nop616のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
K-POP公演のような韓国ホームショッピング(1) (中央日報日本語版) ドラゴンネスト育成代行 13日、ソウル方背洞のCJオーショッピングBスタジオ。女性ショーホストのドン・ジヒョンさんとキム・ヒョンウさんがこの日販売する女性カジュアル服を着て舞台に立った。ドンさんは舞台を動き回りながら、この服がどれほどおしゃれで活動しやすいかを説明した。画面にブランド説明資料映像が登場し、ドンさんが衣類会社に関する紹介を始めると、すぐにキムさんは舞台の片方に設置された更衣室で別の服に着替えて登場し、次の商品紹介を準備した。2人は1時間ほど行われたプログラムで計6着の服を紹介した。この日、客席ではベトナムから来た大学生10人が、ドンさんとキムさんが衣類を販売する過程を興味深く眺めていた。準備されたサイズがほとんど売り切れ、放送を終えるというサインが出ると、学生は拍手を送った。マイン・クオンさん(22、ハノイ大)は「まるでK-POP番組を見ているように楽しく、あっという間に時間が過ぎた」と話した。この学生たちはCJが実施した「グローバルインターンシッププログラム」に参加するために韓国に来た。3週間の日程でスタジオや物流センターを見学し、ホームショッピングの製品構成などを学んでいる。CJオーショッピングは東南アジアを中心に韓国式ホームショッピング放送への関心が高まると、グローバルインターンシッププログラムを準備した。CJオーショッピングの関係者は「かつて自動車技術を学ぶためにはドイツ、電子製品技術を学ぶためには日本に行っていたように、ホームショッピング放送ノウハウを韓国で学ぼうとするケースが増えている」と説明した。韓国式ホームショッピング放送が海外で人気を呼ぶ理由は、単に商品の機能を説明する方式から抜け出し、「ショッパーテイメント(ショッピング+エンターテイメント)」プログラムに進化したためだ。例えば世界で売上高9兆ウォン(約8000億円)にのぼる世界1位ホームショッピング企業の米QVCでさえ、フライパンを宣伝する際、「価格はいくら、いくつ買えば割引」などの反復紹介で終わる。しかし韓国企業は最初からスタジオに台所を設置する。そしてエプロンをつけたショーホストが登場し、ガスレンジに火をつけて卵を焼く。料理をしながら焦げない点、フライパンについたソースが簡単に落ちる様子を試演する。 K-POP公演のような韓国ホームショッピング(1) ドラゴンネスト 育成代行 (中央日報日本語版)
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード