宴☆うたげ☆のあとで

テーマ:
CA390029.jpg
ホステスするお店の中国の女の子のさよならパーティーは、小休止。今は、十二時前。わたしは、中国にちなんで、珍しくえんじ色のチャイナドレス。短くぴちぴちではなく、ロングです。今日の写真は、記念にチャイナドレス。座って膝元を撮影。中国の女の子達は、二十五歳で歴史の教科書で習った「一人っ子政策」の世代ですね。今もですかね。彼女達は、中国の大連☆だいれん☆。いろいろ中国の話や歌が聞けて、ぎょうざを始めとする中華料理作ってもらった。ただ当たり前だけど、今まで一緒に働いたフィリピンやインドネシアの南国系とは、感じが違いますね。白か黒かって、はっきりしてました、うちにいた二人は。あまりにはっきりして、同じテーブルで、戸惑った記憶もあるが。まあ、短い間だったけど、一緒に働いて、家で暮らせて、良かったです。


この三日間、仕事が好調で浮かれていたわたしに、大学の同級生からメール。早稲田の大学院に合格。彼は、今は福島の中学の先生で、昔から、大学院に行きたい、東京に戻りたいと言っていた。彼は福島出身だが、東京に深い愛着が。わたし達が、大学卒業してから十年、彼は今は三十五か。先生として働きながら、温めていたんですね。なんか、わからないけど、ぐらっと来た。ざわざわと。ご存知の方もいますが、わたしは大学院中退なんですね。再び挑戦しようかと思ったこともあったが、うやむやで。だから、すごいなと思った、素直に。わたしは病は回復傾向にあるけど、親元でわんこに癒されて、たまに旅して、それでも今はいいと思ったけど、わたしの羅針盤☆らしんばん☆揺れた。


まあ、その大学院に合格した友達と、また東京で飲め、語り合える機会できるのは、素直に嬉しい。わたしに、鉄道の楽しさや源氏物語のゼミに誘って☆いざなって☆くれた人。友達を通して、趣味や世界が広がりますね。わたしは、影響されやすいんで。ブログも、自分のホームページにかなり前から日記を書いていた同級生がいて。すごくいいなと思って。ホームページを作ろうとしてみたり、他のブログ開いたり、試行錯誤の上に今がありますね。四年前からの記録なんで、たまに昨年の今日は何していたのか、見てみます。これも、わたしの人生という名の航海の記録かな。時には、深海に沈んだり、時には、荒波にもまれたり、時には、夕凪☆ゆうなぎ☆にのんびりしたり、日々、船は進んでいく。行く先はどこだろう。彼方☆かなた☆へ。

☆一九四六字☆

追記、本日着用のチャイナドレスの膝元。
AD

さよならパーティー前夜

テーマ:
071203_0159~0002.jpg
今日も満腹な一時半。今日はホステスする店で、なじみのお客さんが出前をとってくれた。隣のラーメン兼居酒屋さんに。海鮮チゲ鍋とぎょうざ。海鮮チゲ鍋は、かき、あさり、エビ、目玉焼き、白菜が入る。あまり辛くなくおいしい。鍋は温まる。当店からの出前一番人気は、ピザかな。Lサイズをみんなでわける。ピザも、できたてはたまらない。もちろん辛党のわたしは、タバスコは欠かせない。店のオーダーの食べ物もいいけど、たまにはね。オーダー一番人気は、いかげそ。わたしが好きなのは、ソーセージ。一品千円均一。水商売恒例のフルーツは、三千円。最近は、あまりオーダーで、でないな。昔は、すごかった。


また、旅の企画が。お誘いで。三月にうちの店の女の子が、インドネシアに帰るから、仲間とその子を訪ねてインドネシア。アジアを愛するわたしは行きたかった国。ボルブドール?という遺跡が、前から見たくて。友達から誘われる旅っていいね。いつもは、行きたいと誘う方だから。何か気楽。友達から行きたいと言われ、一度行った場所に再び行ったこともある。インドと台湾と和歌山の熊野。まあ、お気に入りの場所だし、変化つけたから、違う楽しみあった。インドネシアでは、あとはスパと踊りが見たい。インドネシア料理も。知り合いのお客さんが、現地の女の子と結婚するかもしれなくて、みんなでインドネシアでの式に行こうとも言われてる。どっちが先かな。とりあえず、インドネシアがわたしに、近づいてきたのは、確か。旅なんてある意味勢いがなくては、行けない。特に海外。ああ、楽しみ。今は雨期らしいから、ベストシーズン調べよう。


今日は、通院日。先生からは、「安定している」と言われました。この前に、血液検査と薬の血中濃度を調べる検査した。結果を気にしていたが、何も言われなかった。平気なんでしょう。たまに、薬を飲み忘れることもあるからね。血中濃度が薄いとか言われるのかなと思った。
今日は、ホステスする店で中国人の女の子のサヨナラパーティー。明日、帰国。店は風船で飾り付け。百個以上あるかな。これは、最後に割るのが慣例。風船の割れる音は苦手だ。まあ、お祭りだから。ドレスアップして、華やかに送り出したいな。

☆一九四九字☆


追記、写真はタイの北部にて、象に乗るわたしの二十代の時の足。乗り心地は、よくないけど、ジャングルトレッキングは、冒険みたいで楽しかった。
AD

第二回ボーリング大会にて

テーマ:
080218_1139~001.jpg
本日はホステスする店の第二回ボウリング大会。一緒に組んだお客さんに、「ボーリングは投げるんじゃない。転がすんだ」とアドバイスされたけど、つい投げちゅうわたし。球速もなくころころ。でも、まあまあかな。レベル低いが、八十代後半くらい。ストライクとれないが、なかなか。まあ、店の常連客ばかりの集いでのびのびと。店の常連の定義は難しいが、まあ、週に一回か二週間に一回来てくれる方。うちの店の会計は、一応、外人クラブで早い時間に来るなら基本は三千円。プラスカラオケかな。ついた女の子が、やれワイン飲みたい、あれ食べたいなら跳ね上がる。でも、お客さんの心理的に自分が好きな女の子の好きなふうにしてほしいが、上回る。最高は、十七連チャン店に来訪。記録にこだわって。わたしなら、疲れそう。適度な距離感のぞましい。かねあいが、難しいね。来るお客さんに、高い酒をあける女の子いるが、わたしはしないね。一度に使うよりは、何度も来て欲しい。会計は見てますね。

熱く九百字近く語った。今日も、わたし的にはホステスする店の来客がフィーバーで。ボーリング特需は抜いても。久しぶりに店で自分の好きな歌をお客さんと歌う。スピッツの「空も飛べるはず」と八代亜紀の「雨の慕情」。八代さんは、「雨、雨、降れ降れ、もっと降れ」です。二十代前半から歌ってます。どんな二十代かしら。雨が好きな人を連れてくればいいのに。大学生の頃に、雨女なわたしは、雨音に包まれながら、何度も彼氏と抱き合った。なんか、雨が許してくれるような感じがして。あの男といるときは、いつも雨。歌じゃないけど、始まりはいつも雨。雨という免罪符、隠れ蓑欲しかったのかな。わたしの過去は流してと。全部流して、真っ白になればいいのにと。
何か横道にそれました。わたしのブログを日々、読んでくださる方々は、わたしがしらふで何度も何度も校正して書いた文とほろ酔いな文の違いを感じられるのでしょうか。わかりますよね。わたし自身、アップされた記事を読むとわかります。ヒントはアップの時間かな。十二時前後は、どっか冷静な感じです。まあ、それ以降はアフターがからみます。酒飲みな作者なんで、すいません。でも、本当にいい文章を書きたい。それだけです。今日は通院、愛犬がひざまくらで待っているので、寝ます。アディユ。たぶんフランス語。

☆一九七六字☆

追記、写真は、わたしの膝の上の愛しいさいちゃん。
AD

満腹日和

テーマ:
080208_1837~0001.jpg
すごくおなかいっぱいな深夜二時。今日のホステスする店の来訪者は、オール一人のお客様でした。こういうパターンも珍しいですね。こみっとゆっくりしたい方々で、月曜日なのに、にぎわってました。わたしも、この前の土日は不完全燃焼でしたが、今日は、パチンコで例えると、フィーバー。なじみのお客さんが複数、来てくれました。一人のお客さんには、わたしがチェンジで席をたったあとに、「あなたがいなきゃつまらない」と言われて。嬉しいですね。容姿をほめられるのも嬉しいけど、また違います。今日は、勤務が短く感じました。こういう日が毎日ではないけど、仕事して楽しかった。


今日話したお客さんは、高校卒業してから、家出したそうです。バイクで秋田から静岡まで。文通相手を頼って。文通って、懐かしいですね。親御さんが急死するまで、静岡に。家出といえば、この前に実家の東京に帰った時に、朝の八時に家に来訪者が。何事かと思いました。うちは、弟夫妻、妹が住んでいるんですが、弟のお嫁さんの友人。着の身着のまま、茅ヶ崎から新宿まで家出。顔には殴られたとおぼしきあざ。彼女は二十七歳。十代の家出は聞きますが、二十代後半。どうも、彼女のお兄さんと家でケンカになり、逃げてきたらしい。そのケンカは、警察も駆け込む程。家出した彼女は、わたしの家の部屋でも、正座して壁を凝視☆ぎょうし☆していた。訳ありぽいですよね。妹は、「不幸のオーラを感じる」と言うし。その彼女は、見かけは本当に普通っぽい。お兄さんさんとの関係が心配になりますね。子供同士のケンカで手をだすのは、まだわかりますが、もう年が年だしね。妹とその背景を心配して、語り合いました。事態が事態なら、しかるべき所に相談した方がいいんじゃないかと。あまり人が訪れない我が家への訪問者でした。


学生時代の友人が、一年八ヶ月ぶりのブログ再開。アメブロです。機能は進化しましたよね、たぶん。ペタとかルームとか口コミとか、その時代にあったのかな。いまいち思い出せない。いいなと思うのは、ペタですね。ペタでつながるブログもあるし、新たな出会いや再会あるから。本当に、ブログを通して、世界が広がった気がします。
☆一八零四字☆



追記、渋谷のレトロな居酒屋のタコウィンナー。こういうつまみが好みです。

今宵の口コミ

テーマ:
ブログネタ:友達の彼氏彼女を好きになってしまったら 参加中


久しぶりの口コミです。

やはり好きな分野で。

友だちの彼氏を好きになったらですか、

今、たまに飲んだり旅する友人とは、仲が良くて、わたしを理解してくれて、

かけがえないですので、タイプでも論外ですね。

仲のいい友だちを選択します。まあ、わたしの友だちはわたしとぜんぜん

タイプ違うので、その彼氏もわたしは好きにならないと思います。


でも、青い時代のお話。友だちがひそかにいいと思っていた人に、

アプローチをかけられたことはあります。

そのときは、まだそこまで友だちが好きだとも知らなかったし、

わたしは中学三年生。私立の女子高。免疫なんてありません。

日常に、家族と先生しか男の人しかがいなかった。

偏りますね。

年上の友だちが気に入っていた人から、デートの誘いが。

生まれて初めてのデートです。遊園地に。

おばけ屋敷では、怖いから手をつないでいたな。

ランチは遊園地で食べて、最後はちょっと高い喫茶店でケーキ。

今の酒飲みなわたしにはないコースです。

誰にもこのデートは言えませんでした。

ちょっと罪悪感感じました。

でも、あのときのわたしって、初めて男の人に意識され浮かれていたし、

初めてのことだらけで、流されてました。

今なら、断るのかな。まあ、デートだけです。

最後まで友だちをなんか感じて、落ち着かなかったな。



だから、シンプルな関係がいいですね。

年をとればとるほど、友人は貴重になります。

だから、友人を巻き込んでの恋愛はいいです。


なお、デートでケーキ食べていた中学三年生は、

このあと、恋に落ちます、十代をいろどる人に。

ぐらんぐらんと人生の歯車が回りだす序章の頃でした。




通常ブログに戻ります。

サイパンで三浦和義逮捕。携帯のニュースで知りました。

また、万引きかと思ったら違うんですね。

27年前のロス疑惑で。アメリカって時効は州によって違うんですね。

新しい証拠が気になります。

この事件は、リアルタイムで知りませんが、

「極道の妻たち」の家田荘子や島田そうじのルポは読みました。

読めば読むほど、わたしには真相ぼやけたけど。

だから、この先が気になるニュースです。


今日は仕事が休み。家族とスタッフと温泉、焼肉でした。

今週は、店主催のボーリング大会、

金曜日は中国の女の子のさよならパーティ、

イベント二つです。マイペースで乗り切りますね。

ああ、二週間に一回の休みはいつもあっという間です。

吹雪の夜

テーマ:
080130_1905~0001.jpg
今は落ち着いているけど、今日は吹雪いた。風が強かった。出勤前の温泉で、いつものように露天風呂に入っていたら、何か暖まらなくて。空を見上げたら、風がびゅうびゅう吹いていて、耳が冷たくなった。あまりの猛威☆もうい☆に、出るタイミングをはかった。今日の風や雪を見て、今年最後の大荒れだろうという人もいたが、果たして。暦の上では、もう三月の声が聞こえるのに、雪にうもれている。


うちの父が、飼っている犬猫に人気なのは、前に書きました。動物を平等に慈しみ☆いつくしみ☆、深い愛情をそそぐ父に、ふと「動物園の飼育員になれば良かったんじゃないの?」と気軽にたずねてみたら、意外な答えが。なろうと思って上野動物園に聞きにいったらしい。そうしたら、動物園の人に学校を卒業してから、と言われたみたい。担当したかったのは、ペンギン。今まで知らなかった過去。母は驚きつつ、「堅実な人生を送れたかもね」と一言。飼育員になりたかった男は、不動産、金融の仕事を経て、フィリピンクラブのオーナーに。前から父は、北海道の旭川動物園に行きたがっていた。話題性かと思ったら、そういう側面あるんですね。そういう夢がこもった旅っていいですね。年内には父と父の血を受け継ぎ動物大好きな妹と、みんなで行ってこようかな。願わくは、富良野のラベンダー見たい。北海道は広いから考えます。


昨日の夜は、寝る前に、SPA!と週刊女性の雑誌読んでいた。妹が秋田に来た時に、新幹線で読んだ雑誌。SPA!の倉田真由美の「だめんずウォーカー」の漫画は、面白い。借金、ギャンブル、虚言癖、女癖、いろいろなだめ男との恋愛を女の人が告白。もう漫画も七冊くらいでているのかな。これでもか、これでもか、いろんなケースありますよ。まあ、深刻な被害者って感じより、どっか作者が茶化して書く書いている要素もあるから、面白いんだ。まあ、いろんな要素はあるけど、何かある男の人にひかれる女の人には、共依存があると聞いたことがある。この人には、わたしがいなくては、だめなんだと、わたししかいないんだと。何か絆☆きずな☆があるんでしょうね。それぞれの物語が、たしかにそこにあります。

☆一八七四字☆
080120_2118~0002.jpg
二月二十二日の今日は、「にゃあーにゃあーにゃあー」で、猫の日みたい。同僚のにゃんこは、三日間帰ってこないようです。心配ですね。外は雪だし。猫の機敏さ、ジャンプ力に驚きます。しなやかです。エジプトの壁画には、猫が描かれていたな。神様だったかな。うちは、歴代、犬ばかり飼っていて、今いるららちゃんが、初めてかな。たまに父の目の前で、おしっこする。何かアピールなのかな。深夜三時頃に、階段をららちゃんの鈴の音が鳴り響く。わたしは父の部屋のドアを開ける係です。


昨日は、この三月で定年のお客さんと話す。「やりたい事はあるんですか」と聞くと、うちの店に通いたいと言う。まあ、嬉しいですが。定年後の生活って、どんな感じですかね。登山した時に、そういうご夫婦見ると、いいなと思った。うちの神戸のおばちゃん夫婦は、五十代だけど、今から定年後を考えて、陶芸とかスケッチ教室に通ってみるが、何かしっくりこなくて、模索中。わたしが見る限り、こっそり言いますが、一番の共通の趣味は、パチンコなんですよ。二人とも熱い。勝てばいいけど、財政がね。わたしは、やはり旅と温泉巡りですかね、定年後の旦那とゆっくりしたいのは。でも、もうすぐ定年のお客さんに旅を提案したら、面倒だと却下。いろいろね。


今、再びブログの記事の上にあるメッセージのスペースをどうしようかと思案中。他のブログを読むと、的確に自分のブログを紹介しているのが結構あって、すごいと思う。単行本に例えると、キャッチコピーが書いてある帯☆おび☆か、文庫本なら裏表紙の紹介文のような役割ですよね。ないのは、なくてもいいと思いますが。久しぶりに、わたしのブログのアクセス解析見たら、「三十代、鬱」という検索ワードあって。まあ、ブログの題名が題名ですもんね。でも、やはり日々の生活に対しての葛藤はあるけど、気分障害は少なくなった。ブログの題名変えた方がいいとも思うが、愛着あるしな。書き始めたわたしからは、やはり変容してゆく。今はあの時には、鬱と犬しかなかった生活が、少しは華やいだ。少しずつ、ゆるやかに。鬱で検索してたどり着いてくれても、たまにしか触れないしな。そこら辺のバランスを考えますが。ある意味、再生の意味もあるのかな。灰色だった世界からの。

☆一九八四字☆

沸点ですよ

テーマ:
CA390017.jpg
今日はお客さんとラーメン。さしで。この三日間のお客さんは、よく来る方で、例えば背油付きとんこつみたいに濃厚で、今日はあっさり醤油に行きあうみたいな、感慨☆かんがい☆。だらだらラーメン食べて、楽しい。自分の言葉で話すような。リラックスみたいに。昨日は店が暇で向かいの店にゆく。観察です。だけど、酒はつくって欲しいな。サービス業していると、厳しくなるかな。最低限を求める。ホテルに勤めていた頃に、ホテル業に厳しくなったな。無意識に。


うちの店の妻子持ちのお客さんは、家の中で、トイレに行くときも携帯持参。風呂場は脱衣場に。ぴりびりしてる。変な営業メールや電話が奥さんに見られるのいやらしい。そこまでは、すごい。うちの父なんて、野放しだ。そこらへんにおいている。いろいろあるんですね。わたしは他人に携帯見られるのは、受け付けない。許さないです。恋人でも。越えてはいけないラインです。そこは。違うかな。

高校に女装した会社社長のかつら付きで、乱入し逮捕のニュースがーためしたかったのかな。不審者だよね。わたしのキャミソールをはおうのが好きな彼氏を思い出す。寒いのあるが、違うよな。たしかにキャミソールは、美しい。いいものしか着ないから。裸体でいるのは苦手で、必ずキャミソールだった。それを着た男は、なんともいえないけど。この先はいろいろあって、いつか物語に書きます。書きたいことが、あふれそう。小説ですよ、フィクションで。勝負するときですね。わかりますよ、沸点です。

美の底なし沼

テーマ:
CA390005.jpg
昨日は、店でビューティーコロシアムスペシャルを見ていた。コンプレックスのある女の人が、自分の顔や体型の悩みを告白。一流の美容師、メイク、スタイリスト、エステシャン、整形外科が集結して、変えてゆく。使用前、使用後みたいに、何ヶ月かあとに、登場。見違える程に、変わっていく。やはり、目と口元を整形でいじると、顔の印象が変わりますね。整形の是非☆ぜひ☆はあるが、変身した女の人の表情が違う。長年のコンプレックスから解放され、新たな自分を獲得したような印象を受ける。でも、一ついじりだすと、止まらなくならないのかな。完璧な自分を求めて。美の底なし沼みたいに。まあ、わたしは親から授かった顔をいじろうとは、思いません。その上、痛そうだ。昔はあまり好きではなかった自分の顔ですが、三十年向き合うと、愛着でてきますね。


今日で歯医者終了。終了すると、二度と虫歯なんて作らないと決意するが、続かない。秋田の歯医者の先生は、腕もいいですが、声もいいなと気づいた。低音でゆっくり優しい声。痛いのは嫌だけど、あの声でささやかれると、安心する。歯医者さんは、変えません。東京の先生は、麻酔がうまい。一度、担当医が辞めて、麻酔は使わない主義の先生になった時は、どうしようかと思った。無理です、それは。


昨日のホステスする店でのやりとり。取引をしている二人の社長。大きな問題が発生。酒が好きな社長は、飲み屋でも、エンドレスにその話をする。かたや、もう一方の社長は、全く飲まないので、その話は、明日の昼間にと言う。しらふでやりましょうと。でも、酒好き社長の勢いは止まらない。ついに、飲まない社長が切れた。
横で聞いていて、そりゃあ、いくら水商売同士でも、大切な商談は昼間がいいと思う。でも、わたしも酒好きだから、大きな問題にへこみ、酒が進み、言いたいことがあふれる社長もわからないでもない。でも、飲まない人にとっては、ただの酔っ払いに強く見えるかな。酒は、人をさらけだしますね、良くも悪くも。
この二人の社長、最後はケンカ別れ。でも、オチとして、酒好きな社長は、ケンカは覚えてない。溝☆みぞ☆が、深まっちゃうよね。飲めない社長には、「飲みすぎて記憶ない」って、理解できない世界だと思うな。酒について考えた問答だった。

☆一九一四字☆

追記、きっとアンパンマンな雪像。

一期一会☆いちごいちえ☆の人生

テーマ:
CA390016.jpg
昨日の新聞で読んだが、クローン犬のお値段が五百四十万円らしい。日本国内ではないです。依頼主は、自分の介助犬を頼むらしい。クローン犬の値段に前なら違和感を感じるが、かわいい愛犬に出会うとまた、違う。死んだらどうしようと思ってしまう。でも、クローン。当たり前だが、その犬ではないし、死というものに対しての扱い方が、また違う。人生は、一期一会☆いちごいちえ☆。今回は、介助犬だけど、自分の愛犬をという人も、現れるのかな。愛犬さいちゃんが、元の飼い主の妹と一緒に寝たがって、それは気遣い☆きづかい☆かもしれないが、どっか一抹☆いちまつ☆の寂しさを抱いた翌朝のニュースでした。


同僚の女の子は、自分の髪の毛を抜く癖☆くせ☆あって、しまいには、円形脱毛症に。本人いわく、ストレスらしい。ここで思い出したのは、小学校六年生のわたし。ふとしたきっかけで、中学受験の塾に通うことになった。なんか髪を抜くのが、止まらなくなり、わたしもそうなった。あの時はわからなかったが、ストレスなのかな。髪を抜く行為も、ある意味、自傷☆じしょう☆に入るかな。心の中の何かのシグナルなのかな。何気ない行為に何かが、潜んで☆ひそんで☆いるかもしれない。


久しぶりのホステスするお店での口説き文句シリーズ。七十歳のお客さんに、「俺の息子と一緒になれ。そして俺と東京に逃げよう」。まあ、酒の席ですが、真剣。その発想力に驚くとともに、脱帽。ある意味、感心。ストーリー性を感じさせる一言。返す言葉が探せないわたしでしたが。でも、六十九歳のミッキーカーチスが再婚らしい。世の中いろいろあるんだなと思う。数々の恋愛が、パートナーが。わたしには、そんなエネルギーないです。のんびり、まったり、すごしたいです。

☆一五三二字☆

追記、写真は、横手川の冬景色。