刻まれた母親像

テーマ:
娘の言動にイライラ

した時、娘のせいにしたい自分が現れる

でもそうしている間は
イライラはおさまらないし
思い出すとまたイライラしてくる

このイライラ
娘のせいにしているうちはなくならない

だって~原因は
“娘にじゃなく私にあるから”

私(自分)に。。。

これ認めるの大変!!!!
もうひとりの私が激しく抵抗してくるから

私が悪いっていうの?
私が間違っているの?ってね

なぜこんなにイライラするのか
そこには私を育ててくれた母に関係が・・・

育ててもらった大好きな母親
私が間違ってると認めることは
母親(像)を否定することになる

そこに肯定できないつらさがある

母からもらった教え(思い込みも含め)
私に刻まれた母親像

すでにつくりあげた理想の母親という姿
(自分が見て育った母の姿からできた理想像)

これ通りにいかなかった時
できていない時

自分が自分自身を責め始める

理想の母親像vs私

私が私と戦うほど
悲しいことはない

この葛藤がイライラの原因

イライラからの気づきで
自分の中の戦いがひとつ終わった

1度つくりあげた理想の母親像
もう一回自分で壊していく。。。

自分の内側が反映しているのが
この世界(現実)なら
内側の戦いをやめなければ

私は私の内側の戦いをひとつひとつ
終わりにしていくことが
この世界の平和へとつながる🌏✨


AD

理解されない、できない

テーマ:
わかりあえない人がいる
いていいんだって話
いつかわかる日がくるかもしれないし

内側のお掃除具合が違った
10年以上前に付き合ってた彼

今思うと・・・なぜこうも違うのに
お付き合いできていたのか?
だから別れがきたんだって納得

今の私はようやく彼の考えも
言動も理解ができる

私は色んな事に
縛られすぎてたから
ほんとに不自由だった

自由すぎる彼についていけなかった

やりたいことをやって
自分のほんとうの気持ちに
向かい合ってすごしていた彼

私は生活のために働いてたし
感情を出すことも
とくにネガティブな感情は
感じることさえNGを自分に出してた
自分を大切にすることより
周りを気にしていた頃

こうやって今
ようやく理解ができることがある

あの頃の私に言っても
理解不能だろう

でも、それでいいと思う
私はかつての私と同じ人も理解できるし
今は彼の大切にしていたものも
理解できる

成長✨
長~い時間かけて成すことが
できたんだってことに◎

だから今
理解できない、わかりあえない人も
大切な人なら
いつかわかりあえる日がくるかもしれない
って希望がもてるな~って思う

さらに10年後の自分
何を成してどう在るのかな?

わかりあえないからこそ
わかりあいたくてひかれるのかもね~
AD
長旅~の帰路

流産って経験
心と身体のケア

私は
自分の気持ち(感情)も
身体も大切にしたくて
癒しの旅にでた

時間を費やした

たくさんの不思議な体験や
過去のキズの癒しもおこったり
いのちについても色んな方向から
向かい合うことができ
今ここにいられる

できるだけ冷静に
でも全ての感情をひろって
みつめて感じて味わって
ひとりの時間を意識的にとった

そこにある感情に気づくこと
自分をみてあげること
この1年こればっかりしてたから
セルフワークが得意になってた

ひとりで手におえないときは
もちろん助けをかりたりして

必要なときに
必要なサポートしてくれる人が
必ず現れることに
驚きと感謝

ファミコンでの経験も
そうだったけど
声が届くって心がふるえる

ほんとうは会えないはずの
あかちゃんに会えて
聞こえないはずの声が聴こえたことで

私は自分を責めずにいられたし
悲しいできごとではあったけど
ありがとうの感謝でいっぱいだった
(かわいそうとか不幸とか
悲しみの渦にのまれずにすんだ)

ほんとうは会えるのに
会えないと思い込んでいて
聴こえるのに聞こうとして
いなかっただけだったんだなと

私の場合、
それはいつでもではなく
必要なときにしか
見えないし聴こえないけど

あ~り~が~と~う♥






AD
私の体験

自分の問題を取り扱って
もらうことはなく
(現在、問題がなかったため)

今回は観ること、そして
だれかの代理人(本人だったり
子供だったりご先祖様だったり)
としての参加でした

目に見えることだけでは
説明のつかない
“愛”だったり“現象”だったりが
そこにはたくさんありました

世代をさかのぼり
家族にあった事実を
みていくこと

何が過去におこって
そこから現在の出来事に
つながり現れているのかを
みていく課程

今の家族だけをどんなに見ても
紐解けない問題
そこには自分もその親さえも
そのまた親さえも・・・
全くしらない事実があった
語りつがれてこなかった話
隠されてきた真実

それを誰かが代理人として
体感を通して感じ伝えていく

こんがらがった紐を
ひとつひとつほどいて解いていく

ほどいていくとその先には
誰かの“想い”があり
その想いは
“愛”によって完全に解かれていく

親が子供を思う気持ち
子供が親を思う気持ち
愛する人を思う気持ち
誰だかわからない人なのに
大切に思う気持ち




人のあたたかさ、温もり、思いやり

たくさんの『愛』を知り、
『愛』を感じ受けとった2日間

人の想いは純粋で
ほんとに美しいなぁ~と

人間の根底はキレイだなぁ~と

家族に流れる愛
世代を越えて
血とともに流れて受け継がれてきたもの

自分の家系に何があったのか
それを知るのも解くのも
この家族に家系に産まれてきて
存在している私の役割なのかも
しれません。。。

ワークの内容(取り扱う部分)が
深すぎてなかなか表現できませんが
ファミリーコンステレーション
とは
いわゆる『家族間の問題を解決する』
とは違うかな?

結果として癒しはおこるのですが・・・

お母さんと問題があるから
お母さんと向き合うとか
パートナーシップがうまくいかない
旦那さんと向き合うとか

とは違いま~す‼

今の自分が一人で
向き合ったら解けるような紐より
もっともっ~と深く
そして何世代も遡るような過去に
からまった紐を解いていくワークです

私は過去に
ファミリーコンステレーションで
取り扱ってもらった問題は

『パートナーに頼れない』でした
そこを紐解いてもらったとき
3世代も遡ることになりました

問題の原因はパートナーでも
なければ自分でもありませんでした

いくら自分を癒しても
パートナーと向き合っても
そこは解けない問題だった
と思っています

でも今、日常でできるのは
自分を観てあげること (大事)

そして機会があれば
必要を感じたら
ファミリーコンステレーションを

観ること、
代理人として参加することも✨

ティッシュとハンカチタオルを
お忘れなく~
涙なしではいれませんでした(T-T)



足りないことやものが
あるほうが落ち着く?

だって、ずっとそうだったから!!

何かを求めて
このままの自分じゃダメだから
って
変化し続けることを求めてた

それが動機で行動していた私

何かをうめるために
進む方向がすぐ決まるし
それがなくなったら
どこに向かっていいのか
わからなくなる。。。不安

実際に足りないものがなくなったら
戸惑い、困惑した

あれ?いいの?
何もしなくて・・・

いいのだ~✨
私のちっぽけな頭で
あれこれ考えてしなくても
自然と成長していくもの
進んでいくもの
(顕在意識と潜在意識の関係から
みてもあきらかなのに・・・
でもまだそのちっぽけな中で
もがいていた)

必要な情報は届けられ
必要なつながりはできて
必要な癒しはおきて
あとはシンプルにやりたいことを
ただやる

これだけでいいの?

いいんだよ~って自分との会話

委ねるって信頼がないと
できないね~

誰にどこに何を信頼するかって

今の私は幸せな未来を信頼してるのかも