テーマ:
こんばんは。のっぺです。
知らないうちにPSSDevリリースされてました。
これで自作ソフトの起動ができるようになりました。暇なときになんか作ってみようかなーなんて。

今回はこちらで配布されているNESエミュをVitaで走らせるまでのエントリです。

用意するもの
WindowsPC
PSVita

PlayStation Vita 初音 ミク Limited Edition Wi‐Fiモデル (PCHJ-10002) 
vitaメモカ

メモリーカード 32GB (PCH-Z321J)
 
ダウンロードするファイル群は解説中で紹介します。

手順
まずはvitaのファームウェアを最新にします。本日現在では1.67が最新でしょうか。
ちなみに今回のエミュレータの実行にExploitは関わっていないため、これより新しいFWでも動作するかと思います。(というか新しい方がちゃんと動きそう)

http://www.playstation.com/pss/developer/openbeta/index_e.html へPCからアクセスし、
Go to Download Pageボタンを押して、規約に同意しPSS_SDKをダウンロード、インストールします。
この際にUSBDriver(typeD)のインストールについて同意を求められるので、インストールを許可してください。(ここで許可しないと最悪SDK再インストールするハメになるかも)

次にVitaのwebブラウザから、先ほどと同じく http://www.playstation.com/pss/developer/openbeta/index_e.html 
へアクセスし、項目2番のDownloadをタップします。


PSStoreが起動して、PSSDAのインストールが行えるようになります。
多分誰でもインストール出来ると思いますが、できない場合はPSSopenBetaのフォーラムか何かにログインできるか確認してみてください。

http://wololo.net/talk/download/file.php?id=1501からVita Connectをダウンロードし、解凍します。
PCからPSSSDKを起動し、先ほどのVitaConnectフォルダ内にあるslnファイルを開きます。

PSSSDKでソリューションをビルドすると、

以上のようなソフトウェアが立ち上がります。

http://115.com/file/dpvxc53f# からNESエミュレータをダウンロードします。ROMデータが含まれていたためダウンロードする際は注意してください。

ダウンロードしたファイルを解凍し、先ほどのVitaConnectorで
.psspac ファイルを選択します。
続けてVitaをUSB接続し、VitaConnectorで
refresh devicesを押します。
接続したvitaがリストに表示されたら
connect to the deviceを押し、uploadでNESエミュレーターをアップロードします。
アップロードが完了したらvitaのPSSDevを起動し、Leafを起動します。
無事マリオが起動すれば成功となります。
これからのハックにも期待ですね!





AD
いいね!した人  |  コメント(8)

[PR]気になるキーワード