プリクラの思い出ブログネタ:プリクラの思い出 参加中


若い時分によく撮りました。

まず友達と。

チェーン系の居酒屋→カラオケボックス 二時間→ゲームセンターでプリクラがコースでした。

撮った一枚を、備え付けのはさみで切り取って、その場で分ける。

キティちゃんのプリクラアルバムに貼る。

懐かしいですね。実家にあります。みんな若い、若い(笑)。

渋谷や歌舞伎町が多かったですね。

また、亡き祖母と家族と撮影したプリクラも思い出。

当時、友達と好きだった人を交えて撮影したのもあったな。

写真うつりがあまり良くないわたしは、この一枚は少しは可愛く写れるように、念じたり。まあ、乙女心(笑)。

どれもどれも大事な思い出ですね。

写真っていいものですね。

刹那★せつな★の時を刻み込んで。

書きながら、実家のプリクラ手帳を眺めたくなりました。






鬱と犬-CA3F0673.jpg
AD

日々のこと

テーマ:
鬱と犬-110130_2022~01.jpg

今日の画像はうちの猫のララちゃん。

あまり登場頻度は少ないですが、ひそかに人気(笑)。

今から職場より帰ります。

職場も新人のアルバイトさんが加入。

初々しいですね。

毎日が出会いで、流されてゆくような水商売の日々ですが、また新たな出会いや仕事が生まれて行ったりして、面白いです。

やはり、身体の健康を維持していくことは大事ですね。

いや、持病とうまく距離感を保ちつつ。

無理しない、
過度なストレスはためない、
眠る、食べる、胃腸を大切に。

そんな基本的なことをいかに大事にするか、考えていきたいテーマです。

今日は温泉に行き、整体をし、
明日は大好きな焼き肉を友達と食べ、
何だか楽しみであります。

☆七三八字☆

追記、画像は我が家の猫のララちゃん。
AD
鬱と犬-CA3F052500010001.jpg

中島みゆきをいつから意識し始めたのだろう。

浅野ゆう子が出ていたドラマの主題歌になっていた「浅い眠り」を聞いてからかな。

当時、たまたま我が家に母が購入した中島みゆきのベストアルバム、「大吟醸」があった。

恋で嫌なことがあったりしたら、寝る前に聞いていた。

言葉が刺さる。いい意味でも悪い意味でも。

二十代、中島みゆきの「夜会」という歌プラスお芝居のチケットが取れた。すごい存在感だった。圧倒された。

コンサートに行きたいという願いは、去年、叶った。

有楽町の国際フォーラムの二階席。

夢のような時間だった。

凄いなと改めて思ったのは、アンコール前に中島みゆきが、

MCで、「今日逢えた皆さんに感謝して」みたいな趣旨を言いつつ、歌ったのが

「時代」だった。

♪まわる まわる 時代は まわる

別れと出会いを繰り返し~

十代では正直あまり好みでなかった曲が、三十路の今、さらさらと、心に心地よく染み渡るのは、なぜだろう。

しびれた。

歌に歴史あり、歌を聞くわたしたちにも歴史が積みあげられて行く。

天国には、また逢いたい人が増えて行く。

忘れ得ぬ夜だった。

☆一零七字☆
AD

わたしが今住む街は

テーマ:
鬱と犬-ぶCA390008.jpg

雪祭りだ。

だけど、無性に故郷が恋しい。

新宿の雑踏に溶けたい。

カラスに話しかけるおじちゃんいたり、イケメンホスト見たり、泥酔な学生見たり、そんな街に帰りたい。

だけど、何年も親が店を営む北国に働けば、帰れない。

いろんなしがらみがあるのは、事実だろう。

寂しがりやで怖がりですぐほえる愛犬と東京のワンルームじゃ、共存は無理だ。

まあ、わたしらしく。まあ、様々病と付き合って。

だけどね。たまに迷路が来る…

ぐるぐるぐるぐる。

誰か、白馬に乗った王子様が、かっされってくれたらいいのにね。

そんなおとめ座、三十路、将来も夢もぼやけてる。