2015年01月23日

消えたアイツの話をしよう。

テーマ:アィホンから

消えたアイツの話をしよう。



アイツはのののカレにしては珍しく背が高かった。

太ももは競輪選手みたいだったし、二の腕も競輪選手みたいだった。


会ぅタビにののをお姫さま抱っこして、ぐるぐると回してくれた。

会ぅタビに「愛してるよのの」とくり返した。



アイツは貧乏タレだった。



本人は奨学金の借金がきっかけだと言い張ったが、

そんなウソは見え見ぇだった。


持ったカネは全部使ってしまうし、

持ってないカネも使ってしまう。


働きモノだがカネにはルーズ過ぎるほどルーズで、

借金があるのにロレックスを36回ローンで買っちまって自信満々のタイプだった。



アイツは片づけられないオトコだった。


出てきた後のトイレのドアは閉まっていたコトがなぃ、

炭酸の飲み物のキャップは閉まっていたコトがなかった。

使った後のバスルームは、天井にまで泡が飛び散り、

洗面器には台風の後の軒下のバケツみたいに、水がタップリ入っていた。


部屋には空いたウィスキーの瓶が何本も転がり、

コンビニ袋に入ったゴミが散らばっていた。


窓は閉められないし、壁にバッグはぶつけるし、

寝返りをうつタイミングでののは押しつぶされて打撲した。



「ののに会いに行くから交通費出して」と笑顔で言われて

説教しながら万札を突き出した。


「ののの看病してたらバイトできんかった」と苦しそうに言われて

励ましながら10万を握らせた。


「のののためにオレ、転職して働くよ」と力強く言われて

スーツとネクタイとシャツ2枚を買い与えた。





そんなオトコと別れてヨカッタねと誰もが言ったが、

ののは今もアイツが可愛いと思っている。




クソみたいなオトコだったけど、

あのクソは、寝たきりのののに1年間、毎日電話してくれたんだよ。


あのクソがいなかったら、

ののは死んでしまっていたかもしれないと今でも思う。





クリスチャンの親友が言った、


「ののが病気になることを知った神様が、カレをのののところに連れてきたんだょ。

そして、カレの役割が終わったから、去っていったんだと思うょ。」





そぅだね。


確かにそぅなんだと思ぅ、

ののだって九分九厘そぅ思ぅ、




けど、ほんの少しだけ、

アイツののの財産目当てだったのかもしれないと思うコトがあるんだ。



ののの病気が発覚した時、治療費の話になって、

ののはオノレのオーエルコツコツ貯金の金額を話してしまっていた。

婚約し、結婚の段取りをしながら、ののはギリギリで闘病していた。


結婚すれば、借金はチャラになるょうなモンだった、

ののが死んぢゃぇば、預金の半分をアイツに渡したいと一筆書ぃてた。




だからのの、仕事に復帰するよぅになって、

アイツにもっとお金のコトしっかりしないと結婚できなぃよ、と言ったんだ。


だからのの、結婚が目前に迫ってきて、

仕事をやめてアンタのトコに嫁に行く気満々だょ、と言ったんだ。




別れ話はアイツからだった。



ののは毎度のクソみたいに降られて人生終わったと思ったけれど、

少しホッとしたんだった。


ののの財産目当てだけ、じゃなかったかもしれないな、なんて。




計算できるオトコでもなけりゃ、

計画できるオトコでもなかった。



ののの病気が発覚した時、抱き合って声をあげて泣いてくれたアイツ。




忘れられないオトコがまたひとり、消えていった。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年01月23日

晩餐

テーマ:アィホンから

雨の大阪、気温は上がるとテレビは言ったがそんなに上がったふうではなかった。


ののは何か月ぶりかの検査の帰り道、ひとりオーサカ魔法の国へ立ち寄った。

魔法の国は、翌日からの新アトラクションの先行体験でにぎわっていて、ののもそのグッズをチラリと横目でチェック。前から食べてみたいと思っていたピザやらケーキやらをヒトリで食った。


折り畳み傘がヨレヨレになっての帰り道、梅田ユニクロにたちよって、大型店にしかなぃというスウェットとカーディガンを衝動買いした。


ひとり贅沢の木曜の午後。




検査結果を聞く前、これまでもナーバスにはなっていたが、こんなのは初めてだ。

左胸の痛みと違和感が少しずつ増えているせぃもあるんだろう。

今日みたいに、当日のCTの再撮影なんてことも今までなかった。




明日のあたしが、今日までのあたしと同じように過ごせますように。




みなに伝えたいコトはクソほどある。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。