若さを保ち健康で楽しく暮らす手立てを探して

「食べること」「運動すること」「心を穏やかに保つ」を探し
健康で若さを保ち心穏やかに毎日を過ごす方法を模索しています。



テーマ:



先週、急な下痢に襲われて腹痛を起こし大変でした。


こんな思いはしたことがないので後々のためにと調べてみました。





本当は無理に止めない方がいいそうです。


特に下痢止めを飲んでそれを止めてしまうと体内の毒素がいつまでたっても外

に出ないため健康を害する可能性もあります。


それを踏まえた上で無理はしないようにしましょう。





そんなときは、反時計回りにお腹をなでて腹痛を治しましょう。


お腹を反時計回りに5分ほど撫でると腸の動きを抑制でき腹痛が和らぐそうで

す。


このときおなかに当てる手は、地肌または肌着の上からなるべく地肌に近い場

所がいいそうです。





更に深呼吸で体に酸素を取り込むことでゆっくりと痛みが引いていく場合もあり

ますから試してみてください。


「よく腹痛になるとベルトをはずしたほうがいい」といいますが、実際圧迫がなく

なれば痛みがおさまることもよくあります。


ベルト以外でも、ものをお腹に載せていたりきつめの下着をつけている場合は

圧迫されていることがあります。





横になり楽な体勢になりましょう。


毛布を被るなど体を冷やさないようにし、しばらくは固形物を口にしないようにし

ましょう。


これによってより早く下痢の症状をおさえられます。


下痢で最も気をつけなければならないのは、脱水症状です。


十分な水分補給を忘れずにしてください。





手のひらでへそとみぞおちの間を円を書くように30~40回マッサージしましょう。


続けてへそとへそから指の横幅6本分のツボを手のひらで円を書くように優しく

同じ回数マッサージします。


さらに膝の下の脛骨のでっぱりから6cmくらい下と、足の内側土踏まずの丸み

の一番前側を少し強めにマッサージするといいそうです。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



脂肪燃焼効果でトマトの売り切れも続出したそうです。


京都大学の発見ということで話題になり、店頭からトマトジュースも消えてしまっ

たそうです。


「13-oxo-ODA」という脂肪酸に似た物質が肝臓で脂肪を燃焼させる役目を担う

タンパク質の働きを助けるそうです。





トマトジュースとアルコールを同時に摂取すると、トマトジュースを飲んでいない

場合と比較して血中のアルコール濃度や体内に留まる量が平均で約3割減少

したそうです。


体内からのアルコール消失も50分早まることが研究で確認されたそうです。




実験動物にトマトの水溶性成分を摂取させ、その後アルコールを投与し肝臓中のアルコール代謝に関連する酵素の活性を測定して見たそうです。


そしたら、アルコールおよびアセトアルデヒドを代謝する酵素の活性を高める傾

向が見られました。


トマトの日焼け防止効果は日傘をさして歩くのと同様の効果があるそうです。





トマトの赤い色の成分「リコペン」が紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を

消去する働きがあることが分かっています。


さらに、昨年の実験ではトマトジュースを1日160ml、3か月間飲み続けると飲ま

ないグループと比較した際目の下のシワの数がわずかながら減少ていたそう

です。


また、頬の角質細胞の状態にも改善が見られました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


トマト・キュウリ



野菜は、旬の時期に一番栄養価が高く不思議とその時期に身体に必要な栄養

素が詰まっているそうです。


ハウス栽培であれば夏野菜は夏だけではなく冬にも収穫できます。


しかし、旬のものが栄養価は高いんです。


そして、美味しいし値段が安いのも魅力ですね。





夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く身体にこもった熱

を身体の中からクールダウンしてくれます。


トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、夏に不足しがちな栄養素

を簡単に補給できるのが夏野菜の長所です。


逆に、冬には身体を温めてくれる成分を多く含む野菜が豊富です。





代表的な夏野菜には、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、

カボチャなどが挙げられます。


濃い、ハッキリした色の野菜がその特徴といえます。


食欲も落ちるこの季節、カラフルなビタミンカラーは食欲を刺激しますし、含ま

れている栄養素とその効能は夏にぴったりと言えます。





キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれてい

ます。


キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、酢にその酵素

の働きを抑える作用があるので酢の物で食べれば効率よくビタミンCも取れます。


トマトには、抗酸化作用のあるビタミンAとCがたっぷり含まれています。





ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。


夏場は、紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすい

季節です。


抗酸化作用のある野菜をとって内側からサビにくい身体作りに働きかけます。





ピーマン には、強い紫外線を受けやすいこの時期にありがたい、皮膚の結合

組織を作るコラーゲンの合成を助けます。


メラニン色素の沈着を防ぎ、健やかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。


ビタミンCは調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンは組織が強い

ため壊れにくく安心して炒めて食べられます。





他にもピーマンには、皮膚や粘膜を健やかに保ちウィルスから身体を守り夏風

邪にも効果的なビタミンAも含まれています。


ビタミンAは油と一緒にとることで、吸収率が高まる栄養素です。


そういう理由から、油で炒めて食べるのがピッタリなんです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



このごろは、空気がかんそうしていますが、睡眠はよく取れていますか?


適切な食事や運動はもちろん大切です。


それに加えて、心身の健康を維持・増進・回復させるために睡眠の質や時間も

非常に大切ですね。





慢性的な睡眠不足は日中の眠気や意欲低下、記憶力減退など精神機能の低

下を引き起こします。


体内のホルモン分泌や自律神経機能にも大きな影響を及ぼすことが知られて

います。


今回は、質の良い睡眠を得るためにどんな暮らし方をすればいいのでしょう

か?



昼間気をつけること


良い睡眠をとるための一日の過ごしかたについて考えて見ましょう。


① 決まった時間に起きる


② 太陽の光を浴びる


③ 朝食をしっかり食べる


④ クラブや趣味、家事などを楽しむ


⑤ 軽い運動を心がける


⑥ 眠くなった時は短い昼寝をする(15分.20分程度の睡眠にする)





夜に気をつけつこと


① アルコールの摂取は控えめにする(お酒はビール500ml程度にする)


② お風呂はぬるめにする(38~40℃程度)


③ 落ち着く音楽などで心身をリラックスさせる


④ 激しい運動を避ける(就寝3~4時間以内の運動は交感神経が活発になり

  睡眠を妨げるので避ける)


⑤ 睡眠導入剤代わりにお酒を使用しない(特に寝酒は睡眠の質を悪くします)


⑥ 寝る前にタバコを吸わない(喫煙は脳を興奮させ入眠を妨げます)





寝不足は、食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌が減少し、逆に食欲を

高めるホルモンであるグレリンの分泌が亢進します。


すると、食欲が増大することが分かっています。


実際、慢性的な睡眠不足状態にある人は糖尿病などの生活習慣病や心筋梗

塞、狭心症などの冠動脈疾患に罹りやすいことが明らかになっています。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



みかんの原産地は中国の温州だそうです。


植物学者の牧野富太郎氏に寄れば、ミカンの原産地は日本で中国とは関係な

いそうです。


つまり、温州みかんが日本の特産であり冬の果物の代表的存在であることに

変わりはありません。





温州みかんにも早生のものとそうでないものとがあります。


これにハウスものが加わって、現在は出荷時期も三段階に分かれるようになり

ました。

いちばん早いのがハウスもので、夏のうちから出回ります。





秋の声を聞くとすぐに早生みかんが登場し、冬本番になってふつうのものが店

頭に出回ります。

おいしいみかんは、中身がよくしまっていて皮のつやがいいものを選びます。


ただし、ワックスをかけてつやを出しているものもあるので注意しましょう。




みかんというとすぐビタミンCが連想されます。


たしかにビタミンCの含有量は100g中35mgと豊富に含まれています。


1日3個も食べれぱ、成人の1日必要量を摂取できるそうです。




そのほかにも、ビタミンA(カロチン)、ビタミンP、カリウム、ペクチンなどが含有

されています。

酸味の主役はクエン酸です。


果実はもとより、袋や皮、皮の内側の白いすじの部分にもそれぞれ栄養素が

含まれています。





捨てるところがないといわれるほど利用価値が高い果物です。

食物繊維は袋に多く、皮の内側のすじにはビタミンB、Cが豊富に含まれていま

す。

また皮は、漢方では「陳皮」といってさまざまな薬に利用されています。





陳皮を細かくきざんだものは、七味とうがらしに薬味としても使われています。

みかんは風邪の薬として、昔から珍重されてきました。


みかんを毎日食べることでビタミンCの摂取ができ、風邪に対する抵抗力が増

し免疫力を高めてくれます。




風邪をひいてしまった時には、きざんだ陳皮5~10gに熱湯を注ぎ、砂糖を

少々加えて日に3回ほど服用すると良いようです。


軽い症状ならこれですぐに治ります。

熱や悪寒、のどの痛み、せきなどがある場合には、陳皮としょうがを同量の水

で煮て煎じたものに砂糖を加え3回に分けて飲むと効果的です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。