のんの日々

のんが日々感じたこと、思ったことを綴る


テーマ:
Image480.jpg

 昨日投票に行った際、いただいたもの。マイミクのゆきんこさんが、この紹介をブログ(http://yuitanbo.exblog.jp/5878248)でしてくれていたので、申し出てみました。

 縦9cm×横13cmの紙には、「投票済証 平成19年執行 参議院議院選挙 杉並区第56投票所」と書かれてあります。

 それにしても、川田龍平さんが当選されたのは嬉しいこと。先日カフェスローでのイベントにスーパーゲストとして来てくださり生の声を聞けた。「投票数だけの木を植えたい!」という彼に好感が持てた。

 未だに薬を飲み続けながら活動をする彼。参議院での活躍を期待している。

 彼に期待するだけじゃなく、自分で出来ることをやらなくっちゃね☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
村松恒平氏からの講評です。ご本人に許可をいただき、以下にペーストします。
===============================
[13] おばあさんの話   投稿者:のんさん

これも、全部本当の話のように思われますね。
ひょっとして課題の説明読んでない?
〆切も間違えるし、わりと早のみこみのところがあるようです(笑)。
それとも、やはり本当とフィクションは続けて書けないのか。

きつねにバカされた話というのは、懐かしく、ヘンな体験の話の入り口としては非常にいい感じなのですけどね。

>飲酒による酩酊。加えて田んぼの中の暗い夜道。これがキツネに化かされた真相なのだろうか??

ここまでの文章は、方言も利いているし、とても素直でよい文章だと思います。

このあとがつまらないのです。

もっとここから怪談や奇談に突っ込んでいってほしい。
お稲荷さんにまつわる話でもいいので、話を大きくしたり、面白くするサービス精神を発揮してほしい。

あまりに一般的にまとめすぎて、自分の個性を発揮するのを怖がっているような感じがするのです。

>来月お盆には帰省する私。これを機に、祖母の墓前に手を合わせ、お稲荷さんが祀ってあったという場所を訪れてみようと思う。何か新たな情報を得られることを期待して。

上のまとめは、なんか学校の優等生の作文みたいです。 
せっかく、神秘的なできごとと、日常感覚の中間にいたのに、いっぺんに醒めてしまいます。
とくに、

>何か新たな情報を得られることを期待して。

これはちょっとガックリです。
この情報という言葉は、ここに全然そぐいません。
こういう世界は体験や伝聞だけだからいいのです。
情報という言葉では、キツネにばかされる世界には入っていけません。

「私もちょっとだったら化かされてみたい」というような締めのほうがいいです。
もっと
「お稲荷さんを訪ねたけれども、そのときに自分もキツネにつままれたような体験をした」という内容まで展開できればいちばんいいです。

そういうネタを考えるのはたいへんでしょうか?
でも、たいへんなところにいちばん栄養があるのです。
そこを避けていると文章は面白くなりません。
省エネモードは、破壊してください。

学校の作文ではないので、うまくまとまっていることより、どこまで展開できるか、ということに意識をおくようにしてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回初めて、村松恒平氏の3D遠隔地ゼミ(http://www.hiden.jp/event/3d/#3d_info)に参加した。課題は、以下に。課題に沿って書けているのか??よくわかんないけど、書いてみました!!!評価はいかに???
=======================================================
「ヘンな体験」
課題の内容に沿って、本当(実際の体験や伝聞)と嘘(想像したこと考えたことなど)を半々に、1400字以内の文章にまとめてください。
=======================================================

『おばあさんの話』

 ヘンな体験と聞いてまず思い出したのが、同居していたおばあさんの話しだ。小学校低学年くらいの私に向かって、キツネに化かされた話しをしてくれたのだ。

 ある夜のこと村の会合か、だれかの結婚式か、法事だかに参加したおばあさんはその時のお土産の折詰を持って自宅へと歩いていたんだそうだ。なんでかわからないけど、気づくと自宅の方向ではなく家とは離れた駅の方向に向かって歩いていたんだそうな。

 「そういえば、折りっこ(折詰)さよぉ。油揚げが入っていだからよぉ。それでキツネに化かされんだべおの(折詰に油揚げが入っていてそれで化かされたんでしょう)
。」

 話しを聞いた当時は、そんなことがあるのか??おばあさん??と思いつつも真相を確かめることもなく、祖母は他界し現在に至ってしまった。

 これはあくまでも私の推測だか、祖母は宴会でお酒をいただいて、酔っぱらっていたのではないか、ということだ。あまり祖母とお酒というのは接点がないように思えるけれど。ごくたまに外では、お酒をいただいていたのかもしれない。

 それから、祖母が帰った自宅までの道のりのことを考えてみた。私の実家は、秋田の片田舎で家の回りは田んぼという環境だ。日中ならば、回りの景色も見えるが、日が暮れるとあまり街灯もない田んぼの中の道は真っ暗だ。

 飲酒による酩酊。加えて田んぼの中の暗い夜道。これがキツネに化かされた真相なのだろうか??

 うーん、それでも真相は、わからない。そもそも、その時代あの場所にキツネなんかいたんだろうか?昨今、山に餌がなくなってタヌキが人里におりてきたりしたニュースを耳にすることはあるけど。キツネいたのかなぁ?いたとしても、昔話にあるようにキツネは人を化かすんだろうか??

 これも祖母から聞いた遠い記憶だが、家のある土地にお稲荷さんを祀っていたことがあったらしい。現在お稲荷さんがあった場所は、圃場整備で田んぼになっていると思われる。でも、だいたいの場所は私でも検討がつく。

 来月お盆には帰省する私。これを機に、祖母の墓前に手を合わせ、お稲荷さんが祀ってあったという場所を訪れてみようと思う。何か新たな情報を得られることを期待して。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DSC00843.jpg

 7/20高円寺のギャラリー工さんで行われた「カード織」のワークショップに参加した。この織りの技法は、何でも紀元前から行われていたものらしい。こんな技術を発明した人は、すごいなぁと思う。

 始めに、カード織のカード作りから。カードは、建築などの模型?にも使われる厚紙を使用。10cm角にカットし、四隅をパンチで穴をあけたものを用意する。カードに番号をふり、四隅の穴に時計回りに番号を書く。

 次に整経台を使って、糸を整経する。糸の準備が整ったら、糸を順番にカードに通していく。カードに糸を通したら、横糸を用意し縦糸を固定しカードを回転させながら織っていく。

 このカードを回転させるのが、私には一苦労だった。8枚のカードを揃えながら回すのだがスムーズに回せない私。何度か先生にやり方を指導していただいたが、なんだかぎごちなかった。

 それでも、織れてくると嬉しいものだ。回転の向きを変えるとまた織りの模様も変化して楽しいのだ。

 11時からのスタートで、お昼には受講生のUさんや先生たちと近所にネギトロ丼を食べに行ったり、また織ったり、お茶をいただいたりとゆったりとした時間を過ごさせていただいた。

 自宅でも織れるように、糸を整経させていただき会場を後にした。この糸も近いうちに織らなくっちゃね。

 ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました☆

添付写真 織りの様子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Image472.jpg

 昨日カフェスローで行われた『スローな情報発信とは?+正木高志著「空とぶブッタ」発刊記念イベント』で購入した、サティシュ・クマールさんの2007年の東京講演録。

 いいです☆

 直接お話を伺いたかったなぁー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Image470.jpg

 台風が近付いた日曜、三鷹までバスで移動して「リトルスターレストラン」を目指した。そしたらなんとお休みで、仕方ないから周辺をうろちょろして以前ワークショップで訪れた沙羅舎を目指した。その1Fに『心泉茶苑』(http://www.mall.mitaka.ne.jp/webmall/img0093sarasya/top.htm#1f)はあった。

 休日のお昼というのに、客は私ひとり。台風の影響かなぁ??テーブルいっぱいに店内にあった朝日新聞をひろげ、炒めものをする音を聞きながら日曜版を斜め読みする。ああ、新聞ってひさしぶりに読んだわ。

 運ばれてきた酵素玄米ランチは、夏野菜と高野豆腐の炒めもの、春雨サラダ、お味噌汁、酵素玄米ご飯、香の物、中国茶で950円なり。

 酵素玄米ご飯は、初めていただいたけど見た目がお赤飯みたいだった。炒めものの高野豆腐が旨味を上手に含めてくれて、なかなかいい感じ。高野豆腐って炒めものにも使うんですね。メモメモ。

 食後は、メニューにあったデザートからにんじんのケーキをオーダー。ココナツの食感が面白かった。うれしかったのは、ほんのりケーキが温かいこと。そんな心遣いも嬉しかったなぁ。

 あぁ近所にあったら、ちょくちょく来るのになぁーお客さんもっと来たらいいのにと思っていたら、おばさまが訪れたのでお店を後にした。

 明日お話を伺う正木高志さんの著書も置いてあり、いい感じのお店だった。今日だけなのかもしれないけど、お客さんが少ないのはもったいないなぁー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夜回り先生こと、水谷修氏が先日「R30」に出演された時の映像です。

まだ、見ていなければぜひご覧下さい。

 その1
 http://www.youtube.com/watch?v=k-fj4x8Sw8I
 その2
 http://www.youtube.com/watch?v=exBNOzUmKTQ
 その3
 http://www.youtube.com/watch?v=t8ASJFZ5iwc
 その4
 http://www.youtube.com/watch?v=8ViCGlS_OyE

彼の言葉に救われる人、たくさんいるんだろうと思います。

今晩の「R30」にも出演されるみたいですよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。