のんの日々

のんが日々感じたこと、思ったことを綴る


テーマ:
 インド藍のキットを買ってきて、自宅で藍染めしてみたけど、どうなんだろう・・・




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先週末、千葉県富津市で行われたFrau主催のワークショップ『Be Wolf Camp』に参加してきた。過去に、いろんなキャンプに参加したことがあっけど、こんなに肉体的にきつかったのは、初めてだった。オオカミの知恵から学ぶキャンプなのだが、様々なアクティビティから、自己肯定感、心のメカニズムなども学べるキャンプだった。もともとは、同和地区で始めたキャンプだそうだ。

 そのキャンプのチーフディレクターが、松木正さんだ。以前、自然環境系のNPOで働いていた時に、彼の主宰する『マザーアース・エデュケーション』という名前を知り、何人かの知人が彼のワークを受講していたこともあって、いつか私も、と思っていたところだった。

 実際に、松木さん本人にお会いし、ワークも受けた後なので、本の方はすんなり入っていけた。

以下読後のメモ
===================================

・火を囲むことは、幸せを囲むこと。底にたまる中心の火が肝心だ。
  (幸福を育てるには、中心になる何かが肝心だ)
 火のそばでは、沈黙の時間も気にならない。けんかする人もいない。
 炎をながめているだけで、ときのたつのも忘れてしまう。火の仲立ち。

・すべては正しい時に、正しい場所で起きる

・自分のハートが「よし!」と言ったことに人は決して後悔しない

・信頼(Faith)のないところには、何も起こらない
 Faith(信頼)は、すべてAccept(受け入れる)から始まる
 分かち合う(Sharing)

・矛盾と同居できる人は美しい

・利己的な人ほど、傷つきやすい

・言葉というのは響きだ。響きには、魂が宿る。ラコタの人たちにとって「言葉」は、「スピリット」と同じ意味を持つ。

・人の心はわからない。だから忍び寄るのだ。

・「受け取る」ことと「受け入れる」こととは違う
 あなたと私をはっきりと、分かつこと。

・「きみは冷たい人やね」言った相手の問題であって、あなたが同意する必要はない。

・執着しなければ、ものも人も、必要な場所へとめぐっていく。
 「ギブ・アウェイ」:自分の持っているもの、知っていること、出来ることを見返りを期待せずに「与えつくす」意。

・愛を求めすぎるものは、力を失う。力を求めすぎるものは、愛を失う。

・自分を信頼すること~それは最もすばらしい生き方~
 答えは自分の心の中にある。Accept you! きみを受け入れなさい。
 てめえのケツは、てめえでふけ!
 一番大事なのは、自分の心の内側に自分自身で歩み寄っていき、答えを見つけ出してくること。

・人生の悲劇は、苦しいことにあるんじゃない。何を見落としたかにあるんだ。

・自然の変化に気づく3つのポイント
1)Slow down ゆっくり歩く
2)Silence 沈黙
3)Get down しゃがんでみる 視点を変える

・人生の悲劇は、自分の内なるスピリットのささやきを聞き逃すこと。

・思い通りにならないものを自分の中に受け入れたとき、相手の声が聞こえてくる

・「つながり」は「かかわり」の中で見えてくる。すべては、思い通りになんてならない。

・自立しようと思ったら、ヘルプメッセージを出せなくてはいけない。
 誰もが助けを求める権利がある。
 子どもも大人もみーんな「助けてくれ~!」と言っていい

・人が泣くときと、笑うとき、自分の魂とつながることができる

・Walk in balance!  調和の中を歩め!

・思い悩んだり、身動きが取れなくなったとき、遠い先を考えるのではなく、大それた夢をみるのでなく、「今ここに、目の前にいる人のために」自分が出来ることを与えつくす。

・「今ここ」という瞬間に、幸せになる種や元気になる種が落ちている。

・今日は死ぬのにもってこいの日だ、と思って生きる。

などなど。


松木正著『自分を信じて生きる~インデアンの方法~』小学館



Be Wolf Camp のオオカミのぬいぐるみ


不安や恐れの象徴 マニトゥ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 その歯医者さんへの通院は、今回で5回目になるんだけど、いい先生だなぁと思う。50代くらいの女の先生だけど、口をあけて治療するたびに「ごめんね、ごめんね」「すみません」とよく謝られる。

 治療の際に、固くなってる私に、手の指と指の間のところ(みずかきみたいなところ、なんて言うんだ?)を押して「ここを押すといいよ!」と教えてくださったりする。

 「元気になる秘訣はね、からだに意識を向けること。世界が、地球が、平和だと想うこと。」私は、治療をされていて余裕がなかったから、先生がおっしゃってくださったそのまんまの言葉じゃないかもしれないけど、よい言葉をいただいたなぁと思った。

 歯を診ていただいているのはもちろんだけど、全身を診ていただいているという印象を受けるO先生。素敵なお方だ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 10月のドキュメンタリー研究会の映画は、『女工哀歌』。中国のジーンズ工場で働く少女たちの物語だ。

 ジーンズを発注する大手衣料メーカーが気にするのは、ジーンズの品質と納期で、そこで働く人々の労働条件なんて気にされてもいない。

 とか言う私も中国製の衣料の恩恵を受けているわけで・・・。

 映画で描かれているのは、現状の一部ではあるのだろうけれども、その一端を知れたことは、良かったと思う。

『女工哀歌』HP
http://www.espace-sarou.co.jp/jokou/
映画関連ページ
http://www.eigaseikatu.com/title/s-23498








観賞後、「A to Z cafe」にて。苺とミルクのミルフィーユアイス
http://www.jellyfish.bz/topics/0602/0602-atoz.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 秋晴れの昨日、5回目の藍染め教室に行ってきた。前回は、天気が悪く藍の状態があまりよくなく、染められなかったので、今回は絶好の藍染め日和だった。

 まずは、インド藍の染液のチェックから。pHを上げるために、消石灰を加え、藍瓶に入った染液をかき混ぜ、さらに還元剤のハイドロサルファイトを加え、かき混ぜる。インド藍の色素は、前日に追加したとのこと。

 この際、かき混ぜる棒で藍瓶を叩くと音で染液の状態が判断できるという。何も加えなかった状態の藍瓶の音と、消石灰やハイドロサルファイトを加えた後では、確かに違ったようだった。音が高くなる感じ。染液のベストのpHは、11.5。よい藍染め液の判断は、染液の表面に泡が出来ていること。何も加えない時は、表面に泡も出来ていなかった。染液の表面の薄い膜の下に、深い緑色の染液が見えたらよい状態らしい。


                  染液の表面に紺色の泡が出来た状態

 染液の用意が出来たら、前回絞った作品を水に漬け、藍染め液で染める。それぞれの作品で、染める回数は違うが、最低7回くらいは染液に漬けて、染める作業を繰り返した。

 折り重なった布の中にも、染液が染み込むように、布を動かしたり、染液から取り出して酸化させるために、布を広げ放置したり、納得のいく濃さに染まるまで、この作業を繰り返す。

 今回の作品で気に入ったのは、『板じめ』。針を使わず、布をジャバラに折った後、三角形になるように折り、それを板を使って絞るやり方。布のどこの部分に板を持ってくるかで、染め上がりの状態も変化するので面白いと思った。

 次回も天候に恵まれますように☆



                手紡ぎの綿の布を「板じめ」に

 

みんなの作品
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日、久しぶりに家にあった鬼胡桃(おにぐるみ)を割ってみた。秋になると、父と一緒に畑でやった胡桃割り。なんだか、懐かしかった。

 近くにいながら、どうも一番わからない人というのが父だったけど。

 よく晴れた秋の日の空と、香ばしい胡桃の味、焚き火のにおい。遠い日の秋の思い出。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日の藍染め教室は、いろんな人が来ていた日だった。いつも通り、ブライアンさんちに着くと、竹細工の道具が置かれていた。織の生徒さんたちが、『ふわり』という道具を作るためのようだった。相変わらず、凝り性なんだから(笑)

 『ふわり』というのは、綛糸(かせいと)を掛ける道具で、関西では五光とも言うそうだ。
以下のサイト参照にしました。
http://209.85.175.104/search?q=cache:iTsWaSrUX0kJ:beniwo-to-rintarow.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_c9d3.html+織 道具 ふわり&hl=ja&ct=clnk&cd=7&client=safari

 天候も小雨で、藍瓶の藍の状態もあまりよくないというので、絞りの作業を中心に行った。

 昨日の教室で驚いたのは、生徒のOさんだ。80歳くらいかと思ったら、90代でした(笑)ブライアンさんから、Oさんに『鹿の子絞り』を教えるように言われ教えたけど、「最初はこのおばあさん、本当に出来るのかしら?」と不安に思ったが杞憂だった。ご高齢だし、歯が抜けてて話される言葉も聞き取りにくいし。
 
 だけれども、彼女の頭の中には表現したい絞りのデザインもあり、絞り方も慣れてくると、すごい集中力で『鹿の子絞り』を仕上げていった。

 お昼近くになると、Oさんが台所でささっと『すいとん』を作ってくださり、みんなにふるまってくださった。恐るべし、おばあさんである。

 絞りの後は、繭を入れた鍋に火をかけ、中のサナギ出しの作業も行った。私は、サナギに抵抗があり、かなりひきながら・・・。次第に慣れるとのことでしたが。

 駅までの行き帰りの車中では、ドル崩壊により、北米にユーロ圏と同じような新通貨アメーロ(Amero)が登場する可能性があるお話しもブライアンさんに伺ったりで、今後のアメリカの経済のことも知っておかなきゃなぁ、と思った昨日でした。


綛糸(かせいと)が『ふわり』に掛かった状態


Oさんが作って下さった『すいとん』


繭からサナギを出す作業
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
Image813.jpg

宇都宮駅ホームで購入。
グルテンミートのソテー入りって、駅弁で初めて見ました。

錦糸玉子、竹の子、ふきのとう、甘辛く煮た椎茸、しめじ、かんぴょう、甘栗など入って700円。
宇都宮駅前通りの松廼家(まつのや)さんの駅弁、がんばって作られてる気がします。

ごちそうさまでした(^O^)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 調子に乗って吉祥寺のカフェ(その2)です。

おちゃらか

モンブランが豪華でした。
フランス人がオーナーのようです。日本茶カフェ。



月和茶ゆえふうちゃ吉祥寺店

台湾料理とお茶のお店。

ごめんなさい何のお茶か忘れました (;^_^A


ショウロンポウと海老の・・・点心


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お茶とお菓子横尾

ひさびさに行ったら、お店が広くなってました。
いちじくのおしるこ、初めていただきました。


いちじくの冷たいおしるこ 加賀棒茶


DEVA DEVA CAFE

お野菜中心のカフェ。チーズを使わないピザも美味しかったです。


アップルクランブルタルト

言い訳になりますけど、それぞれのお店に行ったのは別の日です(^_^;)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。