Nikon COOLPIX S70 発売直前セミナーの後半は、いよいよ実機を体験!
別室にて、モデルさん(関口百合子さん)をお迎えしての撮影会です。

撮影会モデル・関口百合子さん

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で) みんぽす


私が使わせてもらったS70は、黒と赤のツートンがシンプル&シックな「クリスタルレッド」。

COOLPIX S70

S70のデザインコンセプトは「上質な大人のファッション性」で、他2色も「Nikon」のエンブレムが乗っている左側が皮のような質感(実際は金属を削りだしているから傷つかない)で高級感を出したりと、「持っているステータス」が楽しめそうなデザインです。

バッグから「シャキーーン!」と出したら、「マジかわいいー!」と言われるかしらん?
・・・多分それはカメラというより、私のキャラに問題があるのかもしれませんが。。(-_-;)

カメラボタンはただ一つ、シャッターボタンのみ!


さて、S70を持ってみてびっくりするのが、「本当にボタンが何もない!」
大型のディスプレイとすっきりしたデザインを実現するためとは言え、電源ボタンもなし、メニューボタンもなし、ズームレバーもなし・・・あるのはシャッターボタンのみですが、それもまたひっそりとありまして(笑)、私はしばらく気がつきませんでした!・・・だって、写真撮るの忘れてたし・・

(左)レンズカバーをおろすと電源ON!   (右)全ての操作はモニターで!
COOLPIX S70 COOLPIX S70

「デジカメはボタンがありすぎて何をどう使っていいのかわからない」という初心者にはとっても優しい、すっきりとした背面で・・・と言いたいところでしたが、正直な第一印象は「私だってどれ押していいのかわからないべや^_^;」でしたなぁ。

デザインはいいさ、すっきりして!ここまでボタンを一掃すると潔い!
だがしかし。目に入るメニューが多すぎて被写体に集中できない恐れも・・・。
「詰めすぎじゃないのか・・・ボソッ(-。-;)」
COOLPIX S70

このモニター上で、ズーム、露出、ISO感度、シーンモード、撮影サイズetc.あらゆる設定がワンタッチでできます。ここまでは、前機種のS60でもできましたが、S70では画面に写る被写体のピントを合わせたいところを指で軽く触ると、そのままシャッターが切れるという「タッチシャッター」が新機能。

でもメニューがわんさか状態だと、押しどころによってはシャッターを切りたいのに、セルフタイマーが動き出しちゃったり?

せっかく大きくてきれいな有機ELモニターなので、撮るときも全画面被写体に集中したいので、露出、シーンモードなどの設定が終わったら、数秒で自然にメニューが消えてくれると、撮影に集中できていいなぁと思いました。

$オトク貯金大作戦誤解のないように補足。
「Info」アイコンを触ると撮影に必要な最低限の表示にきりかえることができます。
本当はこれすら非表示にできるのかもしれないけど、体験セミナーでは見つけられなかった(-_-;)。

個人的には「ディスプレイ切替」ボタンがサイドにひっそりあると超便利かも。



カメラ有機ELモニターって素晴らしい!ビューワーとしての魅力


デジカメの背面モニターは何も撮影確認だけのためにあるわけじゃない。
最近では撮った写真を印刷もせず、パソコンにも取り込まず、デジカメで再生して楽しんだり、友達に見せたりしているだけの人もいるくらい、「写真ビューワー」としての機能が重要となってきています。

そんなとき、「キレイで大きい」画面だと、「私っていい写真とるじゃなーーーい!」などと錯覚するほどテンションがあがります。
今回のS70のモニターは、3.5インチという大画面もさることながら、発色が「ハンパない」有機ELに感動しました。
空の青さ、ガラスの透明感、花の立体感・・・etc. 帰宅後自宅のパソコンで見るよりもS70のモニターで見たほうがキレイだったといっても過言じゃないくらい。
撮ったそばから仲間と盛り上がれること間違いないでしょう。

(COOLPIX S70実写サンプル)有機ELモニターで見てもらいたかった・・
COOLPIX S70実写サンプルCOOLPIX S70実写サンプル
COOLPIX S70実写サンプルCOOLPIX S70実写サンプル


再生モードで画面を指でなでていくと画像を一枚ずつスクロールしていけるのは、iphoneなどではもうおなじみの機能。ちなみに2本指でなでると複数画像が一度に流れて、好きなところで止められます。

実はタッチパネルものを使ったことがないワタシは、力加減がわからず、最初は苦労しました。
その苦労のあとがこちらです↓。・・恥ずかしい動画ですがもキレイな画面は少し堪能できるかな。



iPhoneや、各種タッチパネル式携帯電話ユーザーなら、写真の拡大縮小も指を広げたり狭めたりという操作性も同じで、すぐなじめるんでしょうね。

ただ、ネイルをしている女性は相変らず使いにくそうです。
爪が画面に当たらないように、指を寝かさなければならないので、このセミナーに来ていたネイル好きの女性もちょっとだけ「イラっむかっ」としたようです(笑)

でもタッチパネルの操作に慣れてくると、これはこれで楽しくなってきましたよ!撮影会!

あ、撮影会レポートのはずが、まだ撮影機能書き及んでないし・・・ガクっorz。
では、それはまた次の記事で・・。続く。

次の記事:Nikon COOLPIX S70レビュー(2)~楽しいシャッター体験

【関連記事】
・Nikon COOLPIX S70 発売直前体験セミナー参加レポート



Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S70 マットブラック S70BKNikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S70
COOLPIX S70をAmazonで探す
COOLPIX S70を楽天市場で探す
COOLPIX S70をYahoo!ショッピングで探す


Nikon COOLPIX(ニコン クールピクス) S70 基本仕様
■有効画素数: 1210万画素  ■光学ズーム: 5倍  
■液晶モニター: 広視野角3.5型ワイド有機EL(タッチパネル)
■記録媒体: 内蔵メモリー(約20 MB)、SDメモリーカード
■ファイル形式:静止画:JPEG 動画:AVI 音声:WAV
■寸法: 約96.5×60.5×20 mm(突起部除く)
■質量: 約140 g



このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
AD