仕事納め

テーマ:
鬱と犬-l.jpg
仕事納めなホステス稼業。店は混んでいて、お客さんの話によると、駐車場もあいてないみたい。すごいですね。


今日はコンビニで年賀状の本を買う。図柄決めました。父に「それは暗いよ」って言われたけど、わたしの趣味を貫き☆つらぬき☆ます。ええ、根が明るくないから。好きな歌はユーミンより、中島みゆき。カラオケの歌も悲しい歌が好き。服も小物も黒が好き。たまにはじけますが、たまにです。


仕事納めだけど、わたしは暇で、ホステスするお店で洗いものしてました。父が経営するこのお店で、初めて働いたのは洗いものですよ。高校一年生だった。


あれから幾年。
いくつかの恋。

十代の頃は三十二歳の自分なんて、思いもよらなかったなーもっと大人な女と思うが、より子供になる。

やっと指名が入りました。最後に指名なしはいやよね。寂しいじゃない。ああ、よかった。最後に「おまえは飲むな」といわれつつ、いただきます。

そして♪僕は途方にくれる、そして私は焼酎飲むのさ。ウーロン割りね。

仕事が終わる。
充実感と振り返る。わたしを指名してくれたお客さん、指名がなければ席につきなよと言ってくださったお客さん、皆さん感謝です。すべてを教えてくれました。怒っても見捨てないでまだ呼んでくれました。ありがとうございました。今日は休みです。年賀状セット店に置いてきちゃった。図柄とハガキと。あーあ。いつまでたっともだめな典子です。


追記、画像は厄払いした神田明神。
AD
鬱と犬-CA390387.JPG
あと三十分でホステスするお店は終了。わたしは落ち着きました。しばし休憩です。もう暦☆こよみ☆は十二月三十日なのねぇ。十二月はあっという間でした。

昨年の自分のブログの十二月の記事を読み返しても、おおみそかから年賀状書くし、アフターでラーメン続いている。
昨日はアフターでラーメンの誘いは辞退した。前はみんなで行ったけど、最近はラーメン食べる派と家に帰る派のふたて。よく知っているお客さんとしか行かないですね。ラーメン屋さんに行っても、ウーロン杯飲んで、軽くつまみます。


風邪は治りましたが、風邪で寝てばかりいたから、睡眠時間狂う。眠たくなく、六時まで起きる。眠りたいけど、眠れないのは、まるで荒野に残された気分だ。そもそも、寝つき悪いんです。母のようにベッドに入ったら、三分で眠りにつけるのが、うらやましい。「寝れない」、深夜の迷路みたい。まあ、寝つき悪いから寝る前に本を読む習慣できたかな。


昨日の深夜は、寝れないジレンマとともに、久石穣のスタジオジブリの映画音楽のコンサートをテレビで見ていた。宮崎駿作品は耳で覚えているね。オーケストラと合唱団で、スケールがあり、楽しかった。
久石さんがインタビューで、「もっとすごい音楽家になりたい」と言う。第一線を走っているとわたしには思えるが。飽くなき向上心だよね。自分の可能性、限界、世界観を広げるのは、最後は己☆おのれ☆しかいない。真夜中の素晴らしい音楽会を堪能☆たんのう☆したひとときでした。

☆一三六六字☆

追記、冬の泥湯温泉の露天風呂。女湯にわたしだけ。秋田県湯沢市の秘湯かな。
AD

大人の仕事って

テーマ:
鬱と犬-071215_2253~0001.jpg
今日もまあ日曜日にしては忙しいかな。おかげさまで。

競馬の有馬記念は玉砕。ダイワスカーレットの牝馬で30何年ぶりかの一着をリアルタイムで見れて幸せだわ。歴史の生き商人かな。馬券は外れたけど、いいレースだった。負けても拍手なレースでした。


ホステスする店は31日休みで元旦から。わたしも元旦から働きますわ。元旦から不景気に仕事があればいいのか。わからないや。眠いっすーだけどあと二時間か。大人な仕事をします。



画像は去年の広島の全日空ホテルのツリーだわさー
AD
鬱と犬-CA390393.JPG
そういえば、金城武主演の「怪人二十面相」を初日に見ました。映画を初日に見るなんて初めて。よく妹は初日のオールナイトに並んでいたな。家から映画館ある歌舞伎町は徒歩十分。

「怪人二十面相」の映画は冒険活劇。困った顔した金城、クールな仲村トオル、強気な松たか子、いいバランスのトライアングル。そして美術が素晴らしい。東京のようなロケは上海みたいな第二次対戦前。そのある意味無国籍なムードをかもしだす。

ちょうど見に行った日はサービスデーで千円で見れた。おいしい思いをしました。


深夜の日テレのニュースは今年を振り返る。わたしにとって今年は今は何だろう。

仕事が面白くなりました。若い人と働くならより考え働かなくてはなりません。だけど、いいお客さんが来てくれて、また怒られ注意してくれながら、わたしには養分です。

プライベートは、不完全燃焼かしら。恋はね。来年はより旅したい。人間、死んだら、地位も名誉以外に、見てきたもの味わったもの、感じたものが宝だから。
死にたくてしかたなかったわたしが、前を希望を見れるようになりました。

死ななくて良かった。一回死んだと思えば、また世界は違います。時には灰色で時には鮮やかな万華鏡かもしれません。
☆一一五零字☆

追記、写真は「怪人二十面相」の映画のビラ。

フライディナイト

テーマ:
鬱と犬-CA390391.JPG
今日は明日から冬休みな方々でホステスする店は混みました。不景気ゆえに明日から休みの方もしばしば。
また忘年会の三次会に使ってくれたり。店のカラオケが十五曲も入ったり。いろんな歌が聞けて、わたしも久しぶりに、「男と女のラブゲーム」をデュェット。♪飲み過ぎたのはあなたのせいよで始まり、♪水割り行きずり古い傷 男と女のラブゲームと。
これは、小学生の時にゲームのファミコンでカラオケのがあり、つい覚えました。あとは吉幾三の「雪国」。♪好きよ あなた です。吉さんの歌は、北国で暮らして、雪を知り、また深みが出ました。

今日は久しぶりの雪でした。寒いし雪ゆえにスピード出せないので、帰りのタクシーや代行が混む混む。一時間待ちとか続出です。週末は、帰りの時間が十二時、二時がラッシュみたい。
東京にいる時は、若い時は朝まで飲んで、始発待ったり(わたしは四時半かな)、カラオケやファミレスにいました。
めったにタクシーで帰らない。
いまは周りの友人は終電を計算して帰ります。携帯ですぐにわかるようになりましたね。よりそうです。東京で明け方まで飲むのは歩いて帰れる地元の飲みくらいかな。もう眠くなりますし、翌日がつらくなりました。朝まで飲んで冷まして、バイトに行っていた頃が懐かしいです。


今日は一月四日の新日本プロレスのドームのチケットを予約しました。秋の女子プロに続き、また観戦。久しぶりに会うプロレス仲間もいます。まあ、チケットは三千円の席で。ああ楽しみだな。二十代はよくプロレスに行きました。心が躍ります。やはりライブはいいですね。十日にも法事で帰るので、四日のプロレスは弾丸ツアーみたいに夜行一泊かも。やはり趣味はわたしにはかけがえないものです。

☆一五六七字☆

追記、写真はプロレス団体は違いますがおおみそかのハッスルのポスター。小学生から好きな天龍さんです。

風邪の思い出

テーマ:
鬱と犬-081005_1439~0001-0001-0001.jpg
風邪ひきのわたしですが、朝ご飯食べて→薬飲む→寝る→昼ご飯食べて→薬飲む→寝るの繰り返しで、寝ると汗がでて、楽になりました。
昨日のブログの記事での気づかって頂いたコメントありがとうございました。

小学生の時は風邪イコールふだんはあんまりでないプリンやら桃の缶詰を優先的に食べれて、嬉しかったな。
そして、当時はわたしは三人兄弟でみんな同じ部屋でした。二段ベッドと下にふとんひいて。部屋に独りきり、母が買い物に行けば、家に独りきりという時間も、新鮮だったな。
風邪は苦しいけど、普段は味わえない日常が、時間がそこにありました。

わたしは十代も妹と二段ベッドで一緒。まあ、それが当たり前で。妹は、わたしが恋にもがいて、中島みゆきのベストアルバムの「大吟醸☆ぎんじょう☆」聞いても何も言わずにいてくれて、それは感謝です。

十代で一人暮らしにすごい憧れましたが、二十二の時に、母も秋田で暮らすようになり、妹も独立して、弟も朝晩仕事に励み、ほとんど一人暮らし状態に。
でも、インテリアは質素で。自分の旅の土産を並べ、あとは本。本棚の本の並べ方は、こだわったけど。だけど、本棚って他人には見られたくないな。同級生の家に行ったら、文庫本に全てカバーかけていた人がいたけど。ある意味、本棚って裸より恥ずかしい。自分の好む世界や嗜好☆しこう☆をあぶりだすから。本好きなわたしにはね。


昨日のニュースで飯島愛さんの死は衝撃的だった。今日の報では、死後一週間発見されず。
まだ結婚の見通しのないわたしは、老後もし一人暮らししていたら、わたしもそうなのかもしれないな、とよぎったのは確かです。

わたしが十代の頃、ちょっと大人なエッチな深夜番組は確か飯島さんも出ていた土曜日の夜の通称「ギルガメ」こと「ギルガメッシュナイト」でした。刺激的であり、どっか愉快で、月曜日には学校(女子校)の話題になることもしばしば。耳年増☆みみどしま☆な高校生には、魅力的だったな。

あの番組に出ていた女の子があそこまでなるとはと思った。
Tバックのパンティを初めて見たのも飯島さんがわたしには、初めてです。

そして、ベストセラーの「プラトニックセックス」のインパクトも忘れないです。

ご冥福をお祈りします。

☆一九三零字☆

追記、たくさんのプレゼントのクリスマスカードなどありがとうございました。
写真は相模湖近辺のホームセンターにて。感謝をこめて。

メリークリスマス

テーマ:
鬱と犬-CA390374.JPG
ホステスする店で、クリスマス記念で、スタッフでプレゼント交換。予算千円でくじ引き。なつかしい感じです。

わたしは、黒いパンツ(下着)や花柄の若いパンツやらタオルが当たる。パンツは花柄がハイビスカスで若いな(笑)

まあ、ドキドキして楽しかったです。

クリスマスもおかげさまで盛り上がりました。近所のお店もクリスマスパーティーでにぎわってました。

久しぶりでテレビで明石家さんまと八木亜希子のクリスマスの番組見てます(今は深夜二時すぎ)。
この番組やら、
競馬の有馬記念があると、ああ年の瀬だと感じます。
競馬は例えば桜花賞(春)、菊花賞(秋)と四季を感じます。有馬記念こそ、当てたいな。優秀の美を。研究しなきゃ。
久しぶりに風邪ひきました。仕事中は眠くなるから風邪薬は控えます。関節が痛いな。今日はもう寝ます。クリスマスに風邪かぁ。早く治してあと一週間を過ごしたいです。

☆八八零字☆

追記、写真はバスからのぞいた相模湖駅のイルミネーション。

今年何回恋した?

テーマ:
今年何回恋した? ブログネタ:今年何回恋した? 参加中


何回かな。

ブログを読んでくれた人のみぞ知る。

恋愛体質だけど、お付き合いしたら最低四年かな。

何かの本で愛は四年で終わるだっけ。

わからないけど、長い。

ある身内が言ったが、

「次に、もっと好きな人ができたら別れる」と。

なんだかわかる。

本当に人見知りだから、


なかなか素見せません。


女友達でも旅するなら最低三年の何かがいります。

何だろうな、旅のパートナーはすでにいて、

その人とああ、これ行きたいねで、

消化する。

一番は高校の演劇部時代のSさん。

インド、カンボジア、べトナム、台湾、ミャンマー、ネパール

全部。

わたしは酒飲みだけど、彼女はいっさい飲まない。

だけど、やはり、怒る沸点が違うから楽だ。

極端だけど、片方が何かに怒り、

片方がそんなに怒ることなのってどっか笑う。

ひたすらくだらない話ができる。


片方が移動中に寝ていると

片方が本読んでいる。

旅して気楽。

飽きない。

けんかしない。

ばかばかしいことをとことん追求する。


これは恋と似ているかも。





そうね、あたしももっと楽に恋すればいいかな。


だけど、深い恋はめったにないわ。


三十代、仕事も大変だ。

若い世代と。

今日もさんざん、昨日のクリスマスパーティの

自分のあり方について、

常連さんから諭された。

常連さんはきてはないが。


まあ、何かを言ってくれるほうが

ほめるより神経遣うと思うのよ。

そういう人が、

真剣に注意してくれる人が

いる自分がいいかな。

でも、昨日のパーティは

ただでさえ団体さんでてんぱるわたしは

家に帰って、よくわからないが

古いお茶飲んで、吐いた

お茶に当たったかわからないが、

ぎりぎりで。

ああ、完璧な仕事って難しいね。

まなんでます。

ホステス業、奥が深いな。

だからつらくてもカルタシスあるかな。

お客さんあってのわたしです。

呼ばれてなんぼです。

不器用かな。

まただめだ。

明日の仕事が怖いよ。


そんな商いだ。
鬱と犬-CA390394.JPG
おはようございます。昨日はホステスする店のクリスマスパーティーとなりました。おかげさまで盛況でした。何かひと山越えた感じでした。
パーティーは、いろんなダンスショーをとりいれ、スタッフが作った中国のぎょうざ(焼きではなく蒸し)、フィリピンのスープ(酸味がある)、インドネシアのジャガイモの辛い炒めものなどを、みんなで作りました。
衣装はアルバイトさんは、みんな赤。わたしも赤。初めてのノースリーブ。まあ、ショールが大活躍でした。

もう今年もあとわずかなんですね。師走はばたばたします。まだ忘年会は続くのかな。

ああ年賀状。何もしてないわ。

今日は小学生の同級生の女の子が初めての子供を出産。いい話です。お祝いに行かなきゃな。

いいニュースにはずみをつけて、今週も働きます。

今日はゆっくりします。やはり気が張ったかな。愛犬とまったりだわ。

追記、写真はクリスマスパーティー用のトナカイさんのヘアバンド。百円なり。やはり恥ずかしくつけられず。

怖いもの見たさ度

テーマ:
あなたの“怖いもの見たさ度”は何%? ブログネタ:あなたの“怖いもの見たさ度”は何%? 参加中
本文はここから
ミラーズ公式サイト
20世紀フォックス映画
映画「ミラーズ」ポスター
キーファー・サザーランド


わたしは怖がりです。

ホラー映画見れない。

グレムリンが限界。

本好きだけど、怖い小説も無理だな。


中学時代の修学旅行の夜の話題は怪談で。

学校でも、こっくりさんはやりました。

百物語みたいに聞くリアルな怪談は怖い怖い。


高校時代の修学旅行は恋愛についてだから


それのほうが性に合うわ。


怖くないし。














だけど、一番ね、

怖いのは人の心だ。

だから、犯罪が生まれるかな。

男と女の嫉妬の場面を職業柄見てきた、

ホステスなんで。


やきもちで厨房の包丁とりに行った人がいて。

ポーズかもしれないけど、

怖かったな。

わたしのお客さんじゃないけど。

包丁なん持ち出したら、

傷害罪をこえて殺人未遂ですよ。

煮詰まっていたとしか思えないが。


ああ、嫉妬、独占欲、執着を見ました。

ただ、この人の社会的地位が終わるなと思って

みんなで止めた。





一番怖いのは幽霊でも心霊現象でもなく、

人の心と思います。


情炎だよな。


止められないかな。

スイッチはいると。

奈落がすぐそこにそびえているかもしれません。

それはのぞいたものにしかわからないけど。

堕ちていくのも幸せだっと、

ジュリーの歌が語るがごとくです。