061210_1339~001.jpg
心より御礼申し上げます。暖かいコメントありがとうございました。励みになりました。
今、現在、パソコンの調子が思わしくなく皆様に新年の挨拶にいけるか微妙です。何だかな。復旧を願います。

今年、一年、色んな事がありました。嬉しかったのは、中国を旅できた事。同行の親友には感謝です。旅という現場に復帰できて幸せでした。やはり旅が好き。来年も旅立っぞ。私の道楽です。

次は犬。マリーちゃんという新しい家族が出来ました。愛犬さいちゃんともども、仲良く暮らしていきたい。犬によって救われています。寂しくないや。
最後はやはり恋。恋人に恋人の事は書くなと言われてますが、やはり私の一部です。けんかしたり、はらはらする事も多々ありましたが、
好きです。愛しているとはまだ公言する事は出来ませんが、好きです。来年はもっと理解し話し触れ合い、甘えたいし甘えて欲しい。やっぱりいい女でいたい。自慢出来るくらいに。私が北国に逗留☆とうりゅう☆する理由の一つです。

私らしく、鬱犬らしくまとめてみました。

もう今年も終わりですね。ラジオからは☆かなしくてやりきれない☆が流れてる。外は粉雪。
真っ白になればいいのに。全てが。私を覆い☆おおい☆尽くすもの全てが。嫌な事はもうリセットして、新年に向かいたい。何が見えるのかな。何が待っているのかな。やっと楽しめる余裕が少し、復活したかも。
★一一七四字★
AD

病☆やまい☆

テーマ:
061213_0055~0001.jpg
今宵☆こよい☆、大切な人に、
早く治せよ、と病気について言われた。
その人はあたしの病気の流れを実際に見守ってくれた人だ。
思わず返答に窮した☆きゅうした☆。
いつになったらなおるんだろう。誰がそのゴールを教えてくれるんだろう。たまに忘れるけど、薬はきちんと飲んでいるつもりだ。眠気という副作用付きだが。
薬を飲むしかないのだろうか。どうやったら治癒☆ちゆ☆に向かうんだろうか。
あたしにはわからない。主治医と薬と自分を信じるしかないのかな。

来年もいつもの薬を飲むだけだろうか。最近、調子がいいので焦っている☆あせっている☆。些細☆ささい☆なことで不安になったり、何かしなくてはならないと思い込む事も前に比べて薄れた☆うすれた☆。まだないとは言い切れないが。激鬱☆げきうつ☆の波は来ない。

少しずつ問題をクリアしていくことが命題かもしれない。
☆七四七字☆
AD

本について

テーマ:
061205_0036~0002.jpg
最近、長編小説を読んでない。
正しくは読めない。

集中力が続かない。人の名が覚えられない。今、手元にあるのは京極夏彦の最新作の長編小説だけど、進まない。物語の中に入り込めない。残念だ。


寝る前に読書する事はあるが、だいたいはエッセイか今まで読んだ小説の再読だ。

エッセイと言えば、一番読んで影響を受けたのは、伊集院静の☆二日酔い主義☆が挙げられる。当時、週刊文春に連載していた。高校生だった私は、文字通り二日酔いになりつつ、通学列車の中で読んでいた。伊集院静さんが二日酔いだと書いてあると、仲間を得た気がして悦に入っていたのが、思い出だ。年上の男と付き合い、出口のなさを感じていた私の心にしみたエッセイの一つだった。


このエッセイは、人生の中で壁にぶつかったり、どうしようもなさを痛感した時に読み返している。邪道だが、ほろ酔いで読むのが好きだ。

ブログもある意味、ジャンル的に見るとエッセイの範疇☆はんちゅう☆かもしれない。

納得がいく文に到達する道は険しい。暗中模索☆あんちゅうもさく☆だ。いろんなテーマや出来事、思い出を探り☆さぐり☆、一つのものに昇華☆しょうか☆していきたいと思う。☆千三字☆
AD

空回り☆からまわり☆

テーマ:
061205_0037~0002.jpg
何か歯車がうまく回らない。
喪中の人に年賀状書きましたか、ときいてしまったり、
恋人の対処に困ったり、
物事がスムーズにいかない。

年の瀬なんで、大掃除、賀状、公募に出す原稿の整理、写真の整理、やることが塵☆ちり☆を積もりながら待ち続けている。一つ、一つ確実に消化したいと思うが、のらりくらりしている。

酒を飲んでも美味しくない。おかしいな。どうしちゃったんだろう。
頭を切り替えなきゃ。マイナス思考はやめにしよう。いつも悪い方、悪い方に考えてしまう。最悪の事態を予想する。慎重といえばそうだが、たまに度が過ぎる。

来月の今頃は東京に帰っている。楽しく飲み歩いているんだろうな。もうカウントダウン開始だ。
いい酒をいい友人と酌み交わし☆くみかわし☆たい。ほろ酔いでふらふらしてみたい。しばらくなってないな。

今年もあと四日。
歯車を直し、望んでやるぞ。平成十八年、ラストラン。
小学校を卒業してからもう十八年経った☆たった☆んだ。光陰矢のごとし。いろいろありました。酸いも甘いも乗り越えて、大人になってゆく。
☆九百二字☆

年の瀬

テーマ:
061214_0310~0003.jpg
振り返る前に来年の事を語りたい。
2月、秋田の冬祭りかまくらとぼんてんに友人が遊びに来てくれる。温泉にのんびり浸かりたい☆つかりたい☆。
春、念願の関西に行きたい。陽気な叔母が住んでいる。お好み焼きを食べ、世界遺産の姫路城を見たい。願わくば奈良の吉野の千本桜かな。一度愛で☆めで☆たい。

夏は山。岩手の栗駒山、青森の八甲田山、長野の蓼科山に行こうかな。あとは富士山。無理かな。少しずつレベルアップしたい。

秋は紅葉。これも山がいいなぁ。山頂で珈琲☆こーひ-☆沸かして☆わかして☆、ラーメン作りたい。
冬は決定事項のホノルルマラソンに参加したい。でもマラソンではなく歩く方。十キロらしい。クリア出来たらマラソンかな。ハワイの海を黒いビキニで泳ぎ、甘いカクテルを飲みつつ読みかけの本を読みたい。

あと一つくらい旅したいな。旅と山で彩られる☆いろどられる☆年にしたい。
そんな体験をブログに綴り☆つづり☆たい。

あとは平穏に犬と猫と両親と過ごしたい。あと四キロ痩せたい☆やせたい☆。

三十代、寝てばかりいないで充実させたい。私次第だ。待っていて何かが始まる頃合でもない。自分からいかなくては。行き過ぎは困るけど。何事も適度にをモットーに。転んでも這い上がろう☆はいあがろう☆。

☆千八三字☆

追記、今までの携帯が千字しか入らなかったので、新しい携帯になり過去最高の長文。アメブロは何字まで入るのかなぁ?

不信の時

テーマ:
の061205_0100~0002.jpg
深夜、友人に付き合ってドライブに行った。車窓から見える景色をぼんやり眺め☆ながめ☆ていた。気持ちは軽くはならなかった。

偶然、恋人が他の女性に腕時計をプレゼントした話を、共通の知人が漏らした☆もらした☆。
青天の霹靂☆へきれき☆だった。
奇遇にもあたしが恋人に誕生日の贈り物にもらったのも、腕時計だった。

これは些細☆ささい☆なことかもしれない。だけど腹が立つ。喉☆のど☆に刺さった魚の小骨のようだ。

恋人にも付き合いはあると思う。だから仕方ないか。正直、聞かない方が幸せだった。
でも大人でいよう。次に会った時はこの話題を引きずらない。恋人はあたしは知らないと思っている。顔にださない。顔をひきつらせない。笑顔、笑顔。

もっとキレイになりたい。話題が豊富で面白い女でいたい。人間的造形を深めたい。あたしに夢中になって欲しいなぁ。悔しい☆くやしい☆思いはもう勘弁だ。あたしって以外とやきもち焼くんだ。今更ながら、気付いた。
☆八三三字☆

有馬記念

テーマ:
061205_0039~0001.jpg
もう年の瀬ですね。みなさま年賀状はもう書きましたか。
私は今日、原本を作ります。パソコンで。20日過ぎたらやろうやろう思って今日に至ります。
今日こそは。
昼寝しないで取りかかります。
競馬に興味がない方には失礼かもしれませんが、
今日は競馬の祭典、有馬記念です。
国内最後のG1という大きなレースです。
ディープインパクトという怪物が出走します。ディープにとって最後の引退レースになります。空を駆ける☆かける☆ように走る強い馬です。その勇士を見届けたいです。ハッピーエンドが見たい。現実にはあまりないから。でも競馬には絶対はありません。ディープは去年、このレースで破れています。もう一年たったのか。私は何を得て何を失ったんだろう。でも、だからこそディープに勝って欲しいな。夢が見たい。明日は有馬記念中心にいきたいです。
私が住む北国は三回目の雪が降ってます。東京の天気はどうだろう。気になります。さてさて、どんなレースになるのでしょうか。
☆八四一字☆
追記、私の馬券は、ディープ軸に、ドリームパスポート、メイショウサムソン、ダイワメジャー、スイープトウショウ。堅実に。一番はメイショウサムソン、どうなりますか。

届かない伝言

テーマ:
061205_0040~0001.jpg
夜、携帯に見知らぬ電話番号で着信がありました。
家の電話です。
留守番もあり。
聞いてみると、知らない女の人が間違えて私の電話にかけています。本人は気付いていません。
留守電の内容は、話したい事があるんで待ってます、との事でした。

何か妙な気分になりました。
携帯に間違え電話はかかった事ありますが、間違えて留守電は初めてです。
教えてあげた方がいいんでしょうか。
それも驚かれるかな。迷います。
もう一度かかってきたらにしようかな。そうしようと。

今日は冷え込みます。愛犬と密着して寝ます。みなさまおやすみなさい。いい夢、甘い夢がみたいな。疲労する夢は勘弁です。昨日は、冬至☆とうじ☆。カボチャを食べました。美味でした。ほくほく煮たかぼちゃはうまい。ではでは。
☆六六五字☆

色恋

テーマ:
061205_0037~0001.jpg
恋は難しい。
究極の人間関係だ。相手の前で、どうも素直になれない。
自分のスタンスがとれない。
何を話していいかわからない。
あたしの男は感情の振り幅が激しい。
いきなり切れて別れを持ち出す。
冗談かもしれないが、いちいちあたしは真に受け、消耗する。そして機嫌を損ねないようにしていると、疲れる。
そんな機嫌の悪い日も、大きな心で受け止めてあげればいいのか。なかなか出来ない。不器用なあたしがいる。

昔、唯一、素で付き合えた男がいた。
何も怖くなかった。歌ではないが、相手の優しさだけが怖かった。あたしの大学の同級生だった。ひょんなアクシデントから始まり、寄りかかった。二人で金曜日から競馬の研究したり、ビデオかりたり、テレビ見たり、インドアな生活をしていた。ある時期、半同棲だった。その気楽さと安らぎと優しさに、あたしは知らぬまま溺れていった。底なし沼みたいだった。穏やかな人だった。最近、結婚したらしい。少し寂しくなった。

過去は過去。話がそれたが今の恋。大切にしたいが、仕方に迷うというか戸惑う。見極めるべきなのか。どっちに進むべきか。見据えたい。☆九五七字☆

あたしと犬

テーマ:
200612090944000.jpg
愛犬さいちゃんと暮らして二年になる。
もともとは妹の犬だった。それを譲り☆ゆずり☆受けた。

さいちゃんはあたしの守護神だ。
あたしが寂しい時はだまって隣にいてくれる。
夜、一緒に寝ると安心する。孤独を感じない。安息がある。睡眠薬よりもあたしにはさいちゃんの添い寝が効用する。効き目大だ。やすらかな世界に誘う。

犬は四十代頃に飼おう☆かおう☆と思っていた。それまで思う存分、ライフワークの旅に浸かり☆つかり☆たかった。その計画が早まった。早まってよかったと思う。さいちゃんに出会えて幸せだ。単純にそう思う。旅は親元にいるんで、回数は減るが、しているし。

さいちゃんにはもっといろんな所に連れて行きたいし、いろんなドッグフードを食べさせたい。

あたしはさいちゃんと歩んでゆく。いつまでも。
☆六九一字☆

追記、写真は左さいちゃん、右婚約者のマリーちゃん。