幸せの青い鳥

テーマ:
071030_1746~0001.jpg
夕方、近くのあいのの温泉鶴が池荘に、日帰り入浴。五百円。露天風呂から池を眺め、池の周りは紅葉。素直にきれいだった。写真で切り取りたいくらい。風流を体感。初めての体験でした。いつもより長く入り、のんびりしました。
その後、すぐ満員となる噂の焼き鳥屋に。写真は焼き鳥。人気の秘密がわかるほど、おいしい。肉の柔らかさが絶品。私にしては、食べた。私は酒飲むと、あまり食べない。ちょっとずつあればいい。だから、羽目をはずすのかしら。サラダ、煮込み、タコスを選択。焼き鳥には、やはりビール。その店には、みんながあれは酔っ払うという梅割りがある。その理由を垣間見た。グラスに焼酎9に梅1。連れは三杯も飲んでた。二時までの仕事がなかったらな。ぐっすり眠れそう。なかなか楽しい焼き鳥だった。


今は、読書週間みたい。ワイドショーで、今の読書のキーワードは、ニンテンドーDSとケータイ小説と言っていた。DSは、世界名作全集が一番人気。私は、やっぱり本で読みたい気がするが。安さもいいみたい。お料理のは気になるな。ケータイ小説は、女子高生を中心に人気らしい。ケータイ小説が原作の映画もある。本屋にもコーナーがあった。まだまだ開拓してない分野。今、読みたいのは桐野夏生、山本文緒、江國香織の読んでない本かな。


今日、飲んでて二十四才の若い子が、「私、六人としかやってない」と発言。私は人前で言えないな。私はその数には、届かないけど。前の彼氏がインパクトあって、次の恋愛する気にならないらしい。初めて結ばれた人と結婚した友人も、何人かいる。さまざまですね。その数を聞いて、無意識に自分も数えてみた私も私だけど。女に生まれてきたんだから、いい恋愛して、幸せになりたいね。言うのは簡単だけど、現実はせちがない。幸せの青い鳥はいずこに。私の放浪は、続いてゆく。

★一五三四字★


追記、写真は気に入った焼き鳥。
AD

終末期の医療

テーマ:
071029_1229~0001.jpg
今日は、まず皮膚病の愛犬さいちゃんの病院へ。前に通院して薬を貰いましたが、効果なく逆に広がる。今日は薬を変えてもらい、薬用シャンプーを貰う。薬は、四十二日間。皮膚にかさぶたができてきました。ここ一ヶ月、子供の病気に右往左往☆うおうさおう☆する母親の気分を感じました。早く治るといいです。
それから、父母と遠方に住むお客さんに集金。ついでに、秋田県の小安峡を見学。渓谷の滝を眺めました。マイナスイオンって感じ。今日の写真です。連日、紅葉を味わう。贅沢な二日間でした。紅葉ということもあり、人が出てました。昼食は、街道沿いで秋田名物稲庭うどんと、山菜の天ぷらを食べました。おいしかったな。


この前、テレビで終末期の医療のガイドラインの見直しを取り上げていました。延命治療です。私は苦しむより、ゆるやかに逝きたいな。祖母が亡くなる前夜が、忘れられない。かなり苦しみ、お医者さんから、「この点滴をすれば楽になりますが、容態が急変するかもしれません。」と家族に告げられました。祖母自身、苦しむのは嫌だと言っていましたし、また、あまりにも祖母が苦しむので、家族はその点滴を選択しました。あまりにも私は、何とも言えない気持ちが襲い、その瞬間から葬式が終わるまでの記憶が、断片的です。祖父母の死の瞬間を体験して、うちの家族は、延命に対して、葬式についての要望書を作りました。何かあってからより、今から互いに確認します。五年ごとに、更新しようと思います。


今日は、月曜日ということもあり、ホステスする店は暇です。近くの役場の駐車場を見ると、人手がある程度予測できます。あとは、タクシーかな。店が、暇なら一時間早くあがれます。深夜の一時間ってかなり大きいです。寝る前に、日テレニュース24を、ぼんやり見ます。ニュースが、簡潔にまとめてあって、好みの番組です。早起きのお客さんに教えてもらいましたが、私は逆に寝る前に、見てるんです。深夜の友です。


★一六三二字★

追記、写真は小安峡の滝。
AD

大人の紅葉遠足

テーマ:
071028_1220~0001.jpg
今日は、ぽかぽかした陽気。店のスタッフで紅葉遠足。メンバーは、経営者の父母、インドネシア、フィリピンの若手三人衆、元スタッフの子供。目指すは、秋田県の抱き返り渓谷。紅葉がきれい。それが、今日の写真です。我が家の犬達も同伴。臆病なまりーちゃんは、揺れる吊り橋も洞窟も歩けない。ママが抱っこ。渓谷沿いは、遊歩道になっているんです。みんなで歩きました。犬連れもちらほら。驚いたのは、うさぎの親子連れ。ひもをつけて、肩に乗せて。初めて見た。あとは、九十一歳のおじいちゃんが、休憩しながら歩いていた。元気だな。下を見ればターコイズブルーの川が広がり、木々に包まれ、幸せな気分。得をしました。本当は土曜日になじみのお客さんと、いつもの店で、大好きなウィンナーつまんで、アフターしたかったんだけどね。今日の遠足の為に我慢。私、酒も愛するけど、同じくらいにお出かけが大好き。次は、田沢湖見学。日本一深い神秘的な湖の湖畔を歩く。若い衆は、スワンボートに。騒いでる。楽しそう。それから、秋田駒ヶ岳麓の水沢温泉へ。乳白色のお湯で源泉。露天風呂は深い。生まれて初めて温泉に入ったインドネシアの女の子が、湯あたりに。立てなくなっちゃった。そういう時は、首と脇の下を冷やせばいいと聞き、応急処置。心配したけど、回復。硫黄☆いおう☆の匂いでも、頭痛くなったみたい。温泉の洗礼ですかね。めでたく遠足終了。年上のお姉さんは、犬と満喫した一日だった。


もう十月も終わりですね。果たして何を成し得たんだろう。日常と仕事に流されてゆく。将来を見据えなきゃならないのに、現実に負けてばかり。否、今を一緒懸命に過ごしたら、何か活路は見えるのかな。来月は、旅するし。鳥取砂丘で考えてこようかな。旅という非日常は、私に何かをもたらしてくれる。だから、やめられない。旅ジャンキーな風来坊な私は変わらないのかな。

★一五六四字★

追記、写真は抱き返り渓谷の吊り橋。
AD

復縁シンドローム

テーマ:
071004_1503~0004.jpg
英会話スクールのNOVAが騒がれてますね。駅前留学、テレビ電話によるお茶の間留学、そしてキャラクターのNOVAうさぎ、急成長を遂げたと思われましたが、経営の内実は違ったようです。
私も中学生の時、もうつぶれた学校ですが、英会話に通ってました。外人講師とマンツーマンのレッスンでした。少しは上達したのかな。今はその影も形もないけど。やはり会話できた方が世界は広がるのかな。同級生で異国に留学した人もいます。アメリカ、カナダ、スペインなど。旅は好きだけど、私は異国で暮らせるのかな。暮らしてみたい街は、トレッキングで一ヶ月滞在したネパールかな。ヒマラヤを見ているだけで飽きないし、食事も合うから。思い出深い国です。


最近、勤務する店でショータイムにセクシーダンスが。歌じゃないけど♪胸騒ぎの腰つき。私は出来ないな。自分と比べてしまう愚かな私、三十一歳。昔からダンス苦手。リズム感欠如してる。演劇部時代、いやに劇中にダンスを入れるのが流行して、冷や汗もの。同級生が懇切丁寧に教えてくれた。日本のお店で、外人が働く場合、ダンサーかシンガーの資格がいりますが、私は来れないでしょう。


今日、店のカラオケで大黒摩季の「ららら」が流れたんだけど、私は、「恋愛中ってもっと楽しいと思っていた」の歌詞に、昔から共感。一緒にいたお客さんは、「好きになるのは簡単だけど、輝き持続するのは」の歌詞に共感していました。微妙な恋の心理を描いた名曲だと思います。恋愛って、甘いばかりじゃないですよね。継続していくことに、意義があります。私は、一回切れて、それから復縁するパターンが、多い。すぱっと恋情を捨てきれません。何か想いが取り巻きます。諦めた頃に、浮上していくのかな。そんな、リフレインがあります。しかし、復縁もエネルギーがいるんですよね。勢い、戸惑い、未練、躊躇☆ちゅうちょ☆、いろんな想いが、びゅんびゅん交錯してしまいます。その渦☆うず☆にいたことがあったな。

★一六三八字★

すすき揺れる秋の日

テーマ:
071025_1428~0002.jpg
秋にすすきを眺めると、何だか優雅な気分になる。思い出に残る二つのすすき。大学の友達と撮影旅行に行った箱根の仙石原のすすき。一面すすきで、風に揺れていた。みんな写真好きなんで、たくさん撮った。モノクロにも挑戦。魅力的な被写体だった。同時期に、この話をしたら恋人が、荻窪の公園のすすきを見に連れてってくれた。ひそかに対抗してくれたのかな。そんな気持ちが新鮮で、嬉しかった。夕暮れ時に、大好きな人と二人きりで、眺めたすすきは、浪漫があった。思えば、大学の仲間は個性豊かな面々だった。私は夜学に現役で入学した。社会人入試で入った人や昼間仕事をしている人が、多数だ。美容師さん、助産婦さん、劇団の主催者、書店の営業マン、公務員、さまざま職業の人に出会えた。教員免許証が欲しくて、入学した人も多かった。大学の中で、たくさんの恋愛も見たし、自分も参加した。女子校に六年間いた私にとって、共学の大学は、のびのびした。夕方五時二十分に授業始まり、十時に終わり、それから食事がてら飲みに行く日々だった。あの日々が懐かしい。もうあんな熱情に襲われる事はないのかな。若さゆえのきらきらした歳月。満喫したかな



今日は、今、お仕事終了。いつもは二時までだからな。深夜、化粧を落とし、ベッドにノートパソコンを置き、愛犬さいちゃんと密着して、みなさんのペタ巡りをしてます。妙に深夜のペタで失礼です。みなさん、ペタってその日の分はその日に回りますか。私は、かなり遅れてます。申し訳ないです。でも、読者のみなさんのは勿論ですが、意外なペタも、嬉しいものです。この広いブログ世界で、私にたどり着いてくれるなんて、すごいなと思う。そのつながりが大きいです。


帰りの車の中で、インドネシア語がこだまする。職場のクラブもそう。職場に、腹割って話せる人が、なかなかできない。それを職場に求めるのは無理なのかな。所詮、社長の娘でみんな遠慮する。少し寂しいな。私もいけないのかな。壁を作ってるのかしら。人見知りだし。これではいけないのかな、そんな風に思う今宵でした。

★一七三零字★

追記、写真は、紅葉見た栗駒山のすすき。

半同棲生活

テーマ:
071025_1428~0001.jpg
今日は天気がよくて、急遽☆きゅうきょ☆、家族で紅葉見学。犬も連れて、秋田県東成瀬村の栗駒山へ。紅葉が見頃でした。特に黄色がきれい。何か幸せな気分になります。登山口から少し歩いてみました。木々に包まれ、落ち着いた気分になります。もう三時頃だったんで、人もまばら。この景色なのに、もったいない。一緒に登山道を歩いていた母が、今度、山登りに来たい、と発言。山好きの私にはたまらない提案。こんなに近くに、山仲間がいたなんて。盲点でした。犬も山の空気に満足したよう。そういえば、秋田の鳥海山の頂上で、大きな犬に遭遇☆そうぐう☆。二千メートルですよ。ばてていた私は、犬も登ってきた現実に、驚くばかり。


今は、お客さんが帰り、一休み。歌が好きな四人組で、早い時間から来てくれて、四十曲は熱唱。洋楽と演歌。レパートリーの広さはすごい。二十代の頃、カラオケ大好きな友達と、朝までカラオケをしたことが何度かある。六時間くらいかな。あまり歌を知らない私は、だんだん歌う曲が尽きて困った。元来、飲んで人の歌を聞いている方が、好き。その合間に、今の心境を託すような歌を歌うのが、パターンかな。二十代から、演歌も好き。若い歌を知らないな。


最近、同棲を始めた男友達が、愚痴りにきた。彼女の小言が多く、ケンカばかりらしい。一緒に生活するのは大変だ、と告げてくれた。かぐや姫の「神田川」のようにいかないのね。私も赤い石鹸かたかた鳴らして、銭湯に行ってみたいのに。今まで、同棲したことのない私は、同棲したら、ギャップに疲れるのかな。男の人と暮らすという選択肢は、浮上しなかった。半同棲のまねごとは、したことはあるが、あれはあれで、相手といいも悪いも、向き合った時間だった。大雨の日に、傘片手に駅に迎えに行った瞬間は、妙に幸せだった。合い鍵もらったな。なんか懐かしい。あの人には、最初から最後まで、甘えてばかり。そんな半同棲でした。

★一六零四字★

追記、写真は栗駒山の紅葉。

ブログという名の鎮魂歌

テーマ:
070421_1048~0001.jpg
久しぶりにブーツをおろした昨日は、ホステス稼業の店は暇。最近のジンクス、おめかした日に限り、不調。意気揚々と新しいワンピース着たりすると、ダメです。気合いの空回り。お客さんがひけた昨日の店では、インドネシアの女の子が、カラオケの練習。最近のカラオケのリモコンには、歌の歌詞が全部でます。それをママが朗読。ローマ字でノートに書き写す女の子達。今、うちの店では、小林明子の「恋に落ちて」と門倉有希の「ノラ」が、流行中。何が彼女達のハートをとらえるのかな。聞いている私も覚えちゃった。店にいて知る曲が多いな。本人の歌を聞いたことなくて、カラオケしか知らないのが。


親戚の集まりで、若いいとこ達が、夢に向かい歩いているのを知る。カウンセラーと作業療法士。資格があるのは、いいことだ。私は、その年ではっきりとした将来を見てなかったな。他のことに夢中だった。進学したんだけど、卒業できなかった。鬱初期に、軽い交通事故に家族で遭遇し、保険金を貰うことになり、また大学院に挑戦しようかと思ったが、入院で流れたままだった。いつも中途半端だから、何か一つでも人生で形にしたいな。やり遂げてみたい。全身全霊で何かに挑戦してみたい。


若乃花の奥さんの不倫騒動話題ですね。あんな形はな。売名行為にしか思えない。例えこれから、彼が売れても、元という肩書きはついてしまう。私がたまに書く昔の恋についての描写について、面白いフレーズがあると教えてくれた友人がいます。

いつか もう一度 会える日を ずっと 探してる
放浪のお土産ばなしを書き留めるの

「悲しみを下さい」松任谷由美

歌詞も全部読みましたが、ぎくりときました。私にとってブログは、ある意味、鎮魂歌(レクレエム)かな。すべてのものに対しての。書くと整理できるんだ。不思議とね。

★一五一二字★

追記、写真は、山形銀山温泉のおしんこけし。なかなか風情ある温泉地。

続、鬱の完治の瞬間

テーマ:
070331_1815~0002.jpg
今日は、久しぶりにブーツをだしました。黒と茶色の革のロングブーツ。茶色のは、もう十年ははいているかな。かかとは何回か修理しましたが。足になじみます。私の二十代をともに歩んだ一足。このブーツで、恋人と甘いデートをしたり、酔ってふらふらで転びそうになったり、私の歴史を一緒に歩いてきてくれました。末永くはこうと思います。
同じ革製品で思い出したのは、私の手帳カバー。これも十年選手。憧れてた一品。中身だけ、毎年、買い揃えてます。革って、だんだん味わい深い色になっていきますね。そこが好きです。


以前に鬱の完治の瞬間について当ブログで、書きました。私のお世話になっている読者の方が、この鬱の完治の瞬間について、ヒーリングの先生に聞いてくれました。先生曰わく

「病気になる前の自分より、さらに元気に毎日が、楽しく前向きに過ごせるようになった時。」

だそうです。私はどうかな。不安感は薄れたけど、あの時代のようには、まだ、楽しめきれない。追いついてはきているけど、もうちょっと。でも、あの病気になる前も決して、順風満帆な人生ではないしな。鬱になって状況が一変したんではない。そのあたりが、どう見るかかな。人生を楽しもうとする気力は、蘇って☆よみがえって☆きたのかしら。たった一度の人生ならば。


仕事中に、卵が賞味期限切れそうだからと、チーママが卵を二つゆでてくれた。卵二つとマヨネーズ。おやつにしては、カロリー多いわ。中学時代に、ダイエットにはまり、いろんな食べ物のカロリー研究したな。カロリー計算して、ダイエット日記もつけたんだけど、うまくいかなかった。ストレスがたまるから。のんびり、少しずつ好きなものを食べている方が、私にはいいのかしら。


★一四四六字★

匙☆さじ☆加減

テーマ:
071008_2116~0001.jpg
東京は暖かかった、と秋田に帰り実感しました。
最近、食品の偽装問題が騒がれてますね。北海道のミートホープに始まり、白い恋人、老舗の赤福、秋田の比内鶏。何を信じていいかわからない時代です。私がいる秋田の比内鶏の場合は、もう卵が産めない鶏を、比内鶏として扱っていたようです。これから鍋の季節なのに、もったいない。でも、肉の味なんて、正直、わからないな。ブランドを信じて満足していると思うのです。
伊勢の赤福もしかり。伊勢の和菓子と言えば、赤福のイメージでした。ずさんなやり方には、あきれます。こういうケースって内部告発で、発覚するのかな。一度、失った信頼を取り戻すのは、大変なことだと思います。


今日のホステス稼業は、常連のお客さんの誕生日会。常連のお客さんがつのり、にぎやかな宴でした。既婚者のお客さんなんで、特に誕生日プレゼントは迷いました。新宿の伊勢丹で、ラルフローレンの暖かそうな靴下を、チョイスしました。プレゼントって迷うな。いつも考える。欲しいものをリクエストしてくれるのは、あまりないし。想像力との戦いです。
お誕生会は、なごやかに終了。ケーキ食べ忘れたな。それが残念かしら。今週はもう一つ、お誕生会があって、イベント 続きです。


夕方、見ていたフジテレビの再放送の「Age35」のドラマがいつの間にか、終わっていた。中井貴一と瀬戸朝香の不倫のドラマ。リアルタイムでテレビで夢中になって見ていたあの時代の私を、ふいに思い出した。同じドラマでも、年とれば感じ方が変貌☆へんぼう☆していく。これは、柴門ふみの原作。彼女の漫画でドラマになった「同級生」や「東京ラブストーリー」も好き。男と女の微妙な恋心が描かれてます。私も微妙な匙☆さじ☆加減がわかるようになるのは、いつかしら。空回りが多くてね。


★一五零七字★


追記、写真は大好きなクリムトの絵。男と女の描き方にひかれる。

無事、秋田に戻りました

テーマ:
071021_0130~0001.jpg
東京から秋田に帰りました。七時間のドライブ。愛犬さいちゃんと密着して、すやすや。途中サービスエリアで、おやつ。無添加ソーセージだ。買い食いですよね。見て回って、なかなか楽しい。あれもこれも欲しくなる。
東京の家に、携帯の充電器忘れてきた。やばい。電池持つかな。充電するか迷ったんだ。充電器一個目は、愛犬まりーちゃんに、かじられたし。運がないのかな。明日の一番に、買いにいこう。仕事にも支障でるしな。
東京から帰る間際に、埼玉の川口の祖父母宅に寄る。元気そうでなによりだ。おじちゃんもいて、おじちゃんの犬のコギーのちゃたと、我が家のわんずが対面。まりーちゃんが威嚇☆いかく☆していた。怖いくせに。

東京では買い物。誕生日プレゼント、ハイソックス、仕事用の網タイツなど。お金がないぞ。給料日は二十五日。もうすぐだ。持たせよう。煙草代があれば、何とかなる。たまに、お客さんから頂くチップも大きいし、自分の仕事への評価だから、うれしい。予想外な展開で、頂くことが多い。満面の笑みになる。明日から、ホステス稼業だ。元の生活だ。気合いをいれて乗り切ろう。お客さんに電話しよう。まめさが、肝要だと思う。


風邪はだいぶ、よくなりました。安定剤に慣れた私の体は、風邪薬には眠くなりません。強いのかな。やはり、市販の風邪薬より、内科の薬の方が、ピンポイントで効く。実家の近くには、かかりつけの内科があって、先生に風邪の時は、お風呂入るなと、口をすっぱく言われたな。やはり、冷やすのはよくないらしい。
明日に備えて、ゆっくりします。寝過ぎたから、眠れるのか、それはまた問題だ。

★一三六零字★

追記、写真は我が家のわんずのさいちゃんの近影。