京都 野々村かおりのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
{FAAF9E1C-013D-4050-AEE9-A2A02E92A9FB}




なぜ文明は滅びるのか
~現在の文明と過去の多くの滅亡文明との類似性~

◎通過大量流通時代が招いたもの

通過はもともと便利な道具として生まれました。

第二次世界大戦以降、高度成長期を迎えた昭和30年代から急激に消費生活が発達し、アメリカを中心として世界に大量の通貨が流通するようになりました。

さらに、流通する通貨自体が投機対象となって、いつの間にか便利な欲望の対象へと変質し社会をゆがめていきました。

通貨は本来、生命活動(生活)の便利道具に過ぎません。

それが、いつの間にか『この世だけの思い込みの『富』という概念』にすり変わってしまいました。

通貨は、本来、肉体生命を営むことができるだけあれば、それ以上は不要です。

にもかかわらず、人はなぜ余計に溜め込もうとするのでしょうか。

あの世に持っていくことはできないというに。

国が大量に通貨を発行し、人々が大量に使う、さらに大量の通貨が発行されていく。
この悪循環がエスカレートし、感情・情理次元の欲望が増幅し、ついには地球環境まで蝕むようになっています。

たとえば、自動車は人々や荷物を大量に、遠方まで運ぶことのできるとても便利な道具でした。

ところが、戦後のエスカレートした消費生活は、自動車を個人のレジャーのための道具に変えてしまいました。

拡大した自動車社会は、多くが個人的な感情レベルの楽しみのために機能し、そのために大量の地下資源が掘り起こされ、ときには紛争を引き起こし、そして地球環境すら破壊するほどにまん延しています。

ようやく温暖化に対する警鐘が打ち鳴らされるようになって、地球環境に対する意識が広がり始めました。

けれども、未だに私たちは経済成長(経済回復)こそが幸せをもたらせるという幻想にとらわれています。

まるで、自分で自分の首を絞めるように、地球環境を大切にしようと唱えながら、その一方で消費生活をさらにエスカレートさせています。

著しい自己矛盾です。

地球環境の変化によって、絶滅する生き物が続出しています。

人間だけがそれに続かないという根拠はどこにもありません。

古来、贅沢や道楽におぼれた王の国は必ず滅びました。

そしていま、私たちのひとりひとりが、楽しみのために貴重な自然物を大量に浪費し、贅沢な王のように振舞っています。

身分制度を崩壊させた素晴らしい民主主義が、同時に本来の人間の身の丈を忘れさせ、
欲望を限りなく増幅させてしまいました。

地球は悲鳴をあげています。

エスカレートした消費生活をひとりひとりが真剣にあらためなければ、地球環境はもう取り返しのつかないところまで悪化しています。

通貨を使用しなかった先人は、数百万年もの間、肉体生命を継承してきました。

ところが、通貨を大量に使い出したとたん、わずか50年ほどで地球環境を悪化させ、私たち地球に住む人々のすべての肉体生命に危機が訪れようとしています。

『仕事はしてもビジネスはせず、通貨を使用しなかった先人の長年の知恵』を熟議するときが来ています。

せっかく芽生えてきた地球環境に対する意識を、世界の終末に咲くあだ花にしてはなりません。





以上、書籍『なぜ命はあるのでしょう?』
   P50~P53より

この本を読んで私は非常に参考になりました

   なぜ命はあるのでしょう?
   ~心の進化と真実の幸せの気づき~
   人間本来の生きる目標と使命の発見
   エコー出版  
   2012年8月10日  初版第1刷発行

   本の購入はこちら

{3C226244-A273-4DD7-9DDB-8D91723C5A1D}


AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。