のんの日々

のんが日々感じたこと、思ったことを綴る


テーマ:
 先週末、千葉県富津市で行われたFrau主催のワークショップ『Be Wolf Camp』に参加してきた。過去に、いろんなキャンプに参加したことがあっけど、こんなに肉体的にきつかったのは、初めてだった。オオカミの知恵から学ぶキャンプなのだが、様々なアクティビティから、自己肯定感、心のメカニズムなども学べるキャンプだった。もともとは、同和地区で始めたキャンプだそうだ。

 そのキャンプのチーフディレクターが、松木正さんだ。以前、自然環境系のNPOで働いていた時に、彼の主宰する『マザーアース・エデュケーション』という名前を知り、何人かの知人が彼のワークを受講していたこともあって、いつか私も、と思っていたところだった。

 実際に、松木さん本人にお会いし、ワークも受けた後なので、本の方はすんなり入っていけた。

以下読後のメモ
===================================

・火を囲むことは、幸せを囲むこと。底にたまる中心の火が肝心だ。
  (幸福を育てるには、中心になる何かが肝心だ)
 火のそばでは、沈黙の時間も気にならない。けんかする人もいない。
 炎をながめているだけで、ときのたつのも忘れてしまう。火の仲立ち。

・すべては正しい時に、正しい場所で起きる

・自分のハートが「よし!」と言ったことに人は決して後悔しない

・信頼(Faith)のないところには、何も起こらない
 Faith(信頼)は、すべてAccept(受け入れる)から始まる
 分かち合う(Sharing)

・矛盾と同居できる人は美しい

・利己的な人ほど、傷つきやすい

・言葉というのは響きだ。響きには、魂が宿る。ラコタの人たちにとって「言葉」は、「スピリット」と同じ意味を持つ。

・人の心はわからない。だから忍び寄るのだ。

・「受け取る」ことと「受け入れる」こととは違う
 あなたと私をはっきりと、分かつこと。

・「きみは冷たい人やね」言った相手の問題であって、あなたが同意する必要はない。

・執着しなければ、ものも人も、必要な場所へとめぐっていく。
 「ギブ・アウェイ」:自分の持っているもの、知っていること、出来ることを見返りを期待せずに「与えつくす」意。

・愛を求めすぎるものは、力を失う。力を求めすぎるものは、愛を失う。

・自分を信頼すること~それは最もすばらしい生き方~
 答えは自分の心の中にある。Accept you! きみを受け入れなさい。
 てめえのケツは、てめえでふけ!
 一番大事なのは、自分の心の内側に自分自身で歩み寄っていき、答えを見つけ出してくること。

・人生の悲劇は、苦しいことにあるんじゃない。何を見落としたかにあるんだ。

・自然の変化に気づく3つのポイント
1)Slow down ゆっくり歩く
2)Silence 沈黙
3)Get down しゃがんでみる 視点を変える

・人生の悲劇は、自分の内なるスピリットのささやきを聞き逃すこと。

・思い通りにならないものを自分の中に受け入れたとき、相手の声が聞こえてくる

・「つながり」は「かかわり」の中で見えてくる。すべては、思い通りになんてならない。

・自立しようと思ったら、ヘルプメッセージを出せなくてはいけない。
 誰もが助けを求める権利がある。
 子どもも大人もみーんな「助けてくれ~!」と言っていい

・人が泣くときと、笑うとき、自分の魂とつながることができる

・Walk in balance!  調和の中を歩め!

・思い悩んだり、身動きが取れなくなったとき、遠い先を考えるのではなく、大それた夢をみるのでなく、「今ここに、目の前にいる人のために」自分が出来ることを与えつくす。

・「今ここ」という瞬間に、幸せになる種や元気になる種が落ちている。

・今日は死ぬのにもってこいの日だ、と思って生きる。

などなど。


松木正著『自分を信じて生きる~インデアンの方法~』小学館



Be Wolf Camp のオオカミのぬいぐるみ


不安や恐れの象徴 マニトゥ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 10/4池袋西武のリブロで行われたイハレアカラ・ヒューレン博士のサイン会に行ってきた。開催時間の10分前に会場に着いたら、長蛇の列が出来ていて驚いた。

 今回は、『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』の出版を記念してのもの。
「ホ・オ」とは、ハワイ語で目標。「ポノポノ」は、完璧。つまり、「ホ・オポノポノ」とは、完璧を目指して誤りを正すことを意味する。

 「ホ・オポノポノ」で大事にしている「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」の言葉が実生活でももっと交わされるようになればいいなぁと思う。

公式HP
http://blog.hooponopono-asia.org/ 

きくちゆみさんのブログ
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2008/03/blog-post_24.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先日、Yさんに紹介していただいた本。作者の山田ズーニーさんのことは、もともと気になる存在だったので、迷わず購入しました。

 最初のページには以下のようにある。
「この本は、手で書いて、あなたのほしい人の気持ちをつかむ本です!」

 この本は、3つのステージにわかれています。ステージAは、相手とつながる。ステージBは、自分とつながる。ステージCは、他者・外・社会とつながる。

 早速、ステージBをやってみました。まだ、途中ですが、どんどん手を動かして書いていきたいです。

 講談社+α文庫 619円(税別)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先日、岩手のタイマグラから届けられた本を読みました。映画『西の魔女が死んだ』の上映を待つ間には、タイマグラの春の章を読み終えました。

 本の説明にもあるように、タイマグラとは、アイヌ語のタイ→森 マクワ→奥 ル→道が語源ではないかと言われているそうです。

 横浜出身の阿部智穂さんが、タイマグラでの日々を綴る文と彼女が撮った写真が魅力的な本です。

 母に、この本の話しを電話でしたら、「生活するには、大変なところだと思うよ」との言葉が返ってきました。

 阿部さん自身も旅行者ではなく、ここで暮らそうと思った時、厳しく長い冬のことを考えたようです。でも、そんな厳しい冬でも暮らしの中に喜びを見いだし、ここでの生活を着実に歩んで行きます。

 娘さんの結ちゃんとのやりとりもなんとも微笑ましいです。

 もともとは、映画『タイマグラばあちゃん』で知ったタイマグラですが、この本を読んで、ますますタイマグラへ行ってみたいと思うのでした。

阿部智穂さんのブログ「たいまぐら便り」
http://chihonote.exblog.jp/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 5/3の憲法記念の日に読み始めた本が、9LOVE編『9を まく』だ。購入したのは、去年の12月ぐらいだったはず。部屋につん読いた本の1つ。

 読むという印象よりは、活字よりも写真が多かったり、イラストがあったり。肩肘張らずに読めます。

 「9パン」(数字の9の形をして9種類のオーガニックの種をのっけたの)の「9」の意味を知らずに食べていましたが、その作り手であるパン屋さん「リトルトリー」のことも書かれていました。

 日本の9条がハングル訳されていたり、エクアドルの先住民キチュア族の若者が日本の憲法9条を知って作った歌の歌詞も紹介されています。

で、改めて9条ってどんなんだっけ??
この本のカバーをはずしてみると9条の表記がありました。
以下転記

第2章 戦争の放棄 第9条(戦争の放棄、軍備および交戦権の否認)
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


「森は海の恋人」の地で、食育の里づくりを実践している小野寺雅之さんが、憲法9条の精神をケセン語で表現してくれた文もいい。
以下転記

ケセン(消戦)語憲法第9条

どごの国の人だづも皆、揉(も)め事なんぞ起ごさなねで、塩梅(あんばい)よぐ暮らすべど思っておりやす。おらだづは、まずそのごとを一番に考えて、大事にするごどにしやした。

世の中、いろんな国はあっぺし、考え方もいろいろある。うまぐいがねごどもあるわげっさ。ほんだども、そったら時に、鉄砲だの爆弾だの恐ろすねもの振りまわすようなごどはなんぼなんでも止めなくてなんね。

この前の戦争のごど考えでみろでば。どんだげ人が殺されでしまったが。んだども。まあ懲(こ)りずもせず、まだ次から次と恐っかね人殺しの道具ばこせでんだがらねす。なぞにも情(なさ)けねえこったでば。

んだがら、おらほのケセン衆は、ケセン(消戦)の名にかげでこう誓いやした。国益だなんだど、なんぼ理屈こねても、人を殺(あや)めたり、傷ばつけるような戦争はしねえし、させてはなんねど。これだげは心して守らねばなんね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 これまたタイトル買いの本。読後のメモより。

・「はたらくこと」とは「大切にしてきたもの」を考えることに他ならない
 キーワードは、「大切にしているものは、何ですか?」
・「あいつを呼ぼうぜ」と言われる人がいい人
・人を採用することって家族を迎え入れるようなこと
・企業が、人材を「コスト」とみているか、それとも「価値」とみているか、という点
・自分が誰かと仕事をしたら「次もあいつと仕事がしたい」と言わせよう、というのがモットーだった
・あなたのマイブームは?
・人とのつき合いにおいて決定的に重要なのが「共感性」。相手が何を考えているか、どう思っているかを直感的に感じる能力
・「大きい変化は小さい変化から」「感謝の気持ちを忘れない」「思いついたらすぐ行動」成功している人がいうこと
・就職について悩んでいる人がいると、「働きゃいいのに」ってふつうに思う
・「やりたいこと」と「やってみたいこと」は意味が違う
・仕事って、たぶん、自分の居場所を好きになるところから始まる
・偶然でなんとかなる
・迷ったり、悩んでいるよりも、まずは「きちんと歩く」
・公私混同して働こう
・やりはじめないと、やる気は出ません。脳の「側生核」が活動するとやる気が出るのですが、側生核は、何かをやりはじめないと活動しないので
・今から考えたってわかりゃしないよ。結果は結果だ。
 結果にこだわるから何もできなくなる。それがいちばん愚劣なことなんだ。
・生き方を人のせいにしちゃダメだ。
・自分にとって、本当に大事なことってなんだろう。
 自分にとって、本当に大切な人って誰だろう。
 このふたつを、本気で思っているだけで、いい人生が送れるような気がする。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 これまた、先日衝動買いの本。

 彼のドキュメンタリー映画『A』『A2』を私はまだ観ていなけど、この本を読んだらますます観たくなった。

 まえがき、あとがき、もいい。彼の息づかいが伝わってくる。

以下文庫のあとがきから一部引用
 スタンピード(Stam-pede)。この言葉の意味は、牛などの暴走を表す。警戒心が抑揚した時、人は家族や同胞、そして自分を守るために・・・スタンピードが始まる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ズバリ、タイトル買いした本。タイトルにもなっている99の名言を紹介しながら仕事について語った本。ヒント欲しいんですわ、私。

読後のメモから・・・

・なぜ自分は◯◯を好きか。どういうことをしている時に我を忘れるか、

・自分がやりたいことを見つけるのに早道はない。思考錯誤の中からしか、それは見つからない。

・どうして日本人の若者は「自分がやりたいこと」がわからないのか?一番の理由は、「具体的な不幸」がないから。

・勇気、希望、忍耐。この三つを抱きつづけたやつだけが、自分の山を上りきれる。どれがひとつ欠けても事は成就せんぞ。

・「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」(計画的偶発性)に変えるためには、好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心の5つが必要。

・人生はトーナメントではない。高校野球とは違う。負けても、負けても、前へ進める。

・行動は恐怖を消してくれる。行動に移ろう。待っていてはいけない。100%準備ができていることなんてないのだから。

・愚か者は、幸福が遠いところにあると思い込んでいる。賢い者は、幸福を足元で育てている。自分の天職の種は、実は自分の足下にある。

・どうやら幸福というものは、ひどく平凡なことの中にある。静かな眼、おだやかな心、健やかな体、平穏な日々、そうした状態以外の何ものでもないらしい。

・すべての人生のことは「させられる」と思うから辛かったり惨めになるので、「してみよう」と思うと何でも道楽になる。

などなど・・・はてさて・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先日のカタログハウスの学校で上野千鶴子さんと森達也さんの「老いる準備~女の場合、男の場合~」の講演を聴きに行った際に購入した。このお話を伺ってから本を購入するパターン、私多いですね(笑)

 本の帯には、「空気を読むのをやめてみないか!メディアの常識に従わずに世界を見つめる試み」とある。
 
 プロローグには、以前森さんの別の講演でも伺ったことのあるモンゴル遊牧民の羊の群れの話も書かれている。

 数百匹の羊の群れの中に必ず数匹のヤギを放つこと。足元の草を食べつくしたらその場で立ちつくす羊の群れを飢えや寒さから導いてくれる、ヤギの存在のことだ。

 自分はヤギのような存在にはなれないかもしれないけど、空を見たり、花を見たり、立ち止まったりできる羊。羊だけどヤギっぽい羊???のような存在になりたいなぁーとこの本を読んで思うのでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。