休み明けの何もしない月曜日

テーマ:
200808262247000.jpg
先日、接客した三十代くらいのお客さんは、
からっとした声で、「自分の離婚の原因はバスケ」と言った。
学生時代からバスケットボールを続け、今もプレイしつつ、地元の子供達のバスケの審判やコーチをしている。休みの日はほとんどバスケで、家庭どころじゃなかったらしい。まあ、男と女が別れるというのは、片方の意見ではわからないと言いますが。
わたしが住む秋田県は能代高校の名前は全国区で(アメリカに挑戦した田臥選手など)、バスケが盛んです。お客さんにも、審判やコーチなどで、かかわる人が多い。
バスケか、学校の体育の授業でしか、接したことがなく、あまり得意じゃなかったな。はっきり言って、運動神経よくないです、わたし。
まあ、人が何かに打ち込むことについては、本人しかわからないものがあるんだろう。


わたしが二十代半ばでいきなり登山を始めた時は、友達は、すごく不思議がっていた。旅はしているイメージあるが、登山まで飛躍するとはと。
まあ、わたしには登山は、旅の一部だと思うし、冒険みたいな時もある。
頂上も気持ちいいが、やはり汗をだしきり、無事に登山を終えて飲むビールにあるおいしさは、格別かな。紅葉を見つつ、山に行きたいと思案中です。


今日は休み明けで、早く起きて、のんびり洗濯。洗濯物を干していたら、足元に愛犬さいちゃん。洗いものをしていても、同じく。区切りつくと、愛犬と遊ぶ。そんな昼間も好きですね。
つねにどこか体の一部をわたしに密着する愛犬といると、前より寂しがりやになっていそう。寂しくないとやせ我慢した時より、いいか。いや、あの時にはない時間ですね。確かなぬくもりに、包まれるような感覚は。

もう一匹の愛犬まりこを呼ぶと、さいちゃんは嫉妬のような切ない目をして、父のところへすねて逃げる。
いじらしいと思っちゃう。
嫉妬って、難しいものだけど、押さえ込みすぎるのも体に悪いか。ぜんぜん嫉妬されないのも、手ごたえないのかも。まあ、限度ありますよ。犬を通して、今までにはないことを垣間見☆かいまみ☆るのも、興味深い日常です。


☆一八五四字☆

追記、画像は妹が並んでまで欲しかった、犬のデザインのブーツ。有名なブランドのコラボで完売。買えなかった妹は悔やんでた。ちなみにお値段だいたい三万円なり。
AD

体は全部知っている

テーマ:
CA390257001.JPG
昨日は、一緒に働く若いフィリピンの女の子が、胃腸の調子悪く病院へ。初めての日本、食生活の違い、環境の変化など、いろいろ重なるかな。
そういえば、アメリカに留学した友人も知り合った日本人で、環境の変化で胃腸の調子悪い人が、多かったと言っていたな。だけど、わたしも含めてうちの若い同僚は、野菜をあまり食べない。肉や炭水化物ばかり。やはり植物繊維☆せんい☆が不足しているかなー
極端な子は、びっくりしたが、野菜を一切食べれない。これもこれですごい。わたしも生のたまねぎ、セロリ、ピーマンは食べれません。生野菜より温野菜好きです。
二十代は、胃腸の調子悪いことが少なくなかった。好きな胃薬は、キャベジン。今、振り返れば、寝不足や朝食抜きの日もあったし、野菜不足は確かか。明日、胃腸の調子悪い若い子に、ヨーグルトでも差し入れしよう。あのしんどさが、わかるゆえもある。


先日、久しぶりに郵便局の通帳を記帳。貯蓄用と携帯代などの引き落とし用の口座を持っている。が、勘違いして、何回か引き落としのお金を逆に貯蓄用にいれていて、引き落とし用の残高が、大変なことに。
今月は、携帯代がおりて、残高がきれいすっきり二けたのみ。ああ、二十五円。ある意味、よくおちた、持ちこたえた。ある意味、ここまでないと気持ちいい。いやいや苦笑い。まあ、入金して、ちゃんといれました。二十代は、今より山や旅に行っていたから、もっとぎりぎりで。給料日前十日間は、静かに暮らした。それもそれで、図書館の本を読み、ゆっくりしていた。
給料日前の充電(笑)今はまあ愛犬が、もしも病気をした時に備え、少しは貯蓄開始である。守るべきものにあったかな。
今年の夏も愛犬さいちゃんは、皮膚炎に。先生曰わく、「皮膚が弱い子ですよ」らしい。
エサに薬をまぜ、食べさせたら、だいぶよくなりました。わたしが、そうするとしっかり食べるのに、わたしの留守中に母が代わりに同じように、薬とエサまぜたら、薬だけきれいに残したらしい。愛しいわ。ちと絆☆きずな☆のようなものを感じてしまった。早く治って欲しい。やはり、さいちゃん貯蓄である。備えあれば憂い☆うれい☆なしである。生活に二十代よりも多いうるおいや安らぎあるから、わたしの胃腸も安定しているのか。体は心より時には素直な時があるようだ。

☆一八九一字☆

追記、画像は久しぶりに登場の愛犬さいちゃんと寝転ぶ筆者。
AD

メンテナンス前の駆け込み乗車

テーマ:
CA390161001.JPG
偏頭痛は鳴りやまず。ホステスする仕事で、もう首を横に降るだけで、ひどいのがきてね。先日はこれぐらいじゃ仕事休まないなんて、えらそうなことをブログで書いたが、悪化だ。早退しようとしたら、厨房☆ちゅうぼう☆のお姉さんが、高血圧悪化のため、すでに早退。帰れないな。気力で乗り切れば、みんなでアフターらしいが、帰ろう。今日は通院します。あぶらしきものに、腕を三カ所かまれ、その患部がえらい熱を持って。満身創痍☆まんしんそうい☆に近い。今は小休止。今日は指名のお客さんはいらしてないが、常連のお客さんに呼んで頂き、ある所ではパチンコ勝った記念にやきとりに始まり、特上お寿司。わたしは生物あまり得意じゃないが、特上はすごいね。次のある所では、最近、お店で人気のエビフライと唐揚げ少々。満腹である。おこぼれ人生街道まっしぐら。


昨日は昼間も偏頭痛で、昼寝。起きたら頭に違和感。愛犬さいちゃんが、わたしのおでこに自分の頭を引っ付けていた。こんな寝方は初めて。わたしの頭痛を感じたのか。嬉しかった。持つべきものは愛犬。アメーバブログメンテナンス近いな。駆け込み乗車である。皆さん、おやすみなさい。

☆一零九二字☆
AD

お見舞いにいきました

テーマ:
CA390119001.JPG
これから新幹線。目覚ましもなしに起きれた。朝が弱いわたしには珍しく。そういえば、これから東京に見舞いに行くわたしに父が「俺が入院してくれた時に秋田に見舞いに来てくれたのは、お前だけだった」と言われた。忘れていた、すっかり。あれは、二十五くらいかな。その頃わたしは東京に住んでいた。親は秋田で仕事。父が糖尿病で入院。心配したが、見舞いは様子みてにしようと思った。だけど、大好きなおばちゃんに、自分は足が悪いから行けないから、かわりに秋田に見舞いに行って欲しいと言われた。おばあちゃんは、めったにわたしに何かを頼まない。だから、言われた週末に行った。土日で。その頃のわたしの仕事は定時に終わり、残業はめったになく週休2日制。弟と妹は、シフト制の会社で、残業多かったのもあるかな。
父が住む秋田に行ったら、えらい喜んでくれた。話に聞くより全然元気で、安心した。わたしも淡々として見られるが、何か張り詰めていたんだろう。父の入院する病院のトイレで水を流そうとしたんだけど、間違えて非常ボタン、看護士さんを呼び出すボタンを押していた。そんな間違え初めてで、申し訳ないとあたふたした。あれこそ、あたふた。今回はどうだろう。


意気込んで東京についたが、ついた時間は妹の愛犬が入院する病院は昼休みだった。盲点である。夕方に妹と一緒にお見舞い。今日の朝、父にこれで妹が好きないちごを買ってくれとお金預かる。父のこういうところは好きである。小さい頃からおばあちゃんがひいきにしていた、ちょっと高いが味はおいしい八百屋目指す。ああ、休みだった。わたしの住む歌舞伎町よりの大久保は、近くにスーパー少ない。街の事情に詳しくいちごの依頼者の父に電話。新宿の伊勢丹があるじゃないかと。今から伊勢丹。いちごを巡る冒険。時間ぎりぎりだな。わたしらしいが。


今、帰宅。妹の愛犬ももちゃんのお見舞い。ももはやせて、手術の跡かわいそうだけど、昨日よりいいみたい。妹の膝に座り、わたしの膝に頭をのせて、くりんくりんの目で見つめるもも。明日もいくね。元気になってね。また会えてよかったよ、心から。

☆一八三六字☆

追記、結局、探したいちごはなくて、ストロベリーになりました。アメリカ産。

女の涙

テーマ:
ブログ済み080218_1339~001.jpg
昨日の妹との愛犬ももの病について、励まし感謝です。あの記事は時差あり、一日前で。いつあげるかは迷った。身内の話は書きにくい。だけど急変で。わたしは書き手としてだめだが、何も書けなくなる。この三日間、ブログに書いたお客さんの涙で心で泣いて、二日目は購入した「赤めだか」の本の最終章で泣き、三日目は妹の犬でこらえきれず、愛犬さいちゃんの男の背中で号泣。わたしは元来泣かない。男の前で泣いたのは二回だな。別れ話のもとに。涙は女の武器というが、泣けない。重荷かと思う。ひとりで泣いた。例えば趣味の登山で余裕持ち計画したが、自分の力量不足で時間オーバーして仕事に遅刻した。日光男体山。ふがいなくて、登山靴に涙落ちる。負けず嫌いなんだ。

例えば一回しかないが、彼氏とのデートでわたしは仕事休み、丸々一日。だけどわたしは疲れ果てうわの空で彼氏が切れ、途中で帰られた。自分いけないが。デートで途中で終わりは初めて。別れてからわんわん青いソファーで泣いた。自分に。そこに帰ってきた妹に、核心語らないが話を聞いてもらった。でもね、わたしは落ちて落ちて何も出来ず。二十日後に彼氏から便り。「なんでおまえは謝り、俺の機嫌とらないんだ」と。また怒られた。わたしはすぐ飛びつくのが、重いと思った。それは違う。わたしが読んだ「赤めだか」の本じゃないが、行き違っても謝罪は早い方がいい。失いたくない人なら。駆け引きはいらない。わびるべきだ。もし自分が相手を傷つけたら。相手の目をみてさしで。年下ならなおさら。いろいろ学びます。人間関係のもつれより。
妹の犬はまだ、小康状態。来週の平日、妹の負担にならないくらいに、ももちゃんを一目会いにいこうと思う。妹も心配で。やはり自分が底に落ちた時に目をかけてくれた人に、今は少しはむくいたい。恩は返せないが。気持ちはね。


追記、再録な好きな写真。茶色が妹の愛犬ももちゃん。黒がわたしの愛犬さいちゃん。妹撮影。2月かな。
photo_0002.jpg
お客さんからアフターにラーメンに誘われたが、断った。
申し訳ないが、普段は行くがそんな気分じゃない。

妹の六歳の愛犬ももちゃんが、体調崩した。胃を悪くして、腸にガス。点滴中。歩けない、食べない。

妹はわたしのブログを知っている。妹にブログなんて教えるつもりなかった。だけど、わたしはmixiのプロフィールに、自分のブログURLのせた。妹がそこにたどり着いた。まあ、知っているからアメンバーにしようかな。

犬が心配で、二回妹に電話した。でない。やっと夜に父に妹より電話。母にかわりわたしにかわる。
声が聞こえない。
嗚咽☆おえつ☆。
泣いてる。


一分間以上ずっと。あんな悲痛な泣き声を電話ごしに聞いたことはない。
事態の重さ知る。
とりあえず状況を聞く。

それからまた父に電話。わたしは仕事中。「犬の病状悪くなったら、会社いけなくなるから、三日くらい東京に来て」と。また泣いてるらしい。


あの嗚咽。
妹の犬のももちゃんは、添い寝したし、預かったり、かわいい。

妹にメールを書く。「大丈夫だよ」と。だけど違う。


深夜四時にわたしは気づく。なぜ、わたしが東京に行って、あなたがいない間はみていると、言えなかったんだろうと。


妹には昔から世話になったけど、
鬱の淵の時に、妹は愛犬ももちゃんとさいちゃんを、ひきこもりのわたしに、昼間預けてくれた。
わたしからは頼んでないが。
そして、妹が仕事から帰ると、わたしの好きな煙草とからあげや土産を買って引き取りにきた。さいちゃんはわたしに残し。

わたしは犬達と散歩して寝ているだけだが。どっか落ち着いた。

最終的には、妹は愛犬さいちゃんをわたしにゆずってくれた。そこでどれだけ、わたしは救われたのか、楽しめたか、癒やされたか。わたしの初期のブログは、初めて飼ったさいちゃんに彩られてる。

朝一番に妹にメールしよう。いつでもわたしは東京に行くと。も事態は悪化。もう、泣きそうで。生存率四割、開腹手術。子宮に腫瘍。

わたしは、いままではペットにこだわる人がわからなかった。かわいいけど。親友は愛猫が交通事故にあったとき、死のうと思ったらしい。ひきこもりになり、すべてを遮断した。わたしにはそこまでは、わからなかった、その時は。だけど今は、愛犬の愛情をこれ以上に感じる今はすこしはわかる。
素直にももに生きて欲しい。もも、かわいいよ。美形だよ。飼い主馬鹿かもしれないが、今日のブログの画像は、妹の愛犬ももちゃん。生きて生きて。祈るばかり。

投げキッス、あなたに

テーマ:
CA390035001.JPG
今日は市の狂犬病の予防注射の日。一時間ずつ、街のいろんな場所を巡回してくれる。昨日、二時まで飲んでた犬を飼うお客さんのところには、朝六時らしい。早いよね。その方は毎日、四時に起きるら大丈夫。寝るのは、飲みに行かない限り、夜八時。朝型ですよね。わたしならテレビが面白くなる時間だと思っちゃうけど。でも農家の方も含めて、早起きなお客さん、結構いるな。
わんこの注射では、オス犬さいちゃんは怯え☆おびえ☆、メス犬まりーちゃんは、全然動じない。一つ終わったと思えば、動物病院からフィラリアの予防注射のお知らせが。注射の季節かしら。わたしは、注射が苦手だな。あのチクって感じが。今でもあの瞬間は目をとじてしまう。鼻炎の手術の時の腕にした麻酔☆ますい☆代わりの筋肉注射が、一番痛かったな、今までの人生で。

ああ、今、帰宅。今日もアフターでラーメン。今日のお仕事は楽しかったーいろいろ。昨日は仕事に対して本音を吐露してしまい、ああコメント少ないかもとも思いパソコンふれず。だけと普段みたいで、泣けてくる。わたしは弱いな。すぐ転ぶー転んでも酔って馬鹿になっても、見捨てずに読んでくれるあなたに投げキッス。

これからお家に帰ります

テーマ:
CA390075.jpg
ホステスする店の営業終了。うちの店は、隣同士に二軒あります。本店がクラブで七時から十二時、二次店がスナックで二時まで。外人クラブは、二次店を設けているところが多い。本店で飲んだ女の子と二次店に同伴する方もいるし、二次店の時間から参戦する方もいる。前置きが長くなりましたが、わたしが出勤したら、まず二次店の準備が担当です。お酒を補充したり、つまみをセットしたり。開店前の店に一人、この静かな時間が好き。マイペースに誰も気にせず、準備できるから。昨日の夜の名残☆なごり☆に包まれて。今日はどんなドラマなのか、自分にはお呼びがかかるか、いろいろ思いながら、黄昏☆たそがれ☆る。仕事だけど、一人だし、また違う時間の流れで、幕開けの支度☆したく☆です。


今日は、夕方のいつもの時間にパソコンしようとした途端、愛犬さいちゃんが、机の下のわたしのビバユーの茶色の渋いかばんに、おしっこを引っ掛けた。ふだんは、外の散歩でしか、ほとんどしないのに。あてつけだろうか。パソコンしないで、かまってと。びっくりしたよ。まあ、いじらしいが。夕方のパソコンは、頂いたコメントのレスで平均一時間なのに。お気にめせないのかしら。まあ、日によって違うけど。深夜はブログのペタ巡りで、コメントのお返事を書くときもあるけど、それは愛犬の為に、端末を使い、ベッドの上でやるようにしている。愛犬と密着しながらね。愛犬は早く寝て欲しいのかしら。パソコンというかブログと愛犬との間だわ。


今日話した五十代のお客さんは、バックの中の常備しているコンドームとバイアグラを見せてくれた。もしもの時用の。バイアグラは睡眠薬のハルシオンみたいな青い色で、一粒千五百円。お客さんが冗談で、薬を試してみたいから、一回だけお願い、と言った。わたしは笑ったが、内心、一回限りの情事はいらないわって思ったりして。性に合わない。情事はやはり、連続ドラマがいいな。なんてことを、おもしろおかしく、切り返す話術はまだまだなわたし。すぐ、まに受けるからさ。色恋ネタの扱いは難しい。下品にならないさじ加減が。でも、嫌いじゃないです、ひそかに。☆一八五零字☆

追記、国際電話のカード。日本のイメージは、富士山、お城、芸者さんなのかしら。フィリピンなら千円で地域によるが、約三十分通話可能らしい。

欲張りな犬好きの旅人の独白

テーマ:
070817_1219~0001.jpg
秋田に無事、着きました。ホステスするお店は、忙しいと思ったら、暇でした。成田空港に到着した明日から店にでるフィリピンの女の子は、駐車場でパスポートの入ったバッグをなくし、てんやわんや。もう二十二時近くだったので、空港の遺失物センターもやってなくて。三十分後に、荷物を積むカートの上から出て来ました。よかった。外国人にとって、パスポートがまず、身分証明書ですよね。わたしは、海外で友達がすられて、あの一冊の大切さを痛感しました。今回のフィリピンの女の子は、初めての日本だから、たぶん初めての海外だから、どきどきしたのかな。電話で経緯を聞いていたこちらも、手に汗握りました。


昨日の葬儀に参列した親友のおじさんは、八十五歳。車も運転し、携帯のメールもできます。八十代でメールって偉大だ。うちの父はできないです。奥さんに先立たれ、畑を耕し、自分でご飯も作る。一人暮らしです。とても元気ですね。うちの八十四歳の祖父も、八十歳くらいまでは運転してました。七十代は車で北海道や東北や台湾を周遊。もともと車屋さんなんで、車は大好き。軽い脳梗塞になって、運転はやめました。今は昔のなごりのように、地図ばかり眺めてる。運転したいのかなと思うと、なんか切ないですね。


わたしがいない今日の朝、愛犬さいちゃんは、わたしの部屋のドアをがさがさ、爪を立てて開けようとしたようです。わたしが寝ていると思ったかな。こういう話はたまらない。そこで、ふと考える。わたしは、どっか、心の片隅で、誰かに必要とされたかったのかなと。一人の時間は好きなだけど、寂しがりやですね。病気になって、すべてを遮断☆しゃだん☆した空白を埋めたかったのかな。引きこもりの時に、家まで来てくれた友達や葬式があった親友は、新宿のなじみの店まで来てくれた。だけど、檻☆おり☆の中につながれたように、自分の部屋の大きなベッドの上から動けなかった。そんな時に、何も返せなかったけど、心配してくれた人は、今も絆☆きずな☆が強いですね。かけがえないですね。
さあ、もうすぐ、わたしを待ってくれる愛犬と再会です。たった三日会えないだけで、寂しい。長い旅行はできないのかな。二週間が限界かな。でも、もし前のように二週間も旅して、都市から都市へ移動し、隣の国の国境越えるなんて、これもわくわくするからな。欲張りな犬好きな旅人でした。まあ、預かってくれる両親に感謝です。

☆一九三二字☆

追記、窓を眺める愛犬さいちゃん。

深夜三時の安息

テーマ:
CA390025.jpg
昨晩は、父が東京へ一泊出張。わたしのベッドに、普段は父と添い寝する我が家の姫、まりーちゃんが来る。まりーちゃんは、今日の画像の女の子。よくブログに登場する愛犬さいちゃんの彼女。さいちゃんを腕枕しようとわたしが手を伸ばすと、まりーちゃんも、ちょこんと、あごを乗せる。その仕草がかわいくて。さいちゃんとまりーちゃんは、布団の中で密着していた。珍しく二匹と添い寝。お母さんみたいな気分。昨日はいろいろあったけど、ぬくもりって大切ですね。気分が沈んでいたわたしを見て、愛犬はえらい心配そうに、のぞきこむ。若い時に、こういう時間を知っていれば、わたしもうまく気分転換できたのかな。あまり恋愛に寄りかからずに。だけど、あの激動の二十代を乗り越えたからこその安息なのか。とても大切な時間です。


この前、ニュースで営業停止か取引停止と報道された化粧品会社は、うちの店の関係者が夢中になっている会社だった。会員増やし、化粧品やサプリメントを売る方式です。自分が増やした会員の売上が、自分に反映されるという。知り合いも一万いくらの入会金払い、商品を買い込み、会員集めに必死になってました。よくよく聞くとその知り合いは、これまでも羽毛布団や矯正下着を買い込み、セールスしていったが、失敗。今度こそはと賭けていた矢先。大量の化粧品がタンスに残り、途方にくれてる。わたしは、同じような感じのに、友人が二人、過去に取り組み、その時にいろいろ調べたからな。あまり化粧品にもサプリにも、興味ないし。だけど、関係者の熱気に舌を巻いた感じ。


五日から六日は、法事で神奈川です。一泊で帰ってきます。頂いたコメントに対するお返事遅れるかもしれません。時間あったら、マッサージ行きたいなくらいです。とりあえず明日の今頃は、どこに寝てるのだろうか。葬儀場で、線香をたやさないようにしているのか、相模湖の親友の家か、新宿の実家か、わかりません。最近は、一晩中消えない線香もあるらしいし。最近、参列した法事の通夜の晩は、そこに泊まることが多いですね。あの時間って、とても不思議な時間です。時が止まったような静寂と空白を感じ。親友がらみでは、妹さんや母上の葬儀の時は、泊まりました。今回は流れにまかせます。出過ぎた真似もしたくはないし。でも、メールのやりとりしながら、親友が心配なのは、確かです。親友はうちの母親と一つしか年が違わず、言葉は選びますが。まあ、様子見て。みなさま、参列してきます。

☆二一二二字☆

追記、きょとんとしていて、本当は内気なまりーちゃん。