感想記(アメブロ版)

感想記のアメブロ版です。
コメントしたい記事がありましたら、本ブログの感想記(http://noppblog.blog49.fc2.com/)にてお願いいたします。

 

テーマ:
「W-Stage」
作:お茶のり(山本長徳)
W-stage_001

たった4つのピースを埋めるパズルだけど、やりがいがあります。
左右、両方の枠を埋めて正解。
なんだけど、
左の枠が全然埋まらず1日過ごしました。
仕方ないので、
右の方を枠を埋めようとしたら1分もたたないうちに解けてしまうし!
ああ、そういうことかと思い立って左の枠を埋まようとしたら、数分で解けました。

ええ、ひねくれ者だという自覚はあるんですよ。

いや、もしかしてお茶のりさんは
私が右の方が先に解けるものだと知っていたのかもしれません。

・・・まさかね。(笑)
AD
いいね!した人

テーマ:
本日は晴れ。
暖かくなってきたので、前から興味があったロックバランシングをやってみました。
場所は地元の常願寺川河川敷。

あまりぱっとしないものですが、初回ということで大目に見てください。(笑)

rockbalancing20150322_001

rockbalancing20150322_002

rockbalancing20150322_003

丸い石だとかなり難しいですね。
市街地周辺だと尖った石を探すほうが難しい。
ざらざらの石の表面の引っ掛かりを探るのは楽しいし、わずかの凹みで安定して組むのも楽しい。
今度はちょっと遠出してみるかな。


AD
いいね!した人

テーマ:
作:お茶のり(山本長徳)

ROSE_001

ROSE2_001

やはりお茶のりさんの組木系パズルは楽しいです。

両方とも見た目は変わらないけどピースの形状と内部の溝の形が若干違います。
両方とも「コ」の形にかみ合っているため、そこから外すのに色々と手数がかかります。
しかしそこがまた楽しい!
一旦解けてもなんども試してみたくなるのです。

・・・単に解き方を覚られないだけですけどね。
AD
いいね!した人

テーマ:
作:川島 英明
JigsawCube_001

ジグソーの模様って、なんで見る人をわくわくさせるんでしょうね?
てなわけで、はじめて画像を見た瞬間、速攻で申し込んでいました。

ジグソーの切れ目もですが、木目も対称的なっていて、塗装が最小限でもシンプルな美しさがあります。
そして「仕掛はシンプル」とあり、その仕掛け自体は既存のからくり箱でも見かけますが、それの5倍は手間暇がかかっており、作りも恐ろしく丁寧です。
そのため一旦ばらして再構築する際にパーツを入れ替えても、動きに引っかかりが全く発生しません。



いいね!した人

テーマ:
少し前、SAO2で絶剣の人が外出できないため、アスナの肩にカメラを内蔵したロボットをのせて学園生活を送るという話があった。
そのこと自体は現在の技術でも可能で、それを実現すること自体は不思議でもなんでもなかったのだけど、それをこういう形で先んずることに驚いたので、メモ程度に残しておく。


それは、現実で外出が難しい人が小型の人形にカメラを装備するということをしているという話。
そのロボットはもちろんしゃべることができるし、簡単な手振りもできる。
そしてそのロボットは「顔」にあたる部分にカメラを仕込んであり、「顔」を動かすことで周囲を見ることができる。


・・・ここまで聞いて「それが何?」と思われる人が多いと思います。


しかし、ここで「『顔』を動かすことで周囲を見る」ギミックを追加することが既存のモノとの大きな違いを生み出すことになるのです。

例えば目の前にある小物に興味を示し「それ見せて」と言う場合、その方向に顔を向けているとどうだろう。
例えば、目の前の2人の人物が会話をしている場合に興味のある人の方向に顔を向けていればどうだろう。
逆に話を振りたい相手の方向に顔を向ける場合は?

このようにどちらを向いているかが分かるだけで、スムーズに会話ができる。

これのロボットを作った人は数年外出できなかった経験があったからそのロボットをつくったと言っていました。
まさに必要が発明の母であったわけです。

そしてここに
創作上で外出できない人が「外を見たい」ときにどうするかと考えた場合と、
実際外出できないために外の世界に「直に触れ合いたい」と真剣に考えた場合の
歴然とした差を見たような気がしたのです。
いいね!した人

テーマ:
ちなみにこのスマートエッグは無免許コピー品で、
考案者のAndras Zagyvai氏はコピーの許可を誰にも与えていないとのこと。
そして、本家はIPPのページにあるように非常に高難易度だそうです。
IPP受賞作を謳いながら、このような残念なシロモノを発売しようとする姿勢は
非常に残念です。

(FBを通しての海外のコレクターさんからの情報です(2015/02/28 追記))

スマートエッグ(SMART EGG)の後半戦。

SMART_EGG_003

写真のものを遊びました。

無限回廊EGG (難易度7)
魔界EGG (難易度8)
溶岩洞窟EGG (難易度9)

の3つです。
難易度的には前の3つとかけ離れれているように見えますが、それほどの違いは・・・ありますけどね。

「無限回廊EGG」は基本あまり変わらないけど、動きが少しダイナミックになっています。
多分内部構造の複雑さだけならば随一ではないかという推測されます。
それゆえ、意図しないショートカットが発生しているようですが・・・。

「魔界EGG」は普通に正統派な迷路・・・です。
そして多分このシリーズの作者が作りたかった作品でないかと思われます。
下手に考えなければ解けますが、解こうと考えれば解けないこともあります。そんな感じ?

「溶岩洞窟EGG」
ちょっと?それともかなり?質が悪い作品です。
どのように質が悪いかは言えませんが、時間がかかることだけは保障します。
面白いかどうかは別ですが。

全体を通せば「魔界EGG」が一番面白いという印象でした。
ただやはりじっくり楽しむという感じではないですね。
せめてIPPに出展されて作品くらいに複雑であればやり甲斐があっただろうにと思うと少し残念ですね。



いいね!した人

テーマ:
昔、Puzztimesさんのところで記事になっていた「タマゴのような立体迷路 | Smart Egg」 が発売されたので早速購入しました。

ちなみにこのスマートエッグは無免許コピー品で、
考案者のAndras Zagyvai氏はコピーの許可を誰にも与えていないとのこと。
そして、本家はIPPのページにあるように非常に高難易度だそうです。
IPP受賞作を謳いながら、このような残念なシロモノを発売しようとする姿勢は
非常に残念です。

(FBを通しての海外のコレクターさんからの情報です(2015/02/28 追記))

SMART_EGG_001

全部で6つ。
キャストパズルを買うことにまったく躊躇しない人間なので、それほど値段は気にしないのですが、それでも少し安っぽい作りかなというのが感想。
キャストパズルを見慣れているせいかもしれませんし、内部が複雑なシロモノに加工のし難い素材を求めるのは無茶な話だと分かっているのですが、せめて棒の部分だけでも鉄製にした方がいいのではないかと・・・。
このようなパズルで一番怖いのは棒の部分を壊すことのはずですし。

SMART_EGG_002

写真は

エントリーEGG (難易度3)
古代EGG (難易度4)
封印EGG (難易度4)

低難易度ということもありそれほど時間はかからないはずなのですが、上記3つの中で意外に手間取るのは「エントリーEGG」
おそらく10人やらせた場合、9人はこれが一番時間がかかると思います。難易度3のくせに。
というか、短気な人が癇癪起こして棒を折らないか本当に心配です。
もし折ったにしても他のEGGの棒を流用できるので、全く問題ないのですが。(笑)
「古代EGG」と「封印EGG 」は普通にオーソドックスかな?
いずれにしても通常の迷路のように無駄に複雑というところはなく、それでいて有機的に操作するのが楽しいのでお手軽にやってみるのもいいかもしれません。
さて、残りの3つもやってみますか。



いいね!した人

テーマ:
noppblog20150219_001

180°回転のみで崩したルービックキューブを同じく180°回転のみで元に戻そう

大昔になんとか6面を揃えられるときにやっていた遊びです。
お気楽にできる遊びなのですが、なぜか周囲の共感を得られなかったのです。
なぜだろ?
揃えられないと四苦八苦するより面白いと思うのだけど、
と当時に思っていたのですが。

noppblog20150219_002

大概の場合簡単に揃えられるのですが、写真のようになるとちょっと簡単に揃えられず、
当時いろいろ考えさせられたものです。
結構しょうもないですが、当時はいろいろ遊んでいたんだなあとちょっとしみじみ思い出しました。
いいね!した人

テーマ:
変り開き4回秘密箱
作:二宮義之

Ninomiya_SecretBox4_001

昨日からの「秘密箱つながり」で引っ張り出してきました。
というかこの秘密箱、つい最近までメンテの状態だったのです。
メンテと言っても乾燥剤の袋にぶち込んでいただけなのですが。(笑)
湿気のために箱が開かなくなっていたのです。
二宮さんの秘密箱ということで精密にできているのはいいですが、湿気にやられてしまうとは情けない。
もちろん、私がですが!
そういうことで今後からくり箱を不用意に長期間ビニールから出したまま、放置しておかないよう心に誓ったのです。

お気に入りのものと長い間付き合うためにも、丁寧に扱わなければね。

Ninomiya_SecretBox4_003

こちらは底面。
様々な材料で全面が市松模様で組まれています。
いいね!した人

テーマ:
コミック、アニメや特撮で知恵の輪やキャストパズルが登場することは多けれど、
オリジナルのデザインで知恵の輪が登場している例は数少ない。
しかもそれを再現したってのは前例を見ません。
そういう意味で稀有な作品なので手に入れたくなったという、この「チノの知恵の輪」。
興味本位で手に入れました。

CHINO_001

TVアニメでチノちゃんがおじいちゃんにもらったと言っていたあの知恵の輪を完全再現!!
チノちゃんが解けなかった知恵の輪にチャレンジしてみよう!!


・・・とは言ったものの、

「知恵の輪」が本格的に好きな人、
あるいはコレクター、
あるいは自作したことがある人

にとって一見してさして難しくないものだと分かると思います。
形状によらず、その見た目の特徴材質という点だけでね。

CHINO_002

ということで解けた状態。

ここまで1分30秒あまり。

これを聞いただけでわかると思いますが、簡単です。
(パズルに縁のない人は苦労するかもしれませんが)
あくまでコレクターズアイテム。
決してパズルという意識で手に入れようと思わないでください。

ただ作りとして本格的。
作中描写からここまで再現した「日本知恵の輪協会」には脱帽モノです。


それにそもそもここで、
「もうちょっとひねった作りを」などと言ったら、
「じゃあどういう作りをすればいいんだ!」と怒られそうな気がしますしね。(笑)
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇