日曜日だけどお仕事です

テーマ:
CA390066.jpg
お仕事終了。今日は暇で早く終わる。次の休みは十三日で。ホステスする店のフィリピン姉さん達と、休日は外人クラブに飲みに行くことに。そこのオーナーが、うちによく来てくれる人で。ある意味、還元で。まあ、そういう集まりにわたしが呼ばれること自体、すごく嬉しい。やはり二十一の若い女の子より、自分より年上のフィリピン姉さんと話す方が合うな。十三日まで、完走できるかな。この前は、久しぶりにブログを一日書けず。別に文才ないし、毎日、更新が売りなのかもしれないのに。もしわたしが作家なら、連載を落としたと言うのかな。まあ、たまにはあります。でも、それを心配してくれる方もいるし。嬉しいが情けない。そんなブログな日々。


うちのホステスする店にはいろんな特技ある人がいるが、すごいと思うのは、マッサージがうまい人。お客さんに手とり足とり三十分はしてあげる。インドネシアの女の子だけど、うまいんだな。献身的で。彼女自身も魅力あるが、マッサージもすごい。そういえば、年上の恋人がいる友人が言ってたな。年上の男と付き合うとマッサージが自然とうまくなるって。わたしは五分が限度で、やはり自分がお金払ってマッサージしてもらう方がいいな。受け身の方が。まあ、覚えたら武器になる技術かもしれないが、才能もあるな。


ネットで文京区の無理心中の親について議論あるみたいですね。いろいろあるとは思うが、自分の両親や子供を巻き込まなくても。歯車が狂うのかな。日テレの福沢アナが言っていたけど、立派な殺人ですよね。現場にいた子供にもすごいトラウマだと思うし。いたたまれない。率直に。暗いニュースばかりですね。明るいニュースが聞きたいな。春だしね。わたしの春も来るかしら。

☆一五八零字☆

追記、大好きなおとんのお腹の上にいた大満足なうちの姫?なまりーちゃん。
AD

久しぶりに

テーマ:
CA390064.jpg
記事を打ちながら寝ていたようです。昨日は店で記事を書こうと思ったら、七時から結婚式帰りの方が来店。それから、ずっと忙しかった。珍しく芋焼酎がでた。お客さんの希望は、わたしのお気に入りの黒霧島。独特の香りですね。それから、海童。フィリピンのホステスさんが、ものめずらしそうに、芋焼酎を味見。でも、コーラで割るのはな。なんかもったいない感じもしますが、好みだからな。個人的には、芋はお湯割りがいいかな。わたしがボトルキープしている同じビルのスナックの焼酎は、ゴマです。焼酎も奥深いですね。しそは、飲めないな。梅がだめなんです。あとは、大丈夫です。


この前、森三中の村上さんのスピード結婚には、驚いた。知り合って三週間でしょ。テレビでは、村上さんは、殿方と付き合ったことがないと宣言したけど。やはり、勢いなのかな。村上さんは、森三中の中の、背が小さくていつもおだんご頭の女の子。同じグループの大島さんは、放送作家と既婚。旦那が書いてドラマになった「ブスの瞳に恋してる」は、面白い恋愛本だった。妹が買ってきたな。わたしも、すぐ、結婚したいと思うくらいど真ん中な殿方とであえるかしら。ついつい、前の恋愛と無意識に比較してしまうのが、たまに傷。あなたの色に染められたい。なんてね。


昨日は愛犬さいちゃんを腕枕に抱いて寝たのに、起きたら、腕枕にはもう一匹のまりーちゃんがいた。毛の長さが違うから、手触りで何か違うとおもった。朝、起きたら相手が違うような。まあ、かわいいけど。三月も、もう終わりですね。お仕事は順調かな。日々の積み重ねですね。今日もいい接客を目指します。

☆一四七零字☆
AD

虚実の狭間で

テーマ:
080325_014811.jpg
昨日はホステスする店で、五十歳のお客さんと話しました。うちのお店のお客さんの平均年齢かな。ママと同世代が、やはり多い。この春もそう。そのお客さんの若い頃は、わたしがいる狭い街にもディスコがあったようです。ソウルミュージック、サタデーナイトフィーバーみたいに。女の子は、ポニーテールに浜トラ。そんな時代。わたしが思い出すディスコは、ジュリアナ東京。わたしは中学生かな。お立ち台、扇子にボディコン。大人ってすごいなと目を丸くした。バブル全盛かな。


水商売ってある程度、虚実がありますね。女の子も源氏名の人も多いし、年齢もサバを読む人もいる。別に一見☆いちげん☆のお客さんに、全てを話す必要もいつお帰りなるかわからないから、難しい。それぞれのホステスがそれぞれの自分の物語を持つ。打ち明けたい人に打ち明けるのも自由だし。でも、たまに他のホステスさんと座るとその人が語っている物語の細部に話を合わせるのが大変な時もある。本当は子供が三人なのに、人により微妙に子供の数が違ったり、わたしの家に同居していると言っていたり。いくらでも先に言われれば、合わせるけど。わたしもだいぶ臨機応変になりました。不透明なラインは、「プライベートは知らない」が懸命ですね。あとで話の整合性がなくなるから。それぞれの物語は、奥深いです。そしてどこか悲しい匂いがする。


桑田真澄引退。あの年で大リーグで挑戦はすごいな。勇気を与える。わたし的には桑田と清原のドラフト会議は、印象的。早稲田に進学すると言った桑田が、巨人に行きたくてたまらない清原を尻目に、巨人の一位に。桑田には悪役のレッテルが張られたかな。桑田の暴露本も読んだな。著者がプロレスラーになったのは、驚いたけど。いろいろあったけど、徹底した自己管理。いい指導者になると思うな。同じ時代を見れたプロ野球選手は少なくなってきた。横浜の工藤はすごい。わたしが小学生の頃から投げているから。もう、球春ですね。また楽しみな季節です。

☆一七三四字☆

追記、珍しく洋服を着た愛犬さいちゃん。
AD

うるわしき古都

テーマ:
CA390027.jpg
今日はホステスする店が終わり、初めて行くラーメン屋さんにみんなでアフター。昔ながらのさっぱりしたシナそば食べて、隠れメニューの卵焼きを試して、一口餃子も食べた。満腹だね。初めて行く店は新鮮で、面白い。わたしがたまに行く店の隣のラーメン屋さんだが、知らなかった。まだまだこの街は知らないことの方が多い。地元じゃないし。開拓者の気分。明日は食べ物を控えよう。初めてあったお客さんに、よくわからないが、「ほどよいぼっちゃり系」と評されたわたしだが、わたしにはぎりぎりのラインだ。ベスト体重は遠い。ピークからは落ちたが。昔みたいに急にやせたいとか無理なダイエットとかはないがね。恋したらやせる体質です。切なくて。半分わからないけど。恋しないと油断します。女心かな。やはりすべてを見せる関係になると、意地を張る。わけのわからないプライド高くて、女として厄介だ。



携帯のニュースより。京都の舞妓さんが百人突破、六十五年ぶり。すごいね。京都で舞妓体験したが、何か違う気分になった。違うわたしに。わたしの大好きな作家が有名な芸妓さんと付き合い、東京の暮らしを捨て、京都に移り住んだ。恋以外の理由もあると思うが。そこで語られる京都の風流な世界は印象的だった。芸は日本舞踊とか三味線かな。わたしは一応ホステスのはしくれだが、悲しいくらいに芸はない。今風にいえば、ダンスも歌もだめ。しいていえば本好き旅好きニュース好きのお客さんのいろいろな話を聞くのが好きかな。でも芸じゃないから、芸に憧れる。扇元大臣の旦那の人間国宝の七十歳近い歌舞伎役者の旦那と舞妓さんのフライデーには驚いたが、やはり芸でつながるかな。京都はお座敷遊び、河床料理、祇園祭り、寺巡り、桜と紅葉が見たいな。京都ラーメンもおいしかった。好きな古都。奥へ奥へ迷い込みたいな。俵屋旅館にも泊まりたいし。まだ、今のわたしには早いかな。お金がなきゃ遊べない敷居高い街。だから、これからの楽しみ。わたしが目指す分野で成功したら、まず遊ぶんだ。そういう目標があったほうが、きっとさ、人生は豊潤☆ほうじゅん
☆だ、ビールのこくみたいに。ややほろ酔いなもうすぐ4時さ。おやすみなさい。
☆一七三四字☆

お好み焼きと演劇部

テーマ:
はまなすC薔薇科A390055.jpg
連続イベント二日目は温泉とお好み焼きに行きました。まあ、そんなに早起きじゃないが。最近、チーズのもんじゃ焼きのこげめが好きだな。本場の東京の月島まで食べにいったが、そんなにおいしいとは思わず。焼き方をわかってきたかな。高校時代は、演劇部の仲間と学芸大学のお好み焼き屋によく行き、よく食べた。六人だから、そんなに高くなく、鍋奉行みたいに焼くのが好きな人が焼いてくれて。初めてマヨネーズを上にかけるとおいしいことを知る。部活の仲間とは広尾の麻布茶房、中目黒のサーティワンアイスクリームが定番。部活終わってから、高校の食堂で食べたコロッケやチーズドッグの買い食いも忘れられない。うちの学校は中学から高校までで、部活には中一から高三までだった。中一のころは、六歳違う高三の先輩は本当に大人だった。シャーロック・ホームズのワトソン役の近藤先輩に憧れた。懐かしい。何度壁にぶつかり悔し涙を流し、もうやめようと誓い、後輩に先を越されても、六年間完走したのは、財産かな。演劇やって、初めての舞台でもらったカーテンコール、舞台が終わったアンコールの拍手のまばゆさは、やっぱり忘れない。


なんて若さの勢いで千字語る。芝居は大好きで東京にいたころは、よく観劇していたな。ライブは楽しい。臨場感が味わえる。野田秀樹や蜷川幸雄の芝居はチケットが、八千円くらいして、金がなかった学生時代は、きついが、それ以上の何かをわたしにくれた。好きなことには、お金は関係ないな。来月、稼げばいいような感じ。だけど、それは確かな養分になる。洋服や化粧品にお金はかけない分いいかなと。わたしなりの心の贅沢☆ぜいたく☆かな。

明日は店のスタッフで動物園です。なごんできます。東京なら上野動物園と多摩動物園はよく行きました。何も考えない時間が好きかな。童心に戻るような。オンとオフを切り替えて、仕事に向かいたいです。

☆一六三零字☆

追記、画像はハマナスの花。バラ科。

桜を追った一年前の春

テーマ:
ブログ済み070429_1822~0001.jpg
今週の最初の三日間はイベント続き。第一弾は、焼き肉ランチとボーリング。新しくホステスする店に新人が加入して、親睦☆しんぼく☆をかねて。焼き肉ランチではみんなで、ビールで乾杯したからな。いつもより、ボーリングのスコアが悪い。ボールが最後の最後にカーブするから。昼間のお酒って、夜とはまた違う感じ。酔いが早い。一緒に飲む人がいたら、乾杯するな。一杯くらいね。あとは飲まないかな。酒を愛しすぎて体を壊した人は、見てきた。朝から飲んでいた人は、肝硬変だし。まあ、その時のその人は、いろいろありすぎて、大切な人が亡くなり、やるせなさからの一杯だった。見ていて切ない酒だった。やはり酒は、夜がいいな。いろんなものをおいかくしてくれるみたいで。お花見も夜桜の方が好きかしら。


テレビでは、土浦の連続八人殺傷事件が流れた。地元の小学校も襲撃計画だったみたい。わたしは、こういうような事件の「人を殺してみたい」という心理は、わからない。変な言い方だが、何かそこに感情や恨みや愛がはためくなら、まだある意味、様相は異なる。罪は罪だが。だけど、誰でもいいなんて。一つの凶器だ。土浦は、筑波山を登山した時に通った。あの街であんなことがと思う。やはり何かがこの世の中の磁石が狂っているのか。背筋が寒くなる。人の心の闇が、虚空☆こくう☆に思う。報道されているが、犯人からの予告や警察が百七十人の体制で挑んだのにも、あるだろう。こんな悲劇はいたたまれない。


昨日は、休みだからのんびりパソコンしていて、去年の自分のブログの四月の記事の桜を見る。上野、靖国神社、岩手の北上、秋田の角館、青森の弘前。わたしは桜を追う人みたい。桜満開の日にたまたま東京にいたし、東北の桜を見に妹や友達が来てくれたのもある。わたしのブログの文字数も今の三分の一。長く書くことが、一概に☆いちがい☆にいいとは思わないが、書けるようになった、ゆっくりと。不思議なもんです。いろんな方のいろんな形のブログを読み、影響されていったのもあります。今は、書くのも読むのも、面白い、ばつぐんにね。

☆一八二六字☆

追伸、去年の桜の旅より再録の写真。秋田の角館。

ナンパ体験談もどき

テーマ:
ブログネタ:ナンパしたこと、されたことある? 参加中

ナンパはありますね。

実家が東京都の大久保です。大通りにでて信号渡れば、歌舞伎町なんですね。

よく新宿駅で電車を降りて、買い物しながら家に帰ったから。

わたし歩くの遅いの。ゆったり。看板とか見ながら歩くのも好きで。

だから声がかけやすいかもしれない。

ナンパしやすい女性は安い靴やバックを持って歩いているとナンパ師が語っていたのを読んだが、

そうなのかな。

歌舞伎町エリアでは、コマ劇場前や西武新宿駅のある通りが、統計的に多いですね。

前に歌舞伎町のど真ん中の大久保病院に祖母が入院していて、

すっぴんでジャージで、お見舞いに行く前にもナンパされたな。

ジャージというか夏だから短パンですよ。

ストライクゾーン広いナンパ師ですね。こんな格好でもいいのかなと思った。

何かおかしかったな。




ナンパされて飲んだことは生涯一度だけ。

わたし、人見知りで警戒心は強いけど、異例だ。

高校三年生。年上の彼氏にデートをすっぽかされた。

待ち合わせは池袋のメトロポリタン口。来ないんだな。

今、思えば酒飲みな彼氏は二日酔いで撃沈していたかな。

それとも深夜三時の電話で約束したから、覚えてないかもしれない。

そういう心理は、今のわたしなら理解できる。汲み取れる。

今日のわたしも二日酔いで、少しずつ生き返ってきたからね。

でも、そのときは、若いわたしは、

ああ、もうだめなのかな。わたしなんていいのかなと思って。

本当に惚れていたから、デートには万全のおしゃれですよ。

気合十分。頭の先から爪の先まで。

新しい下着も新調して。楽しみで仕方なかった。

会いたくてね。一緒にすごしたくて。

そんな気合が、空回り、おじゃん。

もう、家に帰るのも寂しいし、バーでカクテル飲んで。

一人でバーに行ったのも、初めて。これっきり。

なんか追われていた。

で、たぶん、コマの前で声をかけられた。そして居酒屋で飲んだ。

その声かけてくれた人が彼氏と同じ苗字だった。

なんか皮肉だね。わたしの、別に飲んだだけなんだけど、

悪事がばれたような感じ。


別に楽しく飲んだが、わたしは何をしているのか、

よくわからなくなった。なおさら、心にあいた穴は

広がっていて。

寂しくなった、自分がね。そして、やっぱりあの人じゃないと

だめなわたしを再確認した。痛いほど。



そんなナンパ体験でした。一度きりの。

やはり苦手ですね。社交的でないから。

合コンとかも、付き合いでいったが、だめだな。

何を話していいか、わからない。

知り合いとまったり飲んだ方が好きなんです。

人と仲良くなるのは、ゆっくりがいいですね。

そして大切にしたいです。

だから、ナンパされるのは向きません。

もう、歌舞伎町歩いても、昔のように声はかからないでしょう。

でも、誰も地元の人とは思わないよね。近所をお散歩しているか、

帰り道か待ち合わせなんです。異例かな。



通常の記事へ戻ります。

今日はゆっくりしてました。ずっとテレビ見てさ。

わんことまったり。結構、テレビっ子なんです。

夜に働くから、普段見れない反動があるかな。

これから、深夜のノアのプロレスが始まる。

何もしないよさってあります。

ただ、時が静かに流れてゆく。

時の流れに身をまかせ。


次のお休みはカレンダーの関係で、果てしない。

自己最高。口コミかいていたら、ああお休みなのねと

思ってください。これからいただいたコメントにレスしますね。

いつも暖かい言葉をありがとうございます。

遅くなりました

テーマ:
CA390054.jpg
二週間の勤務のゴールはアフターで飲んだ。サヨナラパーティーあったり、日本語話せない新人が加入したり、ひどい風邪ひいたり、人生いろいろ。

北京オリンピック観戦ツアー、二泊三日で五十五万。即日完売。開会式と柔道か競泳かハンドボール見れる。わたしなら柔道見たいけど。金メダル近いしね。競泳も北島がいるしね。だけど、高いな。まあ、お祭りだしね。オリンピックは一度は見たい。長野で冬季五輪あった時は大学生で、行きたくなったけど、タイミングがあわなかった。長野新幹線は便利だ。あっという間に着く。でも、五十万あったら、わたしの貧乏旅行は何回できるのかな。まあ、わたしには手がでないのが、現状。


今日は、のんびりしてます。夜には口コミ番付の記事書きます。何だろう、わたしはいつまで秋田にいるのかな。東京には実家あるんだし。だらだらまったり、秋田にいる。秋田は温泉もあるし、愛犬には環境いいし。だけど、車も運転しないし、定住する気はないし。終わりは見えてきたのか、曇っているのかな。流されて流されて。まだ、決めかねる。優柔不断というか、決定打ないんだ。

奥さんが消えた日

テーマ:
CA390030.jpg
家出した奥さんを探すには、どうしたらいいのか。
大沢在昌の失踪人を探す、探偵佐久間公シリーズの小説は読んできたけれど、現実は初めてだ。
知り合いの奥さんが、いなくなった。日本人ではない。書き置きには、「仕事をしたい」と残して。旦那は奥さんが、仕事をするのは、まだ早いと思ったらしい。何かが奥さんの中で、破裂したのかな。まわりで策を練ってみたが、手がかりは携帯やパソコンの履歴かな。わたしもブログして思ったが、インターネットを通じて日本全国の人とやりとりはできるし、奥さんの国のネットワークもあるだろうし。とりあえず、様子をみることかな。あんなにいろいろ本を読んできたのに、なかなか役にたたないです、リアルな世界では。


家出といえば、わたしが小学生の頃に、母が一回、家出したな。父が競馬に使いすぎて、切れて、出て行った。あれは、うちの家をリフォームしていて、祖母の家でみんなで暮らしていた。わたしは、角部屋で、白い壁見て、これからうちは、どうなるんだろう、と思った。別にその日に母は、帰ってきたけど。母の家出先は、実家の神田に都バスで行き、実家には寄らず、また都バスで新宿の家まで帰るコース。実家に愚痴るのは、何か引けたのかな。都バスの中が、母が逃避した空間で。そんなことは一度しかないから、鮮明だけど、待っているわたしには、えらい長い時間だった。ゆっくり落ちる砂時計みたいに。


今日は、ご存知の方もいるが、わたしがこの前、スキーした村の方の団体がホステスする店へ来店。村に帰るのには、七千円の車代。忘年会とか集まりあると、来てくれる。ちょっと離れた街で飲むのも、たまにはいいのかな。わたしも生まれは新宿だけど、神奈川なら桜木町や関内や元住吉や相模湖、埼玉なら浦和や川口で、飲んだな。知り合いがいるからだけど。あまり知らない街の、知り合いがよく知っているお店に案内されるのも、楽しい。ハズレはないし、発見だから。わたしは街並みや看板を眺めるのも、好きだから。


連続勤務十三夜。へとへとになってきた。集中力が続かない。未熟だ。このお客さんは、わたしと何かしたいから来てくれるのか、飲むのが好きなのか。曖昧だ。嘘はつけないし。お客さんと寝るのは、ホスト用語で「枕営業」と言う。銀座のホステスはやたら寝ないというが。私的意見だが、人にもよるが女の武器は武器だし。これについては、また書くが。わたしは寝ないでグレーゾーン泳いでる。そろそろリーチだ。追い詰められる。でも、わたしはできないな、その一線は。かけ引きがいやで、水商売から風俗にいく人もいるらしい。男と女、そこには深い河。

☆二千三六字☆

あれから十三年か

テーマ:
CA390040.jpg
お仕事終了。この時間にアップするのは、ホステスする店が忙しいか、わたしが店で忙しいかです。今日の接客は、個人戦ではなく団体戦。一対一ではなく、何人かで接待。また違う面白さありますね。やはり、同じテーブルにつく女の子の相性というか、一緒に話しやすい女の子はいますね。わたしには、出来たら酒を愛する子がいいな。久しぶりに連続三組団体戦でした。わたしが大学時代に親の店に遊びに来た時についたお客さんと、十年ぶりに再会。わたしのことをお客さんが、すぐわかってくれて嬉しい。二十代の十年は人を変えるよね。少しはスムーズに接客できたかな。再会は嬉しい。大学時代のわたしは、どんな接客できたが、謎だけど。こういう縁が楽しい。


いとこのなおくんに、第二子誕生の報。なおくんは三つ上。小さい頃によく遊んだ。へいを登ったり、公園で。なおくんは大学の浪人中にわたしが今、ホステスする親の店でボーイさんで働いていた。高校生のわたしが秋田の店を訪ねたのは、父に会いたいのもあるが、仲いいなおくんがいたからだ。なおくんは聞き上手で優しくて、大人気。スナックなのに、連日、なおくんと飲みたい男のお客さんが、カウンターにずらっと並んだ。なおくんは一滴も飲めない下戸なんだけど。やはり心がある人だった。わたしの今のホステス業的に、何とかなるのも、十代の時からなおくんや店がすごく混んだ時期に、たまたま東京の仕事が休みで店を手伝い、すごく仕事ができる女の子を見てきたこと、一緒に接客する機会があったことだと思う。やはり、ナンバーワンは独特のオーラだ。やっかまれ、陰口言われても、負けずに咲き誇る強さあるから。目に焼き付いてる。わたしの財産だ。


もう、地下鉄サリン事件から十三年らしい。わたしは、高校を卒業して、クラスメートと卒業旅行のスキーへ出かけた日だ。鮮明にあの時の何が起こったかわからない、未曽有☆みぞう☆のなんだかな、怖さは覚えている。サリンって何みたいな。日比谷線は通学で使っていたからなおさら。密室ですよね、地下鉄って。事件を取り上げた村上春樹のルポ読んで、また考えて。トラウマは残りますね。精神的外傷ですね。事件が風化しないように祈ります。もう、そんなにたったんだ。わたしには嵐のような日々。駆け抜けた。いろいろあったな。でも、思い出いっぱい。わたしにとって、一番幸せなのは、卒業旅行のメンバーと続いていて、挙式にも参列したし、今でも飲んでることかな。

☆二一三零字☆