いろんな秋

テーマ:
081025_1446~0001.jpg
昨日は秋田の角館でスタジオジプリの背景画を描く男鹿和雄展を見に行きました。
東京では、もう展示終了かな。秋田に巡ってきた。

展示のキャッチフレーズは、「トトロの森を書いた人」。

今日の画像は、撮影が可能なエリアで撮った男鹿さんの絵。宮崎アニメを見た方は、見覚えあるかな。

展示はまず、男鹿さんの今までの作品、「ガンバの大冒険」や「あしたのジョー」や「はだしのゲン」から始まる。そして、「もののけ姫」や「魔女の宅急便」などジプリ作品へ。
作品により、伸びやかな曲線やまさに写真をそのまま描いたような細密なものや自由自在に変わっていく。まさに、絵職人である。


展示の中に、男鹿さんが一枚の絵を書くまでの実演のビデオあって、えらく感心。最初はさ、さ、と色を重ね、それが岩の絵になり、最後は細部の花をさ、さ、と描く。もう頭の中に絵のイメージ出来ているんだろうね。迷いがなかった。

わたしは図工や美術が不得意でした。彫刻刀使えば指を切り、絵の具使えば、気が早いから色がにじみ、だめだめ。やはりセンスと才能だな。キャリアもあるけど。

男鹿さんは、旅にでるとスケッチをするみたい。そのスケッチも一枚の絵画のようだった。

やはり、好きなんだよね、絵が。
仕事といえども、
好きだから、
あそこまでこだわれるんだなと思いました。

たまには、芸術の秋。
またしても、飲み過ぎ。
今、仙台に着きました。
今宵はプロレス観戦で、スポーツの秋。
いろんな秋を堪能してます。


追記、写真は男鹿和雄さんの作品なり。
AD