感想記(アメブロ版)

感想記のアメブロ版です。
コメントしたい記事がありましたら、本ブログの感想記(http://noppblog.blog49.fc2.com/)にてお願いいたします。

 

テーマ:
購入元:torito
製造元:Siebenstein Spiele
SchweizerKreuz_001
5つのピースを使用してスイス国旗にも描かれている十字形を作るパズル。
次にそのうちの1つのピースを除外して4つのピースで十字形を作ることができます。

パズルとしては難しくなく、どちらかというとコミュニケーションツールみたいなもの。
お気楽に挑戦できます。


AD
いいね!した人

テーマ:
購入元:triboxストア

twistypuzzles20141123_001

Gans 3シリーズの新作、Gans 3 V3です。
V2から次第に評価されるようになってきたこのシリーズ、V3にして飛躍的な進化を遂げたと言えるでしょう。


……ってのは、triboxストアでの解説。
ただし自分はスピードキューブに興味がないため、進化と言われてもあまり実感がわかないってところはホントのトコロ。
だたしこれの写真を見たとき、「実はちょっとびっくりした」んですよね。
もちろんこういうパズルになじみのない人も同様だと思うのだけど、
各面の真ん中が四角じゃないんですよ。
「なんでそんなところ驚くの?」と聞かれそうだし、私自身「言われてみれば真ん中が丸くなっていた方が動きやすいじゃん」と思ったのだけど。
でも実際はじめて見たときは驚くでしょ、やはり。
そして本当に動かしやすいのがいい感じですしね。


ただ、真ん中が丸だと不都合ってのもありまして。

twistypuzzles20141123_002

やっぱり模様をつくるのは不向きでしょうと。

回すのが面白いのでリハビリに回していますけどね。



AD
いいね!した人

テーマ:
以前、某アニメのコメンテータで以下のような話がありました。
曰く、

昔のアニメなどで電話とか通信機器が登場する場合、
未来であるとかにかかわらず、
その機器の仕様は必ず作品が作られた時代に乗っ取っているんですよ。
例えば今では携帯電話とかが普及しているけど、昔の作品では線で本体とつながっています。


このあたりはアニメとかドラマでは通信機が頻繁に使われるから特に顕著なんでしょう。
そしてふと思ったこと、最近気づいたこと。それが「スマートウォッチ」なるもの。
時計型の通信機器ってのは昔からアニメのネタとしても登場します。
巨大ロボットすら操れますしね。
「だったら時計型の通信機なんて珍しくもないじゃない」
と言われるでしょうが、よく考えてください。
昔のアニメでは「小型の通信機」を登場させたときに本来あるものが「スマートウォッチ」にはないのです。
そしてそれは「スマートウォッチ」に限らず、「携帯電話」にも存在しない。

そう、アンテナなんですよ。

面白いことに昭和時代のアニメには小型通信機を起動させるときには必ずアンテナが伸びる描写がある。
そして携帯が登場して以降のアニメにはアンテナが伸びる描写がなくなっている。

ここでなるほどと思いましたね。
そういえば通信機器の進歩と言えば、
名探偵コナンでは
作中では半年しか経っていないにもかかわらず、
通信機器が飛躍的に進歩している。

というネタがあったけど、
少年探偵団のバッチって今ではアンテナ内蔵でしたっけ?
というしょうもない疑問が頭をかすめました。
いえ、ホントにどうでもいいネタなのですけどね。(笑)


以上、オチなしで〆ます。

AD
いいね!した人

テーマ:
購入:葉樹林
作:Osho
nekopuzzle_001

葉樹林さんの代名詞と(勝手に)呼んでいる「猫パズル」の新バージョンが出ていたのつい買っていましました。(笑)
コレクターでもないのに。
(いや、懐かしさというかそういうものがあるでしょ?)

しかも、

解き方をすっかり忘れていた。
いいね!した人

テーマ:
「Just Puzzle」
作:お茶のり
JustPuzzle_001

3ピースを下写真のように組むパズル。

JustPuzzle_002

手筋が多いのだけれど、お茶のりさんのパズルとしては素直な作品なのです
いいね!した人

テーマ:
昨日思いついたことで記事を書きましたが、さらに踏み込んで考えたところ「ペンシルパズルやメカニカルパズル以外のパズル」としたものはパズルと言うよりは、問題≒クイズの類ではないかという考えに思い至った。

パズルとクイズを論ずる場合、
一般的にはパズルは特に知識が必要ないもの、クイズは知識が必要なものと言われることがあります。
故にパズルは知識がなくても誰でもできるということでありますが、それを「解答を見ないと正しいかどうかわからない」にあてはまるのではないかと思ったのですよ。

つまり

パズルは知識が不要
クイズは知識が必要なもの

パズルは情報がなくても解が見つかる
クイズは情報を照らし合わせないと答えが保障されない

パズルは解けた状態が答えである。解けた状態であることの検証が不要あるいは簡易である。
クイズはその場での検証が難しい。そのため答えは決められたものであり「限定的」である。

パズルは解が間違っているということは基本ありえない。
そもそも解き方が間違えた場合「解けない」か。ハタンするだけ。

クイズは答えが間違っていることがある。
しかも間違いは再検証するか指摘されなければわからない。


ゆえに、

パズルは基本「解」がなくても単独で成立する。
クイズは「答え」がないと成立しない。

とかね。


いいね!した人

テーマ:
私はペンシルパズルやメカニカルパズル以外のパズルが苦手なんだわ。
所謂

「解答を見ないと正しいかどうかわからないパズル」

ペンシルパズルは数独などに代表されるように、基本全部埋められればそれがほぼ間違いなく正解でその過程は覚えていなくてもだいたいは説明可能。

メカニカルパズルは物理的に解けたら解けたこと自体が正解であることの証明。

なんだけど、
それ以外のパズルって解答出しても、
それが正解であるという担保が全然ないんだよね。
思いつきの場合は言うに及ばず。本人が論理的に解いているつもりでも論理的に穴があれば正解にたどり着けない。
正解したつもりでも本人が正解したことをわかる術がない。
それこそ
ふたを開けるまで(正解を見るまで)はわからない
って状態なんですよ。しかも、
正解を見て間違っていたらそれで『おしまい』という。
だから間違うのがいやだからすぐには解答を見れない。
間違うというか、

間違いとわかったその場で
正解を教えられるのが嫌だというところか。

だから正解を教えられる前に必死に正解を探さなければならない。
正解かもしれないけど、もし間違っていたらと思うと必死に正解を探さなければいけない。
そういうプレッシャーが面倒だということについさっき気付いた。

とまあ、そういうお話。


いいね!した人

テーマ:
noppblog20141028_004

見た目結構気にいたので買ってしまいました。
海洋堂のミニフィギュアです。
写真では大きさが全然わかりませんが、最大で全高5センチ未満。
それでいてこの造形なのが嬉しい限り。
なお中にミミズクがいるじゃないかというのは細かい話。
全世界の97%はミミズクという分類をしていない んですから。



いいね!した人

テーマ:
著:小谷善行
noppblog20141027_001 noppblog20141027_002

小谷善行さんのパズルだと聞いて、早速購入。
小難しく手間暇かけるというより、ある程度直観でも解けるパズルが多いので、面倒くさがり屋でもおすすめ。(おい)


いいね!した人

テーマ:
「Ghost Cube」

GhostCube_001

形状が変則的な回転系パズル。
ベースは3x3x3なので種を明かせばそれほど怖くないが、
崩された状態で渡されればパニックになること請け合いである。

GhostCube_002

それでも3x3x3だからまだまし。
もしこれが4x4x4だと本当に手が付けられなくなるに違いない。


いいね!した人

[PR]気になるキーワード