ありがとうございます。

テーマ:
鬱と犬-100127_1123~01.jpg

今日の画像はスキー場です。

月曜日にスキーに行ってきました。

わたしはインドアも好きだけど、アウトドアも愛してます。

三本すべりましたけど、気持ちよかったです。

うちのホステス稼業も不景気ゆえに、シフト制をひきました。今までの自由出勤がのびのびすぎたのかな。数字がいい上位三人はそのままの休みです。わたしも入りました。休みが減らないことは嬉しいし、通ってくれたお客さんのおかげですが、だんだんプレッシャーになってきますね。

自分がよりお客さんを呼ばなきゃ、休みが増えた人に何を思われるのかなと。逆の立場を考えればね。

まあ、地道にかな。変に営業に走らず、人間関係として、もてなす立場を忘れまいと。評価された部分は部分としてね。嬉しいですよ、ほんとは。

まあ、わたしがここまでこれたのは、癒やしてくれる愛犬、ゆかいなお客さん、リアルな心情を吐露★とろ★できるブログ、的確なアドバイスをしてくだざるブログの読者のみなさんのおかげです。じゃなきゃ、大きな破裂★はれつ★と大きなやさぐれがあったはず。もう、故郷の東京に帰っていたはず。ありがとうございます。

AD
鬱と犬-100125_1059~01.jpg

画像は我が家のつららです。成長してます(笑)。あまりにも成長すると危険なんで、もう今日、母がたたいて落としました。

つららというか氷を秋田県県南部では、「しが」と呼びます。最初は何の意味か謎でした。響きはいいかしら。

昨日も今日もホステスするお店は、暇でした。今日なんて、四時間でお客さん一組一人、ホステスさん七人。
魅力★みりょく★のあるお店って何だろうと考えます。やはり、居心地良くて、楽しくて、また来たいと思うお店かな、酒場かな。

それぞれが危機感を抱かなくては、店という母体の船が沈んでしまいます。もう、ぎしぎしと浸水★しんすい★している。

景気のせいにせず、
雪のせいにせず、
現状を見つめなくては。

これから二月です。俗に「二、八」と言って二月、八月は水商売は暇と言われます。

数字は当たり前ですが、シビアですよね。

明日は自分が知っているお客さんに電話やメールをより、しよう。出来ることから、こつこつと。そういう積み重ねが、何かに出ると思うし。お客さんを「待っている」だけじゃねぇ。自戒★じかい★を込めた今です。

★九一六字★

追記、画像は我が家のつらら。
AD
今日の画像は、映画「オーシャンズ」のチラシです。

日曜日に見てきました。

映画のキャッチコピーは、「生命の飛ぶ空」。

監督は、「アース」、「ディープブルー」のジャックベラン&ジャッククルーゾー。

物語は、少年の「海ってなに?」の一言から始まります。

世界中の海の、生き物達の壮大なドキュメンタリーです。

わたしが印象的だったのは、

南極、北極の海、
夜に蠢く★うごめく★深海魚達、
イカとカニのガチンコな縄張り争い、
イルカの大群、
泳ぐジュゴンかな。

生命の神秘、生態系の不思議を考えました。

また、普段から水族館に行くのが趣味なわたしですが、
当たり前だけど、
映画の中の野生のジュゴンやサメやイルカは、生傷がたえないんですね。
水族館の中の魚達みたいに、すべすべの肌ではない。

自然界に生きる証★あかし★に、改めて気づいたり。

映画館の大画面で見れて、すごく迫力のある映像でした。

海って尊い★とうとい★と思いました。

それから居酒屋さんで飲んで、息抜きした休みを送れました。

★一零ニ八字★

追記、画像は映画「オーシャンズ」のチラシ。
鬱と犬-100125_1340~01.jpg
AD

土曜日の昼下がり

テーマ:
鬱と犬-2009040501070000.jpg

今日は昼間に女優伝説みたいなドキュメンタリーを見ていました。

二時間もので、大原麗子、オードリーヘップバーン、太地喜和子が登場。

大原さんは、やはりあの「少し愛して長く愛して」のウイスキーのCMの表情が最高に良い。

オードリーヘップバーンは、何度も見た「ローマの休日」の映画が一番好きです。十代であの名作に出会えて幸せでした。

太地さんは、やはり寅さんの「男はつらいよ」の明るい華のある芸者さんの役は、覚えています。二十代に太地さんと平幹ニ郎さんの「近松心中物語」というロングランの舞台のビデオをかりたことがあるんですが、今日、再びテレビで心中シーンを見ましたが、鳥肌が立った。凄い。やはり、わたしも少しは年をとり、少しは情感がセリフの間にある行間が、心に迫る★せまる★。じわじわと。また、ビデオをかりたくなりました。

そんな土曜日の昼下がり。面白く、また「女優」という表現者の在り方を考えました。

映画、お芝居っていいですね。自分も中学、高校と六年間、演劇部で、演劇という魔物に触れて★ふれて★、白紙からものをみんなで作り上げていく楽しさ、苦しさ、自分の無力さに何度も泣いた。率直に部活をやめないで、良かったな。ステキな同期にも恵まれたのが、一番の財産ですね。やはり、同じ釜★かま★の飯を食べたような、自分をさらけだした仲間は、得難い★えがたい★です。

何て、芝居の話は熱いかも(笑)。芝居を少し知ったから、また今、映画やお芝居を見るのが楽しいかも。

明日は仕事が休みです。今週は、ぐらついた一週間でした。ゆっくり、まったりします。

★一四五ニ字★


追記、画像は筆者。ネックレスはビビアンウエストウッドの王冠。

寝過ごしました

テーマ:
鬱と犬-091231_2306~01.jpg

昨日はホステスするお店で常連のお客さんのお誕生日会。みんなでお祝いしました。

二時まで楽しく飲んでいたら、本日は通院日で朝の七時起きでしたが、起きれず。

あーあ。

自己嫌悪と反省の日々です。

まあ、担当の先生は水曜日にもいらっしゃるので、来週に行けばいいか。

そんなに完璧に日程なんて、こなせない。と思うことに致します。

朝から何にも食べてないので、即席ラーメンでも作ろうかな。

時間が中途半端さもあり、考えてます。

昨日は、お笑いのM1グランプリのDVD見てました。ブラックマヨネーズが優勝した回。最初から最後まで見るのは、初めて。ドキュメンタリーみたいで楽しかったです。審査員のコメントも、また興味深くて。他の回も見たくなりました。
四分間で勝負する「漫才」の世界も奥深いなと。

では、やはりご飯食べてきます。

★八四五字★

追記、画像は人みたいに横になってコタツで寝ている我が家の愛犬マリーちゃん。

今のわたし 何てねバージョン

テーマ:
鬱と犬-100113_1348~01.jpg

昨日はぶっちゃけ、悩みが杞憂★きゆう★に終わった日でした。

わたしは親しい人に言われてお金をかしました。高額ではないけど、月収の十分の一かな。

そんな行為は十六年ぶりさ。初めて付き合った人に、まあ、その前はたくさんごちそうになったけど、彼の事業が傾いてお金をかしたことがよぎりました。

ある意味、トラウマ。ある意味、わたしの摂食障害が加速した。

それから五年は、なんだかね、別れたけど、またかしてみたいな怖さで自分に金なんて使えなかった。自分のものを買う余裕はなしー

お金を貸すって難しい。今回も世話になった人だし、「あげた」と思う方が楽だと解釈した。

だけど、わたしもわたしで十代からそんなことしたから、お金の渡し方がスムーズさ。嫌みなくらい。お金って、男と女って、業★ごう★って何さ。絶対書いてみたい。暗いかも。いいや、恋愛でほんとにズタボロになったってわたしが泣ききれない理由。いつかこの体験を元に書くからしかないや。ああ、書くか かかまいか迷いましたが、今のわたしだ。なんてね。
鬱と犬-200911241706000.jpg

今月はホステスする店で異動があり、日本人の女性が我が職場に新規加入です。

まあ、わたしはわたしです。我が店はフィリピン人、インドネシア人が勤務しますが、フィリピン人のお姉さん達と仲良くしてます。ウマが合うのかな。

昨日は火曜日なのに、気分良くて店の後に飲みに行きました。芋焼酎の黒霧島とモロキュー。飲んじゃった。一週間が長いや(笑)。午後はゆっくりします。
ではでは。手紙みたいにー

追記、画像は神戸のおばちゃんの家の猫のジーコちゃん。

ブログネタ 電話得意?

テーマ:

電話得意?
ブログネタ:電話得意? 参加中


苦手になりました。

十代のときはよく女友達と長電話していましたが、今はほとんどないですね。

わたしはホステスをしていて昼夜逆転生活です。

だいたい十七時半に夜ご飯食べて、七時に出勤して、朝の二時半に帰宅。わたしの仕事を知っている友達からは、仕事中な夜は電話はかかってこないし、メールの方が多いです。

店のお客さんに電話することはありますが、やはりメールが多い。

メールの便利さから、だんだん電話が疎遠★そえん★になり、苦手になってきます。

でも好きな人が出来たら、たまには電話で声が聞きたくなるでしょうか。何てね。得意になるのかな(笑)、少しは。

★六四九字★






鬱と犬-091220_1400~01.jpg

コタツで読書 継続中

テーマ:
鬱と犬-091218_1254~02.jpg

今日は働くお店がお休みです。

土曜日は、ホステスする酒場が久しぶりに混んで、混んで、ほんとに嬉しかった。活気★かっき★ある空気って、いいですね。燃焼して一週間を終えました。

今日は、家でのんびり。今はジャスコで買ったカクテルのカシスオレンジの缶を飲みつつ、コタツで読書、継続中。

最近、昭和の事件のノンフィクションをよく読みます。

今日は、

「三億円事件」(一橋文哉、新潮文庫)

「20世紀最大の謎 三億円事件」(別冊宝島編集部編 宝島SUGOI文庫)

を読みました。これは恒例?の図書館の本ではなく、ブックオフから購入。

謎が謎を呼びますね。リアルタイムで知らないので。1968年の事件なんですね。

これから、同じく購入した「グリコ森永事件」の関連本を読もうかな。

小説も好きですが、ノンフィクションもルポタージュも好きです。

私生活では、自分が昨日書いたブログの中の漫画の言葉じゃないけど、やはり、わたしはフツーに生きれないのかなと思ったり。

まあ、いいか。流されるままに。無理にあらがわなくても。

東京に生まれ育ったわたしが北国でホステスしてるのも、因果★いんが★だろうし。

自棄★やけ★にならず、人を羨まず★うらやまず★。自分を大切に。

泣きたいときは、素直に泣けばいい。

★一一八一字★

追記、画像はわたしが住む北国の郵便ポスト。
鬱と犬-091209_1718~020001.jpg

昼下がり、ブックオフのインターネット注文で購入した西原理恵子の「ぼくんち」(角川文庫)という漫画の上中下巻を読んでた。

まず、観月ありさ主演の同作の映画のDVDを見てから、絶対、原作を読みたいと思った。まあ、映画を見た理由は、監督の阪本順治監督が好きだからだけど。

映画が、心にしみるセリフが多かった。

原作から引用すると、彼氏に暴力をふるわれた女の子が、つぶやく。


「フツーにくらしたいだけなんやけどなあ」

わたしを、何かが貫いた★つらぬいた★。「フツー」とは何ぞやと問えば、それは禅問答★ぜんもんどう★だろうが。

原作に戻ると、そのつぶやきを聞いたニ太という男の子も、
「フツー」について考えますが、こう結論づける。

「ぼくはフツーはあつたかいごはんの中にあると思った」と。

名言や自分好みな言葉がある本や漫画は、わたしは何回も読み返せるから好きだ。また、何年か経ったあとに読んでも、また言葉の消化の仕方が違うから。

やはり、言葉って面白い。

昨日、ホステス稼業で初めてついたお客さんに、「あなたは感受性が強い」、「感受性が強いあなたと付き合う男性は大変そうだ」という言葉を頂いた。そうなのかな。でも、あまりそういう言われ方をされたことないので、不思議な気分になった。さあ、次は何を読もうかな。

★一一七七字★

追記、画像はコタツで読書のパートナー愛犬さいちゃん。