幸せのとんぼ

テーマ:
071004_1505~0003.jpg
今日の仕事はなごやかに終わる。来たお客様三人顔なじみ。山の師匠再来。職場で趣味の話できるなんて。幸せだ。ひたすら山の話。展望広がる。店には「山谷ブルース」流れた。師匠は高校時代、休学して山谷☆さんや☆で日雇い労働者の経験が。だからこの歌聞くと泣けるらしい。わたしが読んだストリッパーの一条ゆかりのドキュメンタリーよかったな。嘘を重ね、男に裏切られ、最終的には大阪西成のどや街に落ち着く。その数奇な半生が切なくて。なんか自分と重なって。やりきれなくて、また読んだ。わたしも秋田と東京を行ったりきたりで、デラシネ、根なし草かもしれない。本拠地が欲しいね。旅人にはあっているかしれないが。


さいちゃんのお誕生日の祝福コメント多数ありがとう。さいちゃんも最初に飼われたのが、二匹目の犬で、メインの犬が寂しくないように飼われた。そこからわたしに譲られて。さいちゃんも最初は戸惑ったし、飼い主変わったし、傷あるかもしれない。さいちゃんの傷とわたしの傷が呼応したかもしれないな。今、振り返れば。でも友人にさいちゃんを譲られたいきさつを話すと、それは鬱のど真ん中にいたあなたを心配して、妹さんが譲ったんじゃないかと指摘されて、驚いた。もしそうなら、妹はすごいな。飼い犬の一匹譲ることで、わたしをどうにかしてくれたんだ。妹には感謝だ。わたしに一番の精神安定剤をくれたから。昔はわからかったな。ありがとう。


今日から東京です。羽根伸ばしてきます。今いる秋田は2ヶ月が限度で、電池切れます。今日は妹、明日は結婚式と同級生、明後日は大学関係。駆け抜けます。飲みます。さいちゃんと別れるのは忍びないけど。わたしはわたしだ。月曜までレスが不定期かもしれませんが、ご容赦ください。わたしなりの幸せのとんぼを見つめたい。飲むぞ、飲むぞ。はじけてきやす。

★一五二八字★
AD
071107_0207~0001.jpg
遅くなりました。店でインドネシアの二十一歳の女の子の恋路について聞いてました。相手は四十九歳初婚の日本人。彼は結婚したくて、彼女が帰る年末にはインドネシアに行く気配。彼の同僚は心配して店に来る。わたしは二十一歳の女の子に、ゆっくり考えるんだよと。二十一歳の子は男の人と付き合ったことがない。いきなり結婚はな。愛があればいいけど。彼は優しいし仕事もするし。でも見てたら国際結婚は容易じゃない。まだ二十一歳、わたしなら判断できないな。もっと自由でいたかった年頃。早い遅いは問題じゃないが。行く末をお姉さんは見守ります。今日はフィリピンの女の子のサヨナラパーティー。しんみりしました。二十一歳のマリアちゃんは、化粧なんてしなくて、寒いのに半袖だった。若いな。看護士志望の彼女に幸あれ。出会えてよかったよ。週末には中国人タレントくる。自分に自信ないわたしは、どんな人かなと思う。でもいくら若くてもきれいでも、何かなければ数字に現れない世界だ、水商売は。いかにお客さんの心つかんで、離さないでかな。


さいちゃんと離れたくなくて、ベッドでインターネットしようとして、WILLCOMの端末使うが遅いな。普通にページ見るならいいが、ブログでぺた巡りしていると感じる。部屋をワイヤレスにした方が安いのを知る。が、わたしは止まる。いつまでこの秋田にいるんですか。来年、帰るつもりでもう主治医の許可もとった。また揺らいでる。東京に実家あるから暮らせるし、友達多い。ではなんで。少し仕事が楽しくなってきた。指名もおかげさまで増えている。わたしの何がいいかわからないけど。まあ、薬とストレスで太った時より、十キロやせたけど。ホステスだから見てくれもあるのかな。知っているお客さん増えたのは、人見知りのわたしにはいい。東京か。銀座で働いてみたいかな。野望だ。来年、何しよう。悩んでいる。東京の空気をもうすぐ吸うから、決めようかな。昔から追う夢あって、果てしない夢だけど、それはここにいても追えるから、踏ん切りつかない。劇的な恋に落ちればそこにいるのに。やじろべえみたいに、揺れてら。もう三十一歳、されど三十一歳、冬。


★一七八三字★
AD
ブログ済み070227_0325~0002.jpg
ブログで触れた香川のおばあちゃんと孫二人の行方不明事件は、急転しましたね。おばあちゃんの義理の弟が供述始めたようです。驚きました。金銭トラブルが原因という説が根強いですが、三人殺害はな。何が歯車を狂わせたのか、動機はなんなんだろうか。この事件に関して、自分のブログで犯人特定するような記事を書いたタレントが、一年間の活動停止にもなりました。言葉を発表することの重みを感じます。
今日は歌手のケーウンスクの覚醒剤逮捕の一報も。うちの店のカラオケで男女問わず人気の歌手です。わたしも、興が乗ると「すずめの涙」、「悲しみの訪問者」を歌います。男と女を描いた悲しく切ない世界です。残念でありません。


今日からわたしがホステスする店に、前に在籍したインドネシアの女の子が復帰。タレントとして店に来て、お客さんと結婚して、落ち着いたら復帰するパターン。今は四人います。子供は旦那さんやおばあちゃんがみてくれるようです。やはり家にいるばかりでは、ストレス感じるといいます。母国への仕送りもあるようだし。店で同僚と話すのも楽しそうです。異国でたくましく生活していく姿勢は、すごいと思うな。でも、物価の格差を考えれば、黄金の国ジパングは、健在なのかしら。


今日は、たまにブログに登場する愛犬さいちゃんの五回目の誕生日。一緒に暮らして三年。最近は寒さもあり、ずっと密着してる。さいちゃんはわたしの鬱をまるまる見守ってくれた。前に書いたが、泣けば涙をなめてくれるし、悲しい素振りをしたら、駆けつけてくれる。ある意味、セラピストのような犬。飼い主がふらふらしているから、心配なんだろうか。本当に、ただ短期間妹から預かるはずの犬が、今も隣にてくれるなんて。わたしは幸せものだ。五歳になったさいちゃんと、ともに進みます。鬱がよくなったのは、家族や友達や薬のおかげですが、わたしはさいちゃんを忘れたくない。鬱以外にも、この三年間、楽しませてくれた。これからも、密着していきたいと思います。


★一六六六字★

追記、再録ですが、個人的に好きなさいちゃんとの写真。こんな感じな私達。
AD

深夜のプロレス中継

テーマ:
070417_0403~0001.jpg
タイのスコータイという遺跡で、日本人女性が殺されましたね。それも昼間で、その日はお祭りで観光客でにぎわっていたそうです。夜中の外出とか観光客がいかないエリアを歩いての事件は聞きますが、あの遺跡でか。遺跡好きなわたしは、数年前に訪れました。緑豊かで、いろんな顔の仏像が拝め、のんびりしました。ちょっとショックですね。日本人のパスポートは偽造しやすく、闇で人気と言います。パスポートや物盗りが動機でしょうか。やはり異国にいるという緊張感と覚悟を持って旅しなくては、いけない時勢なんでしょうか。こういう事件は、旅人として悲しくなります。被害にあわれた方のご冥福を祈ります。


作家の柳美里が自身の新刊本の表紙のカバーでヌードに。篠山紀信撮影。彼女の作品はデビュー作から読んでます。演劇出身で名は知っていたし、週刊文春の書評のコーナーで面白い文書くなと思いました。師であり恋人でもあった東由多加さんの癌と自身の出産について書いた「命」シリーズは、私が病気の時に何度も読み返したな。ある友達は、私に似ている節があると言うが。はてはて。そんなこと言われると、答えを探して読んでしまう。でも、作家がヌードになることは、どうなのかな。話題性を求めるのかな。漫画家の内田春菊の妊婦ヌードは、インパクトあったけど。でも、愛読者として、やっぱり新刊本見に行こうと。


日曜日の夜は、夜中にノアのプロレス中継を見て寝る。本当は、今度の日曜日にノアの小橋建太の復帰戦を見に行こうとしていたら、売り切れ。小橋は癌から復帰。久しぶりにプロレス仲間と会いたかったな。ノアはジャイアント馬場が起こした全日本プロレスが分裂し、タイガーマスクだった三沢光晴が旗揚げ。小さい頃から、プロレスと野球と競馬は、父に連れられていった。みんないい趣味になってる。そこは感謝したい。プロレスはやはり生は違う。技は迫力あるし、興奮するし、選手への声援で大声だすと、ストレス発散できるんだ。その後は仲間と感想語り合う。みんな技知っているが、わたしは覚えない。飛ぶ技がきれいだな。プロレス観戦は、来年の楽しみに持ち越しだわ。

★一七七二字★

ねえ、キスしていいかな

テーマ:

ブログネタ:キスしていい?って 聞く派?聞かない派?

クチコミ番付参加中

日曜日は口コミ。この前、先週の評価が来て、試験の結果をあける生徒の
気持ちになった。番付もあがった。マイペースにいきます。
今回、選んだのは、「キスしていいか聞くか聞かないか」。

なかなか面白い議題。

基本は聞かないな。そこまできたら流れじゃないかな。あうんの呼吸

というか間合いというか。

本能の世界だと思う。自分の回路が開くんだ。

どきどきしますね。


初めてキスされたときは、相手に聞かれたな。

野球場で酔いがまわり介抱されて、家まで2回くらい送ってもらった。

その帰り、家の前で聞かれて、

わたしはなんて言えばいいのか、わからなくて。

こんなに世話かけて、断るのもないなとか思って、

うなずいた。


今、振り返れば微妙だな。

あとで後悔した。相手には悪いけど。

一生に一度のキスをと。

でも、もし相手にしていいかと、聞かれてなかったらしなかった。

家に帰るだけの道なりで、キスなんて乙女だったわたしには

想定外である。

言葉が引き金になったキス。あなどれませんね。

そいういふうに言わせるわたしにも、すきはあったのかな。

酒というものを初めて飲み、大人の世界に足を踏み入れた気分に

なっていてうきうきしてた。

無口な自分が、酔うとよく笑い話すという知らなかった隠れていた

自分と対面したときかな。

このへんから、年もあるけど、

わたしの人生、良くも悪くも視界良好になる。

あの聞かれたキスあたりが分岐点である。


これから先は、キスしていいか、

とささやかれるような恋をするのか、

つい自分でつぶやくのかな。

理想は惚れた男なら、まかせるわ。

ケースバイケースだよ。

♪あなた ごのみの あなたごのみの 女になりたい

「恋の奴隷」 奥村チヨ



今日は、父も風邪引き、

母も家の用事で、

みんなで家でまったり。

来週は東京です。

飲んだくれてます。

今は、充電です。

今回は、わたしより酒が強くて酒をこよなく愛す人と2組飲みます。

わたしがいくら飲んでも目立ちません。

わたし、自分より飲む人がいると気楽です。


仕事はプラスはあるけどアルファがないな。

最近は。ちょっと挽回したい。

花があってなんぼの稼業なんで。

わたしが好きな酒井あゆみさんの売れっ子風俗嬢のルポ再読。

職種違うけど、ナンバーワンになって稼ぐ人は

心意気が違います。謙虚です。お客さん第一で、お客さんの

顔でサービスを判断します。すぐに浮かれるわたしに、

足りないものは、謙虚さかも。

昔から、風俗嬢や水商売のルポタージュ好きです。

別冊宝島で知ったかな。久しぶりに

水商売の小説読もううかな。山口洋子、室井祐月かな。

男と女の機微を学びます。




くじらの刺身を食べました

テーマ:
071119_173016.jpg
嬉しいことがあると、寝つきの悪い人間でも眠れるものだ。昨日、ホステスする店にわたしの山の師匠が久しぶりに来店。師匠から、来年山へ行こうと誘いが。わたしからではなく、師匠からがポイント。うちの家族をこの前、熊が怖いと断念した栗駒山に連れて行ってくれる。師匠とは店で知り合い、最初は東北で一番高い鳥海山を登山した。師匠は、頂上でうどんやラーメンを作ってくれた。雪が残る寒い寒い頂上で 、コンロで作ったラーメンは格別だ。わたしは山岳会や山のサークルに入ったことはなく登山は独学で、師匠から山の登り方、高山植物の名前、山でのクッキングを習った。わたしは山も旅もめったに一人では行かない。師匠との再会で、来年の展望が開けた。


今日は居酒屋でとっておきのがあると言われ、くじらの刺身を食べた。牛肉みたいな味がして、めちゃくちゃおいしかった。生まれて初めて食べた。昔、給食にくじらの竜田揚げは、出た記憶がある。あれも好きだったな。また食べたい。今日のくじらじゃないけど、世の中でわたしが食べてきたものなんて、ちっぽけでまだ食べてないものに満たされているのかな。特別、珍味は好きじゃないが、世界各国の料理には興味がある。ドイツで本場のソーセージ食べて、いろんなビール飲みたいとか。旅と料理って深く結びついているな。


今日、店に来てくれた母と同年代の男のお客さんの結婚した年聞いて、驚いた。十九歳。わたしが聞いた中で一番、若い。わたしはその頃、大恋愛のドツボにいたが、人生決められなかったな。まだ学生だし。規律の厳しい女子校から解放され、自由を謳歌☆おうか☆していた。何しても新鮮で、愉快だった。年上の男とは同棲は憧れたが、その先はな。十九で結婚した人は、まわりより早くいろんなことが経験できたのが、良かったと話していた。結婚は個人差あるよね。年齢だけじゃないけど、四十七で婚約した川島なおみには、勇気を貰った。そんなこんなで、つい自分の十九について、思いをめぐらせた夜だった。


★一六六七字★


追記、ヒーターに集う我が家の三人衆、第二弾。横からのアングルで。

腕枕要員

テーマ:
071028_1408~0002.jpg
夜が仕事の我が家は、大相撲中継の後半見ながら、夕食。九州場所、地元の魁皇☆かいおう☆って人気あるんですね。父曰わく、若乃花貴乃花と同期でキャリアは二十年に近い。カド番ですもんね。勝ち越して欲しい。一回、相撲って生で見たい。おばあちゃんは、土俵近くの砂かぶりの席で見て、テレビに映った。食事できないのはつまらないから、私は仲間でマス席かな。生の熱気あるんだろうな。両国にちゃんこ鍋を食べに行ったな。ちゃんこやさんたくさんあって、ネットで調べて、寺尾関の店へ。なかなかおいしかった。体にもいいですよね。今日と明日の相撲は力が入る。ひそかに注目しているのは、安馬☆あま☆。どでかい金星あげるから。小さい時に見た千代の富士は、本当に強かった。


昔からサイトを運営している友達は、たまにオフ会などに参加している。まだネット未体験の時は、そういう出会いもあるんだなと感心していた。ブログを初めて仲いい人のオフ会やイベントに誘われたが、都合がつかなかった。この前、プチメが来て、東京に来たとき会いませんかと言ってもらった。今年は無理だが、来年、そんな席が出来るかも。すごく緊張するな。文章が先に知り合って、現実のわたしは大丈夫かな。そこは心配。どなたかネットで知り合った人とリアルで会った経験ありませんか。どんな感じだろう。友達の輪が広がりそうな予感するが。


愛犬さいちゃんは、時として添い寝の場所が違う。私の足元だったり、背中合わせだったり、腕枕だったり。どれも嬉しいが、腕枕は幸せだな。全然、腕なんて疲れない。初めて男の人に腕枕してもらった時、つい「疲れない?」って聞いちゃった。腕枕が気になって、熟睡出来ないな。わたしは背中合わせが気にせず眠れる。誰かのぬくもりに包まれて眠るって、とても安心する。からっぽの心がぎゅうぎゅうになる。
mixi☆ミクシー☆を見ていて、わたしはそのサイトずつの知り合いが書いた紹介文を読むのが、結構好きだ。その中でこの表現はって思ったのが、自分の妻への紹介文でだんなが、みずからを「腕枕要員」って書いたこと。そう明言できる関係ってなんかいいな。

★一七七四字★


追記、焼き肉屋にあった置物。韓国の神様かな。推測です。

まあちゃんという猫へのお別れ

テーマ:


東京での飲み会の予約の電話を切った瞬間、聞き忘れに気付く。友達はお子さん二人連れてくるのかな。友達が飲み会にお子さん同伴率は、高い。他のメンバーは既婚者もいるが、お子さんが小さい人が多く、配偶者が家で面倒をみている。彼女のお子さんは小学一年生と幼稚園の上の方かな。初めてお子さんも参加した時は、わたしは驚いた。昔、アグネスチャンと作家の林真理子が繰り広げた、子供を職場に連れて行くのは否かの論争をふと思い出した。職場と飲み会って大きな差はあるけど。誰もみる人がいないわけじゃないみたいだし。お子さんと離れたくない親心かしら。子供がいないわたしには、いまいちわからない。


トランポリンの中田選手をストーカーした四十一歳の女が逮捕。わたしが興味ある男と女の事件簿です。女は一日百回のメール、中田選手が宿泊しているホテルに部屋とったと宣言したり、練習を強硬手段で覗いたり☆のぞいたり☆。メールの数はすごいな。執念を感じる。一番、驚いたのは中田選手が入院中、無断で部屋に忍びこみ、中田選手の手を握って☆にぎって☆いたということ。これは自分がされたら怖いな。ホラーじゃない。点滴とかで身動きとれなかったら、抵抗できない。歪んだ☆ゆがんだ☆愛をかいまみた。所有したいような錯覚に陥るのかな。


テレビで噂のねこなべの動画見た。鍋を机の上に置いとくと、猫が鍋の中に入り鍋の形に添って丸まるあれです。写真集もあるみたい。家の猫を溺愛☆できあい☆する父は、やりたいと切望。
そんなふうにしていたら、年上の親友よりメール。わたしが名付けたマロンちゃんという猫が、車にひかれて死亡。ショックだ。捨て猫で警戒感強かったまあちゃん。(わたしはマロンをそう呼んだ)わたしがソファーで昼寝していたら、近くまで寄ってきた。ほんとは甘えたいのに甘えられないまあちゃん。自分に似てる。ほんとうはこっちに来たいのに、タンスの上から降りないまあちゃん。愛されたくて仕方ないのに、愛され方がわからないんだよね。そのいじらしさが好きだった。まあちゃんって抱きしめてあげたかった。痛かったろうに、かわいそうに。安らかに眠って欲しい。まあちゃんに会えて、良かったよ。


★一八二零字★

事実は小説より奇なり

テーマ:
071015_1318~0001.jpg
昨日は十二月の東京での飲み会について、小学校の同級生から仕事の合間に電話が入る。普段はほとんどメールだし、夜が仕事だから友達とは、なかなか電話できない。久しぶりに友達と話すわたしは、早口で驚いた。つい、「こういう会話に飢えていたよ」と本音がでた。何も考えなくて自分の話ができる間合いに。秋田に来て三年たつけど、前半は静養で家にいたし、後半はホステスで店にいた。秋田に何の地縁もないし、家と店しかないから友達ができない。店で知り合った人は、あくまでもお客さんの意識が強い。飲みに連れて行ってくれる人もなかにはいるが、やはりお客さん。友達ってなかなか作れません。今いる東京の友達は、小学校から大学まで付き合い長いし、わたしをわかってくれるから、かけがえないですね。まあ、無理することはないと思うが、寂しい独り言でした。


香川のおばあちゃんと孫二人が突然、血痕を残していなくなった事件は、混迷していますね。いまいち、動機がわからない。昨日、港で血痕がでてきた情報も。孫のお父さんは、相当苛立っているし。何か名推理ないかな。なんで三人なのかも不可解です。恨みかなんかなのかな。推理小説では、島田荘司の御手洗潔とジャンルはずれるが、京極夏彦の京極堂が好きです。鮮やかに謎を解いてくれます。そこにカルタシスあります。しかし、現実の事件。事実は小説より奇なり、でしょうか。三人の無事を祈ります。


今日は組合のボーリング大会。考えると、ほぼ参加者が水商売というのも、独特の空気に包まれてました。スコアは百二でした。まずまずかな。大昔、鬱のドツボの時に、鬱気味な友達と、ほとんど無言に近くボーリングした時よりずっといいかな。あの時は、あまりにも一人でいたから、会話の仕方を忘れていた。そんな自分が会話が仕事なホステスしてるなんて。まだまだ一回、一回、緊張して考えますが。何とかね。ボーリングの打ち上げで、今年初めて、ボジョレーヌーボー飲みました。なかなか美味しかった。新鮮な感じが。ある種のお祭りですよね。今年も参加できて光栄です。

★一七二四字★

ババシャツ着用開始です

テーマ:
071118_1647~0001_0001.jpg
朝、雨かと思ったら、雪が溶ける雫☆しずく☆だった。ブログを開設してからすぐに秋田に来たから、この地の冬も三度目。やはり生まれ育った東京と寒さのレベルが、違う。今日からババシャツ着用。ババシャツとは、女物の肌着です。高校時代から着ていた子はいたけど、わたしは秋田で初めて買ってみた。安いし一枚着るとだいぶ違う。冬の必需品。でも、殿方とのデートの時は、ババシャツ着れる勇気が、まだないな。着飾ってしまう傾向がある。自然にババシャツ着ても気にしないような恋ってしたことないな。ババシャツが次の恋のキーワードになったりして。


バングラデシュのサイクロンによる被害が、大変である。バングラは、少し縁がある。ピーマンバングラデシュ航空のエアチケットをよく買った。バングラ経由でインドやネパール行ったり。タイまでなら往復四万円のもあった。トランジット、乗り換えをするので、バングラで一泊。朝早く起きて、ホテルの周りを歩いたが、日本人なんで物珍しそうに見られた。バングラは、たぶんガイドブックはない。でも、旅する人はいる。ツアーや独自に情報集めて。情報少ない国なら、自分で地図を作り、公開している猛者もいる。また頼りは、世界各地にある日本人宿の情報ノート。どこの国境がいいか、えらい目にあった宿など、リアルタイムに更新されてゆく。読むのが楽しい。少しは縁があるバングラは訪ねてみたい国。被害が広がらないことを祈ります。


昨日は、ホステスする店でうちの店が初めての人の席についた。わたしは初めは緊張していた。でもタイにそのお客さんは十数回、仕事で行ったことがあるらしい。わたしも行ったことあるし、そこから話が弾みだした。結構、この瞬間は好き。回路が広がる時。より頭を回転させる時。醍醐味☆だいごみ☆を感じる。驚いたのは、そのお客さんが若い時にいた自衛隊のレンジャー部隊の話。特殊訓練として何も聞かされず、乗ったヘリが降り立った先は、湖のど真ん中。まずは水中で靴を脱ぐことから始まる。それから六昼夜不眠で、様々な任務を行っていく。訓練なんで教官の目が光る。食べ物は、まむしや草。水も飲めない。葉っぱについた水滴を、口につけるのみ。その過酷さに仰天。精神的、肉体的に強靭☆きょうじん☆な強さがなければ、やりきれませんよね。レンジャー部隊に尊敬の眼差しを覚えた夜だった。

★一九五四字★

追記、写真はおじちゃんが撮影した、埼玉県川口市からの夕暮れに見えた富士山の勇姿。