地震

テーマ:

 

 

逃げてえええええええええええええええええええええええ

AD

AKB48島崎遥香、女優へ

テーマ:

 

 

【島崎遥香/モデルプレス=11月18日】AKB48の島崎遥香が18日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系、毎週金曜23時~)に出演。年内をもってグループを卒業することを発表しているが、その後の恋愛や進路について語った。

卒業を控える現在の心境を「まだそんなに実感がなくて…。もちろん一人で不安はあります」と打ち明けた島崎。バラエティ番組でのトークへも苦手意識は消えないようで、「今も一人でちょっと(不安)…」と困り顔を見せていた。

卒業後には恋愛解禁となることについて触れられると「うーん、どうだろう。でもしたいです、恋愛」と意欲をのぞかせ、好みの男子を「カッコイイ人!」と即答。続けて「自分にとってカッコイイと思える人。TOKIOの長瀬(智也)さんとか」と告白すると、それまでマイペースな“ぱるる節”で番組を盛り上げていたとあり、今田は思わず「そこは、まとも!」とツッコミを飛ばしていた。

◆卒業後の進路は?

卒業後の活動については「今は考え中」としながらも、女優として挑戦したいという思いも語った島崎。「初めてドラマに出させてもらった時、歌とダンスをしているときとは違う気持ちになった。上手くできなくても『嫌だな』って思うことが一切なかった」と演じることの楽しさを知ったといい、「だから女優に挑戦していきたい」とこれからの目標を宣言した。


 

 


◆「苦手で嫌い、カッコ悪い」アイドルとしての苦悩

7年前、友達の誘いで受けたオーディションに合格し、AKB48に加入。当時を振り返り、「自分はどうあればいいのかわからなかった」と、求められるアイドル像と自身のギャップに苦悩した日々を告白した。

ダンスも歌も苦手で、終電まで居残り練習をしていた時代は、「周りとの順番をつけられて『うわーやってられない!』と思って泣きながらやってました」ともがき苦しんだことも。アイドルらしい振る舞いをすることへも「ものすごく苦手で、嫌いだった。カッコ悪く見えて」と思いを明かし、周りに媚びることなく自分の個性を貫くことを決断。“塩対応”と名づけられたマイペースな言動は、時にスタッフから厳しい評価を受けたといい、「『代わりなんていくらでもいるから』って言われました。気づいたら同期みんなが出ているCMに一人だけ外されていたり」と明かした。

それでもこれまでアイドルを続けてこれたのはファンの存在があったから。「ステージに立った時に、ファンの方が見てくれているということが唯一の支えになってました。こんな私でもちゃんと見てくれていて、支持してくれる。そうわかった時に一人じゃないかもって思った」とファンへの感謝を語った。(modelpress編集部)

 

http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1637061/

 

では、一句。「AKB、やめてしまえば、ただの人」 (`・ω・´)v

 

お後がよろしいようでw

 

卒業後はただ枯れていくだけ。何人がAV女優になってるんだと思っているのか?!

AD

 

 

 

半年以上にわたり12歳の女子中学生にストーカー行為をしたとみられる42歳の男が、警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・杉並区のアルバイト・木田啓介容疑者(42)です。木田容疑者は、今年6月ごろから電車内で中学1年の女子生徒(12)が持つかばんに「好きです」などと書いた手紙を入れたり、4回にわたって、駅などで待ち伏せしたりした疑いがもたれています。

警視庁によりますと、女子生徒は木田容疑者と面識はないということで、「今年4月ごろからつきまとわれた」と話しているということです。取り調べに対し、木田容疑者は「手紙を渡したことや駅に行ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

警視庁は木田容疑者がほかにも複数の未成年者につきまとい行為をしていたとみて調べを進めています。(18日11:33)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161118-00000063-jnn-soci

 


拉致・監禁・誘拐・殺人事件に発展しなくてよかった。

 

42歳になってwww 絞首刑でいいよ(`・ω・´) こんな輩は。 どあほ。

 

AD

首相と会談 トランプ氏「素晴らしい友情」

テーマ:

 

 

 

アメリカのニューヨークを訪問している安倍首相はトランプ次期大統領と会談した。終了後、安倍首相は「信頼関係を築くことができると確信が持てる会談だった」と語った。ニューヨークから青山記者が中継。

「どんな人物か分からない」という声も多かったトランプ氏だが、会談後、安倍首相は今後の信頼関係の構築に自信を見せた。

安倍首相「共に信頼関係を築いていくことができる。そう確信の持てる会談でありました。2人の都合のいい時に再びまた会って、さらにより広い範囲について、そしてより深くお話ししようということで一致しました」

今回の会談は安倍首相が通訳だけを伴ってトランプ氏の自宅を訪れる形で実現した。急きょ決まった今回の会談は事前に展開が読み切れず、官邸関係者は「出たとこ勝負で安倍首相の運び方次第」と語っていたが、会談が1時間半に及んだことで「話が盛り上がった証拠だと」胸をなでおろしていた。

トランプ氏もさきほどフェイスブックに「素晴らしい友情が始まった」とコメントしている。

一方、安倍首相は日米同盟やTPP(=環太平洋経済連携協定)について「基本的な考え方については話した」としているが、まだトランプ氏が大統領に就任していないこともあり、駐留経費の問題やTPP脱退の是非など具体的な詰めの話し合いはしなかったものとみられる。

信頼関係の上に具体的な政策で認識を共有し軌道修正を促せるのか。トランプ氏との新たな日米関係はスタートラインに立ったばかりだ。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161118-00000025-nnn-pol

 

 

早い者勝ち会談で。(´・ω・`) よかったじゃん。安倍ひょん。

高畑淳子、長男・裕太容疑者逮捕の謝罪会見

テーマ:

 

長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦致傷容疑で逮捕された女優・高畑淳子(61)が26日午前、都内のホテルで会見した。

会見2時間前には約100人の取材陣が会場前に行列をつくった注目の会見。通常のように“主役”のための椅子は用意されず、スタンドマイク1本のみ。やつれきった表情で立ったままマイクの前に立った高畑は冒頭、「このたびは大変なご迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。大変なことをしてしまいまし た。本当に申し訳ありません。心よりおわび申し上げます」と深く頭を下げた。

裕太容疑者は25日に群馬県警前橋署での接見の際、高畑に「すいません、すいません」と繰り返すだけだったと明かし、「なんのことか、正直、わからな かった」と正直な気持ちを打ち明け、涙を流した。現在の所、被害女性には会えていないといい、会えるメドも立っていないという。会えた場合は「まずは謝罪 したいと思います」「おけがのことをうかがわないと」と話した。

裕太容疑者の逮捕容疑は23日未明、前橋市内のホテルで女性従業員の手足を押さえつけるなど暴行した上で乱暴し、右手親指打撲などの傷害を負わせた疑い。

裕太容疑者は高畑の長男で、12年に俳優デビュー。15年のNHK連続テレビ小説「まれ」で、主人公の同級生を演じて注目され、現在放送中のTBS系連続ドラマ「仰げば尊し」や数々のバラエティー番組に出演していた。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000049-sph-ent

 

涙の出ていない「号泣会見」でした。さすが女優さん。すぐ飽きた(´・ω・`)

 

もうどうでもいい。飽きた。

 

 

ただ、15年のNHK連続テレビ小説「まれ」は永久に再放送はない。

 

「お蔵入り」でなく「ゴミ箱行き」。そして「ゴミ箱を空にする」「実行」(* ´艸`)クスクス

 

埼玉・河川敷遺棄、新たに殺人容疑で逮捕

テーマ:

4人のうち、3人が中学生

 

 

埼玉県東松山市の河川敷で同県吉見町の井上翼さん(16)が遺体で見つかり、同市の無職の少年(16)が逮捕された事件で、県警は26日未明、井上さんを殺害したとして、新たに少年4人を殺人容疑で逮捕し、発表した。1人は容疑を否認し、ほか3人は認めているという。

発表によると、逮捕されたのは東松山市の無職少年(17)▽同市の中学3年生(15)▽同市の中学3年生(14)▽同県川越市の中学3年生(15)の4少年。

東松山市の15歳の中3が「その場にいただけで何もしていません」と容疑を否認し、ほか3人は「殺しました」(無職少年)、「間違いありません」(東松山市の14歳の中3)、「殺してしまいました」(川越市の中3)と認めているという。

4人は25日朝に逮捕された16歳の少年と共謀して22日ごろ、同市下唐子(しもがらこ)の都幾(とき)川河川敷で、井上さんを何らかの方法で溺死(できし)させた疑いがある。16歳の少年を含め、5人とも殺害現場にいたという。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000010-asahi-soci

 

https://pbs.twimg.com/media/CoEbjMLVUAArFrd.jpg

 

刑務所(少年院)に入って初めて気づく、罪の重さ。一生檻の中で暮らせ!

母・淳子が弁護士と協議

強姦(ごうかん)致傷容疑で23日に逮捕された高畑裕太容疑者(22)の母で女優の高畑淳子(61)は25日午前、息子に接見した後に前橋市内で弁護士と今後について協議した。被害者に対する示談の申し出の方法や内容について話し合ったとみられる。淳子が被害者と会ったかどうかは不明だ。



 

 

田中喜代重弁護士によると、示談が成立して不起訴になる可能性はゼロではないが「起訴されるのが濃厚でしょう」。強姦罪は親告罪であることから、示談成立で不起訴処分となるケースもみられるが、高畑容疑者は強姦致傷容疑での逮捕。「被害者が示談に応じたとしても、検察側は『容疑者本人に責任を自覚させるべ き』という考え方や世論の目から、すんなり不起訴とはいきません」と田中弁護士。「金さえ払えば許される」が通用しないと分からせる必要があるともみる。

ただ、起訴されたとしても、示談が成立しているかどうかでは、大きな違いがあるという。「本人の反省の度合いや、被害者の感情にも通じるものですし、量刑には影響します」。刑事裁判では裁判官が犯罪の情状を酌量して刑を軽減する「酌量減刑」という制度がある。

これは最大で法定刑の下限の半分にまで減刑されるもの。高畑容疑者は懲役7、8年の実刑とみられているが、強姦致傷罪の下限は5年とされていることから、最短で2年6月まで軽減が可能となる。

示談金の金額については「被害者側が『この金額なら許す』という性格のものなので、“相場”といったものはありません」。高畑容疑者や母の淳子が芸能人だから…というのも、あくまで被害者がどう受け取るかで、直接影響はしないという。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000219-sph-ent

 

う~ん。反省の度合いによりけりだな(´・ω・`)

 

示談金2000万円支払って、謝罪。 まぁ、金持ってんだから払えよ。

 

情状酌量で2年短縮。懲役刑8年として、実質懲役6年ってところかな?

SEALDs…すでに公安の監視対象団体に

テーマ:

メンバーは一生、この現実から「逃れられない」

 

 

 

8月15日、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が解散した。


学生団体のSEALDsは安全保障関連法への反対などを訴え、国会議事堂前でデモ活動を行ってきたことで知られており、16日の記者会見では、創設メンバーの奥田愛基氏をはじめ、多くのメンバーが「これで終わりじゃない」という意思表明をしているが、まさしく、SEALDsをめぐる問題は「終わっていない」といえる。

 

本連載6月27日付記事『SEALDs、政治資金規正法違反の疑惑浮上…違法な手段で寄付募集や政治活動か』でも言及しているが、SEALDsは資金集めの方法や支出について不透明な部分が多く、政治資金規正法に違反している疑いもある。SEALDsは昨年10月に政治団体の届け出を行っているが、解散後には政治資金収支報告書の提出が求められる。その内容次第では、過去の政治資金規正法の違反行為などに対して追及される可能性があるわけだ。

 

この問題に関しては、公訴時効が成立するまで、その責任から逃れることはできない。仮に、市民団体などが刑事告訴を行った場合、検察庁の特捜部なども動くことになるだろう。

また、SEALDsは「SEALDs」として集めた資金のゆくえを明確にする必要もある。「SEALDsの活動費」として集めた資金に関しては、すべて「SEALDs」として支出する必要がある。当然ながら、この資金の中に個人としての支出やほかの団体としての支出があった場合は、政治資金規正法違反に該当する可能性がある。活動費として集めた資金に妥当性や正当性が求められるのは当たり前のことであり、政治団体である以上、政治家と同様の扱いを受けることになる。

 

また、解散した際に発生した余剰金の扱いも大きな問題になりかねない。「SEALDsの活動費」として集めた資金をほかの目的に流用した場合、詐欺行為に該当する可能性も生まれてしまう。


公安調査庁の監視対象だったSEALDs


こういった事情から、SEALDs はたとえ解散したとしても、しかるべき法的責任から逃れることはできない。記者会見を行うだけでなく、そのような問題の処理や手続きがすべて終わって初めて、「SEALDsは終わった」といえるのだろう。また、SEALDsは国家公安委員会の監視対象となっている。これは、公安調査庁の「平成28年1月 内外情勢の回顧と展望」を見ればわかるが、63ページにSEALDsに関する記述があり、公安当局が監視対象団体として監視対象にしていることが示されている。つまり、SEALDS参加者は、公安の監視対象者として、テロリスト予備軍や準テロリストのような扱いになってしまったのである。

 

たとえ組織を解散したとしても、公安の監視対象であったという事実から逃れることはできない。その後の進学や就職にどこまで影響が出るかはわからないが、SEALDsに参加していたという事実を、メンバーは一生背負うことになるわけだ。つまり、SEALDs はまだまだ「終わっていない」といえるのだ。


(文=渡邉哲也/経済評論家)

●「渡邉哲也公式サイト」

●公式ブログ「渡邉哲也(旧代表戸締役)の妄言」

●公式メールマガジン「渡邉哲也の今世界で何が起きているのか」

 

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16437.html

 

 

共産主義革命を目指し、日本を大混乱に貶める活動家なら監視されて当たり前。


中核派、革マル派、赤軍派、連合赤軍、日本社会党、日本共産党・・・ (´・ω・`)

 

でも実際に参加してるのは「在日朝鮮人」が80%だから。ほとんど日本人いねーし。

 

戸籍から口座の出し入れまで、根掘り葉掘り。もう監視対象になってるよwww

 

死亡するまで、監視されなさい。(*`艸´)ウシシシ

画像(´・ω・`) Part 22

テーマ:

(* ´艸`)クスクス

 

 

 

 

 

きゃあああああああああああ(`;ω;´)

 

 

 

 

 

理想と現実(´・ω・`)

 

 

 

 

 

(´・ω・`)・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プチころしますわよ・・・⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!

 

 

 

 

 

 

 

ちらっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。

群馬県前橋市のホテルで40代の女性従業員に性的暴行を加えてケガをさせた疑いで、23日に強姦(ごうかん)致傷罪で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)が24日、留置されていた前橋警察署から前橋地検へ送検された。

 

 

 

 

高畑容疑者の母親の女優・高畑淳子は現在、花王、KINCHO、かどや製油、日本生命のCMに出演しており、各社は対応に追われた。花王は高良健吾と共に洗濯洗剤「アタック」のCMを制作。「報道で本件を知り、驚き、困惑しております。高畑淳子さんご本人の問題ではございませんが、当面の間、CM等の広告 活動を中止して、事態を見守りたいと思います」と24日から放映を中止した。

KINCHOでは7月上旬に本年度のCM放映は終了。現在WEB等では閲覧できるが、「今後のことは事件の推移を見て対応をしたい」とした。かどや製油 では「コメントは差し控えさせていただきたい」、日本生命は「事件と関係なく、現在CMは流れておりません。事務所からの説明もまだですし、今後のことは 何も決まっておりません」とコメントした。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000030-dal-ent

 

”ばか息子””おや馬鹿”処分ですなー(`・ω・´) まぁ当然か。