最近、万城目学さんの『鹿男あをによし』を読んでみた。

随分前にドラマも見てまして、主人公の鹿男が玉木宏さんで、ヒロインの藤原くんが綾瀬はるかさんだった。

で…
小説を読んでビックリ!?
ヒロインが出てこない。
というか綾瀬はるかさん演じる藤原くんは女性ではなく男性だった。
それ以外のストーリー展開やオチは全く同じで面白いのに、ヒロインが男に変わっただけで、脳みそが違和感に包まれてなんかめっちゃ疲れた。


そのモヤモヤ感を解消させたくて…
うちの職場付近では数少ないお好み焼き屋さんのねぎ焼 やまもと 福島ほたる町店にやって来ました。
{16C93260-607C-477C-899C-264B00F13771}

十三本店とか梅田エスト店だと大行列なのに、ここだとスーっと入れますw
しかもお昼には、ご飯と味噌汁がセットになった焼きそば定食なるものがあり、誰もねぎ焼なんか食べてませんw
僕はちょっと豪華に海鮮デラックスねぎ焼1,400円をお願いしました。

じゃ〜ん!!
ソースではなく醤油味みたいで、ちょっと違和感が。(^◇^;)
{E3A7B15C-2D64-4A65-A5A6-5D20C0E5EAB4}

断面はネギだらけでめっちゃ緑色だ。
熱々のまま口の中へ…

うんめ〜(((o(*゚▽゚*)o)))
ネギたっぷりで醤油味で熱々なのに、プリンみたいにふんわりしてる。
そう熱々ネギ醤油とプリン!?
なのに違和感が全くないのが不思議だ。
お陰で鹿男あをによしの違和感がスーっと解消されたw
{FC5C9266-5974-4565-A21E-C2C6373A9233}

海鮮の具材も、海老、帆立、イカがたっぷりと入ってて素晴らしい。
{F856295F-2140-4231-AB25-28D20EB33334}

ねぎ焼も十分美味しかったけど…
サラリーマン達が美味しそうに食べてた焼きそば定食からソースが焼けるいい匂いが漂ってきてまして…

近いうちに焼きそば定食を食べようかな。