お掃除小僧070629_1912~0001.jpg
みなさま、ご愛読感謝します。みなさまの訪問、ペタ、メッセージ、コメントに支えながら、一年間走ってこれました。みなさまのブログを読むのが、楽しみでした。
二千四年の十一月から書いたこのブログ。四回目の新年をもうすぐ書きます。最初は、鬱と犬しかなかったわたしだけど、恋や旅やホステス稼業や最近の事件や芸能など、扱うテーマの幅が広がってきました。やはり、鬱が回復してきて、まわりを見れるようになったのかな。二千四年よりは、生きやすいかな。仕事に対しての欲やあれしたい、ここ行きたいとか思えたかな。出口がないと思えた迷路から、すぐは抜け出せないと思うけど、すこしは視界が良好でしょうか。やはり、前から思うが、毎日、ブログを通して、書くことで考えたこと、整理できたことは大きいです。

さあ、今年も終わりです。いい一年かな。そう思いたい。終わり良ければ、すべて良しなのさ。今日はまったり、犬とくつろぎながら、紅白を見ようと。初詣で願い事を言おう。来年はもっといい年だ。きっと、わたしには薔薇色の三十代が待ってるわ。念ずれば通ずるものさ、人生は。仕事が終わったから、身も心も弛緩☆しかん☆していて、やや前向き。

みなさん、いいお年を。とびきり上等な初夢に酔いしれたいね。なんてね。最近、なんてねが口癖なわたしより、愛こめて。

★一一二零字★

追記、本年、最後の画像はお掃除小僧。
AD

今日は定時に帰りました

テーマ:
071203_0148~0001.jpg
今日もホステスする店は、混みました。おしぼりなくなりました。年の瀬だからかな。今日はアフターなく家。のんびりしてます。あと一日です。あと一日で仕事納め。今日はなじみのお客さん、来てくれた。やはり面白い。ある意味、ゲームみたいな商い。自分で種まいて、呼んで、来てもらって。新規開拓して。顧客フォローして。来年も続けるかな。面白くなってきたから。向いてるとか向いてないは、いつも落ち込んだり、調子に乗ったり波があるし。浮き沈み激しいわ。今日、天下でも明日はわからないみたいな。歌が苦手で、口下手ですが、何とかね。自分に言い聞かせてるみたいね。


ああ、年賀状。明日にパソコンの素材集買うわ。近くのコンビニにあったが、売り切れで。
オダギリジョーの結婚の会見で、相手の女の子が、「門限が十時」って言ったのが印象的。昔は門限との戦いだった。何時かな。だんだん遅くなったけど。制約されると乗り切ろうとして、いろいろ考える。ドリカムの♪初めての朝帰りの歌は、共感できたね。パパとママに怒られちゃうって。朝帰りすると景色が違ったな。気分も高揚して。なんか特別な気分に酔えた。今は門限なんかないけど、朝帰りするのは親と同居だから、面倒だな。昼間も時間あるから。まあ、そんな色気ずいた話はないけど。

父が昨日の「吉原炎上」のドラマを録画してくれた。映画も見たし。遊郭ものは好きだな。女の意地と意地の世界だし。ゆっくり見ます。映画は西川峰子が印象的だった。吉原は吉原神社を見に行ったな。大門後の柳も。今はソープ街で、友達と二人で浮いていた。吉原神社はなかなか良かった。弁天様かな。結構、都民なのに東京見物が好きでね。土日に行きました。年の瀬ですが、「鬱と犬」はえらい酔わないかぎり、年中無休で走る予定です。お付き合いくださいませ。いつもありがとうございます。

★一五二四字★


追記、カンボジアの少年のたまらない、笑顔だね。
AD

そして巡り合い

テーマ:
071216_134012.jpg
またしても、アフター、ラーメン。別に嫌いじゃないが、続くのはね。親に太ったって言われるし。この年でたぶん太っても可愛げないし。気をつけなきゃ。知らないお客さんに「ちょっと太めの子」と呼ばれるし。そんな席には自分からいかないな。誉められて伸びるタイプだから。豚もおだてりゃ木に登るでしょ。そんな感じ。今日はホステスする店の同僚が店で倒れた。すごい驚く。過労と風邪薬の飲みすぎ。日本の薬は効くみたい。てんやわんやでお客さん来るし。仕事おさめだからかな。お客さんを断ったぐらい。わたしも疲れたな。


やはり人間休まないと。十日以上休んでない。愛犬さいちゃんはわたしの顔をなめる。父はよくないというが。でもね、さいちゃんは最初はなめなかった。なめたのはね、わたしが鬱のドツボで深夜にいきなり泣いたから。一生懸命にわたしの涙をぬぐう。今はそんなことはないが、常に心配みたい。たぶん泣かないでとなめる。そんな一途な姿に泣きたくなる。いつも心配してくれる犬なんて出会ってないから。いつもわたしの顔色見る。さいちゃんがいるから、たまに泣きたくなる。変な話、一人じゃないから。泣いてもそばにいてくれるから。あーあ、さいちゃんいなくなったらな。決めていることは、バカだけど、ブログには特別に一行しか書かない。書けないよ。だからともに生きる今を一緒にいようと思う。金さえあれば、世界一周の旅に行きたいわたしが行かないんだ。世界一周して、リアルタイムでブログして。みなさまのコメントあれば寂しくないし、売りになるかもしれない。旅人なんです。でもね、すげえ犬と巡り合い。そして、巡り合い。

一三六八字

追記、さいちゃんと奥さんまりーちゃん。
AD
071203_0150~0003.jpg
今、帰宅。わかる方はわかるかな。得意のアフターのラーメン。かなり満腹。思考能力落ちる。今日もホステスする店は混んだ。年末だからかな。鬱以前を知っているお客さんに、「元気になった」と言われる。本人はわからない。飲めば明るいかな。話すかな。飲まなきゃとても内気で人見知りです。よく仲良くなった友人には、「近寄りがたかった」とか「こんなに話す人だとは思わなかった」と言われます。
自分で言うのも何だが、昨日書いたブログは好きだな。皆様のコメント読むと、また違った見方が開けるけど。十五で惚れて、紆余曲折あって二十一までの恋だから。書かないことの方が多い。小出しに書きます。様々なテーマを孕み☆はらみ☆ます。でも、馬鹿だけど、あんなに好きになった人は、この先いなかった。一時は彼は重病説流れ、心配したけど、わたしの親友には七夕みたいに近況伝える電話いって。わたしに会いたいみたいだけど、会わす顔ないな。自分の中では、あの時のわたしが今よりきれいだと思うから。もし抱いているなら、幻想を壊したくない。それは、わたしの中での幻想でもあるのかな。昔、付き合った人と別れても友達でいれる人が、うらやましい。いい友達になれるのかな。お互い知り合って。わたしには今までは成立しない。わたしもどこかで、未練捨てきれないから、携帯電話の番号は変えない。今まで何度も何度も、そんな連絡あったから。染み付いちゃった。♪馬鹿ね、馬鹿な女ね。


国会議員の野田聖子と郷ひろみのスキャンダルは驚いた。バイ「アサヒ芸能」。男と女の話が好きで、水商売が面白いかもしれない。昨日は、好きなタイプは?と聞くと、「外人」と答えるなじみのお客さんについて。そんな人がなんでわたしを呼ぶかわからないけど。その人は、ロシア、韓国、中国、インドネシア、フィリピンの人と付き合ったことあって。一概に言えないけど、各国の色について語ってくれた。その比較が新鮮で。その人は「俺は顔よくないが」と言うが、やはりぶれないんだ。一本通る男気は、女心をくすぐるんだろう。ぶれないというのは、なかなか出来ないね。

あと二日で休みです。今のところ、酔ってない。今年一番の店での酔いは、無意識に寝てた。一回だけね。だめだね。なじみのお客さんは、「寝かせておいてよ」と言ってくれたが。まだ青二才です。あやういね。

愛犬が膝枕にきたから、寝ます。寝ようのアピールです。かわいいね。


★二零二六字★

追記、写真は、すごい好きなインドのガンジス川のほとりの写真。手をつなぐ少女と後ろ姿の老人のコントラスト。
071203_0150~0002.jpg
今日は、今日は、何年か前のブログに書いたが、

大好きな人にアップルパイを届けに行った日。

まだ高校生。

吉本ばななの小説に、好きな人にカツ丼を届ける話あって、読んだわたしは、まさにわたしだと思った。

わたしが作ったんではなく、母が作ったアップルパイ。
相手の家の玄関に置いて帰ろうとしたら、好きな人が帰ってきた。ここが、たぶん運命だね。ここから、物語が始まる。逢えなかったら、それまでかな。

それから付き合って、好きな人に、暑い夏の日に銀座のティファニーで指輪を買ってもらった瞬間は、わたしの人生の中の幸せの一ページ。言葉なんか言い表せないくらいでね。あんな幸せ感じたことあるかな。

この初めて付き合った人との恋の見方も、年数経てば変わる。もう甘く風化されるんだ。わたしが酒飲みになったのは、十九歳年上の好きな人が、呪文のように、「典ちゃんとはしらふでは会えないよ」とつぶやいたせい。土曜日に好きな人は地元で飲みに行き、わたしは深夜番組見ながら、飲みながら、好きな人の電話待つ。だいたい深夜二時。おやすみとささやき、翌日に会う。たいがいが池袋の居酒屋で飲んで、ふらふらしつつ、わたしは好きな人と腕組むのが好きだった。好きな人の呪文のごとく、それからのわたしの恋愛は酒がつきもの。やはり、一緒に飲んで、帰りに腕組みながら歩ける人がいい。もう何年かで、わたしがアップルパイを届けた日の相手の年に近づく。


今日きたお客さんは、十九歳の年の離れたロシアの女の子と付き合っている。女の子の真摯な気持ちが、全身全霊が最近、重いらしい。わたしは、その年の離れた女の子の気持ちわかるし、あの時のわたしの気持ちは、相手には重かったのかな、と思う。わたしの好きな人も、キャバクラの女や小料理屋の女に夢中になった。そんな気持ちは当時はわからなかったが、今はなんとなくわかるな。わたしが子供すきだのかな。そんなふうに思った。


今日はわたしの好きな、好きだった人のお誕生日。忘れないな。わたしを作ってくれた人。すごく影響受けた。思い出したけど、小泉今日子の「あなたに会えて良かった」のオルゴールも、もらったこともあったな。人生変わった恋でした。あんなに恋できるかは、もはや自信ないけど。こんなに長くブログに書こうとは思わなかったが。なんか饒舌☆じょうぜつ☆に。

秋田より、もう三十一になっちゃったわたしより、

お誕生日おめでとう。

アップルパイ受け取ってくれて、ありがとう。

★二零二二字★


追記、インドの牛。体に背負う鳥がポイント。久しぶりに一つの話題で締めた。参考文献は何年か前の同じ日のブログ。また違った視点かな、と本人は思ってる。

図書館という名のオアシス

テーマ:
071216_0807~0001.jpg
今、帰宅。寒いから化粧落とす気にならない。久しぶりのアフター、ラーメン。ラジオからは、「真っ赤なお鼻のトナカイさん」が流れる。いい曲。今日、犬を散歩して、愛犬さいちゃんとダッシュで走り、さいちゃんがトナカイで、わたしはサンタクロースね、と言った。岩手かな、温泉にトナカイさんが常駐していたが、今はない。トナカイさんの角と鼻を見たかったな。あとは、「あわてんぼうのサンタクロース」がいいな。わたしもかなりあわてんぼう。店のスタッフで、クリスマスでプレゼント交換した。当たったのが、なんと真っ白のブラジャーとパンツ。いかにも清純て感じ。わたしの下着は、もっと違う色が揃う。白はあまりないな。いつか、勝負下着になるのでしょうか。


久しぶりに図書館に行く。年末の二日間の休みに読む本探しに。図書館は落ちつく。小学生の時から、常連。いろんな世界にわたしを連れて行ってくれた。孤独や悩みを解消してくれた。一時は活字中毒みたいに、本の森に逃げ込んだ。パソコンとブログに出会い、変わったけど。買おうとした柳美里の本をゲット。彼女のブログを本にしたもの。横書きです。ブログ本をゆっくり読むのは、あまりない。ブログの書き手になってから、エッセイに対する読み方変わったな。この材料はこうやって料理するんだみたいに。岩井志麻子、山田詠美、江國香織をチョイス。女流作家ばかりだ。


最近、驚いた事件は、自分がはいた女性用下着を民家に投げ捨て御用となった男が、昔の未解決の殺人事件のDNAと一致し、容疑者へ。時効まで一年。良心の呵責☆かしゃく☆に耐えかねて、そういう行為に走ったのか。疑問だ。夢にうなされたのかな。自分で自分を暴露する。わからない境地だ。DNAってすごいですね。昔ならわからなかっただろうに。急展開に驚いた事件でした。

みなさま、メリークリスマスの祝福メールありがとう。これから、杯を揺らしながら、読書して寝ます。ではまた明日。

★一六二零字★


追記、宮島の大鳥居の干潮の時の顔。かなり巨大。作った人に乾杯。

メリークリスマス

テーマ:
070227_0334~0003.jpg
今日もホステスする店は開店。早い時間に、三組のお客さん。十一時、現在、落ち着いている。今日聞いたクリスマスソング。

「ラストクリスマス」ワム!

「クリスマスキャロルが聞こえる頃には」稲垣潤一

「恋人がサンタクロース」松任谷由実

「杏奈」甲斐バンド
いい曲ばかりです。個人的には、山下達郎の歌もいいですね。店にいると、いろんな歌が聞けます。今日は、「居酒屋」デュエットしてきました。カラオケボックス育ちのわたしは、店のステージで歌うのは、慣れません。「居酒屋」が生涯で一番歌った歌かも。元歌は聞いたことないなぁ。


この前飲んだ知り合いが、「俺は優しさに包まれたい」と切望するように、つぶやきました。知り合いは、根はいい人なんですが、飲むとすぐ怒るし、人の欠点や気にしているところを、思ったままに発言してしまう。だから、わたしは、偉そうなことなんて言えないけど、「優しさって、自分も人に優しくないとかえってこないんじゃない」と、言いました。愛もそうですが、求めるばかりでは、それまでです。やっぱり人間って支え支えられだと思うから。もっと適切な答え方があるのかもしれないが、浮かびました。まあ、知り合いはかなり酔っていたからな。酔ってふと隙間ができた時の言葉かもしれません。


先週、ブログのプロフィールの文を少し変えました。三十歳のままだったから、そこをなおしたくて。自己紹介って苦手ですね。皆さんのプロフィールを拝見すると、かなり詳しく書いている方もいて、楽しい。前にコメント欄で質問があったプロフィールの鹿の画像は、わたしが愛する浅草観音温泉の遊具。浅草寺の裏にあって、銭湯みたいだが、温泉。茶褐色、東京の温泉に多いです。レトロな感じが、居心地よくて。すごい熱いお湯につかり、ビール飲んで浅草の街に戻ります。花やしきの遊園地で遊びたいな。子供の頃は行ったけど。浅草の旅館の座敷みたいなところで、牛鍋食べたり、駅前の神谷バーでブランデーのカクテルの電気ブラン飲んだり、恋人と夜に浅草寺をお散歩したり。お気に入りの街です。三社祭りもはごいた市もいいですよ。クリスマスの日は浅草話で。随所にお酒が出てくるのは、ご愛嬌☆ごあいきょう☆。
★一八八四字★

追記、浅草にちなんだ画像を探して。鬼平犯科帳の漫画。浅草の図書館に作者の池波正太郎のコーナーあります。行きました。鬼平や池波さんのエッセイ好きです。父との共通の趣味かな。

真夜中の私的恋愛論

テーマ:
071203_0101~0002.jpg
久しぶりの日曜日出勤。勤務する女の子のさよならパーティー。インドネシアのアリスは、日本初めてでね。日本語わからなくて、カラオケから覚えて。わたしも同じ席に、何度もついた。お客さんの日本語をもっと簡単な日本語にしたり、話題を振ったりした。わたしは別に面倒見よくないけど、助けてあげたいと思わせる子だった。インドネシアでは、パナソニックの工場に勤務。最初の二カ月は、インドネシアに帰りたいと泣き、日本語覚えてから、楽しくなった。生まれて初めて入った温泉では湯あたりして、心配した。そんなアリスもさよなら。外人クラブは、ビザの関係で半年滞在。何回経験しても、別れは辛い。久しぶりにしんみりした。わたしもいつか、さよならパーティーするのかな、店が終わるのかわからないね。ああ、切ない。


友達の彼氏は、常に「俺のこと愛してる?」、「どう思ってる?」と聞くらしい。友達は困ってる、ひんぱん過ぎて。付き合いだしてすぐならわかるけど、三年目。二人は二十も年が離れているけど。わたしの恋人達は、そんな問答なかったな。言葉にするのは大切だろうか。たまにでいいな。言葉なんてある意味、はかないから。連呼すれば、重さが違う。好きだから一緒にいるんじゃないかな、求めるんじゃないかな。年の差が不安を助長させるのか、わたしの友達の愛が伝わりにくいのか、難しいね。


なんて、恋愛からご無沙汰しているわたしが言うのはなんだが。でも、第一線にいないからこそ、見えるものがあるな。今までの恋愛は言葉よりも、この人と一緒にいたいが先だ。わたしの殺し文句は、「帰りたくないの」。なんてね。想いがつのる。恋愛というリングは近いようで遠い。でも、なんかのセリフじゃないが、恋はするものじゃなくて、落ちるもの。理屈じゃない。磁石が、回路が、感応する。なんか、真夜中の私的恋愛論。クリスマスイブバージョン。今宵、全ての人に、すてきな聖夜を。

★一六零四字★

負けず嫌いな性分

テーマ:
071216_0945~0001.jpg
こんばんは。勤務する店からです。只今、十二時。昨日はタクシー、代行が一時間待ち。今日はどうだろう。旅前後に頂いたコメントに、レスしました。コメント読んで、こんな見方があったのかと、気づくことが多いです。わたしの拙い記事、コメント、レスで三位一体☆さんみいったい☆な感じです。みなさま、ありがとう。昨日から夕方にアメブロのぞくと、途中で開かなくなることがあった。わたしのパソコンがおかしいのかな。Yahoo!にはスムーズにはつながりますが。快適なブログライフを送りたいものです。ペタのクリスマスバージョンは、画面が飛び出るような感じで、びっくりしたな。


クリスマスといえば、甘いロマンチックなクリスマスって、あったのかな。昔は年末に海外行くのが好きで、ばたばたしていたイメージがある。わたしが行くアジア地域は、冬がベストシーズンでね。また区切りもいいし。

巡り巡って今、帰る。もうすぐ四時だ。今日はホステスする店で、ヘルプで終わる。二十一の子もいるから、当然の結果かもしれない。でも面白くないね、わたしは。もう一花咲かしたい。負けず嫌いなんだ。ライバルいると燃えるね。管理する立場にならなきゃいけないかもしれないが。外人クラブで日本人が意地見せても情けないかもしれないが。基準は負けず嫌い。もう少し自分を賭けたいな。賞味期限短い商売だし。店やりたいとかは今はないし。でも売れ残った野菜みたいな気持ちはいやだな。じんわりと。

あと七日。休みが欲しいが、休みません。自分を見つめます。ゆっくりゆっくり。進んじゃおうと思います。おやすみなさい。


★一三三六字★


追記、宮島の山から見た瀬戸内海の島々。いいね。たぶん行く。

前世はなんだろう

テーマ:
071216_133845.jpg
たぶん忘年会多い金曜日、土曜日。前半戦終了。結構、混んだホステスする店。明日はどうかな。タクシーや代行が大混雑。帰る時間が集中するのと、雪でスピードあげられないのがあります。代行運転なんて秋田で知りました。片道は自分の車で来て、帰りは代行の運転で。タクシーより安い。だから主流です。でも、このあたりで飲むと、最後まで気が抜けません。歩いては家に帰れないかな。タクシーも代行も、顔見知りだから。東京みたいに千鳥足でふらふらは、無理です。まあ、店からうちまで車で十分です。社長がワゴン車で、送迎です。今がまさに稼ぎ時で、他の店のネオンは三時近いのに、ついている店が多いですね。


国会議員の間でUFO談義が、さかんのようですね。そんなことをやっている場合じゃないけど。未確認飛行物体と呼ぶのかな。わたしはあんまり、ロマン感じないな。SFものも国語の教科書以外、なじみがないな。星新一のショートショートは面白かったけど。そういう神秘的なものなら、妖怪とか陰陽師☆おんみょうじ☆の方が好きだな。鬼太郎と安倍晴明の影響だけど。岡野玲子の漫画の「陰陽師」好きで、同じファンの友人とゆかりの地、漫画にでてきた場所を旅したな。晴明神社、那智の滝、京都。妹が陰陽師ぽいスピリチュアルカウンセラーに、前世を占ってもらったそうです。ちなみに妹の前世は京都の花魁☆おいらん☆、遊女の上の方の人。わたしはなんだろう。来年、挑戦予定。友達は、「旅人じゃない」と言うが。はてはて。すごい人気らしい。一万円かな。高いか安いかわからないけど、そういうような方に会ってみたい。前世も気になってきた。予約の仕方聞いてみます。話の種にでも。探求心をくすぐりました。占いは、高校時代に恋に苦戦した時に、原宿でしたな。三千円。たぶん、何かに聞いてみたかったんですね。当時はあまり恋の話しなかったから。U
FO談義から、話が飛躍しましたが、今日はこのあたりで。語り部みたいな締めだなぁ。

★一六四零字★

追記、写真は我が家の三人衆、ヒーターの前に集結、第三弾。