最終学会報告2015年10月29日) たまたま、私という友人を通じて、がんの増殖、成長とと糖質(ブドウ糖)に深い関係があることを知っていたコータの母親は、生きる望みを糖質制限にかけ、今全力で糖質制限に取り組んでいます。 【自由診療という壁】 ケトン食は単体でも、非常にがんに有効な治療法ということができますが、もう一つ治療を組み合わせることで更にその治療効果を上げることができます。それが「高濃度ビタミンC点滴治療」です。 これはブドウ糖とビタミンCの構成が非常に似ていることを利用したものです。ブドウ糖もビタミンCも、どちらも5つのOHと1つのOで構成されています。断糖により兵糧攻めを受け、激しくブドウ糖を渇望しているがん細胞は、高濃度のビタミンCを「ブドウ糖と間違えて」喜んで取り入れます。結果、ビタミンCの強い酸化力に更に大きなダメージを受けることは確実。増殖への体力を奪われ、細胞死を受け入れるという原理です。 これは希望的な観測でなく科学的な事実であり、「糖質制限(ケトン食)」「高濃度ビタミンC点滴療法」の組み合わせは、非常に有効、かつ副作用の少ない、がん治療における選択として、もう少し高く評価されるべきだと思っています。 高濃度ビタミンC点滴治療は、(少なくとも糖質制限との組み合わせにおいては)素晴らしい効果が期待できるものですが、1つ難点があります。保険適応でないという点です。治療費はすべて全額自己負担となるため、かなり高額となってしまいます。 また、ビタミンCは水溶性ビタミンのため、1回の点滴治療で治療が終了するというものではなく、スタンダードなパターンで週に2~3回、1回投与量25g~75g(25000mg~75000mg)と血中濃度を見ながらその量や頻度を調整していくことが必要です。価格はその濃度によります。50gの高濃度ビタミンC治療1回あたり、標準的な価格は約2万円が相場です。 ということは、週に2回、50gの高濃度ビタミンC点滴治療を受けただけでも1月で16~20万かかることになり、6か月のフォローを受けようとすると、ざっと100万以上はかかる計算になります。こうして、よい治療だとは思っても、現実的に治療を受けさせてあげられない、という葛藤に悩まされる人は、少なくはないのだと思います。 【クラウドファンディングで寄付を募る意義】 がん治療における、糖質制限の有効性、安全性ははっきりしており、これを知ってもらうだけでも多くの方がその人らしく生きる時間を延長できると思います。しかし残念ながら、多くの方はこの事実を知りません。 また、すでに発症してしまったがんだけではなく、糖質の摂取量をコントロールし、食後の血糖値をコントロールすることで未来起こり得るがんの発症が予防できることに、情報発信の一番の意義を感じています。 予防に勝る治療はないのです。 コータと同じように、抗がん剤はしない、糖質制限と高濃度ビタミンC点滴治療を組み合わせて、がん、そして自分の体と向き合おうと思う方にとって、コータの頑張りは、はじめの1歩を踏み出す大きな勇気となることと思います。 そこに大きな意味を感じるから、コータ本人、そしてその家族は、ぜひ情報発信をしてほしい、と私に言いました。見世物になる覚悟が必要だといいましたが、「自分たちの経験が役に立つなら」そして自分たちが、大勢の人に応援してもらえることで「やりきることができるなら」と。そこまで覚悟しているのなら、ということで私も全力で応援しています。 コータやコータの家族と一緒にリアルタイムに「不安」や「とまどい」、「喜び」や「発見」を体験してください。そして、ぜひ、誰の身にも起こりうるがん、そして1度しかない自分の人生を振り返ってください。 このクラウドファンディングは、単なる募金集めにとどまらず、自分らしく一生を幸せに送れるための、「食の在り方」を自分自身のこととして考えるよいきっかけになるのではないでしょうか。 【100%成功する保証は何も、ありません】 若年性のがんは、進行が早く、はっきり言って、そんなに楽観的な見通しを持てるものではないというのは重々把握しています。発見が遅くなったこともあり、いかに「最強の治療法」で戦ったとしても、もしかしたら、残念な結果になってしまい、心を痛めることになるのかもしれません。 でも、もし残念な結果になったとしても、たくさんの方に、応援されて戦った経験はコータにとっても、コータの家族にとっても、本当にかけがいのない経験になると思います。 【コータを、大人にしてあげたい】 命にかかわる経験をして、1人の少年はある夢を持ちました。もし大人になれたら、患者の心に寄り添える、強くて優しい看護師になりたい。 彼の夢がかないますように。 傷ついて、強くなったコータが、また、同じように傷ついている患者さんの希望の光となりますように。 ・・・コータの夢を、ぜひ応援してください。私は奇跡を信じています。  【集まった寄付の使い方】 現実的な話をします。集まった寄付金は、キャンプファイヤーの手数料、リターン品の準備を差し引いて、「高濃度ビタミンC点滴療法の治療費」に当てさせてもらうことを基本的な目的とします。治療については専門医とよく話し合ったうえで最適な計画を立て、実施させていただきます。 ビタミンC点滴治療に関わる費用の支払いは、「支援する会」が直接、支払うこととし責任をもって、適切な会計処理をさせていただき、外部の第三者に会計監査をしていただいた上で、支出、残金の報告をいたします。 <寄付金に過剰が生じた場合>・「支援する会」にて協議し、その時に必要な「生きるための」物資購入、提供などを行います。(同じく第三者の監査をはさみ、支出、残金の報告をいたします)・それでも過剰が生じた場合は、「支援する会」にて協議し、がん患者さんのための勉強会やセミナーなどを企画し、その会場費や資料コピー代などの実費として使用させていただきます。 【最後に】 ところでお前は誰だ?と言われそうなので一応説明させてもらっておきます。「私」は基本的にはコータの母親の仲良しの親友です。現役看護師で、糖質制限ブロガーとして、「Mrs.GAGA」と名乗っています。今回は親友として、糖質制限治療のコーディネートをボランティアでさせてもらっています。 市民団体の代表として、日々正しい糖質制限を活動しています。念のため、団体を紹介させていただきます。団体名は、「糖尿病予防を推進する市民団体フロム・エム」私の役職は、その代表です。 <ミッション> 私たちは健康こそ自己実現や人生の目標達成のために必要な絶対的な基盤であると考え、現代社会に生きるすべての世代の方々の食習慣改善の促進、正しいダイエット方法の普及に寄与することをミッションとしています。 <主な活動実績> ・食後血糖値を測定する「街なか血糖測定事業」 ~「第11回九州労金NPO助成事業」~・糖質制限対応の飲食店のメニュー開発支援、広報支援など <代表者 ブログ>熱血ナースMrs.GAGAブログ~低糖質に愛を込めて~http://office-gaga.net コータやコータの家族を引き合いにすることとで、「偽善だ」「売名行為か」と思う方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、私は私のやれることでお手伝いしているだけです。正しい糖質制限を広めることを生きがいにしています。純粋な思いで支援しているということをどうか理解していただけたらと思います。 皆さんが、一生健康に、自分らしく生きることができることを、願って。  支援する会 代表 長野仁美(Mrs.GAGA)  

      8
      テーマ:
  • 27 Jul
    • ビジネスリーディング終了。

      おひさー 久しぶりだというのに軽いノリで、しかも古い…。「おひさー」ってねぇ。  先日、ビジネスリーディングが終了しました。でも、あの楽しみにしていたホテルのアフタヌーンティ「抹茶マニア」は食べれなかったんですよ。  リーディング最終日は、コントロールの解消をお願いしていました。コントロール力を全て消してしまうのではなく、強いコントロール力を使うことになった原因を探し癒すイメージです。 コントロールの解消をお願いしたのは、自分のコントロール力が強くなっている感じがして不安になったからです。強くなったのもありますが、意識して向き合っていくうちにコントロールしたことに気がつくようになったのかもしれません。 私のセッションでは、私のコントロールではなくクライアントさんが自分に向き合い自分で気づいてもらうことが目的なんです。コントロールによって誘導するようにセッションされているセラピストさんもいらっしゃいますが、強制ですからとても不快です。  コントロール=私の能力にすりかわってしまい、コントロール力が弱くなったらどんな自分になるんだろう…そんな不安もでてきました。でもそれ以上にそんな自分もみてみたい。リーダーさんに「娘さんが言うことをきかなくなる場合もあるかも」と言われると超怖い。笑 そんな不安もあるし、潜在意識ではとても強い抵抗があるようで、リーダーさんが目の前で「お腹が痛い」と苦痛の表情を浮かべていました。潜在意識では「やれるもんならやってみろ」と挑んでいるようです。 どうすれば、解消しやすくなるのか。リーダーさんに抵抗しなくなるのか考えました。わからないので、とにかく認めることかなとやってみることに。 コントロールしていること。コントロールしている自分を責めていること。正義感が強くなっていること。意思が強くなっていること。人に厳しくなっていてバッサリ切りたくなること。なんだか性格が悪くなったなぁ~とか。 ん?コントロールからはずれて反省してるやん私。気がつくと、リーダーさんに笑われていました。 クーッ。 ま、そんな感じでいつも笑われている私です。  過去生での私。助けを求められたのに救えず自分を責め続けていました。だから人が間違った道、安易な幸せにいかないようにコントロールしていたことが始まりのようです。そして、エスカレートしていきます。  セッション中は、浄化と抵抗で眠くて眠くてしかたがありませんでした。 そして、言われたことは、規模は小さいですが今もやっています。同じ心境で同じことを繰り返していることを思うと過去生の影響の大きさを実感しますね。  終了後、今後について話をしました。私の望みは、「自己成長」です。成長していく自分を見てみたいんです。ほんとそれに尽きますとお願いしました。  このリーダーH氏との出会いも不思議で。お風呂に入っている時に突然連絡を取りたくなったのがきっかけでした。別に急ぎの用事もないのに…。面識もないのに…。 「ヒーラーになって最短でH氏に繋がった」と他の人に言われた時にびっくりしましたが、その後に起きた命も危なかったぐらいの出来事を思うとH氏に繋がった理由がわかります。 とても危険だったことも他の人から聞きました。H氏は何も言わず、横でひたすら除霊?除術?して下さいました。何度も。 感謝でいっぱいです。(感謝が態度に出ていなくてスイマセン)  これからは、また違うセッションになります。今までがブレーキをはずすようなセッションなら、これからはアクセルを踏むようなセッションになると聞いてワクワクしています。 これからも自分の変化を楽しみ、味わっていきたいと思います。   アフタヌーンティを逃した理由が…笑。また、いつか。   

      8
      テーマ:
  • 13 Jul
    • もうすぐ丸3年になります。

      このブログを始めてもうすぐ丸3年になります。2013年8月1日にスタートしました。早いですね〜  いつもお付き合いくださいまして、ありがとうございます。 あと突然ですが、Twitterをやめました。 ちょっとね、思うところありまして。こちらでもお世話になりました。ありがとうございます。  今週末から7月末まで、クルーズ船「神戸コンチェルト」でモビール作家いろけんさんの個展があります。かなり大きな作品みたいですね。いろけんさんに会いに行ってきます〜    

      17
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 自分を信じる・プペル編

      仕事もそうだけど自分一人でやってしまった方が精神的に楽だったりします。 キングコングの西野亮廣くんも最初の数冊の絵本は一人で何年もかかって作ってきました。今回の絵本【 えんとつ町のプペル 】は、クラウドファンティングで募ったメンバーと分業制で作っています。 みんなの得意分野を集めて作りあげていくのは、昔から彼が言ってる「みんなを巻き込みたいんだ」だと思います。 「わからないことを教えて」「誰か手伝って」は、簡単なことじゃないよね。相手を信頼できないとできないもの。 言い換えたら、彼は誰よりも自分のことを信じているんだと思う。 どうしたら、自分を信じていられるんだろうね。 絵本【 えんとつ町のプペル 】を盛り上げるための曲。西野亮廣くんの作詞作曲。 ハロウィンの夜。えんとつ町のゴミ置き場、ゴミ山に魔女が誤って心臓を落としてしまいます。そして生まれたばけものゴミ人間プペル。 ハロウィンが終わりみんなが仮装をやめた時、プペルが本物のばけものだとわかります。町の人たちは手のひらを返したようにプペルを嫌います。 「世間の評判や肩書きなんてどうだっていい、君はとても素敵だよ」ってことを歌っています。西野くん本人のことでもあり、友達へ向けた歌だそうです。 よく聞いていたので、気づくと口ずさんでいます。「ハロハロ・ハロ・ハロウィン、プペ・プップー・プペル〜」笑 プロの方がカバーしてるのもありますが、西野くんが歌っているのが好きです。いろいろ言われている西野くんですが、人生楽しんだもの勝ちだよなぁといつも思います。

      8
      テーマ:
  • 11 Jul
    • くだらないのが好き

      聴覚トレーニング。いつものようにヘッドホンをつけて音を聞いていました。でも何だか音が小さい。音が遠い感じかな。変だと思いながらほぼ最後まで聞いて、ふとヘッドホンを外したら…。外したら…。 パソコンのスピーカーから流れていました。 ガーーーーン。遠い音は、ヘッドホンからじゃなかったよ。 ドンマイ私。明日は、きっと大丈夫さ。  職業柄か、どこへ行っても。Facebook見ても。自己啓発的な記事が多い。おまけに選挙だし。 何だか、お腹がいっぱい。 Facebookのみんなの笑顔が怖い。読むのがしんどい。(あんまり読まなくなったよ) みんながいろんなセミナー受けて、人とつながっているのを見ると、自分が頑張ってないような気がしてくる。 先日のリーディングでもそんな話をしました。Facebookの良くないところでもあるよね。ヘタしたら、自己肯定が下がりそう。引っぱられないようにマイペース、マイペース。(あくまでも私の場合ね。) と言うわけで。付き合い悪く、グダグダしてるのでお許し下さい。これが私なんだ〜。だから、たまに登場すると「レアキャラ」扱いです。   くだらない話が大好きだけど。涙流しながら笑ってないなぁ。むせながら話せないぐらい笑うってないなぁ。 頑張らずに、くだらない話をしようよ。バカな大人もカッコいいよ。   綾野剛くん、お幸せに〜 

      12
      4
      テーマ:
  • 09 Jul
    • 自分のモノ

      カラダもココロも、 そして、感情もすべて私のモノ。 誰の影響も受けたくないし渡さない。 霊媒体質の私は、いろんなモノをもらったり影響を受けるので、感じたら宣言しています。 電車やバスで貰うイライラも、 自分の中に理由が見つからない時は、 「このイライラは、誰のモノ?」と問うようにしています。 もし、影響を受けやすいなら、ハッキリキッパリ宣言するのも効果的です。 自分で決めて、宣言する。 やってみてくださいね。 おまけのつぶやき 先日、あるアート教室に参加した時、先生は雨の中たくさんの荷物を抱えて教室にいらっしゃいました。 その先生がイライラ。 狭い教室でふたりだったため避けようがありません。先生は普通を装っていますがバンバン伝わってきます。 もちろん誰だって、イライラする時もあるでしょう。ただ、プライベートならまだしも仕事場なので、私はガッカリして、ウンザリしました。 「仕事中やのに、そんな気持ちでええの?」 楽しいはずの場が苦しくなり、帰りたい気持ちに。途中からご機嫌は戻りましたが、正直少し嫌いになりました。 私の仕事人への厳しさ。期待しすぎ。その期待を裏切られた時のバッサリいくところ。まだ残ってました。 感情は取り扱えるものなので、そんな時は教室を一旦出て深呼吸するだけでも違うと思います。 感情は、周りに影響を与えていますよ。

      12
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 存在

      自然に深く入り込むから いつの間にか存在が大きくなって。 存在の大きくなったあなたに否定される怖さを感じる。 と言われて。 否定なんてしないのに。 むしろ尊敬しているのに。 伝わらなさを寂しく感じる。 私が伝えるのが下手なのか、 相手が受け取るのが苦手なのか。 多分、受け取れない方が大きい。 きっと、平行線のまま。 そのまま、もう交わらないような気がする。 どちらかが真っ直ぐな線を曲げないと交わらないけど。 どちらも相手が曲げることを待っている。 デコボコに気がつかず、「ん?」って、引っかかったら線が曲がるかもしれない。 でも、そんな偶然は都合よくこない。 都合よくこないから、 偶然が、奇跡に感じるのかも。 もう、4時。バスで爆睡は恥ずかしい。

      10
      テーマ:
    • ”緑と人と人”

      こういう感覚が好き。距離感が好き。

      7
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 自分を丁寧に扱う~ことば編

      昨夜、塾の教室長と話してました。 塾での娘の開き直りの発言を聞きました。 本音じゃない言葉。 投げやりな言葉は、ちょっと悲しいぞ。 自分の言葉を一番聴いているのは誰か知ってる? それはね、自分なんだよね。 相手に言った言葉でも一番近くで受け取っているのは自分。 そんな投げやりな言葉を自分に受け取らせるのはさ、自分を大事にしてないことと同じなんだよね。 もっと丁寧に扱ってよ!って自分が怒りますよ。 自分を大事にすること。 言葉を大事に使うのも自分を丁寧に扱うことになるよ。 娘とそんな話をしました。 eriさんの水彩画。娘にちょっと似てます。

      12
      テーマ:
  • 06 Jul
    • リーディング9回目

      リーディングの日。 最近は、意識を自分に向けていました。 それは、とってもナイスだったみたいです。 そして、進んでいるがゆえのブレーキ、過去生のクセが出てきます。自分に向き合えば向き合うほど、あるやりたいことが湧いていました。 やりたくてもリスクのあること。 引っ張られてはいけないこと。 過去生のクセは、浄化して欲しいから現れますが、振り回されそうになります。 私にとってのクセは「触れて癒すこと」。 どんなに自分軸を強固にしてもダメなんだとちゃんと認識しました。だから私の手から出る癒しエネルギーは、家族だけのものになります。 そして、やはり「コントロール」ね。 次回で、リーディングは最終回。 最後は「コントロール」の解消になりそうですが、何よりも待ち合わせがアフタヌーン・ティの美味しいお店だったので嬉しかった私です。 そういえば。 リーディングの初回に、1時間早かったためにアフタヌーン・ティがオーダーできなかったってことがありました。 それでかなぁ。 え~。 ホームページを見たら「抹茶マニア」って書いてあった。 嫌や~。いつものがいいよ~。

      11
      テーマ:
  • 05 Jul
    • コミット

      お久しぶりです。暑くなりましたね。ブログをお休みしていますが、私は元気です。 最近は、瞑想と聴覚トレーニングと感情について深めようと取り組んでいます。 「もう少し力を抜いて生きていけたら楽なのにね…」 最近よく感じることです。 やっぱり頭で考えるには限界がありますよね。無理に自分を変えようとするとしわ寄せが起こります。 子どもの頃から満たされなかった想い、植え込まれた観念の影響は想像以上に大きいです。 ジャッジや感情的な反応が少ないと自由でいられますが、ジャッジ等もその人のトラウマに反応して起こります。 セミナー講師やセラピストさんもジャッジしない人は少ないです。理解させよう納得させようとコントロールがかかります。 そして、自分の考え方と少しでも違うとジャッジしてきます。 私も、限りなくジャッジしない人になりたい。 長くなりましたが、コミットしたくてブログを書きました。新月だしね。  私が今までお会いした中で、ジャッジしない人は師匠だけです。心地よい感覚に憧れます。 そして、コントロールしないのは、一悟術の特徴です。「感情にフタをすること」「コントロール」が、一悟術の二大NGです。ピンときたら体験して下さいね。 おやすみなさい。でも、もう朝ですね~。

      12
      テーマ:
  • 30 Jun
    • みんなって誰?

      ランチのサラダの玉ねぎを噛んだ余韻が消えない今日の午後…。 ニガニガや~ 無責任な言葉の代表は、 「知らんけど~」だと思っていますが。 とても無責任でその割りにちょっと気にしてしまう言葉に、 「みんな、言ってたよ」が、あります。 「みんなって誰やねん」って、ツッコメたらいいですけどね。 そう言って、みんなに目の前に並ばれたら怖いけど…。 その時は、「ごめんね」って言うけど…。 たいてい「みんな」って言ってる本人ともう一人ぐらいだったりします。 笑。 だから「みんなも思ってますよ」なんて、例えばブログで記事に書いてあったら。 「みんなって、誰やねん!」って、ツッコミます。 そして、「みんな~」じゃなくて、「私が~」と書いたらいいのにって思っています。 みんなって書いて、ぼかすようなことをしていると自分ひとりで責任をおいたくないような怖さとか、ずるさを感じます。 「女性は、みんな」なんて自分と同じようにひとまとめに書くから、「はぁ?私は違いますけど」ってコメントが入ります。決めつけられるのは、とても気持ちが悪いから反抗したくなりますよね。 「みんな」じゃなくてあくまでも「私」 の考え、想いです。 案外、「私」って言い切る方が受け入れてもらえるもんですよ。 ま、知らんけど。 雨の日に思い出す。映画「言の葉の庭」

      11
      テーマ:
  • 29 Jun
    • ガス抜き栓をひく役目

      テスト前になると、グチグチ言う娘。 でも、肝心なことはハッキリ言わない。 そんな時は、ちょっと怒らせる。(わざとでもないけど結果的に怒ってる) すると怒った勢いで本音が出てきます。 あまりいい方法ではありませんが早く結果が出るのは確か。 私が嫌なことを言うので怒って訴えてきますが、 感情をゆすらないと言えないし。 怒りの勢いがないと本音が言えないし。 「ね、ちゃんと言えたでしょ」と言うと頷いていました。 最初からサラッと言えたらいいね。 どうせ言ってもわかってくれない。 どうせ言い負かされる。 どうせ上手く説明できない。 って感じでしょうか。 説明してもわからない母ではないわ…。 私をなめんなよ。 こうやって、溜まったガス抜きをしてあげると後がスムーズに進みます。 何か他に方法ないかなぁ~。 やる気スイッチも、ガス抜き栓も自分で見える所についているのに。 見えないフリ。 知らん顔だね。 自分のやる気スイッチ、ガス抜き栓のある場所を知っていますか? 大好きなフェルト作家エミさんのエドワード氏。 創作活動をやめられたことを知って…大ショック

      10
      テーマ:
  • 28 Jun
    • 自分を丁寧に扱う

      会社の近くにお弁当屋さんができました。結構繁盛しています。「5年後ぐらいに会社の前でお弁当屋をしようか~」の私のつぶやきに。「僕、買いにいきます!」って即答してくれた男子が可愛かったです。 あ、考えたら。可愛いって、たいがいみんなええトシやったわ~。 「自分を丁寧に扱う」 を7月の課題に決めました。 今朝送られてきた師匠のメルマガにも、6月末までの数日は「次の半年に向けての準備として意識する」とありました。 もう少し先までの課題にしても良さそうです。 「自分を丁寧に扱う」と書くと難しく感じますが、基本はいつも同じです。 自分に向き合うってことよ。 感情をないがしろにしないこと。何か決める時は、「自分はどうしたいか」と問うてみる。ついつい忙しさに追われて、「ま、いいや」になっていませんか?見たくないこと感じたくないことを避けていませんか。 では、私の課題を少し具体的に。 自分に向き合って、自分を感じる。 そして、自分を大好きになろうと思います。大好きな人には、どうする?どうしてあげたい?を意識していきます。 自分を大好きになる…。簡単そうでハードルが高いよ。どうやって大好きになるかは、日々考えていこうと思います。 おやすみなさい。 私のiphoneのロック画面。痩せてスッキリのyoneさんにもうすぐ会えます。

      11
      2
      テーマ:
  • 27 Jun
    • カリグラフィー講座

      今日は、伴 美由貴先生のカリグラフィーのワークショップに娘と参加しました。今回のカードのデザインをブログで拝見してすぐに申し込みしました。 このカードは、先生の見本です。素敵ですね! 先生のデザインは、本当に大好きです 梅田蔦屋書店の真ん中、ガーデンラウンジです。 たくさんの色を使って練習して、作品に使う色を決めていきます。 今日はとっても賑やかで、若いグループとお姉さんグループで別れていました。私の斜め前の女性にとっても親しみを感じて、少しお話をしたかったのですが余裕がなかったです。 私が描いたカードです。下。 トレーシングペーパーにブルーっぽいグレーでラインを描きました。色のハートは、裏から色を塗ったり、表に直接塗って変化をつけました。 ステンドグラスみたいになって、なかなかの評判でしたよ。 娘の作品。下。 ペンを使いなれているので、とても滑らかに描いています。文字にラインを付けたり、yの先にクローバーを描いたり、なかなかのアレンジャーのチャレンジャー。 とっても楽しそうでした。 初めての方が多いので、最初は「できるかしら~」の声があちこちで聞こえていましたが、最後はみんな大満足な仕上がりになりました。 同じ見本を見て、同じ材料、同じ説明、同じ時間なのに出来上がりがみんな違う。不思議なんですよね。そして個性がキラキラです。 2時間で、このクオリティ。 先生の工夫が、いっぱいなんですよ。中も3枚の紙が重なっていて、こんな丁寧なカードはお店では見かけないかもしれません。 もともと、私は作品を作ることにとても抵抗がありまして。文字は習っても作品になると逃げていました。 伴先生の作品をブログで拝見して(確か、モビール作家いろけんさんのブログのいいねがきっかけ)いつか習いに行きたいとずーっとチャンスを待っていました。 私のコンプレックスを何とかしたくて、綺麗に描きたくて…のチャレンジです。 先生の教室に通えるようになりたいと仕事を調整中です。 娘と「楽しかったね~」と話しながら帰るのは、とても幸せなことだと思います。 先生と一緒に参加したいい雰囲気のみなさんに感謝です! また、参加したいと思います。

      18
      4
      1
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 7月の課題

      「感情に対峙する」講座を聞いていると、 「自分を丁寧に扱う」が湧いてきました。   7月の課題にします。 いいお天気になって良かったね。 今日は、娘とカリグラフィーの教室へ。 大好きな時間。

      11
      テーマ:
  • 25 Jun
    • しない選択

      昨日は、20時になっても娘が学校から帰ってこないので心配していたら、クラブのテレビ取材があったそうです。 バイク川崎バイクっていう芸人さんとNMBの女の子がいたそうですが、娘はテレビを観ないので、「B・K・B」を知らないようでした。 ハンバーグ師匠なら知ってるのにね。 「ハンバ------グ」 行動する。新しいことに挑戦する。 と同じような感覚で、 行動しない。って選択もありだよね。 行動することの方が価値があるように感じますが、 必要じゃないなら、興味がないなら。 行動しなくても大丈夫。 「関わらない」「しない」って、きちんと意識して選択したならば。 それも行動したことになりますよ。 無理に行動するとたくさんエネルギーを使います。 エネルギーを使うなら、自分のやりたいことに使いたいよね。 5月から続いている「しない選択」 ちゃんとやりたいことが決まってるから、今はやらない。 ただ、それだけ。

      9
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 咲いた〜。

      もう~クタクタですが、後1日なんで頑張ります。 そして、週末は人に会うのでしっかりエネルギーをためておきたいです。 癒されたいわ~ 夜眠る時は、iphoneの電源を切って机の上に置いてます。その方がよく眠れるようです。 iphoneのアラームが使えないので、小さなめざまし時計をもう一個買いました。 これで、バッチリよ。 では、楽しい週末にしましょう。 咲きましたよん。

      8
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 奥さまとの会話。

      満月瞑想会で、「珍しくネガティブやね~」とご指摘がありました。さすが! でもね。ネガティブというか、ローテンションなだけです。無理に上げずに、ローなテンションを味わい中なんだよ。と変な負けん気。 私が受けている「さとう式リンパケア」の施術は約90分です。 先生は自己啓発に熱心で、なでなでされながらいろんな話をします。 奥さまがその手の話に興味がないらしく聞いてもらえないのだとか。私には思う存分話せるので喜ばれています。プロ並みに聞き上手なので。笑 興味のない人に押し付けても拒否反応が出るからほどほどに。先生が変われば奥さまも変わってくるよね。 上の子どもさんが幼稚園なので、ママ友の話をよく聞くようです。 いっけん仲よさそうなのに、奥さまの話を聞くと違うようだし。女性の話は難しいと言ってました。 奥さまの話を聞いてまさかそこで正しいこと言ってないでしょうねぇ。女性の話は、聞いて欲しいだけってことがよくあります。(ほとんどそうやったりして) そこで説教なんてされたら、もううんざりです。話をする気がなくなります。 「正しいことなんていらんねん」ホンマに。 そこで、私から奥さまへの答え方を伝授しておきましょうか。 つぼみが色づいてきましたね。

      12
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 満月に想う。

      満月の夜は、知人の遠隔瞑想に参加しました。 テーマは「軽量化」でした。今年の後半も身軽に順調に進んでいけますように。 数日前からお勉強を始めました。 講座の音声を聞くのですが、難しくてついていけません。わからなくても一旦聞くだけ聞いて、次にノートにまとめながら聞こうと思います。 講座を聞いているといかに自分が感覚的かわかります。心屋式でいうと「後者」ですね。 前者から見れば私は変な奴でしかないでしょう。前者の心屋さんは、後者の奥様とよく喧嘩されるそうですが、自分にない発想(理解できない行動)に喧嘩しながらも学ぶことが多いとおっしゃっていました。 そう言ってもらえると救われます。 今年の後半は、どんな自分で在りたいですか。 私は先日のリーディングで、思った通りそのまま進むように言われたので、自分らしく思いのまま進んでいきます。 我が家の睡蓮。明日咲くかなぁ。

      11
      テーマ: