ああ、脱輪の次はスリップだ

テーマ:
2008112923480000.jpg
一昨日のブログの記事の車の脱輪事件に続き、昨日は父が車でスリップです。

父は仙台空港に着いた中国の女の子を迎えに、車で行きました。(我が家の家業は外人クラブです)
仙台から秋田に向かう途中に、雪にスリップ。もちろん、冬タイヤです。
スリップした車は対向車線を越え、縁石を超えて、建設省の看板にぶつかり、ストップ。万事休すです。危なかったですよね。対向車線に車がなかったことや、後続の車がなくて良かったです。今回は一昨日、脱輪した車ではなく、乗用車で。父は「死ぬかと思った」と言ってました。車のお祓い☆おはらい☆に行こうかな。三年前に追突された時は、神社に行きました。そうしようかな。続きすぎだわ。


今日は久しぶりに川口の祖母と電話しました。母方の祖母ですね。父方の祖父母は他界したから、唯一のおばあちゃん。祖母の声を聞くと安心します。わたしはおばあちゃんっ子で、大人になってからも、一緒に旅したり、ご飯食べます。来週、川口で久しぶりに会います。祖父母との時間を大切にしたいと思います。
声を聞いて安心する一番の人だなと、感じました。


ああ来週は東京かな。仕事が忙しくてリアリティないな。それはいいことかも。水商売、シビアに数字がついてくる。これ以上なく、お客様がいない人はたいきだな。わたしは昨日、新人に厳しいこと言ったかもしれないが、日本に来れる人は今は難しいから選ばれた人ですね。たまにうちの店にも仕事じゃないみたいで、観光気分に来る方いますわ。それはだめだ。わたしもいつも戦場のような気分で、不安になりますよ。緊張感持って仕事をしてほしいな。そんなにね、甘くない。居酒屋の何倍もの金額払ってお客様は来てくれます。満足させなきゃ、だめでしょう。この不景気にー

はい、昨日はよく飲みよく歌う。二日酔いだ。少し寝ます。今日も仕事だわ。
AD

ホームシック

テーマ:
081127_2257~0001.jpg

今日は一週間前に来た職場の若い子、フィリピンから来ましたが、わたしの胸で泣くの。初めてだなーわたしはそんなに面倒見よくないわー胸を貸すなんて初めてさ。泣いた彼女のホームシックを聞いてあげて、せっかくね、日本に来れたんなら、働かなきゃ、母国の家族は喜ばないよと。

厳しいかな。

だけど、胸で泣かれたら応援したくなるわ。

ああ眠いわ。来週の東京は女友達と浅草の花やしき。久しぶりです。逢いたい人いるがなかなか休みがあわないわ。

わたしが東京っていえば、地元だわ。
はじけてきます、懐かしい友と。


追記、写真は冬物のスカート。結構ミニ。

AD
070817_1220~0001.jpg
そう、水曜日から、我が家のワゴン車に乗ると、変な、からからという音がしたんです。母と「変だね」と言っていて、
でも、担当の車屋さんが、ちょうどお休み。
木曜日の深夜三時に、その車でアパートに着いた瞬間、すごい音が。
何の騒ぎだと思ったら、車の後ろのタイヤが脱輪。見事にはずれてました。

唖然☆あぜん☆な我がファミリー。
わたしのほろ酔いも冷めますわ。

やはり、変な音が車から聞こえたら、すぐ見てもらうことをおすすめします。

だって、今回は良かったけど、道路で脱輪したら、危険ですよね。

なお、脱輪の原因は、タイヤのネジのゆるみでした。

本当に今年のわたしは、
四月に、親に高速道路のパーキングに忘れられた事件、
六月は、宮城岩手内陸地震の日に、震源地付近の栗駒山にいたりと、
いろいろありました。今回の脱輪もびっくりです。

来月、東京の神田明神で、お友達と厄払いを受けてきます。十九の時は受けなかった。神田明神は、母の実家の近くで、小さい時からお祭りに参加してきました。卒業した大学にも近いので、友達と決めました。今年中に出来て良かったです。


そして、今日は愛犬さいちゃんの五歳の誕生日です。

さいちゃんの第一印象、正直、悪いです(笑)

前にも書いてきましたが、2004年の秋かな。
無職で鬱で引きこもりで昼夜逆転生活をしていたわたしに、妹が出勤前にさいちゃんを抱いてきたんですよ。
わたしは寝ぼけ眼☆まなこ☆で、妹に抱かれるさいちゃんを見て、「うなぎみたいだな」と思いました。

預かるようになり、わたしは当時は過呼吸の発作があって、深夜に苦しくて泣いていると、
さいちゃんはびっくりして、ひたすら、顔をなめてくれた。
わたしもびっくりしましたね。今まで、犬は飼っていましたが、犬の前で泣くことはなかったし。

翌朝、わたしの胸に愛犬の小さな手が、ちょこんと置いてありました。心配だったんでしょうね。

それが瞬間ですね。何とも言えない感情と温かさが伝わりました。

氷のように冷たく閉ざしていたわたしの心が、久しぶりに揺れた。これは、忘れていた感情なのかもしれないと。

それから、四年ですね。

二日酔いの時に寄り添うさいちゃん、

わたしが悲しいと背中をかしてくれるさいちゃん。まさに男の背中。

もう一匹のまりこを呼ぶとすねるさいちゃん。

心からおめでとうとありがとう。

さいちゃんを通して、愛を知ったかもしれません。そして、想う気持ちを。
だけど、父にさいちゃんが甘えると何か寂しい、自分の中の嫉妬を。

わたしがパソコンしている以外は、よくさいちゃんと密着してます。ぬくもりって、安心するんだなと。何かもやもやを溶かすんだと。

人との出会いって大切ですが、ペットとの出会いも相性もあるなと。

「鬱と犬」というブログの題名の犬は、さいちゃんしかいない。さいちゃんがいなかったら、まだわたしの心は折れていたのかもしれない。本当に寄り添ってくれました。こんなわがままな飼い主に。

かけがえのない存在に出会えました。
家に帰ったら、お祝いだわ。

☆二四零零字☆

追記、画像は愛犬さいちゃん、車の中で外を見るの図。
AD

食育の講演とラグビーじゃ

テーマ:
081111_1043~0001.jpg
今日はホステスするお店が加入する飲食店組合の食育についての講習会とパーティーに参加。

会場はホテルにて。
食育という言葉は聞くが、配布された資料によると、食育とは、「食育基本法」によると、

「食育は、生きる上での基本であって、教育の三本の柱である知育、徳育、体育の基礎となるべきもの」らしい。

講義を聞きながら、ケーキとコーヒーがでた。誰もが話に耳を向け真剣に聞いている。
わたしはこういうときは、一番に手をつけられない。周りを見てからである。が、隣の席でやみくもにケーキを食べている人がいた。
びっくり。うちの母である(ホステスする店のママ)。
話より食欲(笑)

講演の次は、食育支援メニュー研修会。メニューは、秋田の山内名産の芋の子(里芋)や菊やこはだや野菜の巻き寿司。
巻き寿司は実演。聴衆に実演参加者求めるが、反応は鈍い。よくわたしがアフターでおじゃまするマスターが、わたしにやれば、と目配せ。うちの母が手をあげることになる。

実演コーナーで、料理長と並ぶ母。司会者からは、「秋田弁で答えて」とのリクエスト。母、無言。母は今は秋田にいるが、生まれは東京の神田。外野が合いの手で、「東京の人だから」と(笑)場内、微笑。
母も手順に従いきれいな巻き寿司。

やはり、きちんと朝ご飯を食べ、旬なものを食べ、野菜をとり、塩分控えめに。当たり前のことだか、筆者は野菜不足だな。生野菜より温野菜。二十代、居酒屋に行くと、女友達から、「野菜食べなきゃ」としかられたな。好き嫌いをなくしていこう。小学生みたいな感じ。

まあ、面白い講演でした。講演より母の印象強いが。
水商売も仕事は夜ばかりではないです。まあ、たまにはですが。


十一月も終わりですね。来週は東京に帰るんだ。あまり決めてないな。
仕事が、ばたばたして。日曜日に、早稲田対明治の早明戦のラグビーを久しぶりに観戦がメイン行事。何年ぶりだろう。
大学時代は毎年、行きました。卒業してからも。ゼミの先生が警備係の仕事をするようになり。

一回、試合後の飲みで、いろいろあってえらい酔ったなぁ。あの時の自分が、若くてほろ苦くて、どっか嫌だ。
それ以来、封印。封印が溶けるのは、
同級生の一番仲いい女の子の結婚祝いかな。みんなで集結。
あの時、酔ったわたしへ。また違う試合を、酒を飲むのさ。何だろうね、夢中になって見たドラマの再放送(「ラストフレンズ」)で、長澤まさみが、彼氏に言うの。
「わたしはあなたといるとわたしがなくなっちゃうから」と。稲妻に打たれるように、さとるわ。
昔のわたしみたい。別に暴力は受けてないが。

そう、ストレス溜めて我慢したふりして、一人で泣くのは恋じゃないから。

何てね、昔のラグビーの時のわたしにセンチメンタルになりそうな夜。



追記、画像は蜷川みかの写真の壁紙にて。わたしのパソコン。

ホステス稼業について

テーマ:
081124_2056~0001.jpg
今日はホステスする店の買い物ディ。
わたしも便乗して、同僚ホステスの誕生日祝いを買う。彼女からは誕生日に文庫本二冊と可愛いポーチを頂いた。フィリピンの彼女から日本の本が嬉しかったーいいチョイスだった。わたしは雑用が終わりやることなくて、お客さんが来るまでは本を読んでいる。たまには同僚といろんな話をするが、本だな。そんな感じかな。


今日久しぶりに逢ったお客さんに、「あなたの顔つきが変わった」と言われた。良くなったと。何でしょうね。経験かな。売上あげなきゃという危機感か。実はしばらく、売上いいですね。アルバイトなら、一番か二番。他には落ちない。それは来てくれるお客さんあってです。外人クラブですので、異色かも。別に順位はいいですが、結果がついてきてますー何だろうな、昔は外人クラブで唯一の日本人と書いてきましたが、わたしは地元じゃない。人生の三年間は秋田で。あとは東京しかわからない。東京の話、話題の時事ネタ、趣味の話はいる方より語り部ですわ。結構、秋田の方は出稼ぎやら観光で東京に接点ありますわ。「何で秋田じゃないの?」と聞かれたら、正直に言いますわ。年齢もサバ読みません。


昔に比べればホステス稼業、乗り越えるようになりました。昔は店に行く車が憂鬱で、たまらなかった。頭では、「ドナドナ」と、わかりやすい例えなら屠殺場の牛。何を言われ怒られるのかなと。

ずっと今は少し楽しいかな。今日はどんな出会いが発見があるのかと。人見知りにコンプレックスありましたが、逆に思いますね。人見知りゆえに、一回仲良くなると長いです。リアルな友達もそうかな。


そう、呼吸するのが楽になりました。ひとえに根気よくわたしなんかを呼んでくれたお客さんのおかげですね。そしてブログを読んでくれた皆さんです。
仕事の愚痴を書いても対処してきれ見守って頂きました。どれだけ素朴な疑問にヒントをくれて、慰めて頂いたか。

やっと仕事で少しゆとりです。仕事がそうだといかに楽かわかります。年末も励みますよ。感謝です。

懐かしのフルーツドロップ

テーマ:
081124_2116~0001.jpg
さすがに連休の最終日。
繁華街☆はんかがい☆は、ひっそりしている。


ホステスする店にあるフルーツドロップのあめをなめてみる。今日の画像。

久しぶりな懐かしい味。

前は結構、あめが好きだったが、煙草を吸うようになり、買わなくなっていた。

アルミの缶からに、入っているフルーツドロップ。

わたしが小さい頃と同じだ。パッケージは何か違う気がする。二十年以上前だし。

でも、ドロップの味は、グレープ、パイン、オレンジ、メロン、レモン、ストロベリー。そして、ハッカ。
小さい頃から白のハッカのすうっとした感じが苦手だった。

大人になれば、
こういう味が大丈夫になるかと幼な心に思ったが、
今でも、やはり何だかハッカは敬遠気味。
つい、なじみの赤やオレンジのあめに手が伸びる。あめをなめると、その甘さに少し安心するのは、なぜだろう。

子供の頃にはお寿司は食べれなかったけど、今は食べれるようになった。

だけど、昔からの好みのままなものがあるなぁ。どこか、かたくなに。

三つ子の魂百までという諺☆ことわざ☆あるが、変わらないところは変わらない。ハッカを眺めて思った。


話はがらっと変わりますが、
今日、テレビのニュースで俳優の松方弘樹が、三百キロのマグロを釣りましたね。立派な姿でした。山口県の島での競技大会にて。
三百キロの引きってすごいだろうな。

この前に一緒に釣りに行ったママさんが、釣りに行く前にメールで、
「人生では大物を釣ってないので、釣りでは釣りたい」ときて、何て返事返そうかと思った(笑)

一年の釣り納めを、竿☆さお☆納めと言うんですね。
秋は鮭釣りに明け暮れ、冬は、秋田名物のはたはた釣りかな。今年は、結構、量が多いと聞きます。
前はボーリングが、レクレーションで家族やお客さんと楽しんでました。が、近くのボーリング場が、閉店。パチンコ屋さんになります。

釣りねぇ、来月かな。なお、店の次の定休日は、十二月三十一日。おおみそかですよ。すっきりしてますねぇ(笑)
スタッフは交代に休みます。わたしも来月は三日くらい東京かな。適度に休みますよ。

上手に気分転換し、年末戦線を乗り切ります。

☆一九三六字☆

追記、画像は話に触れたフルーツドロップの缶。
愛したい?愛されたい? ブログネタ:愛したい?愛されたい? 参加中

今日は休みではないけど、口コミで。

愛したい、愛されたい、

究極はどちらもですね。

愛したい、

自分の想いが膨らみすぎても、

その重みに耐えられなくなる。

一人芝居みたいに。

要は、バランスですね。

もう学生時代の恋みたいに、

いつでも会いたいは無理かなと。

お互いの仕事をリスペクトし、

会える時間を作りたい。


愛されたいか。


わたしは正直、ずっと自分のことが嫌いだったんですよ。

自分を好いてくれる人に、何がいいのかなと思っていました。

でも、自分を好きじゃないと、

本当に自分を好きになってくれた相手を愛せないなとも思います。



自分でいいのかなというわたしに、

自信じゃないけど、

自然体でいいかなと思わせてくれたのは、

ホステスという仕事ですね。

大勢の女の子の中から選んでくれて、

よくお店に顔をだしてくれて、

「あなた以外と話してもつまらない」とか、

「あなたがいなければ帰る」などのお言葉、

楽しそうに飲んでくれたり、

本音をぽつりと漏らしてくれたり、

一緒に歌って盛り上がると、

ああ、良かったなと思います。


前はなんでわたしなんだろうと不思議でしたが、

せっかく指名してくれたら、

より楽しむ方法を考えなくてはならない、

その人の好みを、好きなパターンを作る。

よく水商売は「擬似恋愛」の要素もあると聞きますが、

その構造は、どっかあります。

相手のことを想う。今日の相手を見る。


これって、今までの恋愛のわたしのはなかったパターンかな

と思った。

今までの恋愛はわたしでいいのかと不安になったり、

いつ会えるのかとそればかりで、

「愛されたい」自分が多い。

自分で精一杯だったなと。

それで空回りで。


ちょっと仕事して、いろんな方と接するようになって

少しわかったかな。

まだ、それがいいか実践してないけど。


ある意味、他人が一緒にいるのだから、

「愛したい」、「愛されたい」、

二人の想いが同じベクトルに向けば言うことないけど、

時には船は沈没しそうになる。

そのときにどう軌道修正できるかですかね。


「愛して」、「愛せれて」、

とてもデリケートな言葉です。

「好き」とはささやくかもしれないが、

「愛している」は、また違うな。

じつは簡単なことかもしれませんが、

わたしは、まだまだ、

「愛して」、「愛されて」のバランスを

考えるでしょう。

やはり、両方の気持ちかな。



そういえば、昔、恋をしていたときに、園まりの「逢いたくて逢いたくて」

を歌っていたな。

「愛した人はあなただけ わかっているのに

心の糸が結べない 二人は恋人」

歌の冒頭のここの部分が一番のそのときのわたしの本音でした。


次の恋はどんな歌に共感するかな。




通常ブログへ。

今日は、久々に日曜日に勤務。

結構、お客さん来てくれました。

三連休ですね。

体調管理に気をつけて、十一月を終えたいです。

皆様もご自愛ください。


追記、↓下に引用の園まりの「逢いたくて逢いたくて」をはりました。
2008112222200002.jpg
今日はお客さんとボジョレーヌーボー飲み、ビザ頼む。
ボジョレーはやはり若いが、お祭りだよな。
一本を二人で開けて気持ちよく飲んだ。

今日は三時間くらい昼寝。新人加入で、よくわからない。物おじしない、脅威な新人。店を4日目なのに、貫禄あるな。
明日は仕事です。新人来る前は週一で休みでした。健康的ですね。いや、いつ休んでもいいと言われますが、家で晩酌するなら、店かな。

店も忙しいですわ。わたしも励みますわ。

相撲は安馬、優勝するかな。あの体でひそかに応援してます。競馬は先週は武豊が落馬で、わたしの夢ははかなく散る。
まあ、わたしは愛犬が近くにいてくれて、読書できたら至福だな。

そんなには望まない。まあ、自分の仕事をまっとうすればこそです。

皆さん、おやすみなさいませ。


追記、画像はボジョレーとあたし。お客様撮影。

ワインパーティー

テーマ:
081121_1747~0001.jpg
今日お呼ばれのワインパーティーは、ボジョレーヌーボー解禁と秋田の大森ワインの会。ワイン飲み放題とつまみで三千五百円。
つまみもキーマカレーとかトマトソースの鶏肉煮込み、ビザ、生ハムなどなど。酒が進むわ。

ワインティスティング大会あり。四種類の中で大森ワイン決めるの。
なんだかわたしが選ばれた。
壇上で「甘いやつ」とヒント頂き、わたしも従業員に他のワインは何ですかと聞いたら、カリフォルニアかドイツね。

なんかこくがあるのが、日本のワイン。正解でした。味音痴と言われたが、酒は違うか。

タコの唐揚げを、「これはいかげそだね」 と言った女でーす。

ワインに酔い、店ではしばらく烏龍茶で冷まして持ちました。若手加入で、酔いどれないな。悪いところこそ、すぐまねします。

昨日は疲れて仕事中に寝た若手に、びっくり。そんなうちの職場は緊張感ないの。わたしは初めはがちがちでしたよ。正直、そんな緊張感ないのでは、たとえダンサーでも、年の瀬は違いますよ。だらだらでできる商いではないです。

今日見たドラマの「女帝」という水商売のドラマで、一流のホステスとはの定義は、
「どんなお客さんにも合わせられる人」で大切なのは、奇遇にもわたしが書いてきた「心がある人」らしい。嬉しいですよ。やはりね。わたしはわたしの仕事をし、前職の社長が会議で口を酸っぱくして説いた「あなたがたは、経費がかかっているから、給料の二倍から三倍は売り上げなさい」との言葉がわかります。
人数増えた時代、咲き誇りたいな。何てね。