私の心を傷つけるとしたら
それは“わたし”だけ

なのにな~のに
誰かの言葉に傷ついた。。。とか
傷つくのがこわいから自分を表現しない。。。

だってわたし繊細だから
って過ごしてきた

でも
感情や内側をみればみるほど

相手から言われて傷ついたと
その時は思っても
そう思っているのは・・・
自分自身だったとたどり着く

私の場合は“責められる”って
思考がはたらく

つまり自分を自分で責めてる

内側に こわ~い人(怒り役)と
怒られ役の2人の存在がある

この2人の世界で生きてきたから
傷つくし繊細だし
自分だすのこわいし
私なんて~になってた
自己価値も低いし自分信頼なんて
とても持てない

この2人の世界に強くて優しいナイトが現れ
3人の世界になると関係性が変化し

㊤怒る(責める)人
   ↓ ↓ ↓
㊦怒られる(責められる)人

一方方向にしか向いていなかった
流れが変わり始めた

そして2人の上下の関係から
横の関係へと変わっていった

新しく登場したナイトは
いつでもどんなときもやさしいし
“ほんとうの私”をいつも
思い出させてくれるから

海の表面は波風たっても
海の底はいつでもおだやかで変わらないこと

思考や頭ではいろいろあったり、思っても
深い部分(ほんとうの私)は
変わらずいれること

自己価値(存在価値)も
自分への信頼もゆるがない

海でいうと上の波の部分と深い部分
それぞれわけて感じる

今までは海を縦にぐちゃぐちゃ
かき回していたので
(感覚としてはかき回されてた)
いいときとわるいときで
私どっち~?自分で自分がわからない~
ってなってたんだね?‼

って気づいた話

話を戻って・・・

だから私を傷つける人がいるとすれば
それができるのは私だけ

誰かの言葉に反応するとすれば
自分がそう思っているから

深い(深海)部分の癒しこそが
ほんとうに必要なことに納得

表面(自我で感じている事)を
いくら観てあげても癒しても
変わらない、変われないのは
そのためなんだとこれも納得

風が吹けば波がたつ
それが自然なこと

そんな表面だけでなく
自分の深海こそ見つめてあげよう✨


AD

内側の知りたかったこと

テーマ:
何のために自分に向かいあうの?
どうして自分を観てるの?

今日の気づき

自分の中の愛を知りたかったんだ~

その愛を確認したくて
その愛に触れたくて

自分の中を旅をしてるんだなぁ~

その愛は
枯れることのない泉
湧き出る水のよう


AD
新しい道へと
ヨガじゃないことを
学んでいると思っていた
この2年間

自分の内側のこと
自分を見てあげること
傷ついた自分を癒すこと
自分と仲直りすること

クリアになるほど
周りとの関係性も変わっていった

自分とつながれると
そこは満ち足りていて
愛があふれていて幸せで
夢中になってた

ふと手にとって
ヨガの雑誌を久しぶりにみてみると
これを“瞑想”と呼んでいた

瞑想ってコレ~!!!!
私のしてたの瞑想だったの~!!!!
これを瞑想というのか~

そもそも瞑想って言葉に
誤解があったようで・・・
(ヨガの瞑想=無になること
という考えに完全にとらわれてたの)

そしてヨガ以外のことじゃなく
新しい道でもなく
結局、この2年没頭していたのも
ヨガだったってこと。。。

自然と一体になるのが
何より好きだなぁ~

私・・・瞑想好きなんだ(^-^)/って
気がついた日


4月21日のフェイスブックより
AD
5月31日の魔女の隠れ家#1
イベントにてヨガを担当します✨

ヨガに対するモヤモヤが消え
丸ごと全て好きになれたこのタイミングで
新たな第一歩が踏み出せる喜び~♥
↓ ↓ ↓
その理由☆こちら

会場は水が流れているので
その音を聴きながら・・・
そして外なので風を感じながら・・・

ただそこに座り、目をとじているだけで
内側に静かな時間と空間が
広がっていくような素敵な環境です

空のしたで自分を感じる時間を
ぜひ体感下さい


なんでしょう?
このリゾートにきたような異空間

そしてそこにあるのは
ふみちゃんのハーブティー✨
まーちゃんのコーヒーとおやつ✨
Sotocafeさんのランチ✨

どれも好きすぎる~(^-^)/♥

刻まれた母親像

テーマ:
娘の言動にイライラ

した時、娘のせいにしたい自分が現れる

でもそうしている間は
イライラはおさまらないし
思い出すとまたイライラしてくる

このイライラ
娘のせいにしているうちはなくならない

だって~原因は
“娘にじゃなく私にあるから”

私(自分)に。。。

これ認めるの大変!!!!
もうひとりの私が激しく抵抗してくるから

私が悪いっていうの?
私が間違っているの?ってね

なぜこんなにイライラするのか
そこには私を育ててくれた母に関係が・・・

育ててもらった大好きな母親
私が間違ってると認めることは
母親(像)を否定することになる

そこに肯定できないつらさがある

母からもらった教え(思い込みも含め)
私に刻まれた母親像

すでにつくりあげた理想の母親という姿
(自分が見て育った母の姿からできた理想像)

これ通りにいかなかった時
できていない時

自分が自分自身を責め始める

理想の母親像vs私

私が私と戦うほど
悲しいことはない

この葛藤がイライラの原因

イライラからの気づきで
自分の中の戦いがひとつ終わった

1度つくりあげた理想の母親像
もう一回自分で壊していく。。。

自分の内側が反映しているのが
この世界(現実)なら
内側の戦いをやめなければ

私は私の内側の戦いをひとつひとつ
終わりにしていくことが
この世界の平和へとつながる🌏✨