HP / ◇Twitter / ◇PIXIV / ◇instagram / ◇Mail / ◇OnlineStore
  • 24 Jun
    • トートロジーちゃんの散文

      電車を待ちながら本を読んでいましたが。こうして1文字追う間にも時間は進み、即ち学ぶべき「史実」は増え続けていて、この1ページを読む間に世界では何冊か新しい本が出版されているのか。紐解くべき知識と歴史が。と、思うとどうにも、何かを堪えるようだ。駅のホームで。最近何していても、こうしている間にも何か知りたいという気持ちが先走り、かえって今やってることに集中できなくなってしまいそう。元来好奇心は強い方だと思うけど、ここに来て心身ともに知的好奇心に追い抜かれ追従すら厳しい。本当に楽しい。知識や歴史を蓄えて、美しくしなやかな人になりたい。私にとって美しくしなやかな人間とは、裏付ける知識なのだ。何か同じようなことばかり、自分のことばかり書いてごめんなさい。トートロジーちゃんやね。そんなある種心中穏やかでない毎日ですが、封を切ったビートルズ、サージェント・ペパーズを仕事しながら聞く。凪ぐ…。久しぶりに聞くルーシー本当に沁む…最近の「自分」になり過ぎた、自分が、本来の「自分」に均されるようだ。紅茶でも淹れて穏やかな心で仕事したくなっちゃうね。窓辺でね。昔から聞いている曲や、アーティストさんの曲は、当時の自分が影響してきて、不思議な聞き心地になるよね。思い出補正、というやつも。それなりに自分の歴史があることを忘れずにいられる。安部公房読んでいる。友達、棒になった男、榎本なんとか。安部公房て全部こうなの?極端すぎる…。安部公房あまり読んでないので、もう何冊か読んで自分統計とらないと。円城塔さんて純文学作家になるんだね。芥川賞だったっけ。完全な個人的見解だけど、円城塔さんは「芸術文学」と言われるとウム、と思うんだけど、何だか純文学という言葉がしっくりこない。多分私の方がズレているな。なぜか最寄の図書館に美内すずえ傑作選が軒並み揃っていたので何ヶ月かかけてコツコツ片端から読んでました。どの国、どの時代の女の子も本当に可愛いなぁ。明日は、おめかしして出かけたくなっちゃう。HP何とかせんといかん。今日はイラストレーターの旧友とお食事、の前に行きたいアクセサリーやさんがあって、もうそれが昨日から楽しみでそわそわしている。ソワソワ特にいま何か大きな決断や選択に迫られているという事はないのだけれど、すごく、人生の岐路に立っている気がする。今年如何で人生が変わる気がする。もう半分過ぎたけど。

      NEW!

      テーマ:
  • 23 Jun
    • 誰かになりたいと思う誰かさん

      一昨日か、書いた書斎があるおうちに住む夢がプクプク膨らんでいる。うーん、いいなぁ書斎。本棚が沢山ある資料室があって、どう考えても作業机同じ部屋にあった方が効率いいから、PCデスクセットが同じ部屋に来るでしょ。するとそれ以外…ベッドは別の部屋かね。そしたらキッチンとベッド同じ部屋になっちゃうのかな…それはやだ…。テレビはどちらの部屋にしよう…。地域や物件選べば今の家賃でもあるだろうな〜2部屋ある家。本棚がもう一杯だからなんて理由でいろんな本との出会いを無下にするのは人生損しすぎ。図書館も行くけれど。はぁ…ちょっと新しい夢にしよ。将来の夢リスト追加。さて、昨今いろんな発見が止まらない!とプゥプゥ1人で騒いでいる自分だけれど。中でも個人的に大きな発見というか、価値観がグルっと変わったことをひとつ。それは誰かに憧れて、その人になりたいという気持ちを肯定すること。これまで、あの人(みたいに)なりたい・同じ事をしたいという気持ちをそのまま体現してしまうのは罪だと思っていて。誰かに対してそう思うことがあっても、なぜ・何にそう思うのかを相当咀嚼して自分なりの形で体現出来ないのならその気持ちは押し殺すべきだと強く思っていた。勿論それも間違ってなくて、ある種とても正しいのだけれど、あまりにも妄執していた。「オマージュ」というものに寛大になったとも言えるな。実際オマージュというものちょっと嫌悪してた時期あったし。ひとつの表現として、色んな人や物に憧れて、近付こうとする、その総合が自分になる。という発想が本当に無かった。思えば、勿論自分もそうしてできている部分もあるのに。今、憧れの人をまねっこして、少しでもその人に近付いたような、軽薄で貴い気持ちを楽しんでいる。憧れのものを素直に体現することは、自分が変化するようであり、より自分に素直になって、自分そのものに近づくようでもある。まったく知らなかった気持ちだ。さすがに直接的にクリエイティブな部分では同じよに考えることはできないけど、先述は、もちょっと表面的な話をしました。仕草や癖を真似したり、ジョンレノンに憧れて同じ眼鏡を買う、とかそういう感じ(白山眼鏡店の眼鏡欲しいよ〜)。かえって新しい自分を発見するようだ、それが気のせいだとしても。まだこんなにも知らない自分と出会える可能性に溢れているのかと、それが気のせいだとしてもね。自分をいかに騙して生きるかが重要だ、私のような人間は特に。私がこれまで強烈に憧れて、なりたい!と思った人たちはほとんど全員ロックバンドの男性なんだけれど、大抵髪が長くてユニセックスな洋服を着ているので、まねっこしても割と何の変哲も無い女性に仕上がってしまうな…。あーあ男の子になりたいな、何度も思ってるけど。男の子になって、バンドやって、好きな女の子に絶対ずっと守るよって言いたい。男の友達と夜通し夢中なことについて話したい。男性だったらあんなおしゃれするのにな、髪型にするのになって何度もたくさん、考えている。絶対来世では男の子になってバンドやるって決めてるんだ!現世では女性としてグラフィックやおしゃれ思いきり楽しむことにするよ。やれやれ。その話の流れで、今日はKa na taというお洋服屋さんに行って来た。黒スエードの靴と、山吹色のカットソーを。看板も見当たらずひっそりと佇む上品なお店で「何で知って来店したか」と訊かれて、正直に答えるの、ちょっと恥ずかしい…急に思い立って行ったから雑な格好だし…。宣伝やwebでの情報も最低限に抑えてて、知ろうとしないと知れないお店というか、多分来店される方はみんなこのお店を目指して来るんだろうな。服のみならず、全てのコンセプトが素敵な空間だった。明日から秋冬に入れ替えとのことで、今日思い立って行って良かった〜秋冬もまた来れたらいいな。ああ早く履きたい!明日履きたい!だけど大切に使いたいから、まずソールの補強に持って行くぞ。先日うかがったヘアサロンprahaも同じ趣だったけれど、こんな昨今、webでの情報も相当抑えてて(それでも贔屓にしているお客さんは沢山いて)、ホットペッパーやファッション通販を見るように有象無象から「なんとなく素敵なお店無いかな」ではなくて、何かのきっかけで知って、そのお店に惚れ込んで、そのお店を目指さないと辿り着けないような場所で。出会えたこと本当に嬉しいな。はやくまたprahaも行きたいよ〜自分が好きになれる場所やもの、もっと増えていったら嬉しいな。だんだんとこうしたお店にうかがうようになって、ちょっとクレジットカードが気になって来た。むむ…。今日は振り切って全力で自分の話をしちゃった。ごめんごめん。

      テーマ:
  • 22 Jun
    • 江戸川乱歩の魅力を2つだけ。

      ひとりでごろごろしている。いつだってそう。ごろごろ。チョッコシ江戸川乱歩の話でもしようっと。江戸川乱歩の魅力はたくさんあるけれど、今日は2つだけ。個人的にはまず、恐怖表現。恐怖を煽る表現が秀逸。乱歩作品は普遍的に探偵/推理小説・幻想/怪奇小説の2つに分類されると思うんだけれど、どちらにも共通して恐怖表現のなんと秀でていること。代表作の探偵小説「怪人二十面相」は、「少年倶楽部」(なんて素敵な誌名だろ!)という雑誌に連載されていた子供向けの作品。二十面相以外にも、若い探偵が幾多もの危険を華麗に回避しながら真実に迫るような、疾走感のある探偵活劇は幾つか書いているのだけれども、もうここですら恐怖表現が秀逸すぎて。夜の帳を外套にかえて、月明かりの下あらゆる困難をいつだって危うくすり抜ける主人公たち、当時の子供たちが夢中になるのも頷ける、とってもかっこよくて手に汗握る活劇だけども。「ドキドキハラハラ」なんて言葉じゃ間に合わないほど、緊張感のあるシーンが怖すぎる。密室で敵に追い詰められてしまうシーン、罠にかかった主人公の前に敵がぬっと現れるシーン、ひいては「犯人が真実を突かれて衝撃を受ける」表現…、少年向け活劇のはずが突然「変格もの」乱歩が顔を出すのよね。あくまで本格を志向していた乱歩の意思を尊重して、本領発揮、とは言わないけれど。あんなん子供たち泣いちゃうよ…。お手洗いいけないよ。人間椅子や鏡地獄など、よく知られている作品で十分その真価は発揮されているとは思うけど、個人的には…えーとタイトルなんだっけ…「渦潮」だったかな。渦、だったかも。という短編が本当に恐ろしくて。確か、シンプルに船が渦潮に飲まれて消えてしまうというような、バミューダトライアングル的な…はちょっと違うか。なんにせよ粗筋は船が渦に飲まれてしまうってだけなんだけど。もうこの短編が怖くて怖くて。同じ短編集に入ってた気がするんだけどもうひとつ、なんだったかなぁ。有名な作品かも。目が覚めたら仰向けの姿勢で拘束されててね、その主人公の鼻先、真上で三日月型のギロチンがビュンビュン振り子運動してるの!わわわ考えただけで震えるよね!プルル状況もさることながら、それに怯える主人公の心理描写が出色で。この2作品を読んだ時に初めて私は、乱歩、恐怖、すごい!と思ったのでした。プルル恐怖の話だけで蛇足大サービスでだらだら書いちゃった。個人的に乱歩の2番目に好きなとこだけチャッと書く。それはね、オノマトペです。乱歩のオノマトペ、注目したことありますか?とってもユニークで素敵。今目の前に「幽鬼の塔」があるのでちょっと開いてみる。ーうれしくてたまらないというように、ペタペタと、舌なめずりをした。ー樹木が、窓からくる淡い光の中で、むらむらと茂りあっている。ー(女性の体に触れて)そのまっくろな相手のくねくねと柔らかい感触に慄然としないではいられなかった。どうでしょう。伝わるだろうか。地味だけどユニークでユーモラス、私は乱歩マトペがとても好きなのだ。読み進めてるとしょっちゅうアッ乱歩マトペだ!素敵〜となるよ。そんなに沢山は出てこないし、地味な部分だけどもし乱歩読む機会があれば乱歩マトペ、ぜひご留意ください。オノマトペと書いたが、笑い方やうなり声の表現、あとは口語文。口語文がユーモラスで素敵だよね〜感嘆詞とか。乱歩の魅力を2つだけ、書きました。そう言えば先日沢山写真載せた、カメラマン平澤最勝さんとの撮影、「テーマは人間椅子で!」って言ってたな。バンドの方の。ちゃんと聞いて行きました。写真、やっぱりヌードは消されるみたいだね。写るもんが写ってなきゃ平気みたいで、下着やフレームアウトしてるものは大丈夫みたい。どれ1枚。着てないけどこれはセーフ。また朝だよ〜も〜。おやすみなさい。

      テーマ:
  • 21 Jun
    • 主観的なロシアンアヴァンギャルド

      お天気わるいね。ロシア・アヴァンギャルドに関してチョッコシ調べていた。ロシア・アヴァンギャルド。1910年代〜1930年代初頭までのロシア・ソビエトでの芸術運動の総称。ルーツを紐解くと色々な思考や意向が絡んでくるのだけれど、ロシア革命を契機としたプロパガンダ・アートが最盛期としてもシンボリックなんじゃなかろうか。その中でもデザインに関して調べていたのだけれど。そもそも仮にもグラフィックの仕事で飯を食っておいてちゃんと知らないのまずいよ…。しっかり知る前は私もロシア・アヴァンギャルド?あ、フランツフェルディナンドの?てなもんで、やはり時期的にも、分かりやすくポップでおしゃれだし、ロトチェンコあたりが有名なのかな。上右は、フランツフェルディナンドのセカンドアルバムのジャケットで有名ね。「フランツフェルディナンド!」ではなくて、本家は「あぁ本よ!」みたいなこと言ってるみたいです。知識水準上昇を推奨するためのデザインて感じかな?このタイポグラフィと写真のコラージュの感じが、ロシア構成主義!ってイメージだよね。あとはまた違うベクトルでリシツキーは作品がよく知られてるんじゃないかしらん。少し前から、現代でもこうしたデザイン流行しているよね。シンボリックで極端にアイコン、ミニマリズムな。中には別にルーツを持つデザインもあるかもしれないけど、もともとはリシツキーやロシアンアヴァンギャルドを参考にしているものも多そうだな。特にこうして色数を絞ってるのは、もうオマージュと言ってもよかないかね。現代においても、おいては、と言うべきか、とてもおしゃれで洗練されているものね!今の流行の一面は、ミニマリズムな感じだけれど(『今の流行』の話をする時、iphoneなどmac系UIをイメージするってのはなんともね。)当時は印刷に使えるインクの色数が限られていたり、ミニマリズムにならざるを得ない具体的な事情もあったんだね。それを逆手にとって、メッセージの伝達が何よりも重要なプロパガンダ広告に最適なアイコンデザインになっていくのだけれど。いずれもプロパガンダ・宣伝デザイン。そのプロパガンダ・メッセージ性こそがロシアンアヴァンギャルド、ロシア構成主義の大きなルーツであり特徴。と、まぁ他にも色々調べてなるほどにゃあ、ウムウムしとりました。ロシアンアヴァンギャルドに関して、既知の事柄、の殊更一面だけむにゃむにゃと前述しましたが、ここから主観的な話。リシツキーやロトチェンコの作品は知識としては以前から持っていて、あとロシア構成主義を代表する1人としてマレーヴィチかな。あのねぇ…白い紙に真っ黒な四角だけがどどん!と描いてあったりするの。それがマレーヴィチ。逆に「知ってる」よね。もちろん他にももう少し分かりやすいの描いてたりするけど。あとはカンディンスキー。カンディンスキーは有名だね。私はどうにもキュビズムというものがわからなくて。カンディンスキーも苦手だったし前述のマレーヴィチも「こういうのって前衛的でわかんないよね〜」ってなもんですよ、生娘め。あとはロシアンアヴァンギャルドの中でも、特にレイヨニスムと呼ばれてるもの。中には本当にそういうものもあると思うが、どうにも色と構図の暴力というか、作者の価値観を押し付けられるように感じてしまって。比較的ここに分類されるタッチの画家では、シャガールだけが例外として私は大好きなのだけれど、私がシャガールを好きなのはロマンチックだからで、ロシアンアヴァンギャルドの影響が色濃く出ている作品はひょっとしたらあまり好きでないかも。シャガールは、そもそもぎりぎりロシアンアヴァンギャルドには分類されないというか、最終的にパリの人だし、番外編だけどね。軸がぶれかけてるから結論を先に言おう。何がしかの残り香を感じながらも苦手で理解できないカンディンスキー、マレーヴィチ。何だかおしゃれで素敵だな〜なんて思っていたリシツキー、ロトチェンコ。なんでこんな絵になるのかわからんのよなぁ、仕上げも荒いし。と思っていたレイヨニスム。そして大好きなシャガール。自分の中であまりにも異なる印象を抱いていたこれらの作品が、ルーツや出身を同じくするのに驚いたのだった。ロトチェンコとシャガールなんて繋がる?もちろん知った後では具体的にこの辺が…この辺が…と指摘できるけど、パッと見親戚と思わんよね。腹違いの兄弟というか。もうひとつ、あんなに苦手だったカンディンスキーやマレーヴィチが興味深く鑑賞できるようになったこと。正直、まだカンディンスキーは敷居が高いというか、理解が及んでない部分も多々あると感じるけれど。リシツキーは、もともとから割と好きで、ただ「うーん、なんかおしゃれだ。ステキ。」程度だったのだけれど。込められた意味を知って鑑賞すると面白さが全く違う。カンディンスキーやマレーヴィチも。そもそも前述のようにロシア構成主義はプロパガンダ・アート。メッセージあっての作品が殆どで、「絵」から見る作品ではないんだ。少なくても私にとっては。「言語」「意味」を前提としての作品なんだな。すると、あんなにわけわからんかったカンディンスキーやマレーヴィチ、レイヨニスムも面白く見れるじゃないですか。あらまぁ!あ、マレーヴィチはちょっとカウンターアートというか、また違ったメッセージを掲げていて。それがまた面白かったのよなぁ。マレーヴィチのひねくれコンセプトだけでひとつ記事書けそうだよ。「レディメイド」みたいな「いやてか人間の表現できるもんじゃねーし。」的なカウンターアートは可愛いねぇ、人間。カウンターばっかりだけどね、まあ。この他、例えば山田かまち。山田かまちの作品にはレイヨニスムタッチのが遺されているよね。山田かまちがレイヨニスムをかかげていた!支持していた!というわけではなかろうが「レイヨニスムに共感する感性を持っていたんだなぁ」と、全く個人的にしか関係が無いところでも楽しめました。他にも色々とロシアンアヴァンギャルドまわりで発見があって、そして更にありそうで、資料書籍欲しいなぁ。リシツキーとロトチェンコは一冊ずつ欲しい。あとロシアンアヴァンギャルドに関して一冊欲しいな〜。最近、不要な本は処分!と思ったのだけれど知的好奇心またまた急上昇中で、引っ越して資料室をひと部屋作りたいですね。1人じゃ厳しいなぁ…住民税やばいし。ロシアンアヴァンギャルドについて主観的に描きました。仕事行きます。

      テーマ:
  • 19 Jun
    • 勉強しない人生なんてなあ。

      うとうと勉強しなきゃいけないことが多くて、学ぶための時間が足りないよ。そして憶えておく力が衰えていてどうにも。生きてきて何度も思っているけれど、死ぬまでにどれだけのことが知れるかね。幾つもある将来の夢の中のひとつに「世界中の蔵書を読む」なんてぇのがございますが、まぁ、叶う夢でもないわけで、すなわち一生夢追って叶わない苦しみに耽溺しながら死んでいくんでしょう。そういう生き方がきっとずっとしたいから、幾らか叶う見込みの無い夢も抱いて生きておりますが。こんな風に生きていると意外といくつか、無茶なものが叶ったりするかも…しないかも…。なんにせよこうして、満たされん生涯を望んでいるある種の人間、のひとりなのでございますと。本は相変わらず大好きだけど、大きな図書館や本屋に行くと、前述したひとつの「将来の夢」のあんまりの遠さに悔しく悲しく、勿論それ以上に、これから学ぶことのできる可能性の広さや自分の世界を広げることができる機会に、嬉しく苦しくなってしまって、何というか、意外と長居できない私だ。ちょっと小さめのお店くらいがちょうどいいね。ありゃあうたた寝から醒めた流れでぼんやり書いてたらまた自分のことを。ごめんごめん。美術史の本をいま、2冊読んでおりましたが、うーん我ながら致命的だと思うのだけれど、世界の地理と年号に本当に弱い私だ。歴史・時代と芸術の関わりは本当に興味深く、というか当然のことなのだけれど生きている人が「芸術」として表す以上、芸術は基本的には時代ありきで。相変わらず基本的に頭と勘が鈍く、自分の求めるそのものしか見ていなかった享楽的な私はこれまで年号や地理をあまり憶えてこなかったのよなぁ…好きな画家や作家の名前はいくつも言えても、誰がどこの国のいつの人がわかっておらんのだ。勿体無いよね。もっと絶対楽しめるのに。そいで、いまいろんなものの歴史を叩き込んでるわけであるが、どうにも記憶力の衰えを、感じるね…。iphone片手に、世界地図と歴史年表チラチラ見ながら読んでおります。若い頃そこに思い至らなかったことが本当に悔やまれるなぁ。私は大学を出ておりませんが、美大に行っていたら美術史を、普通の大学であっても、世界史として歴史をもっと学べたのかと、一瞬過ぎたることを頭を過ぎってしまうが。多分あまりちゃんと向き合えてなかったかな、あの頃は。本来の芸術の楽しみ方にようやく立ち返り、新しい発見もたくさんしている。あ、次の資格試験の教材も届いたよ。次は夏に、日本文学検定を受ける。「近代」「古典」で別の資格になっているのだけど、併願した。両方受けてくるぞ。近代はある程度予備知識があると思うんだが、古典がまずそうやねえ。いとをかしの時代の話だからね。いとをかししかわからんそんなん。昨日の話をしますと、ピアノの音録りに立ち会っていました。一応記録係の体でカメラをぶら下げて。パシパシ撮影して、わーこれがピアノのレコーディングかぁ、なんてニコニコしていたわけですが、生の音を聞いていたらどうにもムズムズしてきて。ペンはあるが紙がない。ピアノを弾くひかりちゃんに「何か要らない紙はないか」と尋ねたところ、えらい大事そうな契約書みたいなものの裏を提供された…不要なものらしいけど。今回録った音楽には、この後私が絵を描いて一応動画の体に仕上げるのだけれど、その構想を同時進行で現場で練る。メモをとる。完成した音をもらって、部屋で机に向かうより捗り方が全然違う!レコーディング現場で直接こうして練れるっていうのはそうそうあることでないだろうが、この進め方は良いなぁ。非常に、すぐ終わる。良い意味で。今回のこれはここから絵コンテ起こすほどのものでもないから、この大事そうな契約書然としたもの、の裏から直接制作に入ろう。ああ〜1番不安なのがエンコードなんだよな。動画を形にすることは、ある程度知識もあるけれど、エンコードが…音質とかうまく落とさないでできるだろうか。動画の画質も…不安だ…。最後の作業だから弱ってるしなこっちも…。頭使いそうだなぁ。えーと明日の仕事はなんだっけ。遅めの父の日の手紙も書かなくちゃ。今日はお仕事メールと写真仕上げしかしてないぞ…。また何も食べずに一日終えてしまった。恐ろしいことにたばこは2箱くらい吸ってしまった気がする。何も食べないと、何だかすごく眠い。私、フリーランスになったりしたらたばこの量大変なことになりそうだなぁ。その時考えよう。

      テーマ:
  • 17 Jun
    • 平澤最勝さんの写真Ⅱ

      カメラマン平澤最勝さんに撮って頂いた写真第2回。上限枚数は15枚、暗記。ヌード気味なので注意眼鏡をたまにかけていますが、カメラマンさんの。その眼鏡いいじゃないですかいいじゃないですか!ってグズグズして貸してもらったタバコも今回とても吸っている、すうすう。何人家族なんだってくらい玄関に靴があったのが愉快でここで撮る〜!とグズグズして撮ってもらったこのくらいにしておこう。 私ばっかりたくさん載せてごめんなさい。個展や写真集に使用予定、他にもきっと出したり引っ込めたりしてるじゃろなって感じ。彼の事だから。来月も彼と撮影に、いきます。良い写真たくさんあってよかったね写真はどちらかというと最近インスタの方にあげるようにした。です。

      テーマ:
    • 平澤最勝さんの写真Ⅰ

      ありゃあ8時だ。これから寝ようというのに明るくて困るなぁ。時間確保できないわけでないのにここ一週間全然寝てないな。カメラマン平澤最勝さんに撮っていただいた写真が全部上がってきた。2500枚あるんだって。で、その中から150枚チョイスして仕上げて頂いて。で、その中から更に個人的お気に入りを選んだのだけど、それでも70枚くらいあるなぁ。全部載せたらくどいよね…幾らか紹介させて下さいな。ヌードあるので苦手な方ご遠慮下さいませ。最勝さんぽい1枚撮影場所が狭いので距離が近いのが多い今回、勝手に一人こっそりコンセプトとしてところどころ敬愛する人のオマージュ気分でやっていてこのへんがなかなかオマージュしてるなと思った。誰も気づかんだろうけども。男性だし。1日の終わりに撮った夜のストロボ撮影、すごく私も動いたんだけど、好きなショットが多い。躍動感かな。凄く良い顔をしてるので絶対採用して下さいと言ったやつあのラクダと撮って〜!グズグズ!とわがまま言って撮ってもらったやつ写真上限枚数になっちゃった。分けます。

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 「玩具館三隣亡 Wunderkammer 〜驚異の部屋〜」

      はいすみませんね。渋谷のあたり、初台にあるギャラリー喫茶zaroffにて「玩具館三隣亡 Wunderkammer 〜驚異の部屋〜」が本日から開催されています。於6/15〜6/24(21日休)12:30〜20:00(24日18:00まで)http://gangukansanrinbou.web.fc2.com/私は写真家・三輪浩光様の作品として、被写体を努めました。氏曰く、今回の新作3パターン、いずれも(背の)小さい絵描きさんをそれぞれ、樹海・洋館・砂丘で撮影しておりまして、私は砂丘担当です。色々な作家さんが展示されているので、いろんな作品が楽しめると思います。ギャラリーはお店の奥の階段から、お二階に上がるのよ。珈琲も、あるよ。私も行けるかな。

      テーマ:
  • 12 Jun
    • カメラマン平澤最勝さんと撮影

      ありゃ、今日は寒いね。朝だけかな?昨日はおおよそ4年ぶりかな、カメラマン平澤最勝さんと撮影だった。とっても充実していた。以前は結構頻繁に撮影していたのだけれど、お互いの生活でも色々なことがあって、今回はとっても久しぶりの撮影になった。彼も私も、それぞれの時間を経て、今回はとてもお互いのタイミングも良く、4年の間ろくに連絡もとっていなかったのだけれど、すぐに以前のように集中力を持って撮影に入れた。学校の旧友とかでも、連絡まったくとってないけど連絡したらすぐ返ってくるしいつでも会えるだろうなって人、いるよね。先日お世話になった写真家の三輪浩光さんはどちらかというと、耽美派の演出家さんかなと思っているのだけれど、平澤最勝さんは泥臭いドキュメンタリーだ。私は結構勝手に動いてしまうモデルなので、ドキュメンタリーを撮る氏はいつも楽しそうに撮ってくれて嬉しいな。朝起きたら、早速仕上がり速報が幾つか届いていた。私は久しぶりにメイク落とさず寝落ちしてたぞ…。お疲れなのに仕事はやい。許可も貰ったし既に良い感じなので数点載せます。今回ヌードもやってるので、苦手な方はご遠慮下さいませね。SNSにヌードを載せると消されると聞いたんだがアメブロはどうなんだろうか。別に該当画像スッと削除されるくらいなら構わないけど。アナーキーでスモーキー、ジャンキーな感じ。1500枚くらい撮ったって言ってました。残りの仕上がりもとても楽しみに、今日も作業頑張れるよ私は。写真集に収録したり、個展に使用してくれる予定だそうです。他にも色々なところに載せたりしてくれたりもするかな。撮影しながら音楽や映画、文学や漫画の話もたくさんしたように思う。改めて、結構趣味が合うんだな彼とは。文化的なお友達としても仲良くできそうだ。手塚治虫先生は大好きですが、この手塚漫画は読んでないですね、と言ったら、俺もう何度も読んだからあげるよ。と、手塚治虫先生の漫画を貰ってきた。それと私を撮った写真も収録されている彼の前回の写真集。うんうん、仕上がり楽しみだな。また彼と撮れるのは嬉しい。今回私の都合で次回に回してもらったテーマがあって、次回も楽しみだよ。絶対良い写真上がってくるので、また仕上がったらここに掲載させて下さいませ。またちょっと被写体やってみようかな…モデル、やります。なんちゃって。こちらは撮影開始前の、サー始めるぜの1枚作品撮りになると顔作れるんだけど、お友達と行楽地でハイチーズ!みたいなオフショットってどういう顔したらいいのかわからん。普段あまり、写真得意じゃないな。ところでテキストに関して何か、もう少しで得られそうな…気がする。分かってもうまくできるかどうかってまた別の話だものね。面白いな、人生。あ!洗濯機回してたんだった!

      テーマ:
  • 10 Jun
    • 映画を観て自分を薄める

      お風呂います。アイフォンとアイポッドを持ち込んでいます。防水ナンチャラ何にもしておりませんで、スリル満点ですな。ここ最近は1秒でも長く音楽聞いていたくて、テレビラジオの時間ぐっと減った。昨今私の耳は、ラジオが結構時間を占めていたんだけど、贔屓番組に輪をかけて絞って聞いている。音楽を聴くことは私にとって結構内省的なことだから、ちょっと怖くて避けていた。ですね、最近。何事も好きなものを自分で選ぶということは内省的なことだ。服を買うのも、本を読むのも、音楽を聞いて、画集を読むのも。自分の選択に、責任を持てていなかったということです、最近。基本的にTBSラジオリスナーだけど、日本の誇るベーシストKenKenさん大好きなのでAVALONだけは聞いている。KenKenさん新譜発売や全国ツアーが重なって今年相当に忙しい、なんてものじゃなさそう。お忙しい中ラジオ収録感謝だな。お体に気をつけて頑張って下さい!ひとり自分大回顧展開催中。1人で部屋を暗くして、映画を観た。こんな事も本当に久しぶり。スタンドバイミーと、パルプフィクション。続けざまに見るもので無い気もするけど!スタンドバイミー、自分たちがどんな自分なりの世界で生きていたか思い起こされる。狭くても世界は広かったし、全てに影響されまいとして全てに影響されていた。美しい。パルプフィクション、タランティーノ監督は本当にキャスティングが絶妙だよね!特に女優さん、ただの美人じゃないよね。すごく調べちゃう。タランティーノ監督のルーツってどこなんだろう?ここまで具体的にこの人節!というのがあるのも珍しいよね、昨今。手法とか。ところでタランティーノ監督の映画プロダクション名BANDAPARTってかっこいい言葉だなぁ。語源はフランス語の 解離・はなればなれ という意味の単語から来ているらしいんだけど、素敵なユーモアセンスだよね!ここから採った日本のバンドもいるもんね、バンドアパート。色々感じるものもあって、楽しく鑑賞した。1本目を観た後、もう外は暗くなっていて、だけどお腹が空いたから適当な格好でコンビニに行って、帰って来て食べながら2本目を観て、その後には外で煙草を吸う。その、映画を観た後の自分の気配が薄まった煙草と空気の味がとても、懐かしくて、途切れない車の音の他人行儀さとか、全然変わらないのも困りものだけど、またしてもなんだか、安心した。映画を観た後って自分が薄まりませんか?漫画や小説もそうかな。登場人物に感情移入しているからかな。自分自分って、そんなの疲れてしまうし良いことで無い、自分が薄まる感じ助かるね。そのために色々なものを観たりもするのかも しれないね。はぇー撮影です、これから。ど深夜までの長丁場。気持ちつくって集中しないと昨日一日作業してたせいか背中痛い、やだなぁ最優先の作業が終わって見るとやることやりたいことがたくさん!どうしていこうかな?

      テーマ:
  • 08 Jun
    • ツイッターに載せてるやつ5月分

      いくつか載せときます。5月描いた分。   ポケモンサンムーンクリアしたけどフェアリータイプについていけないよね~   豆乳を間違えて想定の6倍の量を買ってしまったから好物のチョコワを買おう。の絵   アンダザヘアさんは、喫煙者です。   どんなにくだらないことでも、無謀なことでも、私たちが大人じゃなかったころに紙飛行機に何を描いて飛ばしたか、絶対に忘れてはいけない。   最近は夜もうひと頑張りするために、毎晩0時ごろコーヒーを淹れて飲んでます。の絵   この人はこういう音楽が好きで、こうで、こうに違いない!と妄想しながら描くのは楽しい ひょっとしたら楽器を描くのがとても好きかもしれないと思った。    

      テーマ:
    • ギリシャラブというバンドおすすめ、お腹がとにかくぺこぺこ

      さて、そろそろ本でも読んで寝るかということで、お布団にいます眠れるか不安なくらいすごくお腹がすいている今日は(撮影を控えているので本当は食べちゃいけない)晩ご飯も結構ちゃんと食べたのに…と、思いきやその晩ご飯からもう6時間以上経っていた。帰宅から就寝まで6時間以上自由時間あるのか今…すごいな。その晩ご飯のあとすぐ、なんならちょっと、食べながらくらいの感じで、お行儀悪うござんすね、久しぶりのピアスホールをあけた。右耳の上の方だね。散々書いてるように、昨今のわたし目標と決意も新たに、死ぬ気で努めていこう第2の人生始まり!記念に。お祝い、記念、記念ですよ。思い出を体に刻む…とか想いを痛みに変えて…とか、じゃ、ないですし!ロマンチストだから誤解されちゃうかもしれないよ、恥を重ね重ねての人生よまったく!これでピアスホールは、減ったり増えたりの紆余曲折を経て、今7つ。多分現存する穴のほとんどは、高校時代にライターで先を炙った安全ピンをずぶり…ズブ…と手動で押し込んであけたもの。耳の裏に消しゴムあててね、使いかけの。何も考えず、今回も同じ方法であけようと思ったらコリャ正気の沙汰じゃないですぞ。昔のわたし漏れなく気が狂っておるな。やめだやめだ、専用器具で空けた。昔のわたし漏れなく気が狂っておるぞ。ふう、なんだか決意が新たになった、気がしますね!ちょっと、耳痛い。ひと仕事終えられそうです。ふう…。次はMV制作かなということで、さっき何となくさわりだけ作業。MVものすごく久しぶりで、すごく頭の使ってないところを使う。情報の整理が大変。曲の後半まで思考が保たない…。おかげでお腹ぺこぺこだよ。明日もっかい考えよ!イラストをどうアニメーションさせるか…MV向きなアニメーションて知識と経験割と乏しいんだけど、他のイメージがわかないな…静止画静止画してるのカッコ悪いし。割と紙芝居なやつはもう一つの動画でやるからこっちは動かしたいなぁ…なんとなくでも。明日から絵コンテ入れたらいいんだけど!色んな音楽最近また聞いているので、書きたいけどお腹ぺこぺこだからな……。好きなアーティストさんが紹介してくれたギリシャラブという京都のバンド、良いです。文学系。具体的にあげるのナンセンスかもしれんけども、ノーベンバーズとか、ガリレオガリレイとか、あ、ちょっとたまの雰囲気もあるかも、好きな人は好きになってくれる人多そう。多分まだ割と若く、今の彼らの音楽が魅力的なのはもちろんだけれど、それ以上に彼らがこれからどういう音楽、アルバムを作ってくれるのかとっても気になる。今は瑞々しく、良い意味で今しか作れないような音楽を作っているなぁと思うけど(何かばばくさいこと言ってる?私)今後どういう風に世界観を作っていくのだろう!京都か〜やぶさかではないけど…行くの…と思っていたら、9月に下北沢モナレコードにいらっしゃるようで。モナレコードか!最近何だか気になるアーティストがモナレコード、多いな。文学系なんかね、なんかモナレコードは。9月か〜遠いな…おぼえとかなきゃ。重ね重ねなんですが、個人的にガリレオガリレイを初めて聞いた時と同じ気持ちになった。彼らの行く先が知りたい。何を採っていくのだろ。解散しちゃったけど、私には最後まで素敵な曲ばっかりだった。車輪の軸もとっても素敵だったな。尾崎さんの次の音楽、とっても、楽しみに待っている。他にも色々聞いて楽しく過ごしておりますがもーお腹ぺこぺこ。あ、久しぶりの写真家、平澤最勝さんとの撮影今週末にしちゃった。なんかスピード感が大切な気がして。いくつか平澤最勝さんに撮って頂いた過去の作品を載せてみよう。このバラバラの人種集めて撮る企画、面白かった。手前が私だ。彼に撮ってもらった写真は、本当にたくさんある。ドキュメンタリーですね、彼の写真は。そしてライカですね。今回もすべてモノクロ予定だそうですよ!

      テーマ:
  • 06 Jun
    • ガレージロックが思ってたよりすき

      純文学の読み方を会得した(ような気がする)私は岡本かの子全集を借りてきたよ読むの楽しみだな他にもいーろいろ。美術書、いろいろ悩むわりにいつもルネサンス寄りだな…むむ。神の絵は表した人の意思や自我がそこまで明確に見えなくて、見せようとしてなくて、好き。今なら前より何かと理解できるような気分で、本棚に積みっぱなしにしてたジャレド・ダイヤモンドを紐解いた。やぁ難しい…。これがベストセラーだなんて、人類頭良すぎ。これは邦楽聴きながらじゃ読めん。と思ってニルヴァーナにしてみたけどニルヴァーナでも読めん。次はケルト民謡で試してみよう。ダメならお家でゆっくり読むしかない…。考えごとが多くて集中できない聴きなれた音楽も、初めて聞くものも、最近その音楽のジャンルを意識して聞いてみている。意識というか、調べたり。今まで何となく全部聞いていたから…自分の傾向も見えて面白い。私は思った以上に、ガレージロックに傾倒していた。かもしれない。に、あたり、改めてロックのジャンルをあらってみたけれども、こりゃかなわん。ロックだけでえらい奥が深いね。系譜にして見たい。案外最近というか、90年代でばっと派生して分類が増えてるね。どの業界も激動なんだな、90年代〜現在。自分が意外とガレージロックと呼ばれるものを好んで聞いていたのに気づいて、ガレージロックを意識し始める…。kingbrothersのマーヤさんがオススメしてた、ギターウルフを初めて聞いたり。ウハー激しい…久しぶりにこういうの聞いた。レコーディングもライブ感重視の同時一発撮りらしいです。ガレージだね!あ、サージェントペパーの記念エディション届きました。嬉しいね、ウフフ査定面談があった。なんだか思った以上に期待されてて、次のプロジェクトえらいとこにいくんじゃないか……デザインチームの、トップに立つ予定らしいです、ドキドキ。にしても、今後はイラストの業務増やしてもらえそうで嬉しい。せっかくできるから、他のグラフィックデザインやアニメーション制作もやぶさかではないんだけど、やっぱりイラストメインがいいな。ああ、最近頭をよぎりまくっていたカメラマンさんから連絡をもらって、久しぶりの撮影になりそう。先日の写真家・三輪さんとの撮影が充実していたからか、彼ともまたご一緒できる時が来るのかな…と勝手に頭よぎりまくりだったので驚いた。我が目を疑った。最近このタイミングでこのご縁が?というようなことが頻出してて、このまま何らかの流れに乗りたいというか。嬉しいな。最近は、私ひとり内省的に、さぁ目標新たに努めよう!という気分になっているだけで特にまだ何も成果はないんだけれど、視点が変わったからか、不思議なもので流れが変わったように見えるね。また6時過ぎた。寝ない方が太るっていうよね。ムムム!今週末は、ありゃ来週末だったかね?レコーディング立ち会い。と、記録係かな。撮影とか。レコーディング、したことはあるんだけど、改めて現場を見てみたい。楽しみだなこれもまた。カメラ新しくしたい気持ちあるんだけど、そこまで使う機会ないんだよな…。私は絶対に正しい相対がすべて とはいえ主観が相対なのは間違っている正しい正しくないって話じゃなくても私は絶対に正しい。私は絶対に正しい。私だけは、私を支持しないと。

      テーマ:
  • 31 May
    • 仕事何してるか言いましたっけ

      ぬん。いつもならてろてろとブログに書いてしまいそうなことを…書かない!ジャン1日のうち何度も、ズドーと落ち込んだり、やっぱり大丈夫かも!プワーンと浮上したりしている。内因性ですね。心中でろんでろんでも仕事は案外ちゃんとやっている。手を動かしてると凄くいろいろ頭が考えちゃうからな…何しててもだいたい凄く考えてるけど。ロゴふたつめも何とか完成。1つめに比べて、どうにもまとまりにくかったり、出来上がりも微妙に満足いかなかった…やあしっかり影響でとるでね。線の細いロゴって難しいよ。繊細なロゴも。今は時間があるから、業務中Live2D練習とか。spineは多分もうオッケーです。使えるよ。Live2D…今ひとつ好きになれないな。またしても乱暴な言い方だけど、この程度動かすのにここまでセッティングする!?という感じ結構、メッシュ使って擬似3Dみたいなことするから、細かいんだ出来上がりのクオリティの、spineとも違う魅力は分かるんだけど…そもそも、2Dを無理やり動かそうというツールに思えてならない、未だにspineは2Dアニメーション用に作られたものを2Dアニメーションさせるシンプルな動機・機能のツールだけど昨今3Dもあるのに、ここまでの細かい下準備でそこまでして2Dこのまま動かしたいかね…という気もしてしまう可動域も結構意識して頑張らないと広くならないし。結局細かく差分素材用意したりしてね。最近多分spineに合わせて、安くなったけど、高価だったしなぁ…あとまだ不具合みたいなの結構あって。よく言えば?発展途上でこれからまだまだ使い易くなっていくのかなとも思う。けど、この2Dむりやり動かす系ムーブメントがいつまで続くのか怪しいなぁとも思う。このあと音楽に合わせた映像、所謂MV的なものをおおよそ2つ作るような、予定がある。絵も描くつもりだけど、Live2Dもspineもついぞ役に立たんのであった…ゲーム制作ツールだもんね。新しい動画編集ソフトをこのあとおぼえねばならんのだ。アレ私ひょっとして仕事何してるかここでちゃんと書いてなかったかも。主なお仕事はゲーム開発現場で2Dグラフィック何でも屋さんしています。イラストも描くし、ロゴなどのグラフィック、UIからキャラクターアニメーションまで作っております。とても大きな良い会社です。月で残業1時間いかなかった…こんなことあるのか。ここだけの話、そろそろ独立考えなきゃなと思います。ありゃいつもと違うベクトルで余計なこと言ったか?それと今日は、ビートルズと、カリカチュアと、プレタポルテとレディ・メイドについて調べた。特にビートルズ奥深い…。色々調べて、その成果に想いを馳せながら仕事している。ふむ…。他にもやりたいことたくさんあるね急いでやるぞ過去が清算できないらしい。私、そんなに悪いこと、したでしょうか。しているのでしょうか知らずに。夢見悪そうです。おやすみなさい。

      テーマ:
  • 30 May
    • 純文学のよみかた

      食欲減退著しいということでいまがチャンス!とばかり筋トレしてます。シュッシュ最近、明治から昭和初期にかけての古い日本文学の短いやつを、いくつか読んでて。で、先日、あれは山田かまち美術館に向かう電車の中であったが森鷗外の「牛鍋」という短編(ていうほど長くないってくらい短いんだけど)を読了した途端、ハタ!と気づいたよ。私がこれまで純文学の読み方を誤っていたことに。私は、もうずっと基本的には探偵・推理小説フリークで、結構そのへん漁ってるといつの間にか怪奇・幻想・恐怖小説のゾーンに入ってることもあるんだけど、何にせよ純文学に対して、大衆文学の方ばかり読んどって同じ時代でいうなら、江戸川乱歩や夢野久作ですね。純文学を読む時も、それらを嗜む時と同じ姿勢で臨んでしまっていたなと。もちろん一概に言えることで無いけれど、基本的にプロットを読む大衆文学に対して、純文学はもっと純粋に展開を、そして随所に散らばった機微を楽しむんだな。要は楽曲を1曲聴くように楽しむのだと、気づいた時少なからず衝撃を受けた。純文学と呼ばれるものを読んでも、それなりに感想は持つものの、何となく嚥下できないというか何か違う気がする…と思っていたのもその姿勢のせいだったか。そのあと、何編か短いものをその姿勢で読んでみたら、今まで純文学に抱いていたイメージが壊れていくようなすごく面白く読めました。これまで読んできた純文学全部読み直しだよ…やあ極端に乱暴な表現するけども「牛鍋」ほどにプロットも何もないよってもの読まないと気付けないなんて…そもそもこんなこと、気づく以前にみんな自然にやってるよね。昔から、周りが当たり前にやってる事にびっくりすることがよくあるよ。地頭の悪さというか、融通が利かなくてやんなるね。結構、読んできた量というか、読書家としての自負が割とあったからすごく衝撃を受けている…。良くも悪くも読書は本当に純然たる趣味で、ある種何も考えずに読みたいもの読みたいように読んでたから…ある意味頭を使って考えてなかった。詩は割と読んでたんだけど、詩のように読むっていうのは結構違うね。私は、楽曲を1曲聴くように一編読むというのがすごくひとり合点がいって、短編集なんてのはあれは、アルバムだね、もう。ちなみにそれに気づいた時初期ドレスコーズを聞いていて初期ドレスコーズ聴きながら純文学読むの、思想のぶつかり合い感あって難しいんだけど、はまると、すごく気持ちいいよ、ドレスコーズで純文学。志磨さんは、純文学。気付けたのもドレスコーズの楽曲のおかげということで調べてたら、まだ読んでないものでも、面白そうな純文学作家たくさんいるね!何から読もう。携帯で更新してるからか、私はいつも自由詩的な書き方になるので、ちょっと散文詩的な感じを意識して書いてみた。私の持ち前のうざったさが薄らいでこっちの方が多分いいんじゃなかろうか。ふう…改行したい…そわそわふー!ブログになると、家に帰ってきてひとりごとを言う感じだからやはり内省的にもなってしまうし、無駄なことをたくさん喋ってしまう長年の習慣の問題だろうけども。ていうか大抵のこと内省的やし、って最近思います。あ、本棚の1番上が抜けました。北斎漫画がすべてのプレッシャーを請け負ってるね。大変なんよ、女ひとり暮らしの大型家具買い替えは組み立ても設置も処分も。本棚はピッタリ作業机に隣接していて、最近新しいタワーPC買ったら机もぎゅうぎゅうでアナログ作業がままならなくて。だから本棚かえるなら同時に作業机も買い換えたいのだなあ、L字型のやつ。アナログで作業できないのはいかん…。ビレバンポップ描くの大変だったわ…。ありゃ、6時になりますね。食欲だけでなく睡眠欲も減退中かもしれません

      テーマ:
  • 29 May
    • ひとり自分大回顧展

      逆爆走走馬灯落ち着いてきた。ふぅ、超体験でしたな。真理見ちゃうかと思ったよ。落ち着いてきた、これからが大変だたくさん勉強して、挑戦して死ぬ気だな死ぬ気だよ、これは命や自分を、切り売りするように生きていきたい、そうでなきゃ損だ、いろいろてーとなんかこう、ちょっとアレですなたくさんの事を新しく学ぶ傍ら、過去を検めることも必要そうということでひとり大回顧展開催中歯医者のあと、ふらりと群馬県は高崎市山田かまちの美術館に行ってきました最近改めて気づいたのだけれど私おそらく彼に相当の影響を受けている気がするルーツとなった人のひとりかなと筆舌尽くしがたいけれど、とても有意義な時間でした何かを思い出して、取り戻した、思い出したというよりも何だか、かえって昔にお別れを言った気分です昔の自分を、慈しむような時間でした何かを、言ってあげたいような気持ちにもなります来館者が山田かまちに、メッセージを書くスケッチブックが置いてあってほぅ、こんなものがと徐に書き始めたら2頁ビッシリになっちゃったね私は、好きな人に手紙を書くとき 伝えたい事ばかりで長くなっちゃうから、いかんねこれも山田かまちの影響かねは、言い過ぎか当時愛用していたというコンポにはKISSやQUEENのほか、横浜銀蝿やビリージョエルのステッカーも貼ってあった横浜銀蝿!ビートルズの当時のレコードなんかもねビートルズか…彼の真似して、私なりにプリーズミスターポストマンの絵を描いたのを思い出すな学生時代ビートルズ、こんなにしっかり聞き込んだのは山田かまちの影響かもな東京での暮らしに慣れきっていて単純に群馬県の空気、おいしかった電車のドアの隙間から、蚊取り線香のにおいがほのかにしてね。いつまでかはわからんけど私は子どものままでいるのだ大人になりたいんじゃなかったみたいだいつまでだって好きなものに夢中になって追いかけて時には追い越して、そうやって生きたかったんだな、昔も、今もそれを今まで否定してきてしまったそれなりに普遍的に生きねばならんのだと何でそう思い込めたのか…。愚かしかった、本当に。手に入れたものも多いし、ひとつの夢は叶った。別のベクトルで充実した過去に後悔は無いけれど随分時間を無駄にしたどれほどこれから取り戻せるか…。手に入れた武器は振るっていかないと。本当に時間の無駄だったことになってしまうその武器とは、素敵な仕事、そしてそれによるお金 ですね。フム、大人。目的達成のため、金をジャンジャン使う可能性があります。未来を考えない生き方は変わりませんな新しい具体的な目標もコッソリ決めてちょっと、間接的で湾曲した変な目標だけど叶うまで死にません、叶わないなら生きていきません、この目標を達成するには、どうするのが最短なのか…などと考えるのは意外と性に合っていないのかもしれない多分私、地頭が悪いというか、ちょっと、直列でしかものが考えられないとこあると思うところで、こんなことにそれなりに命張ってる風にしてみたりなんていうか、贅沢な時代ですね娯楽を生業にして、これからどう転んだとしても間違いなさそうなのはおそらく死ぬまで私は娯楽商売でしょうすごく、嬉しいよあらやだ!また内省的なこと書いちゃった失礼!ブログの書き方も微妙にちょっとずつ変えていこう就寝しますが、ついぞ今日、食べ物を口にすることはありませんでした。心身ともに健康なんだけど、食激細になっとります1番の問題は、たとえ食べなくてもなぜか痩せないということだな。食細損。

      テーマ:
    • ビレッジヴァンガードルミネエスト新宿店にて

      ビレッジヴァンガードルミネエスト新宿店にて野坂ひかりさんのファーストアルバム展開中です私は限定特典のステッカーを制作しましたあれ!フライヤーも貼ってくれてます私もビレバンデビューしてました!そして私もイラストでぜひとのことで、店内ポップ描きましたステッカーと使えるのあったら使って下さいてな感じでかの有名なビレヴァンポップ、楽しゅうござんしたお近くにお越しの際には、ぜひ。

      テーマ:
  • 25 May
    • 面白い私、撮影に臨む

      私がかつてないくらい面白い!こんな私見たことない!てな感じで、内戦は激しさを増しとてつもない勢いで、走馬灯を、逆走している胸が痛むから、もう生涯見れる事ないと思っていたものもすべて何年もかけて歩んで来た道を全力で駆け戻って、置いて来たものすべて残さず拾い直しているもうこんな風になれないと連綿とアンニュイに、普遍的にそこそこ幸せになる、それが大人だと思いかけてた何が私を作っていたか、何に生かされていたか忘れようとしていたなんて、本当に最低だ私はまたこんな気持ちになれるなんてああ幸せ!いちばん幸せ世界が色を取り戻していく前とは微妙に違う色だけどそしてね、随分大人になって、私の正体に、名前があることを知った。知ったのだった。下手したら「特別」だと思っていたそいつには名前も正体もあったのだ、あくまで冷静な。こんなとこに露骨に内省的なこと書くんもそろそろやめないとねもう少しでなにか、私に結論のようなものが出るかな?出ないとこのまま1年過ごしてたら衰弱死する!それまで整理したい自分を面白すぎて「ヤバいノート」復活したこりゃこの状況かき残しとかないと、今のわたし面白すぎるでしょこんな人見た事ないよあと過去何冊かのヤバいノート、取ってあるのだけれど、ちょっと見直してみたこれはヤバい!今ここにいない私の事だから言うけれど確実になんらかの傑物このヤバいノート取って置いたのほんとに英断当時、毎晩お酒で大量の睡眠薬や精神薬を飲んで夜毎気絶していたので脳がすっかりイカれっちまってほとんど当時の記憶がございませんSFみたいに、知らないうちに部屋に物が増えたり、口座残高が減っていたのは憶えてます星新一みたいだなって思ったね今ならどんな詩だって理解できる気がする、難しい本だって正しく享受できる気がする、全部もう一度読もう全部もう一度聞こう全部もう一度観よう失礼、動揺が凄くてこんな体験、絶対もうできない長く歩んだ道を、こんなにも全力で引き返すことはロマンスと心中する覚悟も一応きめておきましょかねあ!撮影行ってましたモデルした6月の展示に出してもらう予定です写真家は三輪浩光さんです静岡県行っていたよ三輪さんお疲れ様ですいつも面白いロケ地で新鮮な気持ちになれて感謝です、本当に外ロケは本当に久しぶりで、三輪さんもとても楽しそうに撮影してくれていた天気や時間も含めた、ロケーションがとっても良かった!いずれもオフショットですがマネキンもいるよ初めまして仕上がりが楽しみだね〜

      テーマ:
  • 21 May
    • 服買いに行きたいはなし

      やりたかった仕事が軌道に乗るやいなやひとまず端に置いてきた、他の大好きなものたちが猛烈な勢いで追ってきている!大人になってもスーパーロマンチストがなおらないなおしたくもないけどよほど今の方が退屈しなくて、いい感じそれなりにやりたいこと選んでやってきたつもりでもそら気づいたら自分を失いかけていたり最近あまりこだわり持って服や髪を気にしてなかった自分として絶対好きと言える服今よりしっかり吟味して服を選んでいた頃選ぶ服は、服を選んでる時の私は、紛れもなく私だったな。好きな服を選んで着ることは、私を手放さないでいれることだった。その時の私を探して捕らえることだった、とびきりの1枚を探していくことは。だからこそ最近少し怯えていたかね、服を選びに行くことさえ いまどんなに情けない姿だったとしても自分としっかり向き合えそうだここ何年も知らず目を逸らしていたけれどそういうことだから、ここ毎日新しい衝撃や発見が尽きない例えば、「私」が絵を描きたかったとして、絵の勉強をしたり、たくさん作品を描いたとしてそれだけでは私の絵が描けなくて、大好きな本を読むこと、音楽を聴くこと、とっておきの服を探しに行くこと映画や映像作品を見ることこうしたことを、今まで通り意志を持って為すことで、私を為すんだな。絵を描く仕事に就けたとしても、何だか今ひとつ気分が晴れないのも当然で時間でもお金でも恋でも、何にかまけていたかはまぁもうなんでもいいけど私の基盤は思った以上に多くのもので構成されていて、どれが欠けても、この先の人生悪性の苦しみだ当たり前すぎて話題にも出ないようなことかね?なんかあまり、自分が何でできてるかしっかり考えたことなかったから結構動揺しているところだ思い出させてくれた人にはありがとう言わないと…たとえそれを落としたとて、新しい私になるだけなんだろうが例えば1人で死ぬことになってもロマンチストでいる方がいい…ような気がする 私は私はロマンチストのまま1人で死ぬのだろうか…ドキドキ致しかたなし新しい服買いに行きたい!という話でした1日使ってでね、ヘアサロンも探して私今まで決まったヘアサロンには行っていないのだけどとっても素敵なところに行ってきた代官山の細い路地にある、prahaというところ。ギャラリーカフェも一緒になってますサロン、ギャラリーカフェ両方のオーナー大川さんはレコード蒐集が趣味で音楽や映画の知識もたくさんお持ちでサロンブログにもそんなことがパラパラ書いてあったり業界誌で記事書いたりもしてるんだって今やってる写真展示のお話とか結構ア!と思う情報たくさんあってチラチラ見てますサイトには大川さんが手がけたお客さん達の写真も載っててそれが素敵!ラウンドバングの、癖毛で寝癖さんにしてもらったよあれ、いつもと同じか?でも良い仕上がりですよ!店内BGMも多分オーナー大川さんのチョイスかな?素敵でした。時間帯によって替えていたとお見受けしたぞあーまた自分の話ばっかりしちゃった文字にしないと気づかないことたくさんあるからついついなやだやだ、脱却したいもう4時だしさ!

      テーマ:
  • 15 May
    • _

      いま、失い難い大切なものがそんなには 無かったり猛烈にどうしても命にかえてもこの手で触れたいものがどうにも届かない場所や、この世に無いとポヨヨ〜ンと、気持ちというか頭がすっごく遠くへ行ってしまうねもう詮無きことや、リアレストぶった不確かや抽象、仮定、過剰なロマンス、ピックアップされた悲しみはーこりゃこう無意義も無意義で人生の多くの時間をポヨヨ〜ンの状態で過ごしてきていてただ、最近は割と地に足が着いていたのでこんな急に、真っ暗が口を開けている。気力体力も落ちてきているので、落ちたら今度こそ戻ってこれるか…。だけど私はまだ自分を確かに得られず飛び込むんだろね死んだら死んだでってなもんで失うものがあまり無いから自分が、自分を、ってそれこそ面倒で馬鹿らしい一種、ほんとどうでもいいこうなるとそら、もう行き場の無い欲で仏ちょっと関連して、私が対人関係で割と大きな失敗をする時大抵それは私がロマンチストだという事に起因してるような気がするんだけどロマンチストだというところは私、なおしたくないなぁそんなことも無意義で無益な情報ね、ドーモアリガトすごくイライラする書き方をしたけれど、だいぶ振り切った現実逃避の話だただ、ずーっと振り切った現実逃避し続けて生きてきてたみたいで、最近気づいたんだけどどっちが現実かはわかってもどっちが私のリアルかはもうわからないっていうか、もう逆かなと思います暗く長い穴だな。終わりが見えない…思考の終わりが一向に私はどうやっていつ何を思って死ぬのか。何を思って死ぬか。いま、ずっと、これから、色々なことを努めたりとかしてる理由これに尽きるどんな気分で死ねるのかそうだよね?苦しむのをやめたらもっと苦しい。人生がみんなこうなら、教えてほしかった。

      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。