今を楽しむ♡

毎日いい気分で楽しくてワクワクする人生を送りたい!

NEW !
テーマ:

昨年末から、引き寄せの法則の本に書かれていることを地道に実践し続け、はや7ヶ月。

 

 

なんだか、いろいろな事が叶うようになってきました。

 

 

 

最近では、一番の悩みであった、「お金」についての願いが叶うようになってきたので、もううれしくて、うれしくて爆  笑キラキラ

 

 

ようやく、地道にコツコツやってきたことが、実を結んできているのかな、と思います。

 

 

 

先日もこんなことがありました。

 

 

 

 

「夏のボーナス」

 

 

 

一緒に暮らしている家族の職場では、めったに出ることがなくて、今年もおそらく出ないのでは、と言っていました。

 

 

 

でも、そんな現実は無視して、ノートには

 

 

 

「なぜか、家族に○万円のボーナスが出ました!」と

 

 

 

今までのボーナスの2倍の額を記入して、何に使おうかな音譜とワクワクしてたんです爆笑

 

 

 

もともと出ないと思われていたボーナスなので、何にもあてにしていないし、出たらラッキーだなぐらいな感じだったので、

 

 

「絶対にほしい!!」みたいな執着は全くなく、

 

 

 

「望んだ通りに、本当にボーナスがでたら、すごいおもしろいよな」ぐらいな軽い気持ちで、ワクワクしてました。

 

 

 

そうしたら、先日、家族から

 

 

 

「ボーナスが出ることになったよ。絶対にでないと思っていたのに」とのうれしい報告があり爆  笑

 

 

 

さっそく、銀行に行ったら、入ってました!!キラキラ

 

 

 

ボーナス!!札束キラキラ

 

 

 

おまけに、自分が望んでいた額とほぼ同額!!

 

 

 

いつものボーナスの2倍の額!!爆  笑キラキラ

 

 

 

でも、いろいろ引かれて、2万円ぐらい少なくなってしまったんですが、

 

 

 

不思議な事に、なぜか、通帳に2万円お金が多く残っていて、、、(なんでかよくわからないんですけど、、)

 

 

 

結局、最終的には、自分が望んだとおりの額を手にする事ができましたチューキラキラ

 

 

 

本当にびっくりです!!

 

 

 

なんなんでしょう、、、なんだか、ものすごくうれしいです笑い泣き

 

 

 

今まで、すごくお金で苦労してきたので、うれしさもひとしおです爆  笑

 

 

 

「自分が望んだ通りのお金を手にすることができる」と書かれている本をいろいろ読みましたが、

 

 

 

現実にはそんな体験をしたことがなかったので、

 

 

 

こんなこと本当に起こるのかな、、

私には無理なんじゃないかな、、

一部の特別な人だけに起こるんじゃないのかな、、、

 

 

 

って、心のどこかで、なんとなくそんな風に思ってました。

 

 

 

でも、今回のような不思議な体験をすると、

 

 

 

望んだお金を手に入れることって、本当にできるんだ、、

本当に誰にでも、こういうことって起こるんだ、、

本に書かれていることは、本当なんだ、、

地道に実践していれば、本当に願った通りになるんだ、、

 

 

 

と、思えるようになっている自分がいます。

 

 

 

こういった、成功体験を積み重ねていくと、引き寄せの法則に対する確信が深まり、さらに引き寄せ力が高まっていく

 

 

 

本当にありがたいです照れキラキラ

 

 

 

 

引き寄せの法則について書かれている本で、ダントツで「すごい!!」と思っているのは、奥平亜美衣さんの本なんですけど、

 

 

 

 

中でも、奥平さんが、お金について書かれている本

 

 

「お金の引き寄せの法則」の画像検索結果

 

 

 

 

これ、ものすごいです!!すごくわかりやすくておすすめですニコ

 

 

 

 

この本を、何度も何度も読み返して、いろいろ実践してきました。

 

 

 

奥平さんに出会えて本当によかったな照れ

 

 

 

なんだか、ありがたいことだらけの毎日です。

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ふぐりさんという方のブログに素敵なお話が紹介されていました。

 

 

「鏡の法則」で有名な、あの野口嘉則さんが書かれたもので、実話だということです。

 

 

読んでいたら、感動して涙があふれてきてしまいました。

 

 

 

「おまえは素晴らしいんだ」と一点の曇りもなく、子どもを信じ切る、親の愛情、、。

 

 

 

こころがあたたまるお話です下差しキラキラ

 

 

 

 

 

**僕を支えた母の言葉**   

 

野口嘉則さん公式ブログより

 

僕が3歳の時、父が亡くなり、そのあとは母が女手一つで僕を育ててくれた。

仕事から帰ってきた母は疲れた顔も見せずに、晩ごはんを作ってくれた。

晩ごはんを食べた後は内職をした。

毎晩遅くまでやっていた。

母が頑張ってくれていることはよく分かっていた。

だけど、僕には不満もいっぱいあった。

僕が学校から帰ってきても家に誰もいない。

夜は夜で母は遅くまで内職。

そんなに働いているのに、我が家は裕福ではなかった。

遊園地にも連れて行ってもらえない。

ゲームセンターで遊ぶだけの小遣いもくれない。

テレビが壊れた時も半年間かってもらえなかった。

僕はいつしか母に強く当たるようになった。

「おい」とか「うるせー」とか生意気な言葉を吐いた。

「ばばあ」と読んだこともあった。

それでも、母はこんな僕のために頑張って働いてくれた。

そして、いつも僕に優しかった。

小学校6年の時、初めて運動会に来てくれた。

運動神経の鈍い僕は、かけっこでビリだった。

悔しかった。

家に帰って母はこう言った。

「かけっこの順番なんて気にしなくていい。おまえは素晴らしいんだから」

だけど、僕の悔しさはちっともおさまらなかった。

僕は学校の勉強も苦手だった。

成績も最悪。

自分でも劣等感を感じていた。

だけど、母はテストの点や通知表を見るたびにやっぱりこう言った。

「大丈夫。お前は素晴らしいんだから」

僕には何の説得力も感じられなかった。

母に食ってかかったこともあった。

「何が素晴らしいんだよ。どうせ俺はダメ人間だよ」

それでも母は自信満々の笑顔で言った。

「いつか分かる時が来るよ。おまえは素晴らしいんだから」

僕は中学2年生になったころから、仲間たちとタバコを吸うようになった。

万引きもした。

他の学校の生徒とケンカもした。

母は何度も学校や警察に呼び出された。

いつも頭を下げて、
「ご迷惑をかけて申し訳ありません」
と謝った。

ある日のこと。

僕は校内でちょっとした事件を起こした。

母は仕事を抜けて学校にいつものように謝った。

教頭先生が言った。

「お子さんがこんなに“悪い子”になったのはご家庭にも原因があるのではないですか」
その瞬間、母の表情が変わった。

母は、明らかに怒った目で教頭先生をにらみつけてきっぱりと言った。

「この子は悪い子ではありません」

その迫力に驚いた教頭先生は言葉を失った。

母は続けた。

「この子のやったことは間違っています。親の私にも責任があります。でも、この子は悪い子ではありません」

僕は思い切りビンタを食らったようなそんな衝撃を受けた。

僕はわいてくる涙を抑えるのに必死だった。

母はこんな僕のことを本当に素晴らしい人間だと思ってくれていたんだ…。

あとで隠れてひとりで泣いた。

翌日から僕はタバコをやめた。

万引きもやめた。

仲間たちからも抜けた。

その後、中学校を卒業した僕は高校に入ったが、肌に合わなくなって中退した。

そして、仕事に就いた。

そのときも母はこう言ってくれた。

「大丈夫。おまえは素晴らしいんだから」

僕は心に誓った。

「これから僕が頑張ってお母さんに楽してもらうぞ」

だけど、なかなか仕事を覚えられなくて、よく怒鳴られた。

「何度同じことを言わせるんだ!!」

「少しは頭を働かせろ!」

「おまえはホントにダメなやつだな!!」

怒鳴られるたびに落ち込んだけど、そんなとき僕の心には母の声が聞こえてきた。

「大丈夫。おまえは素晴らしいんだから」

この言葉を何度もかみしめた。

そうすると、元気がわいてきた。

勇気もわいてきた。

「いつかきっと僕自身の素晴らしさを証明してお母さんに見せたい」

そう考えると、僕はどこまでも頑張れた。

仕事を始めて半年くらい経った時のことだ。

仕事を終えて帰ろうとしていたら社長がとんできて言った。

「お母さんが事故にあわれたそうだ。すぐに病院に行きなさい」

病院に着いた時母の顔には白い布がかかっていた。

僕はわけがわからなくなって何度も
「お母さん!」
と叫びながらただただ泣き続けた。

僕のために身を粉にして働いてくれた母。

縫い物の内職をしているときの母の丸くなった背中を思い出した。

母は何を楽しみにして頑張ってくれてたんだろう?

これから親孝行できると思っていたのに。

これから楽させてあげられると思っていたのに。

葬式の後で親戚から聞いた。

母が実の母ではなかったことを。

実母は僕を産んだ時に亡くなったらしい。

母はそのことをいつか僕に言うつもりだったんだろう。

もしそうなったら僕はこう伝えたかった。

「血はつながっていなくてもお母さんは僕のお母さんだよ」

あれから月日が流れ、僕は35歳になった。

今改めて母にメッセージを送りたい。

お母さん

僕とは血がつながっていなかったんだね。

そんな僕のために昼も夜も働いてくれたね。

そして、お母さんはいつも言ってくれた。

「おまえは素晴らしいんだから」

その言葉はどんなに僕を救ってくれたか。

どんなに僕を支えてくれたか。

あれから僕なりに成長して、今は結婚して子どももいるよ。

規模は小さいけど、会社の社長になって社員たちと楽しくやっているよ。

まだまだ未熟な僕だけど、僕なりに成長してきたと思う。

その成長した姿をお母さんに見せたかったよ。

「おまえは素晴らしい」
と言ってくれたお母さん。

その言葉は間違っていなかったっていう証拠を見せたかった。

そして、それを見せられないことが残念でならなかった。

だけど、最近気づいたんだ。

お母さんは最初から僕の素晴らしさを見てくれてたんだね。

証拠なんてなくても心の目でちゃんと見てくれてたんだね。

だって、お母さんが
「おまえは素晴らしいんだから」
って言う時はまったく迷いがなかったから。

お母さんの顔は確信に満ちていたから。

僕も今社員たちと接していて、ついついその社員の悪いところばかりに目が行ってしまうことがある。

ついつい怒鳴ってしまうこともある。

だけど、お母さんの言葉を思い出して、心の目でその社員の素晴らしさを見直すようにしているんだ。

そして、心を込めて言うようにしている。

「きみは素晴らしい」

おかげで、社員たちといい関係が築けて、楽しく仕事をしているよ。

これもお母さんのおかげです。

お母さん

血はつながっていなくても、僕の本当のお母さん。

ありがとう。

 

 

 

血のつながりなんて関係ない、深い深い人間愛。

 

 

 

読んでいて本当に感動しました。

 

 

 

誰もがこんな深い愛情で育てられたら、とても幸せですよね。

 

 

 

しかし、きっとそうではない家庭も多いのではないでしょうか、、。

 

 

 

でも、たとえ自分がそのような恵まれた環境で育てられなかったとしても、この母親のように、

 

 

 

「大丈夫。おまえは素晴らしいんだから」

 

 

 

と、自分が自分に対してこの言葉を言ってあげればいいんですよね。

 

 

 

仕事ができなくったって、

物覚えがわるくたって、

おっちょこちょいだって、

へんてこりんだって、

怒られたって、

怒鳴られたって、

 

 

 

そんなの全然関係ない。

 

 

 

そんなことで、自分の価値は決まらない。

 

 

 

誰が自分にどんな言葉を浴びせようと、自分が素晴らしいことは、紛れもない事実。

 

 

 

どんな時でも、「自分は素晴らしいんだ」って、自分に対して、言ってあげればいいんだよなと

 

 

 

このお話を読んでいて、そんな風に思いました。

 

 

 

「自分はそのままで素晴らしいんだ」

 

 

「誰もがそのままで素晴らしいんだ」

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、大好きなミュージシャン、アラキマキヒコさんのライブに行ってきました爆  笑キラキラ

 

 

「アラキマキヒコ」の画像検索結果

※左がアラキマキヒコさんですキラキラ

 

 

 

アラキさんのライブは、チケットを購入した人から順番に、整理番号が決まります。そして、その番号順で開場内に入り、自分の好きな席を選べる仕組みになっています。

 

 

 

私の整理番号は「11番」、、、とっても、微妙な番号でしたが、

 

 

 

そのことは、あまり気にせずに、

 

 

 

「1列目の、ど真ん中でライブを見れたらいいな~♪ルンルン」って感じで、日々いい気分で過ごすようにしていました。

 

 

 

そして、当日

 

 

 

自分の前にいる、10人もの人をみたら、若干ひるみましたが、

 

 

 

「きっと大丈夫、大丈夫」この言葉を、ずっと心の中で繰り返していました。

 

 

そして、開場時間になり、ぞろぞろと自分の前の人達が、会場内に入っていく様子をみていたら、

 

 

とっても不思議な事が起こっていることに気がつきました。

 

 

 

なぜか、みんな、真ん中の席には座らずに、端から座っていたんです。

 

 

 

なんで?にやり

 

 

 

そして、自分が開場内に入った時には、一列目の、ど真ん中の席がぽっかり空いていました。

 

 

 

その席は、アラキさんが歌うマイクの目の前の席、、

 

 

 

この開場内で一番の特等席ではないかと思えるような席なのに、、

 

 

 

ファンだったら、絶対にこの席に座りたいはずなのに、、、

 

 

 

なぜか、誰も座っていない、、

 

 

 

本当に不思議でしたが、誰かがキープしている様子もなかったので、ちゃっかり座っちゃいました爆  笑

 

 

ラッキー――!!!爆  笑やったー!!

 

 

 

「11番目」に入ったのに、まさかこんな最高の席で、アラキさんのライブを見れるなんて、まるで夢のよう照れ

 

 

 

おかげで、ものすごい目の前で、アラキさんのライブを見ることができ、本当に幸せでした。

 

 

 

やっぱり願いって本当に叶うんですね爆笑キラキラ

 

 

 

こういう経験を重ねていくうちに、自分の中で、引き寄せの法則に対する確信が揺るぎないものになっています。

 

 

 

本当にものすごい法則だなって思います。

 

 

 

なんか、いろいろ楽しくてしかたがありません爆  笑

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

 

 

 

 

アラキさんが歌う、「amazing grace」最高ですキラキラ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中にはいろいろな人がいます。

 

 

旅行に行くのが好きな人

旅行のプランを考えるのが好きな人

旅行の情報を提供するのが好きな人

旅番組を見るのが好きな人

旅番組を作るのが好きな人

旅番組に出るのが好きな人

 

 

おいしいものを作って、人に食べてもらうのが好きな人

おいしいものを食べ歩くのが好きな人

料理につかう調味料をつくるのが好きな人

野菜をつくるのが好きな人

料理器具をつくるのが好きな人

 

 

オシャレな服を着るのが好きな人

洋服をつくるのが好きな人

服を売るのが好きな人

布を作るのが好きな人

ミシンに携わる仕事が好きな人

 

 

映画が好きな人

映画を作るのが好きな人

映画に出るのが好きな人

 

 

野球をするのが好きな人

野球を観戦するのが好きな人

野球に関係する商品を作るのが好きな人

 

 

ピアノをひくのが好きな人

ピアノのコンサートに行くのが好きな人

ピアノを作るのが好きな人

ピアノの調律をするのが好きな人

 

 

歌を歌うのが好きな人

歌を聴くのが好きな人

歌を録音するのが好きな人

 

 

 

本当にビックリするぐらい、多種多様。

 

 

 

ふと、こんなことを思う事があります。

 

 

 

みんなそれぞれ、自分の本当にやりたいことをやったら、どうなるんだろうにやり

 

 

 

「やらなければいけないから」とか「やるべき」とかそんな、常識や価値観から解放されて、

 

 

 

本当に心のおもむくままに、やりたいことや好きなことをやったら、どうなるんだろう、、

 

 

 

ひょっとしたら、完璧に需要と供給が一致して、すべてがスムーズにいくんじゃないのかな、、にやり

 

 

 

誰もが心の声に正直に生きたら、それぞれのパズルのピースがピタッとはまり、地球上すべての人が、幸せに暮らせるのではないかなと、

 

 

 

以前、心屋仁之助さんも同じようなことを言われていて、自分のように思っている人はたくさんいるのかもしれないな、と思いました照れキラキラ

 

 

 

誰もがみな、本当は自分のやりたいことや、好きなことがあるけど、

 

 

 

 

いろんなしがらみがあったり

 

そもそも自分の本当の思いに気づいていなかったり

 

わかっていても、そんなことは無理だとあきらめていたり

 

経済的な理由で、できないと思ってやっていなかったり

 

自分の能力を過小評価して、できないと思っていたり

 

あまりにもいろいろなことを我慢しずぎて、自分の思いがわからなくなってしまっていたり

 

 

 

いろいろな理由で、本当にやりたいことができていない人も多いかもしれません。

 

 

 

でも、もし、今、突然死んでしまったら、、

 

 

 

どんな風に思うんだろう、、、

 

 

 

やりたくないことばかりやって、嫌なことばかりやって、

 

 

 

やりたいことをしていなかったら、、、

 

 

 

どう思うんだろう、、。

 

 

 

「せっかく生まれてきたのに、私は何をやってたんだろう、、」って、思う気がする、、、にやり

 

 

ウダウダ言っていないで、とっととやりたいことやっておけばよかったって、、

 

 

もっと、自分のやりたいことを、思いっきりやればよかった、、って

 

 

 

自分はそのように思う気がします。

 

 

 

本当は何がしたいんだろう?自分はどんなことが好きなんだろう?

 

 

 

少しずつでもいいから、ちょっとずつでもいいから、

 

 

 

これからも、心の声に耳を傾け、毎瞬毎瞬、自分の思いを満たしていきたいです爆笑

 

 

 

誰もが、そうやって、自分の思いに正直になり、本当にやりたことばかりやっていたら、完璧な調和がとれて、きっと世界中が平和になるんじゃないのかな、、照れ

 

 

 

それって最高!!爆  笑キラキラ

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました。義理チョコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今までにも何度も不思議な出来事については書いてきましたが、その後もいろいろな事が起きているので、

 

 

その具体的な出来事の内容について書きたいと思いますニコキラキラ

 

 

 

ゾロ目

 

前にも書きましたが、いまだに毎日みます。1日に何回も見ることもしょっちゅうなので、もうあまり驚かなくなってしまいましたチュー

 

ゾロ目を見るのは、直感がさえている時だということなので、自分の状態を確認できて、ありがたいなと思っています。

 

 

家族と救急車についてはなしていたら、目の前に救急車が!

 

ウォーキングしている時に、スマホで、家族と救急車について話としていました。

 

すると、その2~3分後、遠くから救急車のサイレンの音が近づき、自分の目の前に止まったので、ビックリ!

 

ちょうど、救急車の話題が出た数分後の出来事だったので、驚きました。

 

 

家族との電話で、話題になっていた人が目の前に!

 

デパートの中を歩きながら、スマホで家族といろいろはなしをしていたんです。

 

その会話の中で、Aさんの話題が出たため、しばらくそのAさんについてはなしをしていました。

 

すると、その数分後、

 

なんと、目の前に突然Aさんが現れたんです!!

 

もうビックリ!

 

おまけに、Aさんが「車にのっていきなよ。送っていくよ」と言ってくれたので、バスを待たずに家に帰れるという、ラッキーな出来事のおまけ付きでした♡

 

 

会社のゲーム大会で、またまた商品をゲット!!

 

最近会社で、ゲーム大会があったんです。

 

昨年末も賞金をゲットしたので、今回も「またあたるかも、、」とワクワクしてたら、

 

今回も、5500円相当の商品と、1000円の商品券を当てることができました。

 

今までの人生でこんなことはなかったので、本当にうれしくて仕方ないです。

 

 

なぜか赤字ではなくなっている

 

職場を変えてからというもの、3年以上の間、ずっと毎月赤字が続いていました。

 

毎月毎月貯金を切り崩して生活していたんです。

 

そんな現実を目の当たりにするのがつらくて、家計簿はなんとなくつける程度で、しっかり支出の把握はしていませんでした。

 

ずっとそんな月日が続いていたんですけど、2ヶ月前くらいから、なぜか、貯金を下ろさなくても、手元に現金が残るようになったんです。

 

なんでお金が残っているんだろう??にやり??

 

自分でもよくわからないんですけど、なぜか、黒字になっているんですよね、、。収入が増えたわけではないのに、、。謎です。

 

 

 

と、このような不思議なことがいろいろ起こっています。

 

 

 

 

黄色い花日々、いい気分で過ごす

黄色い花物事のいい所をみるようにする

黄色い花自分の心の声を大切にする

黄色い花自分を肯定する

黄色い花直感やふと思ったことを大切にして、できることはすぐに行動にうつす

黄色い花瞑想する

黄色い花本やブログをみて、引き寄せの法則について学ぶ

 

 

 

引き寄せの法則をうまく働かるために、日々上差しこのようなことをコツコツ地道行っているのですが、その努力が実を結んでいるのでしょうか。

 

 

 

いろいろ実践するようになってからは、

 

 

 

クローバー不思議な出来事を経験する頻度が増えた

クローバーついているなと思う出来事が増えた

クローバー人生がすごくいい流れにのっているのを感じるようになった

クローバー毎日が楽しくなってきた

クローバー嫌だ、つらい、嫌いと思っていたことが、それほど苦痛ではなくなってきた

クローバー以前より願いが叶いやすくなった

 

 

 

このような効果がでているのを、自分でも感じています。

 

 

 

それにしても、今までの人生にないような出来事ばかりが起こっているので、本当に面白いですチュー

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中には、一般的に「いいこと」と、されているものがあります。

 

 

 

例えば、

 

 

 

黄色い花性格は明るくて、面白くて、元気なほうがいい。

黄色い花友達は多い方がいい。

黄色い花女性はきれいで、スタイルがいい方がいい。

黄色い花遊ぶ予定がたくさん入っている方がいい。

黄色い花元気に外へ出かけた方が良い。

黄色い花長い休みがあったら、いろいろな所へ旅行へ行ったほうがいい。

黄色い花流行を意識したほうがいい。

黄色い花勉強はできたほうがいい。

黄色い花いろいろな事を知っていた方が良い。

黄色い花常識的な生き方が正しい。

黄色い花人との協調性を大事にするのはいいこと。

黄色い花足は細くて長い方がいい。

黄色い花ウエストは細い方がいい。

黄色い花いい大学を出て、いい車にのって、素敵な家に住むのがいいこと

 

 

 

などなど、いろいろありますが、私は、

 

 

 

「本当にそうなのかな、、?」

「本当にこれがいいことなの?」

「世の中の人全員が、”いいこと”とされている価値観に沿って生きなきゃいけないの?」

「みんな同じじゃなきゃだめなんて、おかしくない?」

 

 

 

と疑問に思う事がよくありますニコ

 

 

 

でも、世の中の雰囲気をみていると、一般的に「いいこと」とされている価値観から外れている人は、「ダメな人」だと思われてしまう風潮があるように、私には見えるんですよねにやり

 

 

 

「いいこと」と言われていることの逆、、、

 

 

 

クローバー暗い性格

クローバー面白くない

クローバーまじめ

クローバー友達がいない

クローバー太っている

クローバー休みなのに、なんの予定もない

クローバーどこにも行かずに、家の中でじっとしている

クローバー長い休みがあるのに、家でダラダラする

クローバー時代遅れのもの

クローバー勉強ができない

クローバー知識がない。知識が少ない。

クローバー常識はずれ

クローバー協調性がない。

クローバー足が太い。短足

クローバーウエストが太い

クローバー大学を出ていない

クローバー車をもっていない

クローバー持ち家がない

 

 

 

 

どうも、一般的にこれらが「ダメだ」という雰囲気がある。

 

 

 

そもそも、なぜこれらが「ダメ」なんでしょうか、、??

 

 

 

別に、いいも悪いもないように思うんですよね、、ニコ

 

 

 

人それぞれでいいんじゃないの??って、、

 

 

 

だから、人から、

 

 

 

「こんなに長い連休があるなら、旅行にいかなきゃ」とか

「休みの日は出かけなきゃだめだよ」とか

「もっと、人と出かけた方がいいよ」とか

「もっと、飲みに行かなきゃだめだよ」とか

言われると

 

 

 

イラッとイラッとします。

 

 

 

「なんでいちいちそんなことを言われなきゃいけないの?!私の人生なんだから、自分の好きにしたっていいじゃん!」

 

「なんで、世の中の価値観に合わせて、自分の気持ちを押さえ込まなきゃいけないの?!」

 

 

 

ってすごーーーく思います。

 

 

 

そもそも、一般的に「いいこと」とされているものが「いいこと」なんだと、みんなが思うようになった背景には、

 

 

 

テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・映画などのマスメディアの影響が大きいのではないかと私は思います。

 

 

 

日々、目にしたり、聞いたりした情報が、いつのまにか、世の中の人々の「常識」や「正しさ」や「価値観」となり、

 

 

 

それが「あたりまえ」になってしまった。

 

 

 

マスメディアは、企業からお金をもらって、仕事をしているわけで、企業にとって、得になるような、利益につながるような情報ばかりを流しますよね。

 

 

そういった情報に、どうも踊らされているような気がしてなりませんにやり

 

 

 

いろんな人がいていいし、

いろんな価値観があっていいし、

いろんな生き方があっていいし、

 

 

 

そんな人間の多様性を尊重する事って、すごく大切なことなんじゃないかな、、って思うんですよねニコ

 

 

 

世の中の価値観に合った人はいいかもしれないけど、合わない人は、自分はダメな人間なんだって自己否定してしまう可能性もあるし、、

 

 

 

昔の私がまさにそうでしたから、、にやり

 

 

 

今は、以前に比べて、「自分は自分」と一線を引くことができるようになってきたので、そこまで自己否定をすることはありませんが、、

 

 

 

自分のことを「ダメだな」って思った時、いったい自分は、どんな価値観をすり込まれているんだろう、、という視点で考えてみると、いろいろな発見があるかもしれません。

 

 

 

人は、自分の価値観や思い込みに気づくだけで、そういったものから解放されるそうです。

 

 

 

また、その価値観や思い込みが、目の前の現実を創っていると、引き寄せの法則では言われています。

 

 

 

ネガティブな価値観はどんどん手放して、ポジティブな思い込みで自分を一杯にしてあげたいなと思います。

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心屋仁之助さんは、世の中の人は、「前者・後者」の二つに分かれていると分析されています。

 

 

※前者・後者についてくわしく知りたい方はこちらをどーぞ→クローバー 【永久保存版・全体概要】前者・後者は地球を救う?!前者・後者って何だ? クローバー

 

 

この「前者・後者」それぞれの特徴を簡単に説明すると、(心屋流カウンセラーの柄沢由理さんという方のブログから抜粋)

 

 


【前者の特徴】

悪意がある
遠回しに嫌味を言う
難しい話
成長
勉強大好き
成長したい人
大人になりたくてなった
できる自分になることの喜び
責める側
鎧がいっぱい
仕事早い
できる
理屈
理論
整理
理のつくことが大好き
正しい
すぐ怒る
空気読む
気が利く
静かなのが好き
ちゃんとしてる
疑り深い
怖い笑いをしている
心の中は常に怒っている
普通が好き
本当は子どもに憧れている
頭の中はいつも悲しい

 

 

【後者の特徴】

悪意がない
ストレートな言葉しか投げられない
ストレートな言葉しか受け取れない
嫌味が通じない
責められる側
頭の回転や動きや喋りが
常に遅い
なんかわからんけどーと言う
理屈がわからない
いつも自分が悪いと思っている
前者の地雷を無邪気に踏む
気が利かない
気が利くって何?
がんばって気を利かすけどダメ
すぐ信じる
そんなに笑わない
普通にしてる
機嫌がいいでもなく悪くもない
普通が好きだけど普通になれない
天然
大人に憧れている
大人になれないギャップで苦しむ


 

 

こんな感じです。

 

 

前にもブログに書きましたが、完全に私は「ド後者」ですチュープププっ

 

 

そのせいか、いろいろな人に怒られ、ばかにされ、責められ、さんざんな目にあってきました笑い泣き

 

 

だから、

 

 

こんな自分ではだめだ!

もっとがんばらなくてはだめだ!

怒られないようにしなきゃ!

みんなと同じようにならなきゃ!

 

 

と思って、がんばり続けました。

 

 

しかし、がんばってもがんばっても、なぜか前者のみなさんのようにはいかず、天然な行動ばかり、、、

 

 

そんな自分を毎日毎日責めて責めて、、、

 

 

今思うと、自分が一番、自分に対して、ダメ出しをして、責めていたように思います。

 

 

そうやって、

 

 

自分が自分のことを否定して、認めてあげていないから、目の前の人からも同じように責められる、、

 

 

自分の内側の思いが外側の世界を作っているという、引き寄せの法則で考えると、こういうからくりだったのかなと、思います。

 

 

「前者・後者論」を知り、努力しようが、がんばろうが、後者は一生後者のままで、どうにもならないのだということがわかり、

 

 

「そうか、それじゃあ仕方ないな、、」とあきらめがつきました。

 

 

そうしたら、すごーく気持ちが楽になったんですよね照れキラキラ

 

 

じゃあ、後者のいい所、後者で良かったなと思うことはなんだろうと、ふと考えてみました。

 

 

自分はこのように思います。

 

 

 

・人を癒やすことができる(天然な行動 存在自体)

 

・できない人の気持ちがわかる

 

・できない人の気持ちがわかるから、そういう人に腹が立たない

 

・できない人の気持ちがわかるから、そういった人にやさしくできる

 

・できない人、器用じゃない人にわかるように、丁寧に細かく教えてあげることができる

 

 

 

以前からよく、私がいると、場の雰囲気が変わると言われました。ほんわかした空気になるそうです。

 

 

「癒やし系だよね」ともよく言われました。

 

 

また、新人さんなど、仕事のことがよくわかっていない人の気持ちがよくわかるので、全然腹も立たたないし、よくわからないだろうなと思うから、すごく丁寧に指導していました。

 

 

そのせいか、みんなから「すごいね」と言われていたんです。

 

 

職場が変わったあとも、前の職場の上司に、指導役として、職場に戻ってもらえないか、とじきじきに電話がきたんですよね、、。

 

 

自分にとったら、あたりまえのことをしていただけなんですけど、私の指導のしかたは、どうやら好評だったらしいです。

 

 

前者のみなさんは、器用になんでもスルスルできてしまうから、できない人の気持ちがわからないんだなって、見ていてそう思います。

 

 

この「できない人の気持ちを理解できる」というのが、後者の強みだな、と最近思うようになりました。

 

 

これからも、後者な自分のいいところをもっともっとみつけて、自分を肯定し、大事にしてあげたいです爆笑

 

 

自分を一番大事にしてあげられるのは、自分しかいないですもんね。

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました義理チョコ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、職場にすごく苦手な人がいました。その人は、

 

 

・聞いてもいないのに、一方的にいろいろアドバイスをしてくる

 

・「こうしなきゃだめだよ」「なにやってんの?」「ばかじゃないの?」などの言葉を浴びせてくる

 

・私のやることなすことに、ああしろ、こうしろ、とアドバイスをしてくる

 

・自分の考えが一番正しいと思っていて、常に自信満々。その自分の意見を押しつけてくる

 

・仕事の基本的なことにまで、口出しして、自分の考え方を押しつけてくる

 

・まるで私が間違ったやり方をしているかのように、いろいろ助言してくる

 

・自分の思い通りに人を動かそうとする

 

 

 

こんな人でした

 

 

 

普段は明るくて、面白くて、きさくで、とってもいい人なので、どちらかというと好きなんですけど、仕事になると、途端にめんどくさい人に変身笑い泣き

 

 

 

うざいし、一緒に働いていても気分悪いし、なんとかならないかなと、しばらく悩んでいました。

 

 

 

するとある時、とっても面白い考え方にめぐりあえ、その事を知ってから、すごく気分が楽になったんですウシシ

 

 

 

それは、犬山紙子さんが提唱している「クソバイス」爆  笑キラキラ

 

 

 

【クソバイス】

会社の上司や同僚、知り合いからの大きなお世話&余計なひと言アドバイス。実はそれ、相手を思いやっているように見えて、上から目線の論を押し付けているだけ、しかも言った本人はとても気持ちがイイという「クソ」みたいな「アドバイス」=「クソバイス」なんです! 

 

くわしく内容はこちらをどーぞ→黄色い花クソバイス前編 クローバークソバイス後編

 

 

 

「犬山さん!あなたのおっしゃるとおり!!」爆  笑

 

 

 

犬山さんが自分の声を代弁してくれているみたいな気がして、記事を読んでいてすごく、気持ちが楽になったんですよね爆笑

 

 

 

苦手だったその人も、こちらが求めてもいないのに、「アドバイス」という形で、自分の考えを一方的に押しつけてきました。

 

 

 

「自分が正しくて、あなたは間違っている」こういう目線でアドバイスをしてくるので、自分のやっていることや、考え方を否定されているような感じがして、受け取る側としては、とても気分が悪くなるんですよね。

 

 

 

自分を否定されるような、自分はだめなんだといわれているよな、とても悲しい気持ちになるんですよねにやり

 

 

 

でも、アドバイスしている方としては、きっと「いいことをしている」「正しいことを教えてあげているんだ」って思っているんだと思います。

 

 

 

よかれと思って、善意の気持ちで、、

 

 

 

でも、されている方としては、ありがた迷惑なんですけどねチュープププっ

 

 

 

とはいえ、私自身も、自分では気づかないうちに、良かれと思って、人に対して「クソバイス」していたことがあったかもしれないので、気をつけよう、とも思いました。

 

 

 

嫌な思いもしましたが、この経験を通して、いろいろ学ぶことができてよかったニコキラキラ

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

最近、田宮陽子さんのブログを知り、何気なく読んでみたんですけど、心に響く内容ばかりでビックリびっくりキラキラ

 

 

 

記事の内容が、斉藤一人さんの言われている事とすごく似ているので、なんでかな?って思ってたんですけど、

 

 

 

以前、一人さんの専属ライターをされていたのだということを知り、納得ニコ

 

 

 

今では、1日3回更新されているブログの記事を読むのが楽しみで、ちょっとしたマイブームになってますチュープププっ

 

 

 

今回、リブログした、この記事も、読んでいたら感動しちゃって、なんだか涙が出てきてしまいました。

 

 

 

言葉って、時にはナイフのように人の心を突き刺すこともできるけど、田宮さんのように、人の心を楽にしてあげることもできる。

 

 

 

言葉の力ってすごいな、、

 

 

 

ブログって本当にすごいな、ってしみじみ思いました。照れキラキラ

 

 

 

他にも素晴らしい記事が盛りだくさんです下差し音譜

 

 

 

チューリップ黄運のいい人は「心の軌道修正」がうまい!

 

チューリップ黄「魂の声」にしたがって自ら動くときがきている!

 

チューリップ黄停滞している流れの中に「新しい風」を入れる!

 

チューリップ黄結局ねばり強い人がうまくいく・・「ねばりの法則」

 

チューリップ黄「ワクワク年齢」で行こう!

 

チューリップ黄宇宙が「いいね!」を押している!

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました義理チョコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「クレヨンしんちゃん」の映画がけっこう面白い、という話を聞きつけ、さっそくアマゾンプライムで見てみたんです。

 

 

 

映画もなかなか面白かったのですが、それよりなにより、驚いたのは

 

 

 

その映画の最後に流れた曲、「ダメダメのうた」

 

 

 

 

 

 

 

 

何気なく聞いていたんですけど、歌詞の内容がすばらしくて、思わず聞き入ってしまいました。

 

 

 

明るく早いテンポで、面白い歌ではあるんですけど、歌詞の内容はとても深く、考えさせられるものでした。

 

 

 

その歌詞の一部をご紹介します下差し

 

 


ダメダメ大人は何でもダメダメ ダメダメダメ……
ほらまたしんちゃん ダメダメ
こーしなきゃダメダメ ダメ…
みんなと同じなんてヤなのに ダメダメダメ… 
間違いだらけのダメダメ攻撃

 

(みさえ) 「言うことききなさ~い!」

 

アレもダメ ダメダメ これもダメ ダメダメ
君のタメ ダメダメ


(しんのすけ) 「え?何で?」


アレもダメ ダメダメ コレもダメ 時々


(しんのすけ) 「ソレって大人の都合なんじゃないのー?!」

 

 

 

 

そうか、、。

 

 

人は子供のころから、こうやって、親の価値観を押しつけられ、すり込まれていくんだ、、にやり

 

 

親は子供のためを思ってやっていることなのかもしれないけど、

 

 

 

これはだめ!

こうしなきゃだめ!

こうすることが正しいの!

なんでそんなことするの!

だめじゃない!

 

 

 

ずっと、こんな風に育てられたら、自分の本当の気持ちがわからなくなり、自分らしさも失われていってしまう、、。

 

 

本当に自分がなにをやりたいのかも、なにが好きなのかも、わからなくなってしまう。

 

 

親の言うことを聞いてしまう、いい子ほど、どんどん自分らしさを失い、本来の自分を見失い、命の輝きが消えてしまう。

 

 

めちゃくちゃこわい、、滝汗って思いました。

 

 

 

奥平亜美衣さんが「引き寄せの法則」CDブックの中で、こう書かれています。

 

 

 

どんな子どもも、ちゃんと、自分の「やりたいこと」を持っています。それなのに「これしちゃだめ、あれしちゃだめ」「できるわけがない」と、小さな頃から押さえつけられてしまう。その結果、大人になって、自分がやりたいことがわからなくなっている、ということがあると思います。

 

子どもも大人も、ほんとうは皆、やりたいことを知っている。それを大事にしてあげれば、明るく、楽しく生きられる。それ以上に大事なことは、実はないと思っています。

 

 

 

子どもの頃から、だれもが自由にのびのび、やりたいように生きられたら、みんな幸せになるんじゃないのかな照れキラキラ

 

 

 

犯罪を犯すような人も、子どもの頃から、押さえつけられ、否定され、そんな風に育ってきてしまったから、人生に絶望してしまったのかもしれないよな、、とふと思う事があります。

 

 

 

今日も自分を大切にして、やりたいようにやろっと爆笑キラキラ

 

 

読んでいただきありがとうございました義理チョコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。