鬱と犬-200905121052000.jpg
車内、ほぼ満席ですね。ああ、新宿の実家に帰ります。

長距離バスって、旅の香りがします。幾度★いくど★乗ってきたのでしょうかー

前にも書いたけど旅のバスのまとめ。

台湾→昼。何かの帰省シーズンに当たり、満席でわたしはデッキに座り台北から台南へ。

タイ→お金次第ですごい快適。飲み物ついて冷房がんがん。

アフリカ キリマンジャロ(タンザニア)→手に手錠★てじょう★をかけた現地の人も同じく移送だった?一人旅で、緊張した。

エジプト→砂漠★さばく★を通る。ひたすら砂漠。

ネパールーインド国境 沢木耕太郎の「深夜特急」というアジアからヨーロッパの旅に憧れた「乗り合いバス」に初めて、わたしも少しかじる。荷物も預けず、ひざに乗せ、ネパールにて鳥かご持参のおばちゃん見て、目が点なバス。

ミャンマー →何回も書いた日本の都バスが払い下げで?、ミャンマーの長距離バスに。夜行はなくて、昼に最高十八時間乗る。都バスは、すぐスピード出しすぎで故障。気長になったのと、リクライングのないって、体がしんどいなと思ったバス。上記の中で一番きつかったー

だけど、長距離バスって、乗ったらまた新しい扉★とびら★が、そこにあるでしょ。そりゃあ、寝不足だけど、夜に移動すれば、日にちかせげるし。ああ、旅だなと。電車も好きだけど、ああバスかと。新しい世界が時間が場所が待っているから。さあ、東京に向かいます。甘い夢が見てみたい。夢だけだから、なおさらねぇ。

★一三五四字★


追記、画像はプロレス観戦仲間のTさんから頂いた大阪、通天閣のビリケンさんの画像。
AD

雨が少ない六月ですねぇ

テーマ:
鬱と犬-090628_2242~01.jpg
最近、暑いですね。秋田も梅雨に入ってますが、雨が少ないです。リンゴを栽培するお客さんが、このまんまの天気なら、今年のリンゴは悪いかもと、心配してました。雨により土が、全然違うみたいです。やはり、時には脅威★きょうい★になるけど、自然には恵みの雨でしょうか。何事も、ほどよいバランスが良いのでしょうね。

今日の夜行バスで、住んでいる秋田より東京に向かいます。東京は暑いんだろうな。たくさん歩いたら、やせるかしら(笑)山手線なら、一駅くらい用事をしながら、歩けますよね。友達がプレゼントで当選したみたいで、イギリスの劇団のシャイクスピアの「ベニスの商人」のお芝居も観劇することに。(台詞★せりふ★は英語なので、イヤホンガイドあり)芝居みるなんて、何年ぶりだろう。わたしは元演劇部なんで、二十代はよくお芝居見てました。つかこうへい、野田秀樹、蜷川幸雄★にながわゆきお★演出作品やら小劇場に行って。芝居に行くと、座席に置いてある他の芝居のチラシをみていると、また行きたくなって。一つの作品が新たな作品に、どっか続いていくのです。でも、久しぶりだから、昼間だし、寝ないか心配。まあ、前夜、早く寝るようにします。芸術的な東京、友と飲む東京、もうすぐ、そこです。

☆一一一六字★


追記、おとといまでのわたしのブログの記事のコメントにお返事書きました。いつもありがとうございます。
AD
鬱と犬-090515_0238~01.jpg

本日は六時より、ホステス稼業にて、同窓会の団体様三十名来てくれました。いつもより、五時出勤ですから、三時間一日が長い筆者です。その後もお仕事は良かったです。

団体様の幹事様が自分が知ったお客さんですが、宴会終わったら、「次回はHしましょう 」?のメール。冗談と思えますが、しませんよ(笑)体はってまで、お客さんいらないわ。通説ですが、ホステス稼業でね、もし体をなんかしたら、また通ってくださるか、それがある意味、頂点だから二、三回で来なくなるみたいな傾向ありです。疑似恋愛と言われる世界ですから。たまに、何だろうなと思うときは、なくはないな。わたしは若くないし、スタイル良くないし、明るくないし、歌もだめだから。まあ、余白★よはく★がある方がいいのかな。水商売、美人だからってナンバーワンになれないと言われます。プライドがじゃまするのかな。わたしはわたしなりのいい仕事をめざして励みたいです。充実した一日に感謝、乾杯かな。



★一九三零字★

追記、画像は再び登場な夜の蝶的ビーチサンダル。
AD
「好き」をそれ以外の言葉で伝えるなら? ブログネタ:「好き」をそれ以外の言葉で伝えるなら? 参加中
本日はホステス稼業で二十三時二十分まで、座る席がなかった筆者ですが、逆転ホームランみたいに、後半にお客さんが来てくださって良かったです。

さて、ブログネタ。好きをその他の言葉で伝えるなら、わたしなら、「逢いたい」かな。好きだから、逢いたい。または、「甘えたい、寄りかかりたい」かな。すごく自分の彼氏の前では、素になり、だだっこみたいな筆者です。あ、あとは、ほとんど言わないけど、「帰りたくない」かしら(笑)赤面しそう。だけど、一緒にいたいですね。ぎゅっとして欲しいですね。何てね。やはり、今日もほろ酔いかもしれない。

飲みすぎです

テーマ:
鬱と犬-090622_1922~010001.jpg
おはようございます。マイケルジャクソンさんの逝去の報道に驚いた筆者です。まだ、五十歳なんですね。若いです。

夢かうつつか、昨日は飲みすぎました。何か食べるか、寝ようか迷います。何で人は飲みすぎるのでしょうか。まあ、休みます。

追記、画像はわたしの「のりたま」(ふりかけ)のTシャツ。

来週の帰京予定

テーマ:
鬱と犬-090526_0209~01.jpg
わたしは今、仕事の関係で秋田に住んでいますが、久しぶりに六月三十日から(二十九日の夜行バス)、七月五日(七月五日の夜行バス)で、ふるさとであり、実家のある東京の新宿に帰京しようと思います。

二月以来の東京です。甲状腺のパセドウ病の通院、放射線治療とばたばたしていたのもあります。

東京滞在予定は、四ッ谷で牛たん食べて、銀座で串揚げ食べて飲んで。日帰りでは、前から行きたかった埼玉に移転した鉄道博物館、奥多摩の鍾乳洞★しょうにゅうどう★、七月四日はかねてから書いていたプロレスラー三沢光晴の献花セレモニー。三沢の「スパルタンX」のテーマ曲に合わせて、三沢コールをしたら、こみあげるものが、あるんだろうなぁ。あとは、小学校の同窓会と川口の祖父母に逢いにゆきます。

盛りだくさんですね。小学校、高校、大学、相模湖の親友、プロレスを愛する仲間に逢って。

楽しいことを考えるって、なんてステキなことでしょう。羽をぱたぱたのばして、笑い、プライベートの酒を飲み、お互いに近況報告をして。

来週の今頃は東京なんです。それまでに、いい仕事ができたらな。前も書いた好きな言葉なんですが、やはり泣くも笑うも一生ならば、笑いたいですね。けらけら、けらけら腹の底からね。何てね。

★一一七八字★

追記、一昨日までのわたしのブログの記事に頂いたコメントに、お返事致しました。ありがとうございます。


追記、画像は川口の祖母より、生前ですが、形見分けに頂いたシャネルのバック。大切に使ってます。
鬱と犬-CA390604.jpg
今日は昼間は一日寝ていた筆者です。何だか昨日の通院の早起きと夜の仕事の飲みすぎと、ありまして。だけど、最近、二日酔いまでは、行きません。

今日は、焼き魚のアジの開きとご飯をおいしく食べました。そういういえば、甲状腺のパセドウ病の放射線治療の前に魚が食事制限になったっけ。あれは、苦しかったなあ。魚が好きなわたしには、魚がない食卓は、何と単調に感じたのか。その前の最初に甲状腺の薬を飲んだときは、合わなくて、すごい湿疹★しっしん★で、夜中に救急で病院に行き、点滴★てんてき★だったなぁ。

あとは、昨日もブログに書いたパセドウ病の目の治療で、入院したら、一区切りかな。入院しても、眼球突出が少し良くなるだけみたいで。

まあ、ぶっちゃけ、もし、わたしに彼氏がいたらね、それでもいいの?元の顔じゃないよ?と愚問なのは百も承知★しょうち★だけど、聞いちゃいそうだな。

わたしは、何を言われたいんだろう。何を肯定★こうてい★されたいんだろう。

やはり、病の前の目への執着★しゅうちゃく★は、否定できない。

昨日の通院で、病院の教授に、「いつもそんな、びっくりしたような目なんですか」と言われたのが、こだまする。

仕方ないよね。治らないなら。

あるがままに生きよ。今の自分の味方を自分が一番しなきゃ。

まあ、少しずつ、今の状況を受け入れようと思います。

好調な仕事、ステキな友達、適度に趣味。鬱で引きこもったときは、手放したじゃない。

自暴自棄★じぼうじき★にならないで、酒は楽しく飲んで、いい文章書きたくて、夢をはぐくんで、わたしの人生、一度きりの人生ならばと思うのです。

★一四九八字★

追記、画像は沖縄のシーサー。魔除け★まよけ★の意味もあるのかな。
鬱と犬-090622_1448~01.jpg
昨日は甲状腺のパセドウ病の目の診察で、大きな病院へ。眼科はとくに、混んでました。

初めて、病院の教授に見てもらいました。ベッドがあき次第、入院になりました。ステロイドの点滴を腕にして、服薬。一週間ないし二週間の入院みたいです。

また、以前に記事に書いたわたしの目がものが二重に見える現象は、病の為、目を支える筋肉が落ちているみたいです。

だけど、わたしは、はっきりとはわからなかったけど、目の治療しても、元のわたしの奥二重★ふたえ★の眠そうな目には、戻らないようです。人にもよるけど、今の病の特長の眼球突出が、少し引っ込むくらいみたいです。

そんな現実に、抗えっても★あらがえっても★仕方ないのだけど、わたしの顔って、目って何だろうなと思いつつ、昨日は働く店で飲んでしまいました。

三十二年生きてきて、年とともに、顔や目は全然変わらないとは言えないけど、何だろうな。どうなってゆくのだろう。それは仕方ないのは、わかるけど。ちょっと戸惑い★とまどい★を感じます。まあ、入院治療が始まってから考えれば、いいよねーそんな、通院日でした。

「ホームにて」

テーマ:
鬱と犬-090430_1417~01.jpg
駅のホームに立つとなぜだか、どきどきするのは何でだろう。通勤通学よりは、
旅への出発、
旅の終わりの寂しさ、
恋人とデートのときに、一緒に佇む★たたずむ★ときは、同じ列車を見る目も空気も違ってくるときもあったりして。

前に、携帯がそんなに普及していないときには、よく駅の改札口で待ち合わせしていても、間違えてないのかなと思ったり、不安になったり。駅の伝言板のボードの書き込みを読むのも、暇つぶしだった。友達と同じ列車に乗るときは、改札口よりは、駅のホームの列車の進行方向の一番前で、落ち合ったことも、多かった。

駅、出会いと別れの交差点。

今日のブログの画像は、秋田駅の六番線。何だかどっか後ろに見える連絡通路は新しい感じだけど、ホームには、ノスタルジイを感じる。

さあ、明日はこの画像の写真ホームの駅まで、甲状腺のパセドウ病の目の方で、通院してきます。車内では、何の本を読もうかしら。がたがた列車に揺られて、本を読むのも、うとうとするのも好きな時間かな。

今日は、早く眠れるかしら。まあ、あまり考えすぎても、睡眠の迷路に入るだけだからな。ゆったりしているのが、一番かな。

★一零四二字★

追記、画像は秋田駅の六番線のホームにて。

追伸、おとといまでのわたしのブログの記事に頂いたコメントのお返事を致しました。いつも、ありがとうございます。

わたしの今の目

テーマ:
鬱と犬-090602_090644.jpg
本日はあるコンサートに秋田で行きましたが、また、後ほどに書く予定です。

最近、目が変で、例えばテレビを見てある俳優さんがいるとするでしょ、同じように二重にうつります。隣に人がまったく同じ感じに、見えるのです。

わたしはパセドウ病で、眼球突出で、筋肉が下がると聞くから、その影響あるのかな。だけど、テレビっ子な、活字中毒なわたしには、目の変異は脅威★きょうい★かな。そりゃあ、酒好きだけど、肝臓の数値は引っかかったことはないし。

月曜日に、目で通院する予定です。目の筋肉のMRIも撮影予定みたいです。まあ、なるがままに。今日もゆっくりとしようとします。

★六七四字★



追記、画像は、妹の犬のももちゃん。昨年、子宮の手術から回復しました。