2014年01月01日

あけました。

テーマ:アィホンから

あけました。


昨年はののにとって、そりゃもぅイケスカン1年でした。
30代でガンになるかょフツーよぅ。

それもまぁ、気づいた頃には転移も1つや2つやなくて、何ガンか調べるだけに2回の手術。

小学生ぶりに「死んだらどぅなるの?」をクソほど本気で考え狂ぃました。
オノレの葬式の前に連絡してくれリストを作り、各関係者への感謝への手紙を20通以上用意し、形見分け、オーエル貯金の分与リスト、いつもの仕事かっちゅーくらぃ段取りした春先花粉の頃。


結果ゴールデンウィークには、4期は4期でも、マシなガンの中のマシな種類のガンだと確定。
この「マシなガン」ってなんだょって思ったあなたは、ガン未経験者に違いなぃ。
ガンにも千差万別、恐ろしく種類がいっぱいあって「若けりゃ進行が早い」なんてのは知らぬシアワセまっただ中の証拠なんですょ。ののもついこないだまでそんな一人でした。いゃ知らんのが正解なんだべ。あなた正解なんだべ。


ののはマシなガンの中のマシな種類の4期でした。


ここで言うマシ、というのは「抗がん剤で腫瘍が消失する可能性が他のガンより高め」というコト。
その分、他のガンの抗がん剤治療よりも大量に長期の抗がん剤を投与する治療が始まりました。


はーぃ、のの、がんばりました。


約8か月、抗がん剤まみれで過ごしました。

8か月、吐き気のある生活したコトあるかい?
8か月、脱毛と胃炎と痔と爪がくさって、手指がしびれて口内炎が悪化し続ける生活をしたコトがあるかい?
8か月、外食せず、水道水や生野菜、お刺身や納豆を食べない生活をしたコトがあるかい?
8か月、人ごみに近寄らない、人と1m以上近づかない生活をしたコトがあるかい?


しかしそのカイあって、年末にはいったんガン活動は収まりました。

今月の検査で奴らがまだ収まっているかはまだわからぬ。
手術跡や腫瘍跡が今も時々ズッキと痛むたびに、奴らが活動をはじめたのかと思ぅけれど、そればかりは一生モン。ガンになった人にだけ分かる、この「ガンと生きる」感覚であろぅ。

治療が功を奏し「よかったね」と言ってくれた先生が続けて、
「あ、でもまだ病院来なあかんからね。言えば一生病院来なあかんからね。」といってくれました。



ガンというのは「治る」コトはない病気なのです。



今年もこの体と生きていくコトは、いたって普通のコトであり、ののはとてもシアワセなのです。
ガンを「完治する」「克服する」というのは、よほど勢いのいぃ強い人か、どうしても売り込みたい薬やナンかがある人の使う言葉です。

ののはラッキーにも今は彼らを抑制し、彼らの存在を忘れて過ごす時間を少しずつ増やしています。


あけました。


今年がどんな年になるか、よりも、無事に今日を迎えられたコトに感謝して喜んでいます。
年を越せなかった方々が多くいるコトを忘れず、昨日、今日、明日に喜ぼぅ。


明日の朝もカーテンを開けたぃ。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。