のんの日々

のんが日々感じたこと、思ったことを綴る


テーマ:
06-02-27_12-03.jpg


 昨日お世話になった方の告別式に参列した帰りに撮ったもの。その方と最後の会話をしたのが、2月22日のこと。まだ信じられないな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モンベル渋谷店のHPからの転送です。5Fサロンのイベント紹介からです。
以下を参考に
http://www.montbell.com/japanese/shop/mbs_618851.html

 説明会のようです。参加したいな。
====================================================

『セルフビルドで家を建てよう!』

自分の手でエコロジカルな家を建ててみませんか?
日本では家は専門家に建ててもらうもの、と考えがちですが、欧米では10~12%もの家がセルフビルドで作られています。セルフビルドで家を建てるのは、難しいことではありません。環境に負担をかけない持続可能なパーマカルチャーの技術を使った、エコロジカルなセルフビルドに挑戦しましょう!

日時:3月28日(火)17:00~20:30
場所:モンベル渋谷店5Fサロン
主催: 穂高養生園
参照HP:http://www.yojoen.com/
参加費:500円
定員:50名
要予約: TEL:0263-83-5260 FAX:0263-83-6670 
     E-mail:info@yojoen.com

■講師:山田貴宏
1966年生まれ 千葉県出身。早稲田大学にて建築学科都市環境工学専攻修了。学生時代より「建築と環境」をテーマに取り組み、自然の未利用エネルギーの活用やヒートアイランド対策の研究を行う。パーマカルチャーの手法などを取り入れ、建物というハコを含めてより幅広い住まいの環境づくりを目指す。現在、一級建築士事務所ビオフォルム環境デザイン室 代表。NPO パーマカルチャーセンタージャパン理事。職人がつくる木の家・木の家ネット 会員。東京の木で家を造る会 賛助会員。

■穂高養生園とセルフビルドについて/代表 福田俊作
1986年よりホリスティックなセルフケアを自然の中で行う穂高養生園を主宰。スタッフと共に、みずからセルフビルドで建てたエコロジカルで、自然と共存した新しいエコハウス「森の家」を建築。大自然の森の中、こころとからだの健康を回復するワークショップスペースとして運営しています。
穂高養生園では、セルフビルドのワークショップ等の他、ヨガやマクロビオテックをベースとした自然食、森林療法、アロマセラピーや鍼灸などのプログラムを毎日行っております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたには 心の底から  認めあう 朋友はいるか
絶対に 互いを軽んじず  さりとて 大仰になどせぬ
離れていても心は通い  会ったところで 普段の通り
だが ひとたび 事が起きれば  自分の都合など 捨て置いて
何を置いても駆けつけ 力を尽くす  絶対という言葉は
軽く扱ってはならぬが  絶対なる信頼を 捧げ合う
朋友に 出逢いたいではないか  出逢えるだけの人物になれよ

今週のコトバ:情でもなく、まして計算もない。愛と誠。そして信じあえる関係。

今週のソレゾレは、以下を参考に
http://toranet.jp/t/r/T1CC245s.jsp?disp=%2Fc%2FOTH%2Funmei&__u=1140576475161-1363919895475267589

 上記は、とらばーゆネットで毎週配信されるものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は、明日『里山帰農塾フォーラム』に行くことにしました。どなたか参加されませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■      ◆里山帰農塾フォーラム◆  ■■■                                     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   

  あなたは、これからどんな生き方をしたいですか?
  ここに、『農的生活』という生き方があります。

◇歌手 加藤登紀子  【鴨川自然王国と私】
◆ジャーナリスト 高野孟  【世の中の流れと私の農的生活】
◇現代農業増刊編集長 甲斐良治 【全国の「地元」を訪ねて】
◆鴨川自然王国代表理事 石田三示  【都市農村交流からみえるもの】

※2003年よりふるさと回帰支援センター主催で始まった里山帰農塾の
 講師がテーマトークを行います。
これからどう生きてゆくか迷っている方、
田舎暮らしを考えている方、
帰農を考えている方、
このフォーラムで『農的生活』について考えてみませんか?

***トーク終了後、懇親会を行います。***

日 程 :2006年 2/16(木)  18:00~21:00
定 員 :70名
会 費 : 2,000円
場 所 :大手町JAビル7階JA全中700会議室
お申し込み、お問合せ先  :
・NPO法人 ふるさと回帰支援センター
 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1 虎の門パストラル内
 TEL.03-5776-1543 FAX.03-5776-2143
 E-Mail furusato@mrg.biglobe.ne.jp
・農事組合法人 鴨川自然王国
 〒296-0237 千葉県鴨川市大山平塚乙2-732-2
 TEL.04-7099-9011 FAX.04-7098-1560 
 E-MAIL kingdom@viola.ocn.ne.jp      

詳細は鴨川自然王国サイトをご覧下さい。
http://www.k-sizenohkoku.com/event_tuki/event_kokuchi/2006/2006event_02_16_kinoujuku.htm

※なお、里山帰農塾は2000年『21世紀は農の時代である』と喝破した
鴨川自然王国建国者 故藤本敏夫を中心としてスタートいたしました。
2003年より、ふるさと回帰支援センターが主催となり、鴨川自然王国が
実施しております。
*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*
農事組合法人 鴨川自然王国 
〒296-0000 千葉県鴨川市大山平塚乙2-732-2
Tel.04-7099-9011/Fax.04-7098-1560
Tel.04-7098-1011(山小屋)
http://www.k-sizenohkoku.com
e-mail kingdom@viola.ocn.ne.jp
*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

2/18は、私は参加できませんが参加された方はお話をお聞かせください。
======================================================
◎赤峰勝人(アカミネカツト)氏講演会
      「食こそ<いのち>:大地に学ぶ循環の思想」
日 時:2006年2月18日(土)
受付開始13:00~  開 演:13:30~ 
会 場:麗澤大学(れいたくだいがく)・1603教室
     千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
    (電車・バス等の公共交通機関でご来場下さい)
<アクセス>
  JR常磐線・南柏駅東口の1番乗り場から東武バス乗車、
  約5分で「麗澤大学前」で下車
入場料:1000円(定員200名)
主 催:NPO法人・GRI日本フォーラム
     赤峰勝人氏講演会実行委員会(代表:川俣)
なずなグループ代表 赤峰勝人氏
~プロフィール~
1943年大分県野津町生まれ。大分県立三重農業高校卒。
農薬・化学肥料を使わない「循環農法」で野菜を育てている
お百姓さん。1986年に「なずなの会」を組織し、自然な食べ
物を通して循環の大切さを訴え続けている。無想神伝流居
合道五段。合気道二段。著書に『ニンジンから宇宙へ』、
『アトピーは自然からのメッセージ』、『循環農法』などがある。

なずなグループ・ホームページより
http://www7.ocn.ne.jp/~akakatu/
~メッセージ~
この宇宙に存在するすべてのものは、様々に支え合い、お
互いを生かし合って生きています。何が欠けても何が秀でて
もいけません。宇宙にはすべてのものが同じ重さで必要なの
です。この循環が滞っている病んだ地球や病んだ人間を蘇
らせるためには、農薬・化学肥料を一切含まない、循環に
根差した農しかありません。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
大豆桶
 2/12埼玉県の小川町に味噌作りに行ってきました。『NPOふうど』(http:/www.foodo.org)の「自然エネルギー学校特別講座大豆味噌作り」に参加しました。

 昨年は、大豆の種蒔き、土寄せ、枝豆の収穫、大豆の収穫と何度か通いました。その収穫した大豆を使っての味噌作りということで、気合いが入ります。

 作業自体はそれほど難しいわけではなく、浸水した大豆を茹でてつぶし塩と麹をまぜればいいのですが、やはり手間がかかります。大豆を蒔いたところからの時間を思い起せばその時間たるや・・・。

 作物の栽培から少しでも関わることによって、店頭に並ぶ前の作業や手間ということも想像できるようになってきました。

 一年後のお味噌、とっても楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
06-02-06_02-05.jpg

 2/5に『Escape Over the Himalaya~ヒマラヤを越える子供たち』(http://www.tsg-kiku.com/eoth/)を国領に見に行きました。知人のMLに紹介されていた映画です。

 チベットから親元を離れヒマラヤを越えダラムサラを目指す子どもたちを描いたドキュメンタリー映画。今回の上映会を訪れた人は10人以内。もっとたくさんの人にこの映画を見てもらいたいと思い、上映会の後主催者の久保さんに思わず「上映会を開きたいのですが・・・」と声をかけてしまいました。

 添付の写真は、会場で購入した「マニ車」を模したペンダントヘッド。マニ車については以下をどうぞ。→http://www.tibethouse.jp/culture/mani.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
06-02-02_18-11.jpg

 1/27に三鷹のクライミングジム&カフェ「ISARA」(http://blog.livedoor.jp/isaracaffe/)に行ってきた時の写真です。今回は、一番簡単なコースをゴールできました!!スタッフの方も親切で、どこに手や足を置いたらいいか的確に指示してくださいました。近所なんで今度は、お茶でも飲みに行こうかな。

 毎回壁に向かう度に、痩せなきゃとは思いますが・・・。この日もしっかり、いろいろ美味しいものをいただいてしまいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。