♪古いアルバムめくり

テーマ:
070629_1954~0002.jpg
仕事の関係で父と帰京している。車で十一時半に秋田を出て、新宿の家に着いたのは六時半。月末の金曜日の都内は混んでいた。途中、福島の二本松の岳温泉で立ち寄り湯。白くにごったお湯で、いいお湯。昼食は前沢牛の牛丼。なかなか楽しい移動の旅だった。


新宿の家に着き、ブログに使えそうな写真を探したくて、古いアルバムをめくった。まずは国内の旅、登山、お寺。


いろんな写真がでてきた。私は大きいのではなく、カットが欲しかった。ついつい見入ってしまった。


何より気付かざるを得なかったのは、そこにいる「私」の、いきいきしてる様ってない。みんな鬱以前のものだ。楽しんでるな、この人って感じ。自分の中で辛かった☆つらかった☆旅の思い出も、写真を見て記憶をたぐりよせると、また違った形になるから不思議だ。エネルギーを写真に吸い取られてしまいそう。まだ、もっと楽しい海外編には飛べない。自分じゃないみたいだもん。現実と過去が交錯☆こうさ☆する。膨大☆ぼうだい☆な写真をながめると、私の二十代の一部が浮き上がってくる。


また同じように楽しみたいな。それ以上に。過去は貴重な思い出だ。大切にしてゆきたい。さあ、明日は海外編の写真の整理です。


追記、整理中の旅の写真より。青森のさんない丸山遺跡のやぐら。
AD

異国での恋文☆こいぶみ☆

テーマ:
070530_1628~0001_0001.jpg
ブログをやるようになって、読書時間減りました。皆さんのブログが今の私の読書です。面白いし感謝しています。


私はインターネットデビュー遅かったです。二十六でした。一人旅に出るのでホットメールのアドレスを友人に取って貰って☆もらって☆からです。その夏に母とパソコン講座に通い、開けるようになりました。それまではパソコンに触った☆さわった☆ことは、恥ずかしながらありませんでした。


旅に出て異国のインターネットカフェで、メールを作成しました。四苦八苦しながら。一通のメール書くのに、三十分はゆうにかかりました。ネパールでは、しょっちゅう停電で困ったもんです。旅の経過を友人、家族、そして当時の恋人に知らせました。


恋人からは、日本にいる時は聞いたことのない甘い便りを貰い、どきどきしてました。恋人のメールは長文で、日本語に飢えていた☆うえていた☆私は、ついついプリントアウトしました。旅に出るという固い決意で日本を出てきた私ですが、日本が恋しくなりました。便りの影響大です。恋文☆こいぶみ☆でした。


旅の調べものにインターネットは欠かせませんでした。遅咲きでもインターネットデビューして良かったです。もう少し前に始めていたら、私は自分のホームページを開いていたのかな。まあ、ブログというツールに出会えて良かったな。世界が広がったのは確かです。これからも活用します。

★一一七四字★
AD

居場所

テーマ:
070615_2102~0001.jpg
「君が輝ける場所はこんな場所じゃない。他にあるはずだ。」


今日のホステス稼業で隣に座ったお客さんに言われた言葉。
かいかぶり、過大評価もあるが、意味深☆いみしん☆かもしれない。考えさせられる言葉。


ホステス稼業は、苦しいけど楽しい。でも店持ち独立したいという野心はない。秋田から東京に戻ったら、昼の仕事につきたい。今いる秋田は車社会なんで、ペーパードライバーな私には無理だ。運転するという選択肢あるが、薬による突然の眠気で怖い。


輝ける場所なんて果たしてあるのか。途方に暮れる。やりたい野望はある。あとは努力かな。今、三十歳。小さい頃から抱いた夢に向き合いたいと思う。二十代は夢だけが先走っていた。追いつけない私は旅や酒で気を紛らわした☆まぎらわした☆。もうそんな場合ではない。
輝ける場所探しの旅にでよう。暗中模索☆あんちゅうもさく☆でいいから。
大丈夫かな、私。少し不安あるけど。いろいろ書きたい。

★八零九字★
AD

相棒☆あいぼう☆

テーマ:
070405_2026~0001.jpg
今日、図書館で旅のガイドブックをかりた。秋の旅。

行くのは島根県、鳥取県、広島県で、
かりたのは山陰と山陽地方の本。研究するぞ。あとは時刻表が相棒☆あいぼう☆。


昔の職場がカプセルホテルだったので、時刻表が常備していた。休憩時間によく古い時刻表をもらい、旅の予定をたてていた。また季節限定の列車の情報を知り、乗りに行った。忘れもしないが、「風っこ」というトロッコ列車。文字通り、車両がトロッコ。風をじかに受けられるオープンな列車。開放感いっぱい。私はビールを飲んだが、あまりの風にビールの紙コップが飛びそうになった。これには笑った。今もあるかな。たぶん季節限定。


私の旅は国内外、だいたいフリーの旅。宿の手配、列車、すべて一つずつ決めていく。ある意味行き当たりばったり。いろんなことあるが、楽しい。近場は鈍行列車でのんびり行く。さあ、策☆さく☆を練ろう。秋なんてあっというまだから。何かが待っているはずだから。そう信じたい。終わりなき日常から逸脱☆いつだつ☆だ。

★八七一字★

海は見ていた

テーマ:
070625_1525~0001.jpg
週の始まり月曜日。
休み明け、海に行った。

秋田の本庄の海。

暑かった。

薬で寝ぼけてふらふらだった。

でも海は見た。

海は見ていた。

犬達は、波打ち際まで行くが、警戒して中に入らなかった。砂場を疾走☆しっそう☆していた。鳥を気にして追いかけていた。写真は海の帰りのさいちゃん寝顔。安らかだ。

今日のホステス稼業。間違えてぬるいビールだしてしまったり、ブランデーこぼしたり、何だかな。歯車うまくまわらない。どうしたのかな。アムブロも今日こそゆっくりやろうと思っていたが、コメント欄がでてこない。何だかな。


でも、ホステスする店で懐かしいお客さんに会った。私が十八の頃から知っているお客さん。いいこともあるもんだ。プラス思考でゆこう。♪人生、楽ありゃ苦もあるさ、
水戸黄門の歌っていいこと言ってるな。

★七一五字★

追記、写真はさいちゃんすやすや。

サンデイ

テーマ:
070530_1631~0001.jpg
(この記事は昨日書きました。うまく送信しませんでした。)アメブロ、システムエラーの23時です。治らないかな。休みだからブログに染まりたい。

今日はうつらうつらしてました。薬減っても眠い現状。つらいです。これ以上減る見込みないし。断崖☆だんがい☆絶壁な感じ。私はどれだけ薬に左右されればいいの。もう飽きた。どうしようもないけど。

それからゴルフ練習。なかなかうまくいかないけど、まっすぐ飛んだ。来月、コース予定。どうなりますかね。


それから家飲み。ワインとチーズ。うまい。ワインの酔いが包み込む。人生、酔ってなんぼのもんかね~桃源郷見たいよ。来週は東京です。半分仕事。乗り切りたいね。静かに飲む予定。千鳥足になりません。もういい年なんでー

★五八九字★

夜の蝶☆ちょう☆

テーマ:
070528_2050~0001.jpg
お仕事終了。

今日はまあまあの入りだったホステス業務。

長い一週間が終わる。

昔から私を知るお客さんに「明るくなったね」と言われた。うれしい。


ホステス業務に定着したのは去年の夏。もうすぐ一年だ。それまで単発に働いたり、学費稼ぐために半年働いたことはあるが、レギュラーは初めて。初めの頃は、暗くみえたというより暗かったんだろう。昔からいるお客さんに「大丈夫?」って心配されたり、母君が鬱病を患った☆わずらった☆人には直球を投げられた。「もしかしてあなた鬱?」って。ぎくりとしたが否定した。そこで話してすっきりする道は自然と取らなかった。


まあいろいろあった。山あり谷あり。でも下界との接点を持つことで刺激は受けた。きれいな夜の蝶になるという目標ができた。


退院してから一年と3ヶ月は家で療養していた。それはそれで必要とした時間だし、いいタイミングかな。ある意味、ホステス業が私には荒治療かな。壁にぶつかること多いし、何してるの?私、って思うときもあるけど、面白いのはたしか。恋もした。ホステス業復帰に導いてくれたのは、元彼だった。そんなきっかけを感謝している。いつまで続くかわからないけど、もう少し励みます☆はげみます☆。やせなきゃな。自分を磨き☆みがき☆たいものです。
★一一八九字★

追記、競馬の宝塚記念。ウオッカという夢に乗りたい。ヒモはダイワ、ポップロック、サムソン。あなたの夢は何ですか。(バイ杉本清)

あー夏休み

テーマ:
070622_0116~0002.jpg
夏休み。
大人が浮かれる夏休み。
少しずつ計画あがってきます。

7月、8月は秋田から生まれ故郷の東京に上京予定。9月は山陰と関西の旅。少し動こうかな。


元気な頃は休日や連休にかこつけて、いろんなところに出没していました。片道三時間かけて山に行ったり、お寺見たり、温泉に行ったり。

そのころ、年上の親友に「生きいそいでる」と指摘された。否定できません。帳尻☆ちょうじり☆合わせるように病気、療養生活。少し回復してきたら、いろいろしたくなった。


どうせ死ぬなら、私は見たいものは見たい。それが財産だと思うから。会いたい人には会いたいとも思う。それをモットーにしたい。


昨日の通院で薬減りました。おかげさまで。昼の薬が一種類になった。病院は以前、入院した病院で、昨日はまた悪くなって入院したらどうしようと怖くなった。だったら、しっかり薬を飲んで、仕事して、発散するときはしようと思った。私の発散は旅。佐野元春の歌詞ではないが、「つたない旅人」は始動しようと思います。

鬱という病☆やまい☆

テーマ:
070227_0334~0001.jpg
雨が降る。
梅雨入りか。
これじゃあ洗濯物乾かないな。
テレビを見ていたら日本国民百人に七人が鬱病のようです。予備軍、自覚してない人、治りかけの人を考えれば、もっとでしょうか。現代病ではすまされないものでしょう。

私は自分が鬱病になるとは、まさか思いませんでした。「家庭の医学」を見て、症状は知っていました。また、その二年くらい前に友人が二人、鬱になりました。

鬱になった友人とは一時期、全然、連絡が取れなくなり心配しました。病気は後で知ったので、「何でだろう、何か悪いことしたのかな」と考えてました。

それから自分が逆の立場になるなんて。鬱になって、いろんなタイミングが重なり、仕事を辞め、恋も捨て、友達との回路も切っていました。最初は病院に行く気力も勇気もなく、横たわっていました。あれは深い闇☆やみ☆。あの頃の記憶はおぼろげです。

それから三回目の春を迎えました。鬱になって、いろいろ見えたものがあるのは確かです。いいもん、悪いもんひっくるめて。


今日は通院日です。果たして薬は減るのか否か☆いなか☆。日中眠いので、回復したいです。では、行って参ります。

ゆかいな仲間達

テーマ:
070614_1926~0002.jpg
今日、ホステスする店でついた仙台からのお客さんは、家にチワワを八匹飼っているみたいです。八匹はすごい。みんな個性豊かでにぎやかなようです。

我が家の動物事情。
ミニチュアダックスのオスの4才さいちゃん、

同じくミニチュアダックスのメスの10ヶ月のまりーちゃん、

雑種の猫、気高いららちゃん、
庭の10歳以上のかめの次郎さん、
鈴虫さん、
です。

動物には癒されています。特にやっぱりさいちゃん。私がパソコンしていると座椅子で寝ながら、待っててくれます。寝るときは一緒。私を寝かせてから、まりーちゃんいる父のベッドに行く時もあるみたいですが、私にはわかりません。

さいちゃんに出会ったのは、鬱、引きこもりの真っ最中でした。昔のブログにあるけど、私が過呼吸の発作で泣いている時に、何度、さいちゃんが涙を舐めて☆なめて☆くれたか。何より良薬でした。私は孤独じゃないんだって思わせてくれた。さいちゃんがいなかったら、暗い暗い寒い海の底にもっと沈没していたかもしれない。生き物を飼うことで、ぎりぎり現実とリンクせざるを得なかったところもあったと、今だから思えます。あの時はただ必死だったけど。これからも我が家の「ゆかいな仲間達」と歩んでいきたいです。

★一零四九字★

追記、そんなさいちゃん一葉。