福玉本舗〜ノンジロウのブログ〜

映画や本、テレビ、音楽のことやイラスト、似顔絵等をきままに書いてます。

NEW !
テーマ:




【テロや民族紛争の激化に伴い発達した近接戦闘兵器・機甲兵装。新型機“龍機兵”を導入した警視庁特捜部は、その搭乗員として三人の傭兵と契約した。警察組織内で孤立しつつも、彼らは機甲兵装による立て篭もり現場へ出動する。だが事件の背後には想像を絶する巨大な闇が広がっていた…“至近未来”警察小説シリーズ開幕!第一作を徹底加筆した完全版。(「BOOK」データベースより)】

日本SF大賞&吉川英治文学新人賞を始め「このミステリーがすごい!」「 週刊文春ミステリーベスト10」「 ミステリが読みたい!」などのランキングでも常に上位に位置してる『機龍警察』シリーズの第1作目です。

先日感想をアップした『槐』では文章やキャラの描き方にやや不満もあったんですが、本作はかなり評価されてるだけあって申し分なかったですね。

本作で登場する機甲兵装というのはロボットというよりは身体に装着するスーツのようなもので『アップルシード』に出てくるパワードスーツみたいなものかと思います。特捜部が有する龍機兵(ドラグーン)はそれのさらに高性能なものです。敵の機甲兵装と龍機兵の熱い戦いが非常におもしろいんですが、そういうアクションだけでなく特捜部の面々がとても魅力的に描かれていて人間ドラマの部分でも十分読み応えがありましたね。

特捜部の長である沖津特捜部部長が元外務官僚、3名いる龍機兵の搭乗員も傭兵、元アイルランドテロリスト・元ロシア警察官と警察外部の人間など既存の警察組織の常識とは懸け離れた運営形態にあることから警察内部からは疎まれ毛嫌いされ完全にアウトサイダー扱いされてるって設定が面白いですね。
さらに特捜部内部でのいろんな人間模様も細やかに描かれててストーリー的にに大きな動きのないシーンも退屈せずに読めます。

機龍兵に関しての設定もユニークで機体に搭載された『龍骨』と専任の操縦者の脊椎に埋め込まれた『龍髭』を量子的に接続して動かすんですが、スーツを装着してなくてかなり離れた状況でも搭乗員のコンディションをスーツ側で受信できてそれが上手く活かされた場面が秀逸でした。

文体も非常にドライでかっこよくさらに読みやすかったです。

本作では敵の黒幕などいろいろ明かされないままになってる部分があるんですがシリーズ1作目として捉えたならば問題無いと思います。
すでに長編だけでも5作目まで出てるんでどんどん読んでいきたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。