FREE☆STYLE

ハンデあっても良いじゃん。
これが私の生きる道。


テーマ:
今日は、口腔外科の受診日でした。

前回、注射器で吸い取った、腫れの中身を病理に出した結果、血しかなかったようです。

今度はMRIを見て、どんな状況かみながら、少しだけ切り取ってまた病理に出すそうです。

この病院とは別に歯医者に行っているのですが、そこの先生の見立てでは、脂肪腫ではないかということです。

謎の腫れなのですが、これは、保育園の頃にできたのです。

紅茶を作って、ひとりで飲んでいたんだよね。
その前まで食べていたアメのスティックが、ストローみたいでさ、子ども心にそれで飲んでみたくなったんだよね。

大人なら、それが危険だと言うことは分かること。
なにゆえ保育園児。
しかも、まわりに大人が居なくて、熱いえーんって。
でも、火傷のケアの仕方も分からない。
その時にプックリ上顎の左側が腫れちゃったんだよね。

直ぐに痛みも治まったし、腫れた以外何もから、誰に話すこともなく過ごしてきました。

成人して、ある歯医者で左上の歯の治療中、血が中々止まらなかった。
そうしたら、左上の腫れが小さくなって言ったんだよね。
そこのスタッフさんも何も言わなかった。
何となく、そこの歯医者に行くのはやめてしまいました。

凹んだと言うことは、治るのかな?
と、思いつつ、そのまま診てもらうことなく過ごしてきていました。

今回の手術前検査から、口腔外科の診察もすることになってので、良い機会なので聞いてみることにしました。
形成の先生と相談してみてくださいとのことで、今の流れとなりました。

レック由来の腫瘍でも、脂肪腫でも、手術はけっこうおおごとみたいです。

今までずっとこのままで、不便だったわけでもないから、手術しなくちゃなわけでもない。
でも、治るなら治ったで、それもまた嬉しいことでとある。
でも、大掛かりになるならと躊躇ってしまうところです。

それよりも、この腫れの正体を知りたい。
レック由来なら、大きくならないか意識しておかなきゃだし。

でも、本当は、そんなことよりも、レック由来ではないことだと証明したいんだなと 思いました。
プックリ腫れたもの、それは、全てがレックではないのかもそれないもんね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「受診」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、受診日でした。

下目蓋の腫れは、まだ腫瘍が残ってるねと言われました。
全部取ることはできないし、目蓋がなくなるよと。

切ることで刺激になって大きくなるから、あまりむやみやたらに、切らない方が良いらしい。

大きくなってきたら、取っていく。
そんな対処療法をしていくしかないそうです。

段差は、皮膚移植してるので、他の皮膚と違うから、どうしようもないよと言われました。
今までのように、馴染んでくれると思っていたのだけど…

どれだけ時間かかっても、馴染んでくる。良くなると信じて…四つ葉きらきら

それから、今日は、上顎の脹らみについて聞いてみたら、口腔外科に依頼をかけてくれました。

腫れの部分の写真も撮っていたのですが、普段、自分では視ることが出来ないので、どんな風になっているのか見せてもらいました。
たんこぶの口の中バージョンそのままでしたあんぐりピスケ


一度だけなくなったこともあることを話しましたが、やはりレック由来の腫瘍の見解をしています。

なぜなくなったのかな?

私が気にしているので、一度だけ引いて見ると言って少しだけ注射器で引きました。
血しか出てきてないようです。
病理にかけてくれるそうです。

もう一度、口腔外科に来ることになりました。
来月には、MRIを撮ることに。

もし、レック由来の腫瘍だとしても、取りますか?
取るとなると、上顎の骨にも影響ありますよとびっくり

なくなるなら、それにこしたことはない。
でも、支障はなかったし、取ることで逆に影響がでるなら、とらない方がいい。

歳をとると、悪性化しやすくなるらしい。
稀らしいのだけどね。
その時は、急に大きくなるらしい。

あまり気にしすぎてもいけないけど、自分の身体の声を良く見ていくしかないね。
あせらず、今、私が出来ることをゆるゆるとだね。





耳元のキズ


太股のキズ
天候で少しだけ痛む時もある。
日にち薬と、あとは血行を良くしなきゃね。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、へルマンハープを体験させてもらいました。

へルマンハープとは




ドイツ・バイエルン州の農場主、ヘルマン・フェー氏によって、1987年にダウン症の息子のために開発されたドイツ製ハンドメイドの弦楽器です。

ダウン症の息子に「メロディーを自分で演奏することのできる楽器を与えてあげたい」と願っていたヘルマン氏は、 ヘルマンハープの楽譜のシステムを考案します。
そして、この楽譜を使った演奏システムと、息子の身体の特徴に合った新しい楽器、"ヘルマンハープ"を開発しました。

ダウン症の子でも弾けるように、と言うだけあって、楽譜も視覚的支援で誰でも直ぐに弾けるようになってるんですよね。




丸のあるところを、上から下に弾いていく。

丸の色や大きさで、長さを判断。

音色も物凄く優しく綺麗で癒されました照れ

この楽器、もの凄く欲しいし、弾けるようになりたいなカナヘイうさぎ
音楽はやっぱり良いね!

楽器を触るの大好きカナヘイハート

欲しいもの、やりたいことがまた一つ増えました。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。