自動掃除機ルンバ577

「自動掃除機ルンバを使ったよ!」と人に言うと、十中八九聞かれる質問のうち、
ベスト5を選んで回答してみました。


【第一位】 ぶっちゃけ使えるの?部屋の隅のゴミはどーなる?

結論から言いましょう。「ルンバは使えるコ」です。

特にフローリングはピカピカになって感激!

ルンバ掃除後のリビングのフローリングはピカピカ!

人間には見えないような細かいゴミも、何度も行き来して取り除き、
それはそれは「かなりのしつこさ」で走行します。
「人間は飽きるがルンバは飽きない」んですよね。

そして、部屋の隅のゴミは・・・。

直角に曲がる四隅など⇒取りきれない。
直線の壁ぞい ⇒予想以上に取れる。ほぼ完璧。


ブラシも届かない部屋の隅のゴミは自分で!左の写真では、ゴミが取れる境界線がよく見えます。

届かない範囲は隅から約2cm。
直接見ると、「これ位なら雑巾でちょいっと拭くわ!」みたいな感じ。
逆に、それ以外、右の壁際などは、ギリギリまですっきり取れていることがわかります。


ルンバのボディが近づけない&かき出し用ブラシも届かないくぼみなどが取れないのは当たり前。
だからといって、イコール「使えねぇ」ともいえません。
掃除前に、ルンバが近寄れる位置までゴミをかき出しておけばいいのです。

家庭の可燃ごみを出すとき、収集のおじさんが家の中まで取りに来てくれないからといって、
「不親切!」といいますか?
それと同じことです。

【第二位】 ルンバの音はうるさい?

普通の掃除機のような排気音はなく、ラジコンカー的な音です。
正直、赤ちゃんは起きると思います。
振動はすごく抑えられているので、階下に響くことはなく、窓さえ閉めておけば、
夜に稼動しても近所迷惑にはなりません。

ただ、早朝にタイマーセットしてリビングに置いておいたら、
寝室のドアにぶち当たるルンバの音で目が覚めました(笑)。

よく広告で、「ルンバが走っている横のソファでゆったりお茶を飲むワタシ・・・」的写真が
載っていますが、実際問題、ルンバの音をずーっと聞きながらはくつろげないですよ?


【第三位】 床に何もない家じゃないと使えなくね?

だったら、ウチは絶対に無理ですけど何か(笑)?

もちろん、まっ平らな部屋で無駄なものが床に置いていない部屋が理想です。
でも収納少ないアパートや、多趣味でやたらモノばかりの家庭はかなり無理がある。

「部屋の隅のゴミ」同様、ルンバが行けない所位は自分でやってもいいのでは?
それ以外のところをルンバがやってくれるのだから。
しかも他のことをやっている時間に。

テーブルの足の周りもくまなく掃除するルンバ

電源コード、絨毯のフリンジなど、吸い込んでブラシに巻きつきそうなものはよけておき、
新聞、ゴミ箱など軽量なものは、ルンバが押しのけて(または踏みつけてww)通るので、
あとはルンバが可能な範囲をおまかせするだけで、本当に楽になりますよ。

【第四位】 よく玄関に落ちちゃって動けなくなるって聞いたけど?

ルンバが自力で乗り越えられる段差は2cm。
段差センサーによって近づかないようにできるのは10cm以上。
ということで、3~9cmの段差がルンバの天敵なんです。

最近のスタイリッシュな玄関でよく見かける、玄関土間と廊下の段差が5cm程度のところでは、果敢に降りていくものの、這い上がってこられず、やがて体力の限界⇒哀れルンバは行き倒れ・・・・。

バーチャルウォールでルンバ立ち入り禁止エリアを設定微妙な段差にはまらないために、付属の「バーチャルウォール」を手前に置き、「ここからは行かなくていいよー!」という赤外線ビームを出しておきます。

このバーチャルウォールは、段差だけでなく、部屋の中でルンバが近づいて欲しくない
エリアがある場合にも重宝しますよ。


【第五位】ルンバに名前をつけてる?

どうして人間って、動くものに名前をつけたがるんでしょうね?
命を感じるんでしょうか?

ワタシも勿論つけましたよ、だって人間だもの(笑)。

ウチのコは「ルンさん」。 ひねってねぇーーーーww。
(てか、ウチのコ呼ばわりしてる段階で、もはやオーナーバカw)

掃除スタートと終了時には「ピピパポ!」って声するし、鼻歌的メロディも鳴るし、
ラグと床の段差にはまっちゃうと「ウゴー!ググググゴー!」ってもがくし、

家路に着くルンバの後姿何より、充電ベースに自動で帰る後姿が、疲れきったサラリーマンのように哀愁漂ってるし、
「私が守ってあげなきゃ」と母性本能?がわくんですよね、なぜか。

欧米の家庭ではほぼ間違いなく「ルンバネーム」があるんだと、先日ルンバセミナーでも聞きました。
掃除終了とともにルンバが自動で帰る充電ベースには、ネームプレートを貼るのがブームらしいです。犬小屋かっ?

これだけ皆が名前をつけてるんだから、将来的には音声認識機能を搭載して、
「ルンさーん。こっちこっちー!」って呼ぶと、
「ウゴ?ポポピポ!」なんつって返事して、
掃除してくれると、超かわいいんですけどー!

セミナーでは、「階段を登るルンバ」「障害物をよけて空飛ぶルンバ(笑)」が切望されていました。
これからの機能開発に期待が膨らむばかりです。

⇒アイロボット社自動掃除機ルンバ製品ラインナップ



【関連記事】
・ルンバのルーツは地雷探査機~アイロボット社セミナー
・2LDKで自動掃除機ルンバを使うための3つの難関
・「自動掃除機ルンバ」にあわせてリビング家具を買い換える人増えてます。



12627-1529-185788
12627-1529-185788
AD

コメント(2)