宴の準備

テーマ:
080726_105647.jpg
ちょっと前のブログに手違いがあり、貯金の残高が二十五円だったという体験を書きましたが、
捨てる神あれば、
拾う神ありかも。
一年以上、記帳しなかった銀行の通帳に、思わぬ残高発見。驚きました。恋もそうだか、放置プレイはいけませぬ。
そもそも、その銀行の通帳は前の職場の給料振込口座として作ったものでした。また、都内なら銀行の支店がいくつもありますが、わたしが住む北国の都市からは、車で一時間かかります。いゃあ、十一月の神戸の旅が楽になります。もう一つくらい旅できるかな。まあ、手をつけないでおきましょう。へそくりみたいに。


今日の画像は、我が家の二匹目のにゃんこ、ロロちゃん。八月にダムのある公園から保護して、元気になりました。一時期、太ったなと思ったら、家の一階の住人のフィリピンの女の子やら母が、えさがなくなると、各自補充していて、食べ放題状態に。今は当番を決めました。ロロちゃんは、オスですが、鳴き声が女の子みたいに甘い甘い。愛犬さいちゃん(オス)が、恋してます。
我が家は犬二匹、猫二匹、亀一匹という布陣でにぎやかで、楽しいな。


十月末締め切りの短編小説に応募しようとしてますが、まだ構成してます。いろんな断片☆だんぺん☆をどういうふうに、結びつけようかな。候補となる書き出しを、浮かべたり。まあ、大学の論文も夏休みの宿題も、締め切りが見えてから、エンジンかかったタイプでしたが、小説はどうなるかな。書く時間がないとは言いません。
わたし、中上健次という作家が好きなんですが、中上さんは軌道☆きどう☆に乗るまでは、妻子を養うために羽田空港で働きつつ、書き続けてました。書いていた場所に、うなった。
よく働く羽田空港の個室のトイレの便座の上に、原稿用紙を広げて書いていたという話を読みました。場を盛り上げるのがうまい中上さんは、職場でも人に囲まれ集中できないし、酒の誘いもある。だから、一人になれて集中できるのに選んだのは、トイレで。
この話は何で読んだか、うる覚えです。だけど、そういう中からあの豊穣☆ほうじょう☆な言葉の海のような作品が、生まれたかと思うと、また違います。
そして、二十代で「いつかは小説書きたい」と言っていた自分に、何かがずしりときたのは確か。
時間なんて作れるもんです。やはり、どれだけの熱意と自分を賭けられるかではないかと、感じますね。さあ、わたしもそろそろ。小説という宴☆うたげ☆の準備☆します。あと約四十日で締め切りです。

☆二一七四字☆

追記、画像は我が家の二匹目のにゃんこ、ロロちゃん。
AD

焼き鳥と小説について考える夜

テーマ:
CA390164.JPG

ホステス稼業終了。昨日、アフターで連れて行ってもらったお店で、わたしが好きな焼き鳥屋さんの話になり、店のママさんが、「あそこの肉は鳥じゃないね。豚ね」と言われびっくり。わたしは鳥だと思うのに。まあ、今度みんなで行こうかという話になり、楽しみである。
そんな焼き鳥についての話をしていたら、今日はお客さんから電話あり、焼き鳥屋さんで同伴。噂をすれば影なのか。いつものわたしが好きなお店かと思うと、移転した新たな店。焼き鳥をつい見つめ、これは鳥だよな、と自分の舌に聞く。同伴してくれたお客さんは、いつも同伴先に会社の部下の女の子も誘う。女の子も店に来てくれたことがあり、わたしも段々となじんできた。今日の部下は、経理のウィスキーロック愛するお姉さんと高校生の娘さんとわたしとお客さん。はたから見たら何の四人組になるのか。こうやって飲むと、わたしも何か会社帰りのOLさん気分。洋服も地味めに。テーマは清純そうな白。あくまでも、そうね。中身は、内緒内緒。


昨日のブログで、わたしが文学賞に小説を応募してみたい先は、テーマが性。ホームページによると、「女性が読んでもナチュラルに感じられる、エロチックな小説」。枚数は、三十枚から五十枚。新潮社主催。いろんな文学賞の応募要項は雑誌で昔から見てきたが、いきなり百枚はねぇ。いや、テーマからかな。受賞作はいくつか読んだ。文学賞に出す前に、過去七回の受賞作は読むべきか。傾向と対策で。まあ、受験勉強じゃないしね。審査員の三人の作家が、好きな女流作家でもあるのも、嬉しい。
わたしは、昔からもしも、小説を書くなら、男と女の業☆ごう☆に興味があった。何だろう、好んで読む恋愛小説は、ねじれたものだな。男と女のどうしようもなくて、ばかばかしくて、だけど人生は捨てたもんじゃない、みたいなもの。なんて風呂敷広げても、結末はわからないけど。夏休み、学生の頃なら宿題なら読書感想文が大好きだったわたしが、今年の夏は生まれて初めて物語を書くんだ。まずは、自分の処女作みたいな気分のこのブログを読み返そう。どこかに萌芽☆ほうが☆ある気がするので。

参考 わたしが興味のある文学賞のHP  →「第」をクリックしてください。全体を指定できなかった。→ 「 八回 女による女のためのR-18文学賞」新潮社主催
☆一七九八字☆

追記、画像は今日の焼き鳥屋さん。レトロな好みなポスター。

AD

「これでいいのだ」

テーマ:
CA390162.JPG
本日は天才バカボンの赤塚不二夫さんの告別式。才能見いだされたタモリの弔辞。タモリは新宿の飲み屋で赤塚先生の前で芸を披露し気に入られ、居候☆いそうろう☆ー生活。それから一年経ち世にでる。タモリがさ、
「私もあなたの数多くの作品の一部です」と言うの。すさまじい師弟関係だね。また、タモリが全ての出来事を存在を前向きに肯定した言葉、赤塚先生の言葉としてあげたのは、

「これでいいのだ」
少しわかるかな。わたしもどうしようもない人生、これでいいのだと、やっと少し思えてきたから。無理にいい子になれないし、二十代のものわかりのいい女は飽きたし、今がいい。少し気楽だから。失うものないし、結婚したくないし、自分の人生を楽しく生きたいかな。それが正解かわからない。路線変更するかも知らない。死ぬまでわからない。二十代、迷ったよ。何だろうかと思うよ。だけど、いいかな。三十代はもうタイミングだから、小説の文学賞だすわ。締め切りは十月の末。男と女の話紡いでみたい。なんてね。これについては以下次号。詳しく書くわ。


☆一九三八字☆


追記、写真は職場のつまみで人気なおっぱいチョコと遊ぶ筆者。乳首のこの色は懐かしい。ああ。
AD

好きこそものの上手なれな精神

テーマ:
CA390004.jpg
「居酒屋タクシー」問題処分。わたしは車絡んだら量飲まない。酒飲むとふだんはあまりトイレいかないが、はかれなくなる。特にビール。秋田の大曲花火大会を河川敷で見たら、トイレは有料三百円。並ぶ並ぶ。トイレかビールか。花火大会でそんなには飲んだことないな。昔は相模湖花火大会ばかり行った。親友夫妻いるから。そこもトイレ混雑。死んじゃった親友の妹さんのお世話になった内縁の旦那に大学生のわたしは言われた。「あんたは男にだまされる顔してる」と。隙☆すき☆あるのかな。それはホステスならば長所になりえるかな。だますなら死ぬまでだましてほしかったという歌ありましたね。


今日は美容院に久しぶりにいった。半年ぶりに行った徒歩五分の美容師さんは、カルテあるかもしれないけど、わたしの髪質覚えてくれて、さりげなく言った。これこそ客商売だ。それはホステス稼業に通じるけど。わたしの中にもお客さんのデータがインプットされ、ちゃんとノートに記し、ころあい見て連絡する。好きな煙草、酒、歌、こびりつく。データ管理かね。心地よく飲んでまた来て欲しい。それだけです。


今、テレビではDA PUMP司会のダンス番組やっている。以前の放送で、カリスマダンサーのイソップさんの言葉が脳裏に焼き尽く。「なぜ踊るか」というインタビュアーの問いに、
「水と空気と一緒。生きるために踊っています」と答えた。かっこいいな。極めた人は違う。わたしなんて未熟だが、「なぜ書くか」と聞かれたら、好きだからとしかわからない。作文も読書感想文も大好きで。だけど、毎日ブログ書くが、すごく好きな文章はまれだ。その時は懸命だけど、読み返してね。頂いたコメント読むと、また違う視点に気づく。だけどそれは書き手の感想で、読んでくれる方々はそれぞれに、まれには何か引っかかってくれているのかな。アップしたら記事はわたしのものじゃないことも知る。好きなことわざ、「好きこそものの上手なれ」の精神かしら。わたしらしくどうしようもなく切なくても、人生捨てたもんじゃないみたいな文を書いてみたいな。

☆一七三二字☆


追記、tさんの希望の我が家のにゃんこのらら。おまたせいたしました。

第一志望

テーマ:
071004_1505~0001.jpg
そろそろセンター試験のようですね。大学入試の。わたしは、受けませんでした。今、思えば記念に受けたら良かったかな。科目が多かったのかな。わたしの受験は単純で、三つの大学の一部と二部。昼間と夜間。一番行きたかったのは、早稲田の第二学部文芸学科。理由は、映画から。大好きな奥田瑛二、桃井かおりが若い頃に出演した「もう頬づえはつかない」という作品でした。危険な香りがする男を忘れられず、同級生の男の子と付き合いだすという。結構、面白くてね。わたし面白いと必ず、原作本読むたちで。原作は早稲田の学生の卒論から派生したものだっけな。そこで、早稲田の文芸の卒論が、小説でも可能なことを知り、文章書くのに興味あったわたしは、いいなと思い。それが志望動機です。試験の小論文が佐野洋子の「百万回生きた猫」だった。書けなかったな。桜散るだけど。受験生の方で読んでいる方いるかは、わからないが、わたしはひたすら過去問。古本屋でも探す。特徴を探りました。そんなことを思い出した、受験生日和。


大手自費出版の新風舎が破産手続きです。驚きました。わたしは、ブログにも書いたがこの会社のコンテストに応募。選には漏れましたが、共同出版でと言われました。共同でも一冊百五十万くらいから。家族には、「それはだまされている」と言われたっけ。物珍しさで青山の本社に話は聞きにいきましたが、立派でしたよ。著者との間で出版トラブルが相次いだのも原因のようです。本にしたいとお金を払った人が、一万五千人もいるみたい。これもすごいな。同じような野望持っている層は多いですね。俗に人の一生は、一冊の本になりえると言うけど。自分の軌跡☆きせき☆を形にしてみたいのかな。充分、わかりえますが。


今日は臨時で店が休み。父母が東京に妹の婚約者に会いにいきます。その後はみなさんで、大相撲観戦。ます席で。いいな。犬二匹とお留守番です。今日は、トイレに行き帰ってきたら、犬が部屋のドアの前で待っていた。こういうのにすごく、弱いわたしです。甲斐性を感じる愛犬でした。

★一七一六字★

今年の抱負、みたい

テーマ:
071203_0147~0001.jpg
この前、テレビでユニークなペット特集で、ワニを飼っている人がでてました。体長二メートル、寒いとコタツに入り、はみ出るワニ。うちの母親などは、「かまたいのかねぇ」と心配してました。もう飼って二十年以上。大丈夫のようです。背中をさすると、ワニがしっぽ振ってかわいい。飼っている人は社長さんで、営業先にもワニを同行。業績が大幅にあがる。インパクトありますね。小さい頃、ワニのグッズを集め、大きなぬいぐるみと添い寝していたわたしは、びっくり。ここまでくると、立派です。思い出せば、うちの妹もハムスターやらトカゲやら昔、流行していたウーパールーパ飼育していました。わたしはあまりその時は、興味なかったけど。ペットって、様々ですよね。


今日は、カウンターに座っている常連のお客さんやら店の女の子が、何を間違えたのか、わたしの歌が聞きたいと大合唱と拍手の荒らし。困りました。わたし、歌が苦手だから必要以上に店では歌いません。デュエットとかお客さんが、一緒に歌って欲しいと言われれば、参りますが。すごく盛り上がってしまい、歌いました。「氷雨」、「逢いたくて逢いたくて」、「二人の大阪」。わたしが選択したのではなく、リクエストで。まあ、まれに歌う曲です。緊張したな。やはり、ほろ酔い気分で歌う方が、自分の下手さを忘れます。あーあ、汗かいた。


わたしの母方の祖父は趣味を極める人です。長年続けたスキーは、指導員だし、その次に始めた社交ダンスも指導員だし、七十代で始めた水泳も、その年齢のマスターズではいい記録。旅は船で世界一周。自営業で時間あったのかもしれないが、孫ながらすごいな。わたしは、登山もなかなか登れないし、ゴルフもへたっぴ。なにごとも中途半端です。ブログで小説書きたいといっても、進まない。読者の方から年末に、「小説はどうですか」と言って頂き、恐縮です。すいません。時間がないともいいません。何かに集中して、達成感を味わってみたい。それは結果も必要だけど。「いつか一冊の本をだす」という野望、叶えられるかは、才能もありますが、いかに向きあえるかですね。そして自分を信じられるかですね。過信はしないけど。外人クラブという特殊の環境を生かす手はないです。

すこしやる気でてきた。好きなことで勝負できるなら、してみたいです。今年の抱負みたいな終わり方。

追記、今日は午後四時よりホステスする店で、団体様予約の為、コメレス遅れます。

今日の写真は、カンボジアのアンコールワット。小さな後ろ姿で楽しそうに歩くのはわたし。
お掃除小僧070629_1912~0001.jpg
みなさま、ご愛読感謝します。みなさまの訪問、ペタ、メッセージ、コメントに支えながら、一年間走ってこれました。みなさまのブログを読むのが、楽しみでした。
二千四年の十一月から書いたこのブログ。四回目の新年をもうすぐ書きます。最初は、鬱と犬しかなかったわたしだけど、恋や旅やホステス稼業や最近の事件や芸能など、扱うテーマの幅が広がってきました。やはり、鬱が回復してきて、まわりを見れるようになったのかな。二千四年よりは、生きやすいかな。仕事に対しての欲やあれしたい、ここ行きたいとか思えたかな。出口がないと思えた迷路から、すぐは抜け出せないと思うけど、すこしは視界が良好でしょうか。やはり、前から思うが、毎日、ブログを通して、書くことで考えたこと、整理できたことは大きいです。

さあ、今年も終わりです。いい一年かな。そう思いたい。終わり良ければ、すべて良しなのさ。今日はまったり、犬とくつろぎながら、紅白を見ようと。初詣で願い事を言おう。来年はもっといい年だ。きっと、わたしには薔薇色の三十代が待ってるわ。念ずれば通ずるものさ、人生は。仕事が終わったから、身も心も弛緩☆しかん☆していて、やや前向き。

みなさん、いいお年を。とびきり上等な初夢に酔いしれたいね。なんてね。最近、なんてねが口癖なわたしより、愛こめて。

★一一二零字★

追記、本年、最後の画像はお掃除小僧。
071119_172930.jpg
朝、起きたら、一面の雪化粧。降雪量でニュースに自分が住む街の名が呼ばれてる。田んぼに突っ込んでいる車を見た。車のスリップ事故が、今日だけで百件を越す事態。夏タイヤのままの人もいるでしょう。昼間は、今日の写真の愛犬二匹とともにスキー場へ。まだスキー客はいない。やっぱり雪に埋もれはしゃぐ犬達。飼い主は嬉しい。でも、家に帰宅したら、写真みたいに、ヒーターの前に陣取った。わかりやすいです。昨日はボーリングの後、お好み焼き屋さんに。インドネシアの女の子が一緒だから、何か面白い日本の食べ物ないかなと。シーフードとチキンのに決定。あとはもんじゃ焼き。締めはオムソバ。みんなで作るのが楽しい。もんじゃの土手は至難の技だ。かなりお腹いっぱい。やはりお好み焼きには、マヨネーズが合うな。


昨日がこのブログ始めて三年の記念日。石の上にも三年っていうけど、あっという間。飼い犬が三回吐いたところから、幕を開けるのは異色でしょう。少しは修行できたかな。ハードボイルドで名高い北方謙三氏は、若い頃に編集者に、「君の心に暗い穴があるだろう。それを見つめて書いてみろ」と言われたらしい。わたしの心の暗い穴は、ブログに、少しは呼応できたのかな。ここに自分の悩みや疑問や夢や過去を書いて、様々なコメント頂いて、どれだけ身も心も軽くなったのかな。読んでくれた皆さん、本当にありがとう。ある意味、わたしの栄養剤だし、学びの場です。もっと発展させたいと思ってます。書くことに意義を見つける日々。これからも、宜しくお願いします。


わたしが格好いいと思ってる店の三十八歳の独身のママさんは、今、超人ネイガーの追っかけにはまっている。追っかけと言えば、十代の時にSMAPや野球選手の追っかけしている人いたな。すごいのは駅伝選手に憧れて、早稲田大学に合格した人もいた。誰かに注目して応援していくのは、楽しい。疑似恋愛みたいな要素もあるだろう。わたしも友達の付き合いで、西武の苫篠選手の出待ちやイベントに参加。写真ぱちぱち撮って、楽しかった。いくつになっても、ときめく気持ちは大切ですよね。


★一七四八字★

追記、写真は、雪からヒーターに避難中の我が家の三人衆。左からさいちゃん、まりーちゃん、ららちゃん。さいちゃんの事ばかり取り上げてますが、まだ仲間がいます。

色と欲

テーマ:
070917_1208~0001.jpg
今日ものんびりした休日でした。先週のホステス稼業は充実していました。この調子をキープできればな。二、三回会えば平気だが、やはり初対面のお客さんの接客は苦手。さぐり合う面白さと緊張感あるんだけど。それがこなせれればな。めざせ、お水の花道。好調だと仕事は面白い。ただし、一寸先は闇。自分だけお客さんについてなくて、ぽつりカウンターにいると、どうしようもなくなる。売れ残った魚のよう。呼ばれて呼んでナンボの世界。毎日、どぎまぎ。聞き上手になりたい。いろんな話題を提供できるように、アンテナを張り巡らせ。


先週、予告通りに縮毛矯正にいきました。今までストレートだったのに、三十すぎてくせ毛に。横に広がります。体質がかわるから?わかりません。通常料金一万六千円が、割引券で一万円。えんえん三時間半。女性週刊誌四冊読破。まっすぐすぎてかっぱみたいな今。髪も五センチ切りました。さっぱりした。大昔、歌の文句みたいに失恋を契機に髪切ったな。自分に酔ってたのかな。また愛は復活したけど。何かけじめをつけたかったんでしょう。不思議とね。それだけ真摯☆しんし☆に恋してきたのか。相手は誰かな。髪切ったことだけが、印象的で。青い時代のエピソードでした。


小説用のブログをオープンしましたが、なかなか書けません。思いが先走る。親は燥鬱で入院したのを書けばいいというが、それも難しい。書きたいモチーフは、恋愛。やはり色と欲。そして、どうしようもなさ。三十五までには形にしたい。期限ないと書かないから。深く掘り下げようと思ってます。まあ、少しずつ。もがくぞ。産みの苦しみを。

★一三五零字★

追記、写真は相模湖知人宅のねこちゃん。

リフレインが叫んでいる

テーマ:
070917_1208~0003.jpg
昨日から続く出版の話、出版社に断りの電話を入れたら、
「今しかチャンスないんですよ」

「自分の作品が大切ではないのですか」
再三、諭された☆さとされた☆。リフレインが叫んでいる。そりゃあかわいいですよ。本にしたいですよ。担当の方の熱意も伝わりました。でも、まだ今じゃないんだな。自分にまた言い聞かせる。文学賞やエッセイのコンテストの応募の雑誌、「公募ガイド」を本屋に探しに行くが売り切れ。同志はたくさんいるのか。来月また買おう。日々、ブログに書き、リアルタイムで皆さんのコメントを頂くという体験は、貴重だ。毎日、何書こうと探し見て考えるのも楽しいし、日課になっているし、プラスなはずだから。やっぱりいろんな文章が書いてみたいと思ってる。

今日のお仕事は、充実していた。及第点☆きゅうだいてん☆。若手も伸びてきた。二十一の若い子と同じ席に座ると、いろいろ考えるけど。私も若い時代、たくさんまわりの大人にフォローされてきたんだなと思う。好きなようにやらしてもらったけど、支えがあってからこそだとと思った。もう、いつの間にかフォローする側か。まあ、究極、ホステスは個人営業だけれども。自分の良さを生かせれば。毎日、一日が終わるとほっとする。やっとこの時間、一息つく。これから一時間はくつろぎの時間。緩和☆かんわ☆するんだ。


秋は本を読もうと思う。じっくりと。読みたい本はたくさんあるのに、時間と体力がない。推理小説なんてしばらく読んでない。本という異境を旅します。凝縮された短編小説からいこうかな。期待感いっぱいです。

★一三二零字★