先週9月19日に、Nikonの新しいコンパクトデジカメ・COOLPIX S70が発売されました。
私はみんぽすさんとNikon様からのご招待で、その発売直前一足先に体験できるイベントに参加してきましたので、「S70発売記念!」ということで、その様子をレポートしてみたいと思います。

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で) みんぽす

Nikon COOLPIX S70

<Nikon COOLPIX S70 特長>
 ●クリアカラーパネルを採用した3.5型有機ELモニター
 ●直感的に楽しめる新タッチコントロール
 ●撮りたいものにタッチするだけのカンタン撮影


4種類のカラーがありますが、国内販売は手前のクリスタルレッド、マットブラック、ライトブラウンの3色で、一番奥は海外仕様。結構これがしぶくていいのに・・残念。
早く使ってみたいところですが、まずは、Nikon開発スタッフから、NikonとCOOLPIXの歴史について熱く語っていただきました。

実は、私のカメラデビューは全部 Nikon。新婚旅行のために買った銀塩一眼レフカメラは Nikon F50、デジカメは Nikon COOLPIX 4300。そしてそして、前回のNikonセミナーで体験したデジタル一眼レフデビューは Nikon D5000

Nikonの歴史(の一部分)は私のカメラの歴史でもあるんです。

$オトク貯金大作戦なにやらうやうやしくNikonの社旗に隠されたブツが・・・。
歴史を紐解くにつれて少しずつ懐かしいカメラと未来へつながる試作デザインが出てきますよ。


Nikon COOLPIX 100Nikon COOLPIX 100(1997年発売)

「撮ったら、さす」
カメラの下半分がPCカードになっていて、そのままパソコンのカードスロットに差し込める画期的なカメラ!今のモバイルコンピューティングの時代にこそ欲しいのに!



Nikon COOLPIX 300
Nikon COOLPIX 300(1997年発売)

ペンによるタッチパネルを採用したカメラ。
iPodTouchより10年早いじゃないですか!・・・早すぎたのかな(笑)



Nikon COOLPIX 900
Nikon COOLPIX 900(1998年発売)
レンズ部回転式によるフリーアングル撮影が可能。
先を見据えた技術と発想で、現在のD5000のバリアングルにもつながっているんですね。



その他にも、Nikonのデジカメは、世界初の「顔認識AF」、世界初の「無線LAN(Wi-Fi)通信機能」、顔認識AF」、インターネット上での「画像共有サイト」サービス開始など、今はデジカメの世界でスタンダードになりつつある機能は、何気にNikonが初めてという機能が多いんです。
知らなかったなぁ・・。
ほら、なんつっても、去年までCOOLPIX4300(2002年)持ってた位の物持ちだから・・(^▽^;)・・ね。


さてと。いよいよ COOLPIX S70のお話。

COOLPIX の「S シリーズ」はいわゆる「レンズがせり出さないシリーズ」。そのためレンズユニットも特殊だったり、本体部分のデザインが重視されることもあって、常に「挑戦的」な試みを続けてきたそうです。
オトク貯金大作戦

COOLPIX S70の心臓部・レンズユニット。日本の技術の粋が集まってるって感じ。
どういう頭を持ってればこういうの考えられるんでしょうかね(-_-;)。
COOLPIX S70 レンズユニットCOOLPIX S70 レンズユニット


今度のS70が目指したものは、「理想のタッチカメラ」
全操作が背面の液晶モニター上タッチで可能となる・・ということは、もちろん「シャッター」も。
画面をのぞいて、「コレ!撮ろう!」と見えた被写体を指で軽く触るだけでシャッターが切れるんです。

COOLPIX S70 は理想のタッチカメラ

その他各種設定や、写真をスライドして表示するのも指でなでるだけ。PodTouch やiPhoneをはじめ、タッチパネル方式のデジタル機器に慣れ親しんでいる現代人は、何も読まなくても「直感的」に楽しめるんじゃないでしょうか。

・・・私、ですか?タッチパネルのデジモノ初体験の現代ちょい前人ですが、何か(笑)?

まぁまぁ、そんな現代ちょい前人にも簡単に触れるように考えられているのがこのS70。
いよいよS70が参加者全員に配られ、撮影会が始まりました!

COOLPIX S70 前面COOLPIX S70 背面

【関連記事】
・Nikon COOLPIX S70 レビュー(1)~万能タッチパネルを体験
・Nikon COOLPIX S70レビュー(2)~楽しいシャッター体験

⇒ Nikon COOLPIX S70 スペシャルコンテンツ(ニコンイメージング)



このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
AD