ボクサーパンツを巡る一夜

テーマ:
CA390253.JPG
嬉しかったこと。

先日、お客さんに、「あなたのあどけないところが好きだ」と言われた。
あどけない、携帯の辞典によれば、
「子供の姿などが無邪気でかわいいこと」みたい。童心を忘れない大人でいたい。いや、じつは子供なわたし。

二つめは、十二月に瀬戸内寂聴さんの講演が、仙台にあるのね。とりあえず、Yahoo!で「瀬戸内寂聴、仙台」と調べたら、二ページ目に「読みたかった寂聴伝を読んで」と何か聞いたことあるようなフレーズが。わたしの十月のブログの記事で、驚いた。本のあとに仙台のこと書いたが、嬉しいな。行くしかないでしょ、呼ばれたみたいな感覚だわ(笑)


昨日のお仕事は常連さんのお誕生日会。来れるかわからないと聞いたから、ケーキは用意せず。
でも、来てくれた。ママが近くの心の居酒屋から、ステーキとからあげを隠れてオーダー。わたしが夏に惚れたステーキ。

わたしは他の席にいたけど、トイレにいく時にカウンターのステーキ試食。
でも、チーママさんがわたし用に残しておいてくれて、頂きました。にんにくの香りが食欲そそる一口大のステーキ。焼き具合もいいね。おつまみで。優しいチーママさんね。

十二時過ぎから本格的に誕生日の宴。

わたしは常連さんに、去年は靴下贈ったから、今年はどうしようかと。
その常連さんが前にいたモンゴルの女の子から、ボクサーパンツもらった話を聞いて、それにしようと。
その方のイメージは、ラルフローレン。わたしはそんなに贈り物しないが、あのお客さんはベルサーチ、あのお客さんはバーバリーとイメージ絞ります。まあ、小物を贈るから。

今月、新宿の伊勢丹のメンズ館の下着売り場に行きましたよ。彼氏にも下着を贈ったことないから、どぎまぎ。落ち着かないから、店員さんから声かかるし。

正直、恋は多くはないかもしれないが、付き合った殿方はトランクス派ばかり。ボクサーパンツは、未知の領域。行ったり来たりしましたよ。

薄い水色で白のボーダーがお客さんのイメージと買いました。

さて、渡した当日。開封したお客さんとママが「これは小さくない?」と。

わたし、デザイン重視で、ローライズな(ウエストが低く股上浅い)ボクサーパンツ買っていたようで。あとの祭りで。五十過ぎでローライズは若いよ、お腹冷えるよ、と外野の声が。あーあ、脱力。
まあ、お客さんが、「未婚の女性が、男物の下着売り場で選んでくれたのが嬉しい」と言ってくれたのが、救われたな。ボクサーパンツ、世界は広いのね。勉強になりました。カウンターに、ボクサーパンツだして、みんなで好き勝手なこと言って、飲みすぎました。そんな店、変わっているよな(笑)
みんなで、楽しいと飲みすぎるというのが、わかった夜でした。

☆二二零四字☆

追記、画像は話題の心の居酒屋のステーキ。
AD

ともだちのうた

テーマ:
CA390185.JPG
今日は所用あり、ついでになくした銀行のカードの再発行へ。
東京に住んでいた時に作ったカードで、住所変更から手続き始まる。予想外に何度も窓口から呼ばれ、時間かかった。
まあ、最後の方に再発行の書類見たら、いろんな名前のはんこうが。大変なのね。まあ、愛読する週刊文春と新潮読んでた。
車で待たせた父に秋田のキャッスルホテルの中華の東天紅のランチをごちそうした。東京には、上野や新宿にありますね。チャーハンおいしい。店員さんから上海蟹☆かに☆をすすめられた。そんな季節なのね。食べたことないけど(笑)


昨日のホステス稼業はちと考えたな。
アルバイトの女の子が酔ってね、
わたしがついたお客さんがカラオケで歌っていた歌に、いきなり自分も歌いだした。まあ、その歌は酔った女の子の持ち歌なんだが。
でも、歌っているお客さんと酔った女の子に接点ないから。よく知るお客さんや同じテーブル歌にはいるなら、まだわかるが。
びっくりした。
注意した方がいいのか迷ったが、酒の席だし、歌っているお客さんは何も言わないし、判断難しい。
そのあとに、酔った女の子は、自分の指名のお客さんとわたしがついたお客さん間違えて抱きつくし。
だけど、酔った女の子を指名する五十代の社長が言ったな。「この暇な時期に、ワイン二本あけて、売り上げあげようとする彼女がかわいい」と。
そういう見方も一理あるのかな。
まあ、わたしも酔うもありますが。
気が気でなかったな。


二十代は女友達とけんかなんかしてない。十代も部活を巡り議論になっただけかな。意外と平和主義かな。
何だろう。
わたしは、すごい人見知りだから、友達になるのに時間かかるタイプです。仲良くなると、きまって「そんなに話す人だと思わなかった」といわれる。けんかするようなタイプとは、友達にならないな。
今は理解ある昔からの友達や共通の趣味の友達と遊んで楽しいです。
やはり、友達はタイプが違う方ばかり。そこが面白いかも。自分と似ている性格の方は無理だ(笑)
共食い☆ともぐい☆みたいにけんかするかな。
いないから、わからないが。
年末は二回、故郷の東京に寄り忘年会だぁ。

☆一八九九字☆

追記、画像は男鹿半島の食堂のだるまさん。
AD

宿酔い ヘネシーで

テーマ:
081011_1234~0001.jpg
一昨日のホステス稼業は、初対面のお客さんに続けてついた。お一人目は、お世話になっている同じビルのママさんの紹介。ママさんから、「指名はnちゃんかママさん」。嬉しいが、緊張する。サッカーに例えれば、この道が長い先輩からのすごいパスだわ。

紹介のお客さんが店に来てくれた。
話てみると、民謡を習い歌が好きらしい。歌や野球の話で盛り上がり一安心。
ホステスする店に勤めて二年。
はじめは緊張して、接客の時に、このお客さんにわたしでいいのかなと常に思った。
最近は、例えば二時間飲みに来てくれるなら、このお客さんは何を求めているか考えようと思う。
会話か歌か酒か口説きかと。主軸を。
まあ、いつもうまく察していられるかはわからないが。


昨日は久しぶりにヘネシー愛する七十三歳の薬屋さん来店。元気で何より。久しぶりにブランデー飲んだ。
ヘネシーさんは、飲まなきゃ怒る。ジュース飲むホステスはいらない。「喫茶店じゃない」と。会話の切り返しもすぐ面白いこと言わないと、怒る。瞬発力が育成されますね(笑)
昨日は怒られず、「色っぽくなった」と珍しくほめられた。色っぽくないが、ほめ言葉は養分になるかもかも。


話は変わりますが、十一月に神戸で同級生の結婚式に参列します。帰りの夜行バス予約。神戸から東京まで四千五百円。安くなったよね。高い豪華なバスは七千円くらいだが。夜行だし、一人だし。節約するところは、節約したい。
今年最後の旅だわ。羽を伸ばそう。
楽しみの前にしっかり働こう。
めりはりある人生が好きだ。

追記、画像は秋田ふるさと村の猿。ショー開催中。見たことないが。
AD

ああ、パソコンと酒場について

テーマ:
CA390302.JPG
おはようございます。
まず、昨日はパソコンが壊れました。
二週間前から、ご機嫌うるわしくなく、四十分に一回、インターネットが途切れ、またやり直すと回復したんで、無理しました。
昨日は立ち上がらず。こういう時にさくさく見てくれる男性が家にいればいいですが、いません。
父はインターネットできず、携帯もかかってきた電話を住所録に登録できません。電話イコール話すもので。
さて、昨日はホステスするお店の電気関係担当の電気屋さんに来てもらい、パソコンは入院しました。三年前のウィルス感染以来の修理です。早めに電気屋さんに相談すれば良かったかな。ちと反省です。


今日から妹が東京から秋田に来ます。明日は山形に鮭を釣りに行きます。わが家族とお客さん二名。出発が朝の四時。仕事終わるのが三時。だけど、冒険みたいに楽しそう。昨日はお客さんと父とわたしで店で真剣に鮭会議。釣れますかね。釣れたら店で鍋やろうとかあります。
我が家族、釣りが好きでした。
小さいころの週末は、東京湾ではぜ釣り、茨城の鹿島の岩壁で釣りなど。
わたしは途中で飽きちゃうけど、飽きたら川の淵で、読書しようかな。山形の月光川に行ってきます。


東京に行った時にブログを知る小学校の同級生のMちゃんに、「あなたも働く店でおしぼりだしたり、水割り作るの?」と素朴な疑問を投げかけられました。
二十代、短期で店にバイトをしたときは作りませんが、今は作りますよ。水割りもうまくなりました。そりゃあ、毎日だもん。水割りは結構、水滴つくからよくおしぼりでふきます。灰皿も吸い殻三本で替えます。お客さんがトイレにいったら、おしぼりです。テーブルはきれいに。カラオケはお客さんの番にきたら、マイクは二本しかないから、探し、走り、イントロに間に合うように。たいがい曲をいれるときに、何曲目かみます。
まあ、たまに楽しみすぎちゃう時はあるけど、いい酒場でいたいです。
うちの店は、一応、クラブなんで。
だから仲間やアフターで飲むとくつろぎますが、
こういうサービスするんだと参考にします。外の空気を吸うのも勉強です。まあね、酒場が好きなんです。昨日も予想外にくつろいだお酒を頂いたんで、アップが遅れました。

☆一九六三字☆

追記、十月一日からの東京滞在中のブログの頂いたコメントにお返事書きました。遅くなりすいません。

画像はヒョウ柄再びな筆者。色が白いのが七難隠すかな。

成田空港で見送り任務完了

テーマ:
CA390163.jpg
成田空港に店で働くフィリピンの女の子二人、見送りました。一人はうちの猫のララをこよなく愛し、「ララをフィリピンに連れて帰りたい」と真顔で言ってくれたダンサー、
もう一人は野菜を一切食べないで、焼き肉を愛したおちゃめなダンサー。
車にぬいぐるみを持参していて、枕にしてました。やはり知らない異国は、寂しさもあったでしょう。半年間、若い人の成長を見られるというのは、楽しみですね。


茨城の大洗の海が見える温泉に再訪し、みんなで露天風呂。裸の付き合いってありますよね。距離が縮んだわ。
また、再会を願います。母国でまずは、ゆっくりして欲しいな。


わたしもフィリピンに行きたくなりました。外人クラブに勤めるものとして、やはり現地を知らねばいけません。
お客さんで何回も通った方はいます。結婚したり、ビジネスしたり。エビの養殖や豚の養豚が一時期多かった。
うちの両親もこの世界で十七年でも、一回も行ってない。逆にお客さんに驚かれます。
フィリピンなら、セブ島などのリゾートかな。のんびりしたいです。今度は逆にわたしが風土や文化を味わいたいです。


成田空港から首都高経由で、人形町ー神田ー靖国神社ー曙橋ー新宿と車で通りました。神田からの道は、昔、母の実家が神田にあり、その帰り道と同じルート。例え店が変わっても覚えてます。よく、靖国神社の縁日に寄りました。防衛庁を眺めつつ、曙橋は昔はフジテレビあったなと思い出した。
今は、地元の居酒屋さんに。小学校の同級生と飲みます。昔は、夕方五時から朝方まで飲んでいた定番の店です。同級生達も今は、集まる時間が、時間差になります。まあ、のんびりと。わたしが珍しく一番乗り。宴がもうすぐ、始まります。
☆二五五四字☆

追記、写真は茨城の大洗の温泉より。澄んだ青空と太平洋。白い物体は、北海道から到着するサンフラワー号。

風船工場 再び

テーマ:
CA390340.JPG
昨日のホステス稼業。一年に二回あるかないかの「日本人ホステス呼んでくれ」。びっくり。うちは外人クラブだから、日本人ホステスはわたしだけ。接待の席だし、緊張。それまではカウンターで、常連のお客さんとゆるりと飲んでたから。
さあ、呼ばれた席に。信じられないかもしれませんが、わたしは結構、人見知りな部類、小声で。トラバホですね。(フィリピンの言葉でお仕事)
少しお客さんと話たら、若い時に西新宿で働いたみたい。わたしも新宿育ち。いいキーワードだわ。そして元演劇部で映画好き。
松田優作主演の「家族ゲーム」の話になり、わたしが、
「テーブルに横に並んでご飯食べるシーン有名ですね」と言うと瞳を輝かしてくれた。
「すぐに反応くるのは、あまりないよ」と。嬉しいですよ。わたしも邦画愛してますから。
本、旅、映画、芝居、野球、プロレスの引き出しなら、やはり好きなんですよ。そして、やはり一つの言葉から会話が広がる瞬間が、醍醐味☆だいごみ☆でもある。


映画は今月二本行くかな。まずは、月曜日。すごい見たくて一人でも行きたかった。ショーンペン監督の「イントゥザワイルド」。旅人として見たい。旅人指数高い方と行くのかな。すごい楽しみ。


日曜日は相模湖親友夫妻と江ノ島水族館に行く予定。
リニューアルしてからは、初めて。
親友夫妻とは八景島や品川水族館には行ったので、シリーズみたいに。
入場料は二千円で、イルカと握手が五百円、イルカと戯れる☆たわむれる☆が千五百円。オプションで限定何人様かな。イルカとふれあいたいなあ。わたし。
日曜日だから激戦区かしら。
飲むのも好きだけど、おでかけも大好き。東京から少し列車に乗ると、また違う世界が広がる。
都内観光も好きですよ。


今宵は、明日はフィリピンの女の子のさよならパーティーで、飾り付けの風船作りをひそかに開始してます。もう一軒のお店で。お客さんから差し入れでピザが。満腹です。女同士で共同作業は、中学や高校の演劇部の大道具作りを思い出す。渋谷の東急ハンズにペンキ買いにいったな。ペンキ塗ったり、とんかち叩いたり。最初は先輩の前で、緊張したけど。後半は、自分達の芝居のセットとして、考えるのが面白かった。配置、配色、角度で流れる空気が変わるから。あ、大道具作りのセンスはなく、不器用です。センスあふれる同級生が二人いたから。フォローしてもらいました。でも、六年も続けると、少しはペンキ塗りも上達したのかな。懐かしい思い出です。
☆二二三八字☆

追記、画像は今月の風船作り作成風景。
CA390300.JPG
昨日出来なかった運転免許証の更新に、最寄りの警察署へ。視力検査を待ちつつ、警察署の案内図を眺めていた。

十年以上前、わたしが勤務するお店では、フィリピン人と日本人を両方雇っていた。今はわたししかいない日本人ホステスも、その時は常時五人くらいかな。
ある時、経営者である父母が、その警察署に呼ばれた。
うちで使っていた最年少の女の子が、未成年ではないかと、事情聴取。
その時に、ママである母が、警察官相手に、「未成年だとわかっていたら、広告の写真に使うわけないじゃないですか」と、堂々と答え笑っていたのが、隣の部屋にいた父に聞こえたらしい。母の度胸☆どきょう☆の良さを示す伝説である。
たしかに、その未成年疑惑生んだ女の子からは、免許証のコピーは見せてもらっていたが、結果、偽造らしい。そういう話を聞いて、わたしと妹は、「やはり若いよなあ」と話した。
実は未成年だった彼女の太り方って、思春期の女の子にありがちな肉の付き方だし、一番は漫画の趣味かな。あきらかに、その時の十代が好むラインだった。

あとから聞いたが、その未成年だった女の子は、もっと若い時に親に他の水商売に、年をサバ読ませて、勤めを紹介されたらしい。彼女は施設に補導。

うちの店にいた時は、彼女は寮の個室でよく寝ていたな。ゆっくりと。母の手料理を本当においしく食べていた。
それが、もしかしたら、彼女の十代の中での静かな時間であったならば、嬉しいな。
去年、うちの父母と彼女とお子さん二人が、久しぶりに再会。縁感じる絆するな。

逆に、あの時の秋田に住む父母にとっては、自分の子供達三人は東京だったし、彼女が子供のような存在だったかもね。今はそう思うな。

北国で我が店も十七年目。いろんなドラマに満ちあふれている。めったに行かない場所に赴き☆おもむき☆わきあがってきた話である。

☆二六七六字☆

追記、写真は愛用のTシャツ。詳しい意味はわからないが、文字の感じが好み。皆様に福が来ますように。

農繁期の給料日の木曜日

テーマ:
CA390310.JPG
のんびりしていた昼下がり、
テレビ朝日の「徹子の部屋」を見た。
ゲストはジャーナリストの鳥越俊太郎。鳥越さんの「ザ・スクープ」という報道番組好きだった。番組では、鳥越さんの肺癌の手術の話になった。
鳥越さんが、黒いシャツを脱ぎ、内視鏡☆ないしきょう☆の手術のあとを見せた。
結構、小さいんですね。三つの小さな穴。

テレビ見終わってから、わたしは歩いて自動車免許証の更新に近くの警察署へ。
だけど、視力悪いのに眼鏡忘れた。
あーあ。歩いて行ったから、すっかりうわの空。
小雨降りしきる中、稲刈り途中の田んぼを横目に歩く。とぼとぼ。
歩きながら、よく免許の話して、稲刈りしているお客さんにメール。

そうしたら、勤務する店の開店間際に、そのお客さんが来てくれた。
幾度かブログに書いた、胃癌の手術して、退院したなじみのお客さん。
思いのほか元気だった。
退院してから三週間、初めての夜の外出らしい。
煙草は、たんがからむから吸えず、
酒も術後三カ月から。食事は消化良いお粥かウー麺。胃の三分の二を切除したからね。
そして、冒頭の「徹子の部屋」みたいに、手術の傷跡をママとわたしに見せてくれた。きれいな傷跡だった。
顔を見せてくれて、嬉しかったな。
接客したわたしも、その席では、あえて飲まず、あえて吸わず。
お客さんが酒を解禁したら、その日は、にぎやかに、みんなで一緒に飲むんだ。楽しみだ。


農繁期だが、二十五日なんで給料日の方もいると思った木曜日の夜の店。やはり、街は静か。客待ちのタクシーもずらり。この街の農繁期は、
専業農家の方、
仕事はあるが、広く田んぼを持つ兼業農家の方、
自分の家の田んぼがある方、
ぶどうやりんごを栽培する果樹園経営の方、
農協さん、
農機具の修理の方が、忙しいのかな。見聞する限りね。
うちの店のアルバイトのフィリピン姉さん達は、昼間はフルタイムで農協で働く方もいる。
店の従業員も農繁期である。

この前、農機具を修理するエンジニアのお客さんが、爪きりを貸してと言った。手を見ると、武骨☆ぶこつ☆だけど、すごく力強く、頼りがいある手だった。
宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」の映画のシーンを思い出した。
ナウシカが、風の谷で働くおばあちゃん達の手を見て、自分は好きな手とか言うシーン。うる覚えだけど。
農機具修理のエンジニアのお客さんの手も、好きだな。
この手なら、何でも機械を直してくれるような手を、見れた。都会のオフィス街では、すぐには見れないような。

もう、今日、近くのスーパーに新米が並んできました。田植え、稲刈り、新米までの過程を楽しめる街に暮らしてます。新宿から、流れ流れて北国へ(笑)漂流中かな。

☆二五三四字☆

追記、画像は、十文字の道の駅で発見したビリケン。
大阪の通天閣以来だわ。足をさわるといいんだっけ。願ってきました。

あーあ

テーマ:
CA390309.JPG
昨日は同伴で心の居酒屋。マスターとお客さんでテレビで巨人対阪神戦みた。みんなでああだこうだいい試合見るのは楽しいね。昔もそういうふうに野球見てたな。ああ懐かしい。そんなこんなで九時まで野球をみた幸せな日。


昨日は心の居酒屋マスターが奇遇にもウコンくれた。何日かまえに酔う前に飲みたいと言っていたウコン。成果はまあたくさん飲んだが二日酔い回避かな。健康食品とかサプリとか飲まないし、今、寒い。風が。心も。あと十日くらいで帰京みたい。励むわ。あーあ。



追記。稲穂なびく近所ー

宿酔い☆ふつかよい☆

テーマ:
080914_192843.jpg
九月、初めての二日酔い。
久しぶりに飲んだ。久しぶりにこの時間に更新。
アフターに連れて行って頂いたが、
アフターも久しぶり。


昨日、最初に接客したお客さんが、ウコンを飲む前に飲むといいと教えてくれた。きくのかな。


まだ仕事は折り返し地点。
連休は店が読みにくいな。
稲刈りピークかな。
愛犬があきれた顔してわたしをみる。
いい年してねぇ。

今日は土曜日か。

先週は福山雅治の「ガリレオ」の再放送にはまる。原作者好きだし、噂は聞いていたが。予想以上に面白く、ほとんどみた。映画も見たいな。
わたしはミステリーは読むが、密室とかトリックより、なぜそこまで追い詰めらるたのか、という動機や人間描写に注目する。
例えば、大沢在昌の探偵佐久間公シリーズや「ガリレオ」の著者なら「白夜行」、高村薫の「レディジョーカー」が好き。別格は京極夏彦の妖怪もの、京極堂シリーズである。秋の夜長、ミステリーでもじっくり読みたいね。だけど、恋愛ものやドキュメンタリーばかり読んでいる。読書も男の趣味も偏愛、かたよっているかもかも。また寝ます。愛犬が寄り添ってきたから。
適度に飲めばいいのにね。まあ、わたしは楽しかったけど。ホステスが楽しみすぎてもいけません。まあ、久しぶりだから、いいか。店も今週暇で空気重かったしーやはり客商売、お客さんがきてくれて、なんぼのものである。 ゆらゆらして、人間性を回復します。お茶飲んでさっぱりした麺類食べて、手順はわかってますわ。やはり胃を動かさないと。でもまだ食欲ないわ。少しずつです。

追記、画像は面白くも見える花火。母撮影。